トップ  > 交通  > フランスで運転・レンタカー 基本編 > 計画編
  

Franceで運転・レンタカー
基本編に戻る 計画編 1
        
updated on 7 Sept.2004
編集・調査さぽーたー: Special Thanks to ucyagi sama!
 
            
▲もくじに戻る
Q1 シャルル・ド・ゴール空港着後、すぐレンタカー? or泊まる? 
初日に長時間のドライブは大変そう。
 
    パリの高速道路は車も多くスピードも速く、土地感もしくは仏語標記をすばやく読み取る眼力が必要。慣れないと車線変更とか難しいです。 日本からのフライトで疲れているようなら、 いっそのこと 空港近くのホテルに泊まると、いう手はどうでしょう。
     
    私たちは前は逆でドライブ旅行最終日パリ着、とても市内をドライブする気にはなれなませんでした。空港そばのIBISというホテルに飛び込みでチェックイン、空港の事務所で車を返しました。それから パリまでRERで出かけました。
     
    IBISは空港までシャトルバスもでており、RERの駅はたしか直結していたように思いま す。 値段はもう5年前のことなんで変わってると思いますが二人で395Frでした。 空港のレンンタカー事務所が何時からあくのかにもよりますけど 初日早めにホテルに入り英気を養い,、2日目朝早くおきて(どうせ時差で早く目がさめる)余裕をもって目的地に向かう、ということを考えてもいいのじゃないかな。
    (ぺこ様)
     
     

    空港に着くのが夕方だと、季節にも依りますが、 だんだん暗くなる中を 不案内な道を運転するのも大変
     
    高速にいったん乗れば運転はまだしやすいかもしれませんが 高速を下り、町に向かう道は、田舎の方だと、明かりも少ない。また、市内に入っても、一方通行なども多く、 昼間でも、道を探してウロウロしなければならないのに、小規模な町村は夜は結構暗いので、 一層大変だと思います。
     
    気持ちは焦るし、時間はかかる。 ましてや、海外ドライブに慣れていないとなると。。。 私たちの場合も、MSMに、ライトアップを見るために民宿から夜出発しましたが 帰り道、迷ってしまいました。(昼間一度通ったにもかかわらず) あのあたりは、田舎といえば田舎ですが、夜は本当に暗いです。 それだったら、やはり空港近くのホテルで一泊なさることをお勧めします。
    (にゃんち様)
     
     

    宿の場所探しで、いつも うろうろします。 なのでなるべく わかりやすい場所にあるか、地図を送ってもらうか、 ミシュランレッドガイドの詳細地図に載っていたらコピーして もっていく、HPの地図をプリントアウトして持参、ホテル名 住所、電話番号を拡大して持っていって、道を歩いている人に 見せて聞く、ガソリンスタンドやお店の人に聞くというようなことで なんとかしています。
     
    この【拡大して】というの、重要です。 道を聞くときに、ガイドブックやメモを地元の人に見せても おじさん、おばさんだと、 「あー、字が小さくて見えないんだよー。ちょっと待ってね。眼鏡持ってくるからー。」と言って 奥から老眼鏡を持ってきたり、 「ちょっとまって」と、眼鏡を外して、見てくれることもシバシバです。 そうなんですよね。(再度認識) つい忘れがちでした。 私も次回から拡大して、もって行きます
    (にゃんち様)
     
     

    ホテル名は私の発音では伝わらない場合が 多いのでスペルを見せたほうが早いです。 一度、リール・シュル・ラ・ソルグ郊外のホテルに泊まりましたが、 地図のコピーを忘れたばっかりにどの方向の郊外かもわからず、 ガソリンスタンドのおねーさんや消防署のおにーさんに聞いて なんとか看板を見つけていけました。
     
    空港で一泊、がベストだと思います。
    (うちゃぎ様)
     
     

    でも、せっかくだし、フランスを感じたいというなら、ドゴールから15分の シャンティイにでも泊まって、お城みてから翌日しゅっぱぁーつ!というテも。
    (Chun_Chun_Chun)
     
     

