トップ > 準備 > 服装 > 月別 服装レポート 2月上旬

服装基本編へ
もどる
服 装  月別レポート 2月上旬
  
 16Jan.2010 経験談追加


  

天候と服装は、年次第、週次第

日本でも、急に2,3日あたたかくなったり、寒くなったりしますね。現地も同様です。 

また普段 日本でお住まいの土地や 寒さに強い・弱いも関係してくるので、参考程度にしてください。


 
 
 
 
 

パリ上旬
 
 

ダウンのロングコート。快晴続きで日中は暑かった。カイロは使わず。でも、地方によっては朝は零下2度になるなど寒く、調節できるようにすべき。
(2008年2月 缶詰みかん 様)
 

 


 
 
 
 
 
 
外は寒いが、室内はしっかり暖房しているので、暖かいコート(しかし脱いだときに邪魔にならない程度で)、中は長袖Tシャツにカーディガン、薄手のニット等、結構薄着にした。ババシャツ。友人は温かいパジャマを持ってきて後悔していた。
(2007年2月 くるま寅次郎 様)
 
 

 


 
 
 
 
結構寒かったので、下着、セーター、コート。チェックのプリーツスカート、タイツ、ブーツ。ババシャツ着たほうが良いかも。バッグはたすきがけ、しっかり手で持った。外は札幌と同じくらい寒い。でも札幌の方が寒いと感じた。
(2006年2月 きろろころ 様)
 

ジーンズ、しっかりした黒のウールのコート。
もっていってよかったものは、フリースのパジャマ。ホテルでは、ずっとフリースのパジャマでぽかぽか。
(2006年2月 辛井しちみ 様)
 

ウールのロングコート。セーター、アンサンブル。外と中の温度差に対応できるようにあまり厚すぎないもの。(ただしババシャツは常に着用)。厚手生地のロングスカート、パンツ。手袋、マフラー、使い捨てカイロは必須。

さらに寒い日や雲行きの怪しい日は、傘代わりに帽子。ショートブーツ。

外を出歩いているとだんだん肩が凝ってくるので(寒さに加えて、荷物持ちながらの移動で緊張も加わる)、肩に貼るタイプのカイロがあるといい。
(2006年1月/2月 アルザスのクグロフ 様)

しっかり防寒。長袖の下着、貼るカイロ、タイツ、ジーンズ。とにかく寒くて、東北出身の私でさえかなりきつかった。

ニットの帽子はかなり重宝した。手袋は持って行ってなかったので、現地で買おうと思ったけど、なかなか気に入ったのが見つからず、結局買わないまま過ごした。が、手が冷えるのはつらかった。
(2006年2月 じゃがいもたけのこ 様)
 

薄手のコート、斜めがけのバッグ、防犯、防寒のためにウールのポンチョを被った。カバンは人目に直接触れないし、温度調節もしやすかった。
(2006年2月 ざっきー625 様)
 

 


 
 
 
 
白のダウンコート、タートルネックのセーター(水色・灰色)、グレーのカーディガン、 
白のシャツ、サーモンピンクのカットソー、黒のパンツ、黒のコーデュロイパンツ、 
黒のスニーカー、黒のショートブーツ、黒の革手袋、ベージュピンクのストール。 

配偶者男性 
黒のフード付コート、黒のフリース、タートルネックのセーター(白・灰色)、 
ボーダーのTシャツ、グレーに赤いラインの入ったスニーカー、黒のローファー、 
黒のニット帽、グレーの手袋、グレーが主のチェック柄マフラー。 

たまたま冬にしては暖かい週だったらしく(店員談)もうちょっと薄着でも良かった。帽子、手袋、マフラー類はほとんど使わず。東京に帰ってきてからの方が寒かった。 
(2005年1月/2月 彼女の家まで15分 様) 

キルティングの総ライナー付き厚手ナイロンコート、厚手のタートルニット、スカート、厚手タイツ、ゴム底の革ショートブーツ、ストール、帽子、革手袋。 

帽子は必需品。防寒はもちろん、多少の雨でもしのげる。柔らかい革のスカートは小さくなってシワにもならない。 
(2005年1月/2月 Kurumi no wine 様) 

