トップ > 準備 > 服装 > 月別 服装レポート 2月中旬

服装基本編へ
もどる
服 装  月別レポート 2月中旬
  
 16Jan.2010 経験談追加


  

天候と服装は、年次第、週次第

日本でも、急に2,3日あたたかくなったり、寒くなったりしますね。現地も同様です。 

また普段 日本でお住まいの土地や 寒さに強い・弱いも関係してくるので、参考程度にしてください。


 
 
 
 
 

パリ中旬
 

たまたま天気が良く、例年より暖かい日が多かったが、寒い日はものすごく寒かった。
(2008年2月 スパまちあーと 様)
 

黒いコートは正解。現地の人はだいたい黒いコート。うまく溶け込めたかも。
(2008年2月 pure soul 様)
 
 
 
 


 
 
 
キャミソールワンピース。吊るして置けば皺が伸びる素材らしく、アイロン要らずで重宝。暖冬で、滞在中の最も暖かかった日はなんと17度。現地ではタンクトップ一枚の人もいた。朝夜の気温差が割と大きく、コートや上着などで調節できるといい。

シンプルな黒のタートルネックは使える。何に合わせてもいいし、パリジェンヌも黒でシンプルオシャレをしていたので、気分が良かった。
(2007年2月 あめりんりんご 様)

 


 
 
 
 
 
 
 
ニット、パンツ(ジーンズ)、薄手ダウンコート(Barbour)、ショートブーツ(スニーカー)。傘は手放せなかった。
(2006年2月 うーもという 様)

着替え3組。ウール地のワンピース2着、ニットとスカート。ボアの上着。マフラー。
長めの大きいマフラーは雨が降った時に頭からかぶったり、上着を着る程ではない時には、肩から羽織ったりかなり役立った。母は慣れないタイツだったのか、歩いている時にズレてきて、何度かトイレに入って直した。
(2006年2月 jujubeナツメ 様)
 

ダウンジャケット、半袖ニットとカーディガンのアンサンブル、スカート、ハーフブーツ。
(2006年2月 sherlock-irene 様)

ほとんどジーンズ。正直日本でもダサいといわれる格好だったと思う。ヴィトンに行くときは一応パンプスにスカート。対応は悪かった。
シャンゼリゼ通りを少しお洒落して歩けば気持ちは楽しい。カフェで「マダム」と呼ばれた時は、お洒落していた。
(2006年2月 萌えっこティボ 様)
 

バスティーユ広場でいきなり雹が降ったのには驚いた。フランス人にたずねても、まれなことだそうだ。
到着日は、暖かく、だんだん寒くなり、雨や雹が降ったりで、気候は目まぐるしく変わった。
室内は、暖房が効きすぎているので、外に出るまで分からなくて、衣服の調整が難しかった。

ダウンのロングコート、カーディガン、スカート、パンツ。靴はストローバー
(2006年2月 翡翠の指輪 様)
 
 

知人は南伊出身なので、彼女の「パリは寒いわよ」の言葉を信じて厚手の衣類を持っていったが、私達の居住地からすると全然寒くなかった。むしろ暑いぐらいだった。でもやっぱり日が暮れる頃に、一時的に気温が下がることが多く、膝丈のウールのオーバーコートで正解だった。
(2006年2月 mikotta45% 様)
 

シャツ、ネクタイ。下はスーツのズボン。ハーフコート。寒いときは、手袋にニット帽子。「お前は仕事に来たのか!」という格好。
(2006年2月 明太子タンクトップ 様)

 


 
 
 
 
 
北海道在住のため、寒さにはかなり強い方で、それほど厚着はしなかった。

セーターorカットソー1枚、冬のコート。パンツの下にタイツをはいたりはしなかった。北海道からみると暖かかったと思うが、風が強く、毎日午後になると雨やヒョウ。さすがに耳や指先が冷たかった。手袋や帽子、マフラーはかなり役立った。 

毎日雨で靴が傷むので、2足持っていって正解。 
高級レストランに行くつもりはなかったので履き慣れたスニーカーとカジュアルなブーツ。連日かなり歩いたが靴ずれしなかった。靴の栄養クリームと防水スプレーは毎日使った。 
(2005年2月 鴨ステーキ 様) 
 