    サンジェルマン・アン・レー もパリから20キロ、 なかなか素敵な所です。Hotel Pavillon Hanri Wは食事に行きましたが、 42部屋の素敵な4ツ星ホテルでした。 メインダイニングからは、遥か彼方のデファンスのビル群や 豆粒のようなエッフェル塔の眺めが素晴らしかったです。 すぐそばにはヴェルサイユを手がけたル・ノートルの庭園もあり、 文豪「デュマ」縁の地でもあります。
    (Colette様)
     

▲もくじに戻る
冬場のアルザス ドライブ は?
年末年始などの、ドライブはちょっと危険かも。
 
北部で山道でなくても 路面凍結などの心配です。 ミュールーズ〜コルマール〜ストラスブールあたりの山寄りコースは非常に辛いかもと思った。 天候が読みづらいので。

なるべく時間的に暖かなお日さまの出ている時間の移動を 考えた方がよい。雪深い地域ではないと思うので、 早朝と夜の路面凍結 は気を付けた方がいいと思います。

フランスなどでは、車の行き来は多少の田舎でもまあまあ あるので(観光地周辺の道路など)早朝の薄暗闇でなければ、深夜、路面が凍結しても溶けて乾いていたりしますが、 宿の周囲(駐車場や街の小さな路地や路肩)ではちょいと  警戒したほうがよいと思います。

2年前にリヨンの南のローヌ川沿いの町で朝、みぞれに あったときはその日にマルセイユ近郊のカシスへ行けるか不安になりました。(が、この時は10時には止んだのと その後、晴れたので無事に移動できました)

気候は一概には言えないので断定はできませんが、 そういうこともあるかも、と考えて計画を練った方がいい。
(うちゃぎ様)
 

住んでいたグルノーブル周辺での記憶で少し書きますね。 冬季はすごく寒くなるのですが、すぐ雪の降る日本とは違い 、本当に山岳地帯に行かない限り余り雪は積もらない。そのかわり路面凍結はすごい です。いや氷というより、霜ががちがちに凍るという状態でしょうか。

平地なら深夜・早朝に走らない限り、がちがち状態ではないでしょうが、 少し標高があるところでは(たぶんワイン街道あたり)なら、日中も日があたらないところでは解けずにそのままです。 けれど山岳地帯に行かない限り、通常タイヤしかはかしていないような感じでした。

スキー場に行くにもチェーンなどもたないで来る車があるので、 あるとき、天候が急変して山岳地帯で
雪が降り、それが夕方だったためたちどころに凍りつきそのとき下山していたすべての車が徐 行でつるつる滑りながら、のろのろグルノーブルまで下山したことがありました。それぐらい だれもチェーンなどつけていない んだと思われます・・・。

レンタカーならたぶんオプションでチェーンやスタッドレスみたいなのをはかすことが できると思います。
それはレンタカー会社との相談になります。

アルザスは、フランスの中でも冬季の冷え込みが特に厳しいので要注意。 また車でなくても、夜中や早朝石畳で滑ったりすることもあるので十分気をつけてください。   (私はいちど凍った犬の落し物で痛い目にあった・・・)
 

ステイ先のパパは滑って 危ないから慣れない人は車でスキー場に行ってはいけないといってましたから本人(仏人たち ね)は すべるのはわかってるんでしょう。 ステイ先の車はグルノーブル(冬季オリンピック開催地)なのに通常タイヤでした。それは間違いない。実際市内および郊外でも問題はなかったです。 ちょっと標高があがるとやばい箇所があった。

ステイ先の息子もしょっちゅうスキーに行ってましたけど、通常タイヤのままでした。別件でニースから仏人の友人の車でアルプス方面にスキーに行ったときも、通常のタイヤのままチェーンももたずにいきました。

そのときもスキー場近くまで上がると(標高1000メートルぐらいね)滑りました ね。 すべることを友人は楽しんでましたが・・・。恐るべき国フランス。

スキー場の下にスケートリンクみたいな駐車場があって、そこで 車でくるくるまわって遊ぶようなのもありましたからねえ。

レンタカー会社にも強く交渉したほうがいいと思います。 スタッドレスはひょっとしたらはかしてくれないかも、道路が削れるなどの害があるじゃないですか。気になるようならチェーンをオプションで借りときましょ う。 レンタカー会社だって事故起こされたりしたらいやだから、 客が貸せと言えば貸すと思います。 冬中、国中、ががちがちに凍ってるわけではないですから、早朝深夜は特に気をつけて走ってください。 
(ぺこ様)
 
