トップ > 準備 > 服装 > 月別 服装レポート 1月中旬
服装基本編へ
もどる
服 装  月別レポート 1月中旬
   
 14 Nov.2009


  

天候と服装は、年次第、週次第

日本でも、急に2,3日あたたかくなったり、寒くなったりしますね。現地も同様です。 

また普段 日本でお住まいの土地や 寒さに強い・弱いも関係してくるので、参考程度にしてください。


 
 
 
 
 

パリ中旬
 
 
 

黒コート、マフラー、帽子、セーター、スキニーパンツ。
ブーツ(ヒールの無い、合皮の紐靴。中と折り返しにボア) かなり暖かくてちょうどよかった。
(2009年1月 collignonclignan 様)
 
 

保温下着(ユニクロのヒートテック長袖とか)、薄手のフリース(ユニクロのタートルなど)、ジーンズ(起毛の)、ひざ下までの靴下。尻丈のダウン(かなりモコモコの部類の)。

ちょうど天気がよかったらしいく(その前の週は零下8度だったとか)、日中は足早に歩くと汗ばむ。手袋、マフラーも夜や天気の悪い日しか使わなかった。建物の中は、歩いているとダウンを脱いでいても汗をかくくらい。
(2009年1月 pupいのいのっ子 様)
 


 
 
 
ダウンのロングコート、余りに暖かかったので、ずっとキツネのショートコートですんだ。下着も五分袖位で十分。
タートルセーター、パンツ、ショートブーツ。薄手のカシミヤ大判ショールを3色。白のカシミヤショールと適当に組み合わせて使用。
大きなアクセサリー(2本切ってしまった)
(2007年1月 かめのすけ影 様)

母: 毛皮のハーフコート、スカート、きれいめニット、ロングブーツ。観光は、ダウンジャケットに、パンツにショートブーツ。オペラ座は着物。星つきレストランへ行く時は、サンローランのスーツやブラウス。

私: 黒のロングコート、ニット、スカート、ロングブーツ。観光のときは、エアテックコートにパンツ、革ローファー。オペラ座鑑賞のとき黒のワンピース。
(2007年1月 アクセサリー・コレクター 様)

ダウンジャケット、ニット、ジーンズ、スニーカー。友人は一部パンプス、ブーツ。
(2007年1月 真冬のオイローパ 様)

フリース、ロングコート。
カイロ、厚手のタイツ等を持って行ったが天気には恵まれ、 殆ど必要なかった。
(2007年1月 りえとクッキー 様)


 
 
帽子(ニット帽と普通の帽子)
ダウンジャケット、ニット・ジャケット(買い物時)、ジーンズ、パンツ、スニーカー、パンプス(買い物時)

観光用の格好と、ショッピング用の格好は分けたほうが良い。
(2006年1月 coco pomme verte 様)

Pコート、フリース2、ボタンダウンシャツ3、パンツ3
フリースキャップ、スニーカー2、下着3組。
(2006年1月 あきあがり/ひやおろし 様)

コート、タートルセーター、ババシャツ、パンツ、タイツ、靴下
カイロ(貼る、足用)、レッグウォーマー、マフラー、帽子、手袋。

日本の居住地より暖かく、寒さ対策をして行ったけど、マフラーも手袋も使わないですんだ。帰りにカイロが減らなくて困った。
(2006年1月 かぶちゃんのヨーグルト 様)

プラダAのナイロンコート(やや膝下)、カシミヤアンサンブル2、革スカート2、エレガント系ジーンズ、ロングブーツ、パンプス(歩きやすいようにどちらも踵は高いが、幅は太め)、大小のカイロ、靴下用カイロ、HELEN KAMINSKIのややツバのある帽子(少々値は張るが折りたたみ可能、エレガント系で重宝した)
(2006年1月 non@michelle 様)

日本と同じ格好。でもやっぱり皆オシャレなのでもっとオシャレにきめればよかった。上はロングコート、タートルネックセーター、ユニクロのあったかシャツ、キャミソール 下はズボン(ジーパン) 

朝のうちは手袋が必須だった。

周りのパリジャンはほとんどがロングコートだったので、ロングコートを持っていって本当によかった。
(2006年1月 tweety hiro 様)

小ぎれいな格好はしていたけど、ほとんど買い物をしなかったので、もう少し動きやすい服装にすればよかった。
(2006年1月 musashihana 様)

腰までの革ジャケット、パンツ、セーター、マフラー、手袋。セーターは着ないことが多かった。靴。やはり重くてももう1足持って行くべき。雨に降られて実感。
(2006年1月 tkey 様)