防寒下着の上に、セーター、タイツ、ロングスカート、ハーフコート、マフラー、手袋、日によって帽子。カイロも持っていて良かったが、耳あてが欲しかった。 
(2005年1月/2月 pink-sapphire 様)

日本の普段着で。パンツですごしました。
(2005年2月 おやすみかん 様)
 
 

普段着ているロングコート、パンツ(2)、スカート(2) 普段はいてるロングブーツ、ローファー。カーディガン、セーター、 タートルネック、ババシャツ。

現地の人はジーンズ姿が多いと思った。高級なところに行かないなら、それもよい。道行く人が想像以上におしゃれだった。

カイロは1回くらいしか使わなかったが、冷え込むときは本当確かに寒いので、次行くときも、やはり持参する。
(2005年1月/2月 senbei cmy様)
 
 

ダウンコート、パンツ、ニット。革のスニーカーとショートブーツ。タイツ、防寒用のインナーは必需品。
足元が寒いので、足カイロは持っていって良かった。

ただ、デパートや美術館は、ダウンでは暑かった。外は寒いし、調節が難しい。
町並みが綺麗なので、思ったよりガンガンと歩いてしまい、念のために持っていった革スニーカーが役立った。
(2005年2月 ぶーは冷え性 様)
 

ダウンジャケット、ジーンズ、運動靴。腹巻やスパッツで完全防備。
(2005年2月 ふくろう@イタリア 様)

白のダウン(真っ黒になった、ジーパン、スニーカー、セーター。朝晩は結構冷えるのでカイロが活躍。
(2005年2月 パンダのパン屋 様)
 

日本よりも、ズボンの下にタイツ、上着も一枚多めにして、外を歩いたが、長時間あまり移動がない バスのツアーとかの場合正解だと思うが、ルーヴルなどよく歩く場合は、その服装は間違いだった。
(2005年2月 まっちょんちょん 様)
 

普段着。冬のパリの気候はは東京を参考に、とガイドブックにある通りの服装を用意したが、かなり暖かかった。ダウン系統のアウターは着なかった。 
(2005年2月 ピカリ光 様)
 

ウールの薄手のコート、綿の薄いタートル、ウールのカーディガン、コーデュロイのパンツ、カンペールのスニーカー。思ったより寒くなかったので、スパッツは出番なし。もう少し軽い靴でも良かったかも。
(2005年2月 まめきんとん 様)
 

薄手ニット、セーター、コート。脱ぎ着しやすい服装。
(2005年2月 てんてこまい78 様)
 

 


 
 
 
ディズニーランド さぶかった〜(まよ様)
 

現地の人曰く、例年無いくらい暖かかったそう。コートが邪魔になるくらい。スニーカーは、荷物になっても持っていくべき。
(2002年 iceberg@paris様)
 

ロングコートも邪魔になり、暑くても寒くても着回せる服を持っていけば良かった、と後悔。パリの石畳は思ってた以上に足にくる。スニーカーと足爽快シートは必需品。
(2002年 みとう@ゆかいな仲間達様)
 
 

ずっと曇りか小雨で、気温は最高5℃くらい、最低で0℃ということでしたが寒さは厳しいと思いませんでした。風がなかったせいか。カイロも必要なかった。

下着はダマール(暖かさレベルが2くらいのもの。5で酷寒に耐えうるレベルらしい)、上にタートルのセーター、下はタイツにパンツ、ショートブーツ。ダッフルコートを着ていたので、それが防寒になったのでしょうか。屋内では暑い。

個人的に寒さには強い。両親連れで、彼らも同じような格好で、「思ったより寒くないね」と言っていた。手袋は必携。私はマフラーは必要なかったすが、母はスカーフを巻いた。
(2003年 岳まるまる@犬様)
 

 


 
 
 
 
 
 
Special thanks to kokuto lupin sama
Special thanks to magna ha utau sama!
 
 トップ > 準備 > 服装 > 月別 服装レポート 2月上旬