 
 

リクヴィールは確か村の外にしか駐車場が無かった。私が行ったときもクリスマスシーズンということで
もちろん満杯。外側の道をぐるぐる探して、畑の脇のスペースに路駐しました。

ワイン街道は日が暮れると真っ暗ですので、夜道を走る場合は充分気をつけてく ださい。
(にゅーねこねこ様    2002/10)

▲もくじに戻る
Q3 秋のアルザスドライブのコース例は?

レンタカーで景色の良い田舎道を走るのが好き。アルザスでもストラスブールでレンタカーをイン・アウトするつもりです。(日本からの予約) レンタカーで走るアルザスのお勧めコースは? 

ちなみに当方は海外旅行歴20回位でレンタカーは左ハンドル・マニュアル車、例のロータリーも苦にしません。

アルザスでは一箇所に拠点を設け、そこから各地へ足を伸ばしたほうが良いのか、あるいは予約無しで着いた先々の地で気に入った宿に泊まろうか、思案中。ただしこの時期、現地はワインの収穫時期なので予約無しで入った場合、宿の確保はどうなのか、と一抹の不安があります。

 

 
"通"なドライブルートを発見することはできませんでしたが、ブドウ畑の中を突き抜けて行くワイン街道のドライブは、とても気持ちが良いと思います。10月は、紅葉なども見られるかもしれませんね。

近くに高速道路も通っていますが、時間が許す限り一般道を走ることをお勧めします。

強行軍だったので、私たちがまともに訪れることのできた村はリボーヴィレだけでしたが、季節柄、クリスマスの飾り付けが美しく、おとぎ話のように可愛らしい村でした。駐車場は村の入り口付近にあり、無料の公衆トイレもありました。

ちなみに、ストラスブールやコルマール市内は車両進入禁止・一方通行が多いため、それらの情報が入った1万分の1程度の都市地図を携帯されることをお勧めします。
(azumi@az様 2002年9月)
 

10年ほど前、この時期にアルザスを車で。村には泊まらずストラスブールとコルマールに泊まったが、そのときは予約なしで、夕方着でも宿はありました。ワインの収穫期ならではの不安といえば田舎の道が渋滞したことでしょうか。車が多いのではなくて、収穫のためのトラクター達ががたがた走っているからです。
(ぺこ様    2002年10月)
 

宿の確保をどうするかという問題はありますが、一個所に拠点を設けると一日の移動距離が増えて、疲れが大きくなるのではないでしょうか?

例えば、リクヴィールやリボーヴィレなどは、ストラスブールから日帰りで往復するよりも、コルマールからの方がかなり近かったです。
 
毎日、順番に巡って行き、最終日に高速道路でストラスブールまで帰ってくる方が効率が良いのではないか。時間に余裕があれば、もう一度、見落とした村を訪れることもできます。

でも、毎日宿を変えると、チェックイン・アウトの手続きや、荷物をまとめたりが面倒だったりもしますので、どちらが楽かは人それぞれかも。
(azumi@az様 2002年10月)
 

ワイン街道は日が暮れると真っ暗ですので、夜道を走る場合は充分気をつけてく ださい。
(にゅーねこねこ様    2002/10)
 

GWに、アルザスで4泊(ストラスブール1泊 コルマール郊外2泊、ミュールーズ1泊) すべて日本にて事前予約)してレンタカー(割高なAT車で回り ました。)
 
車はストラスブールのAVISにて借り、そこでもらった市内地図にパーキング情報なども記載されていまして、重宝しました。(ミシュラン赤2002にも見開きで地図が載ってお り、一方通行情報も記載されていますが、結局市内ではAIVSパンフと、現地の道路標示だけで迷いつつも何とかなりました、というか、ナビしているうちに酔ってしまい地図を見るのを止 めてしまったというか^^;、)