ショートブーツ、白と黒のワイドパンツを1本ずつ、超厚手タイツ、セーター、保温機能のある長袖アンダーシャツ、マフラー、手袋、帽子、カイロ。暑いのは我慢(または調節)できるが、寒いのはどうにもならないと思い、厳重に寒さ対策をした。
(2006年1月 おーともよ家持よ 様)

ダウンジャケット、コーデュロイのパンツ、くるぶし丈のカジュアルブーツ。
(2006年1月 ぽぽりんりん 様)

防寒を考えた服装。使い捨てカイロは重宝した。
(2006年1月 ペルちゃんキュー 様)

セーター4、パンツ4、スカート1、ウールのコート(膝丈)、ダウンコート(膝丈)、ブーツ、パンプス、ニットの帽子、マフラー2、ストール、手袋。ババシャツ数枚、タイツ。

居住地の仙台に比べると大変暖かかった。10度くらい。風が吹かないので、ダウンや膝丈のコートは不要だと思った。ババシャツ、タイツ、カイロなどはほとんど使わなかった。

困ったのは、靴。ヒールは低いものの、細ヒールだったので、はきなれていても1日中歩くと足が痛んだ。ツメがはがれそうだった。がっしりしたかかとで、厚底のショートブーツがいい。

観光地(美術館や教会含む)は観光客しかいないので、ジーンズにスニーカーでもOKだと思ったが、少しでも買い物をするのであればオシャレに気をつけたほうがいい。現地の人は想像以上におしゃれ。マフラーなどを上手に使っていた。

ちょうどソルドの時期だったので、洋服は現地調達すれば良かったと思うほど、安くてかわいいものがたくさん売っていた。
(2006年1月 かえるのちかえる 様)

パリでは 日本の居住地と同じ格好。タイツを履いていないとちょっと寒かった。
(2006年1月 かにふみ 様)

ロングダウン、ロングブーツ、セーター、パンツ
(2006年1月 独身貴族の3人娘 様)


 
 
コート、セーター、ジーンズ、はき慣れた黒ブーツ。動きやすく
温かく、子供によごされてもOKな服装。
( 2005年1月 テンちゃん nor 様)
 

サッカー観戦が目的だったので、ダウンのコート。街歩きの時は暑いので、中を薄着にした。
日本で普段しているのと同じ格好。基本的に、薄手の黒タートルに、茶色のパンツ。ダウンのコートにマフラーの組み合わせ。
(2005年1月 かいと冬 様)
 

シルクの薄くて柔らかい下着、薄めのおしゃれなシャツ、黒ズボン、黒スニーカー。
ディナー時はスーツワンピース(結婚式などフォーマルの)。
(2005年1月 マロン京 様)
 

ウォーキングシューズ(革靴)、セーター、ダウンジャケット。比較的暖かかったので、暑がりの自分はこれで十分過ぎるくらい。次からはもう少し薄手のジャケットも持っていこうかと。
(2005年1月 six-star 様)
 

大阪とあまり変わらない格好。

長袖シャツ
カシミヤのタートルネックのセーター(黒・白・茶)、ジーンズ、ウールのツィードのスカート、スエードのスカート。ウールのコート、ウールのショートコート。

スニーカー、スエードのフラットシューズ、黒のヒール。毛糸の帽子。ラビットのマフラー

パリよりも大阪の方が寒く感じた。あまりにも旅行者と言う格好が好きではないので、普段通りの格好でいった。

カイロのおかげで、特に寒さは感じなかった。

寒さ対策にニット帽はとても便利。向こうで買ってもいいかも。パリの人は、帽子をほんとおしゃれにかぶっている
(2005年1月 あちゃ&まちゃ 様)
 

自分、配偶者ともダウンジャケットを持っていったが、あまりの暖かさで着ていることができず、結局別にコートを購入した。

現地の人も普通のコートを着ている人が多い。ダウンジャケットは観光客かな?という人が多かった。なので防寒のために持っていったカイロ、ババシャツ、タイツ等の出番はなし。
(2005年1月 シトロンライチ 様)


 
 
 
フード付ダウンコートに防水スプレーをしていった。小雨が降ったりやんだりだったので、かさをささなくてもなんとかしのげ、便利だった。
(2003年 ミストラルPEPO@パリ恋し様)

 
 
 
 
 
 
Special thanks to kokuto lupin sama
Special thanks to magna ha utau sama!
 
 トップ > 準備 > 服装 > 月別 服装レポート 1月中旬