トップ > 準備  > 衣類 > アクセサリー


持ち物

 アクセサリー
  
27 Sep.2009 整理

 
 
 
日本でつけづらい大ぶりのものやカラフルなもの、安くてなくしてもよいもの、などうまく組み合わせて。

現地で店員に似合うものを見繕ってもらうのも、いい。

たくさんの方が、ストールやアクセサリがあったほうがいい、と書かれていたのでいくつか持っていった。これは正解。パリでの滞在先がボンマルシェそばのプチホテル。歩いてる女性は皆オシャレ。ジーンズにTシャツ・スニーカーといった格好の人は、1人もいなかった。

ストールやアクセの威力かどうかはわかりませんが、どこへ行っても「まだむ」と
呼ばれ、この旅行中、サービス面で不愉快な思いをしたことは一度もなし。
(コゲコゲしゃとー 様)
 

持って行けば良かったのは、髪留めなどのヘアアクセサリー。結んだり挟んだりするだけでいいので、髪がまとまらないときでも短時間でなんとかなるし、髪型を凝れば服装が地味目でもなんとなくお洒落になる。現地の人は、シンプルだが上品に纏めていた。
2008年2月下旬 サレql 様)
 
 
 

みなさんおしゃれなので、大ぶりのアクセサリーが役立った。
(2009年9月 えりchoo 様)

カジュアルな服装でも、アクセサリーなどで工夫してちょっとおしゃれにした。
(2009年6月 ちむたむmate 様)
 

シンプルな服に大ぶりのアクセサリーをつけていたり、たくさん重ねづけしていた人が目立った。
アクセサリーでメリハリをつける人は、普段日本でつけているアクセサリーの倍くらい身に付けてもいい。
(2005年4月/5月 イリオモテ山猫PARTII 様)
 

着回しが楽なように無難なモノトーン系の服(その分ストールなんかはカラフルにした)。もう少し綺麗な色のシャツやアクセサリーも持って行けばよかった。
(2009年9月 ラ・セーヌの干し芋 様)
 

バカラの大振りのネックレス、淡水パールのロングネックレスは、色々使えて便利。
(2005年1月 ぴよぴよたろう 様)
 

持っていけばよかった:  さして高価に見えないが小洒落たビーズアクセサリー等。防犯のために地味目を心掛けたが、さすがに少々地味過ぎて、とくにパリでは気分的にちょっと淋しかった。配偶者と一緒ではゆっくりショッピングもできず、観光中心で時間的余裕がなかったこともあり、現地での購入はできなかった。
(あじあんみー様)
 
 

ゴールドチェーンとプチダイヤのネックレスをつけた。毎日化粧し、外見に気を配ったつもり。フランスでは、旅行者も現地の方も皆オシャレしていたので、正解だった。
(2004年6月 ぼんそわ?柳 様)
 

マレ地区で。女性店員が自分の好みを聞いて、似合うネックレスを選んでくれた。

サンジェルマンで雑貨。普段はそこのブランドのアクセサリーしか知らなかったが、パリの店ではポーチや洋服が置いてあり、大変可愛かった。買い物はマレやサンジェルマンが楽しい。
(2009年6月/7月 ロココ気分なラナンキュラス 様)
 

オペラ座での2回の観劇用に、パンツスーツとワンピース、アクセサリーも用意して行って、浮かず、良かった。
(2009年10月 ベリーは夏が旬 様)
AGATHAのアクセサリー。日本の半額から3分の1の値段。(鴨ステーキ 様)

 
 
 
 
 トップ > 準備  > 衣類 > アクセサリー