この街では、アルザスの地方の詳細地図を求めてFNACや近くの書店を探し、コルマールからミュールーズにかけての10万分の1の折りたたみ式の地図(Institut geographique nationalの31番) を購入しました。アルザス全体については、日本から持参した折りたたみ地図(ミシュラン黄 色87 20万分の1)を利用しました。
 
コルマール市内については、宿でもらった観光客向け地図にいろんな情報が載っておりそれを 利用しました(安上がり^ ^;

滞在中は、見所のある村は回れたのですが、ちょうどメーデーにあたった日でさえ、見所に近い駐車場は満車だったりして、結構ぐるぐる回りつつ駐車場所を探しました。少し歩くことにはなりましたが、特に苦にはなりませんでした。
(win302様   2002/10)

▲もくじに戻る
Q4 AからB地点へのおよそのルートと所要時間をしらべるには?  

モン・サン・ミッシェルからロワール地方のトゥールまで移動することになってしまいました。
ルートや所要時間は?
 

 
こういうときに便利なのが、ミシュランのHPの中のドライビング・ディレクションです。
ここに 発着地名を入れると、ミシュランのおすすめルートがでてきます。

通常、距離はマイルで表示されますが、上の小さなボタンにパラメーターという項目があるので、それを押して、キロメーターにしてみるとわかりやすい。
ちなみにそれでみるとレンヌやル・マン経由で265キロ、3時間19分とでました。
(うちゃぎ@Lapin   2002/09)

 

私も、このHPを教えてもらって以来、旅行前に全ルートを調べてプリントアウトし、フランスまで持って行くようになりました。ほんの15分くらいの移動でも、初めての土地は、一通り調べてます。

何度か経験してみて学習したこと。

0.この時間は、かなりアテになる数字である。

しかし、

1.迷わない&渋滞しない前提での時間である。(当たり前ですが)
2.高速道路(A*)の場合は、時速130〜150キロ程度で走らないと、この時間は実現 できない。
3.一般道であっても、フランス人のごとくスピードを出さないと、この時間は実現できな い。

なので、大抵、ミシュランで算出される時間の1.2〜1.3倍くらいの時間を覚悟するようにしています。
まぁ、倍率は経験値によって異なると思いますが。。。 (まれに、ミシュランより10分くらい早く着いたーということもあり、勝利した気分になる)

でも、本当に強い味方です。
(azumi@az様    2002/09)

▲もくじに戻る
Q5 ノルマンディーあたりからモン・サン・ミッシェルへは?  
 
8月にレンタカーを使ってノルマンディーへ。
MSMは対岸に泊まった方が、というご意見が多いようですが、近郊のカンカルという街(牡蠣が大好きなので)の海岸沿いのホテルに泊まってMSMは見えるものなのでしょうか?
 
それと8月は混むと思うので朝早くにMSMに行こうと思っているが、車で走ってどのくらいの距離があるのでしょうか?
カンカルから車で10分くらいのところにあるホテルに泊。部屋から MSMを見ることができました。
カンカルの港周辺からも、もちろん、見えました。
 
でも、MSMの対岸から見るのに比べると、おそろしく小さな三角形です。海の上にぽっかりとあるので、あれはMSMだと判別できるのですが、細かいところまでは まったくわかりません。
(私自身は、それはそれで満足でしたが)
 
あれだけ小さいと、お天気が悪い日は、おそらく見えないのではないでしょうか。
 
それから、夜のライトアップも見極めることはできませんでした。(何せ小さいので。。。)
私達が行ったのは冬の晴れた日なので空気も澄んでいたと思いますが、8月だと、お天気はど うなんでしょう。

ミシュランのHPで調べると、MSM−カンカル間は44分の道のりになっていまし た。
実際に私達が走ったのは土曜日の19時過ぎと、日曜の昼頃でしたが、どちらもほぼ45分程度かかりました。ただし、その時は時節柄か、道は空いていました。
 
それから、途中の町の中でちょっと迷ったりもしましたが、大きく迷子になることもなかった。だから、HPの時間はうまく行った場合の時間と思った方が良さそうですね。
(azumi@az様    2002年6月)

▲もくじに戻る
Q6 フランスからスイスへ: 車での国境越え・免税の手続きは?  
 
