トップ > 準備 > 衣類
  

もちもの 
 衣類

11 Jan. / 7 Dec.2015 経験談追加


 

一覧 備考   
洋服 軽装 着ていくもの+予備1,2組でOK。上下の組み合わせがきくものが適
 

移動が多かったのに、パリの街歩きを想定しておしゃれっぽい服しか持って行か無かったので、もう少し移動が楽に出来る実用的な服を持っていけばよかった。例えば長Tとか、パンツをもう1着とか。重いソフトスーツケースを持って、ロングスカートで移動、というのはとても大変。(階段でスカートの裾持ち上げる手が足りない) おかげで、1着しかないパンツを4日間はき続けるはめに。(2003年  どっぷりしょこら様)
 
かなり薄めのニットとパンツスタイルを基本にストールやスカーフでアクセントを。服の量を思いっきり減らしたぶん、靴や小物(アクセサリーなど)を多めに持っていきました。黒やベージュなど、ベーシックなものを選んで持っていき、正解でした。
( 9月 xxSOLEILxx様)
 

洋服 おしゃれ用 オペラ座や高級な店にいく人。よいお店やホテル、パリではおしゃれした方が扱いがよい。とくに年配女性はエレガントなほうがよい。

若干暑かったけど、黒のオーガンジーのジャケットを 羽織っていってヨカッタです。 (パンツにシャツにカーディガンだと、 「マドモワゼル」と声かけられてたのに、 上下黒でちょいきちっとて出かけた日は一日、 どこででも「マダム」と言われた。対応も親切だったよーな) やっぱりちょっとだけおしゃれするとパリではトク?! (2g様)
 

鞄をたすきがけにしていたので、綿ニットが擦れて、毛玉だらけになった。たすきがけするなら、ニットは要注意。
(2004年4月 わらびもちさっしー様)
 

気をつけたのは、膝丈の短いスカートをはかないこと。フランスでは基本的に女性はひざから下を出す格好はしていないと思っていたので。
以前女友達とフランスに行ったとき、彼女がミニスカートを生足のままはいていたら、注目を浴びていた(ちょっと異質なものを見るような視線で)。以来、意識してフランス人女性を見ていると確かに短いスカートをはいている女性はいなかった。
(2005年6月 asaijin 様)

観劇などの服装 オペラ座>服装
コート類  
ジャケット類 1枚必携
ズボン、パンツ、スラックス
洋服 防寒用 かさばる物は、圧縮袋など利用。シャモニ山頂は、夏でも0度。9月からは長袖用。軽いコートがあると吉。冬は心底冷えるので対策を。

[7 Dec.2015]
2〜3足程度。タイプの違うものを持参するとよい。
靴のケアグッズ
[11 Jan.2015]
必携!
室内履き、スリッパ
[11 Jan.2015]
ミュールやサンダルにしておくと、暑いとき屋外にも履いていける。機内では白いと探しやすい。
下着 
[4 Sep.2010]

靴下 ストッキング、タイツ
 [6 Feb.2010]
秋冬はこのあたりも 重要視。
パジャマ、室内着
[6 Jul.2014]
人前に出られる服、手持ちの肌着や服と兼用できるとよい。
スカーフ、ストール、ショール、巻物 [4 Sep.2010] 必携。
アクセサリー
圧縮袋 圧縮袋。帰りにはこれで服を圧縮し、余ったところにおみやげを入れた。100円均一でいろんなサイズが売っている。
(2004年6月 ブッキー2号)

帰りは圧縮袋で衣類をまとめてそこに土産類を入れた。(2010年9月 petitrakuda 様)

圧縮袋。復路、着用した服はどうしても膨らんでいるので、同じ分量なのにかさばるが、圧縮袋があると、容量を減らせる。どうせ帰るだけなんだから、多少皺がよっても大丈夫。(2010年5月 どっぷりしょこら 様)


持って行ってよかった。活躍。( わんわんのあくび 様)( いもむしのおくさま 様)

スーツ専用ガーメントケース。 スーツケースとは別に持ち歩く。レストラン用の服もスーツケースに入れたためしわになってしまった。
(2005年3月 こむすぃこむさ 様)
         
 
 
トップ > 準備 > 衣類