寒いことは天気予報でわかっていた。配偶者はリフリージ(冷蔵庫の作業用、雑誌LEONで紹介)、私はダウンコート、セーター、遠赤外線の下着、ハイソックス、底の厚い靴、手袋、マフラー。
風が強い日や多少の雨のとき、スキー用の帽子やコートについているフードは助かった。
カイロは、完全防備の服装で使わず。
靴が意外と汚れる。靴磨き持参。クリームも持っていけばよかった。現地購入した。
(2005年2月 トラジ番 様)
 
 

ロングダウンコート、フェイクファーのジャケット丈コート、セーター3、ジーンズ、パンツ、マフラー2、ストール、手袋、ニット帽。
小雨や小雪の時は傘を差さなかった。コートにも帽子は付いていたが、ニット帽が役立った。
(2005年2月 お髭のジョルジュ 様)
 

ロングのダウンコート、ジーンズ。エッフェル塔では、あまりの寒さに、貼るホッカイロをあわてて貼った。
(2005年2月 あき てくてく様)
 
 

革のハーフコート、セーター、スラックス、レストラン用のワンピース
(2005年2月 いちご 木いちご 様)

ジーンズ、コーデュロイパンツ1着ずつ。ダウンジャケット、手袋、薄手カーディガン2、ブラウス1、長袖Tシャツ2。鉄道移動が多かったので。下着と靴下3組。
(2005年2月/3月 フットスタンド 様)
 


革コート、セーター3枚。下着は、長袖、五分袖。
歩き周る日は、40ゲージのタイツ、パンツ、布靴。おしゃれにしたい日は、ニットスカート、タイツ、ショートブーツ。
革手袋必需、大判のニットストールを、コートの下に。滞在半月間の平均3度くらい。-5度になった日だけは、さすがに、耳当てが欲しかった。カイロは使わずに(屋内に入ると暑そうなので)ストールの着脱で調節。
(2005年2月 nyan429 様)
 

日本と変わらない格好。
ウールのコート、タートルのセーター、コーデュロイのパンツ。セーターとパンツの下に、あったかめの肌着、スパッツ。靴は、普段履いているワラビー。
( 2005年2月 うにめい2005 様)
 

美術館めぐりの際はジーンズ。買い物の日はきれいな黒のパンツ。スニーカー。
靴下に貼るタイプのカイロがとにかく役に立ちました。足が温かいと疲れないし全身が暖まります。
(2005年2月 toko-jack 様)

赤のロングコート、黒のジャケットコート、黒のタートルセーター、
白のセーター、ウールのパンツ、薄茶ロングブーツ、ダークブラウンショートブーツ

母:
白ハーフコート、黒ハーフコート、黒セーター、ワインレッドセーター、
グレーフラノパンツ、黒ハーフブーツ、レザーウォーキングシューズ。

バッグは小さめのショルダーとポシェットタイプ。カジュアルではなく、少しきれい目な服装。おかげで肩身の狭い思いをせずにすんだ。行き先によって、ショールやアクセサリーで調節。

できるだけ少なくしたけれど、一度も着なかった洋服もあった。もっと減らしてもよかった。足りなければ現地購入もできる。

冬だったこともあり、パリの人々のコートやマフラー、帽子等の小物のコーディネートの仕方など、見ているだけでうっとり。ウィンドーには春物が並び、二つの季節を楽しめた気がします。
(2005年2月 マンゴーヨーグルト 様)


 
 
 
 
 
天気はいいが、氷点下。風が冷たい。
セーターにジャケット、ロングコート。ウールのパンツ。マフラー、スカーフ、手袋。アンダーにロングスパッツとTシャツ。カイロも必需品。もう一枚余分に着てちょうど、というくらい寒かった。
(2003年 ?様)
 

外は寒くても、ホテルの室内や美術館はパッチリ 暖房が効いて、セーターでは暑いくらい。室内用の薄着を持っていけば良かったと大いに後悔。美術館内では半袖、もしくはノースリーブ姿もチラホラあったほど。
(2001年 SPACE ACE様)
 


 
 
 
 
 
 
 
Special thanks to kokuto lupin sama
Special thanks to magna ha utau sama!
 
 トップ > 準備 > 服装 > 月別 服装レポート 2月中旬