GWに、リヨンin/ジュネーヴout での旅行計画を立てています。「レンタカーによる国境越え」について
 

1.スイスの高速道路を運転するには、年間の利用シールなるものを買って、窓に張り付けなければならない、と本で読んだが、これは、国境の検問所(?)で購入できる?

スイスで車を借りる場合は、最初からレンタカーに貼り付けられている場合もあるとのこと。今回、私たちはフランスで借りるため、自分で購入する必要があります。

2.フランスで免税の適用されるお買い物をした場合、国境の検問所で免税手続きはできる?(税関は必ずある?)

シール購入にしても、免税手続きにしても、車に乗ったままできるのならよいが、どこかに車を駐車させてしなければならない場合、ちゃんと、そのような駐車エリアはある?

ちなみに、今、候補に上がっているルートは、 アヌシー → ジュネーヴ または、 シャモニー → ローザンヌ(レマン湖東回り)。
 

スイスの高速利用シールは、国境のところにゲートがあって、スイス軍人みたいな格好をした人が1台1台車をチェックして、シールがない車はその場でお金を渡して、その人が車のウィンドウガラスの内側にシールを貼ってくれます。支払いはユーロでもスイスフランでもOKでした。

なんか軍服みたいのを着て、ものものしいですが、英語で「どこに行くのか」って聞かれたぐらい。
( ジュリエッタ様  2003/01)

リヨンからジュネーブ、ローザンヌへ。
時間的に速いのは(走行距離も短いと思うのですが?)、北〜東の高速利用(A40利用)で ジュネーブを通りローザンヌへ行くルート。もし、まだアヌシー、シャモニへ行かれたことがないのなら、寄っていくのも悪 くはないでしょうが、時季と日程次第ですね。アヌシーは通りがかりで、半日もあれば観光できますが、シャモニーはやはり数日見てお いた方が楽しめます。

高速道路からの国境越えはいたって簡単。検問所があり、パスポートを見せるだけ。特 にスイス入国時だけで、フランスからの出国はフランス側の係員さえ立ってない状態。
 
スイス入国時には、私の車には例の高速道路シールがまだ貼っていなかったため、パスポート をじろじろとながめ、確かめた後、すぐ横にあるDOUANEへ入って、シールを買うように言われました。
 
そこで、すぐとなりのスペースに車を停めてDOUANEの建物内にて、シール購入。40ス イスフラン(CBで購入、後からレートを見ると27,78ユーロでした)自分で貼りました。
 
フランスのレンタカーには、ほとんどシールは貼ってありませんので、自分で購入しなくては なりません。
レンタカーで旅行した友人は、返すまぎわにシールはがしてましたけど、結構糊がきついで す。もしはがすつもりなら、貼る時に工夫して下さい。(2003年度中は有効ですから、もったいないとも いえますね)

 
スイスフランへの両替は、検問所手前に両替所の建物があり、そこでしまし た。

両替所および税関時のパーキング場所の心配はいりません。短時間とめる場所はちゃん と確保されています。

もし、何かTAX関係の書類があるならば、この税関でやってくれると思います。
(経験なしなのでわかりません。ヨーロッパ内居住者はスイスヘ行っても、免税処置は受けら れませんので)

ただ、帰りの飛行機がジュネーブ発ですよね?直接日本に帰るのですか?それともパリ 経由? ジュネーブの空港内は、スイス領とフランス領に別れていまして、パリ行きの飛行機は国際線 でなく、国内線扱いになります。(不思議なことに、空港内にフランス領の入口とスイス領の入口がある)
 
レンタカーも、もしかしてフランスで借りた場合、フランス領への返還ということになるかも 知れません。
(ライオンキング様    2002年10月)

 
アヌシーからシャモニは結構時間がかかります。
一般道路は山道なので、高速道路で行った方が早いと思います。バカンスシーズンは渋滞が予 想されますが、それには関係ないと思われるなら、1〜2時間でしょうか

