トップ > 現地事情 > 祝日・シーズン・気候 基本編 > 2月
  

France の 祝日・シーズン・気候
祝日・シーズン・気候 基本編
へもどる
2月
 
8 Feb.2004 / 29 Dec.2009
 17 Jan.2016 経験談追加
 
 
中国の旧正月(影響)
注 中国の旧正月 
中華街などで行事や飾りつけ予想。また中国本土からの旅行者が増えると見込まれる。
 
 

帰りのホテルから空港までのタクシーのトラブル。
帰国日は2月14日、中国の旧正月だった。そのため、(パリの)ホテルの前が中国のパレードで通行止めとなった

ホテルからも教えてもらえなかったし、ホテルが薦めている、ホテルから空港まで一人18ユーロというタクシーを予約した。しかし予約時間になっても、通行止めでタクシーがホテル前まで来られない。
そのときのホテルのレセプショニストに頼んで、何度もタクシー会社へ連絡を取ってもらった。しかしなかなかタクシーはこず、歩いてやっと迎えにきたのは、予約から1時間後だった。

おかげで、タクシーは恐ろしい運転をし、スピード違反、一方通行の無視などを繰り返し、事故を起こしそうな運転で、何とか空港に到着。飛行機の時刻には間に合った。飛行機に乗り遅れると思い、危ない運転で死ぬかと思った。
(2010年2月 あきあき22 様)


マレのビーズ問屋街。ちょうど中国の旧正月に当たり、路地の両側に中国ランタンの飾り付けがしてあった。香港ビーズ街(深水ポー)のようだった。店の看板、表示はフランス語、内部に旧正月の飾り付けがあり、店番はアフリカ系、韓国系、と国際色豊かな不思議な場所だった。
(2009年1月 Rod・ロッド 様)
2月の利点
1月についで、航空券などが安くなる。
 

豪華ホテルなどもスペシャルオファーが増え、安くなる。


(旅の手配でよかったこと、楽だった点は?) =
この時期のニースのホテルは夏の半額以下でとても安かった。
海沿いの Westminster のシービュースイート 60平方m。トイレ2つ が 275ユーロ(当時の為替レートで4万円弱)。夏に行った時は高すぎて海沿いには泊まれなかったが、今回は、安さにびっくり。
(2015年2月 アンヌとアンリ 様)



2月の欠点
寒い。日照時間が短い(もろ観光できるのは10〜12時と 14〜16時ぐらいと思っておく)
見所も16時ぐらいで閉館するので注意。1日にあまり多くは活動できない。
 
ダウンジャケットにスキー手袋と完全冬装備。それでも風が強く,つらかった。 寒すぎる。外を歩くのは子供連れには不向き。
(2005年2月 ロック ザ パンダ 様)
2月の観光 ポイント

2月のおすすめエリア
 2〜3月 ニース、マントンなど南仏のカーニバル  (各地のページ参照)


2月でも南仏は暖かかった。昼間は13〜18度。暖かい日はコート要らず。
ロングとショートコートを使い分けた。
(2015年2月 アンヌとアンリ 様)
2月の服装報告→ 服装報告

 
 
トップ > 現地事情 > 祝日・シーズン・気候 基本編 > 2月