ロープウェイなどには乗るつもりはない、ハイキングもする気がない、シャモ ニーの街だけ観光したいという場合は、アヌシーから日帰りでも良いですが、どうしても晴れた日のモンブランをとお考えの場合、山の天気を考えると朝一の行動が望ましいので、シャモニーで数日待機する方が確実です。

スイスの話で、はみだしになるかも知れませんが、ジュネーブから北の方向へ行くと、 もう一つ大きな湖
Lac de Neuchatel(ヌーシャテル湖)の岸にあるNeuchatelという街へ、時間があれば足をのばしたらいかがですか?
 
水辺にあるちょっとかわいらしい街で、ちょうどぶどうの紅葉の頃行ったせいもありますが、 途中もきれいだったです。ローザンヌからの日帰りでも充分いけます。
(ライオンキング様 2003/01)

▲もくじに戻る
Q7 春の南仏ドライブは?
 

予定としては エクスから北上して N100沿いにアヴィニョンへ2日がかりで行こ うと思ってます。
日程としては下記のような。
         
         1日目(土)  18:25CDG着 
                 19:30(21:25)CDG発ー21:05(23:00)ニース着 ヴィルフランシュ(orニース)泊

         2日目(日)  エズ モナコ ボーリューetc  夜にナイトツアー ヴィルフランシュ泊

         3日目(月)  ニース観光  ヴァンス観光etc         ヴィルフランシュ泊

         4日目(火)  昼頃 バスでエクスアンプロヴァンスへ      エクス泊

         5日目(水)  レンタカーを借りて村巡りしながら北上      アプト泊

         6日目(木)  車でリールシュルラソルグに行き アヴィニョンで返却
                 TGVにてパリへ夕方着              パリ泊       
         

 
 

フランス国内でも、道の整備がかなり行き届いて、起伏はあるものの、道幅もあるこのあ たりは、非常に走りやすいと思います。たま〜に、無理な追い越しをかけてくる車もあるのですが、こちらが、よけて右へよれば、すんなり追い越していきます。

小さな交差点でもラウンドアバウトになっているので進む方向を見失わないよう に。

駐車場は周りをみて、料金を係りに払っていれば、払う。車のウインドーに自動販売機で買ったチケットを貼りつけているようならば、自動販売機を探して買ってください。無断路駐は違反切符を取られます。

公衆トイレが少ないので、カフェですますか、どこかの施設でいくといいです。
 

車を借りるところがエクスの街中であるならば、最初は慣れない車と道にちょっ と難儀するかもしれませんが、郊外へでれば何とかなると思います。

時間短縮で高速道路を使うこともお勧めします。料金は郊外だとほとんどかからないか、とられても、日本の料金よりは安い。あと、慣れないうちは、道を迷い易いですが、高速道路は表示がはっきりしているので、迷わず、目的地に行き易いです。

返す時、アヴィニョンの駅レンタカー事務所の場所は大まかでも駅のどのあたり、というのを住所で調べておくといいですよ。駅前は道もごちゃごちゃしているので。

 
 
 

エクスからはマノスクあたりを経由してN100にでて、アプトに行かれますか?
そのあたりは、小さくてもいい町がたくさんあるので、車ならば、ここいいかも、と思ったと きに止まって
歩いてみるといいです。
 
マノスクの高速のインターチェンジのところにロクシタン(自然素材の化粧品や石 鹸などを売っている)の
ファクトリーと売店があるようです。
2001年にこの近辺に行ったときによりたかったのですが、時間的に無理で行けませんでし た。
http://www.provencetourism.com/activites/details.asp?id_adh=212
工場見学は予約制ですが、ショップは簡単にいけそうです。昼休みの時間にかからず、時間的に行けそうならば、 いってみるといいかも。
 

リュヴェロン地方の町で赤い土で有名なルシヨンもよかったです。
この地方の建物は はちみつ色 が多いのですが、この町だけは赤い色の建物で、明るい光に合い ます。
 

 
一つ気になるのが、オートマ指定とのことですが、小さな車のカテゴリーを予約されている と、オートマでなく、マニュアルが出てくる率が高いようです。大きな(ベンツクラス)カテゴリーだとオートマ率は高くなるようですが。
 
指定といっても現地ではマニュアル車だった、なんてことも多々あるので、日本でもマニュアルを運転したことがなければ、ちょっとつらいかも。日本で指定した=確約ではないので。
 
特にエクスで借りるとのことなので、運がよくないとオートマは待っていてくれない可能性 が。
(CDGのような大きなところだと、車種もいろいろそろっているような感じなんですが、街中のエクスだとあまり在庫はないかも)
(うちゃぎ@Lapin様)
 
 

 

> > なんとなく直線的にD943で行こうかと考えてました。
> 一つ心配なのは、エクスのような大きな町から観光地とは
> いえども、Dランクの道に出る表示を見逃さずに
> D943にのれるかということです。

脅かすわけではありませんが、本当にそう思います。N道路はともかく、D道路になったとたん、信じられない道幅になったりしますので、油断できませんでした。

エクスからトロネに向かおうとした時、確かに地図には載っているけど、
こんな細い道に入っていっていいのぉ〜!?みたいなこともありました。
 

> ゴルドやセナンク、ボリーの村などいろいろあるので
> 行きたいところはつきません。

私は、プロヴァンス地方を走っていて、一番感動したのは、突然、ゴルドの村が目の前に現れた時。
アヴィニョンから向かったのですが、D2からゴルド方面へのゆるい坂道を登っていくと、 いきなり村の全景が目の前に現れます。これは、圧巻の一言。 雑誌の写真で見るよりも鮮やかで、しばし、その場を去りがたかったです。
 
 

逆の経験なのですが、私もフランスで初レンタカーの時は、ニース空港でオートマ車を借りました。
初心者なので小さいオートマ車を予約したのに、実際にあてがわれたのは 大きなサーブ。ハーツでしたが、オフィスの男性に、名残惜しそうに「オートマティック?」と念を押されましたので、一応、指定通りの車を貸し出そうという意識はあったようです。
 (しかし、コンパクトではなかった。。。)

ハーツのHPでは、オフィスによってオートマ車が選べたり、選べなかったりする。指定をこなそうという意志はあるのかなと思ったりもしますが。。。ただ、予約したクラスの車種にはならない可能性もあると思います。

個人的には、左ハンドルのマニュアル車の運転、楽しいので好きです。
ロン・ポワンに出くわすとわくわくしたり。

いくらパリとは違うといっても、エクスくらいの都市部になるとそれなりに交通量が多 いですし、無茶な運転をする人もいました。はっきりした車線のないところで、どんどん車が詰まっていくところは、パリも地方も同じだなーみたいな。
(azumi@az様)

 
ペルピニャン(市内)で車を借りました。日本から事前に予約をしたのですが
車種を決めるときここの営業所ではマニュアルのみの扱いですがよろしいですか?と言われました。
(もともとマニュアルを借りるつもりだったので問題はありませんでしたが、、。)
なので、予定が決まっていれば早めに問い合わせたほうがよいかも、、。

> 返す時のアヴィニオンの駅のレンタカー事務所の場所は
> 大まかでも駅のどのあたり、というのを住所で調べておくと
> いいですよ。駅前は道もごちゃごちゃしているので。

これも大事です!
ペルピニャンで借りた車でピレネーを越え。アンドラで返却のとき。
住所も事前に調べばっちりだったはずなのに、、。その住所に行きいくら探しても事務所が見つからない。周りの人に聞いても住所はここだと言うし、、。仕方がないのでいったんホテルに戻りホテルスタッフに尋ねました。僕が連れて行ってあげると仕事中にもかかわらず、なんとホテルのスタッフが運転した連れて行ってくれました。
 
行ってみてびっくり。
 
その住所のデパートの中に事務所を構えており
駐車スペースもデパートの立体駐車場の中の一画に2、3台分だけ。それも地面にハーツと書いてあるだけ。 (あの目立つ黄色い看板はまったくなく、、。)
絶対路面に面し、看板があるものと思いこんでいたのに、、。

(midico@wanwan様 2002年)
 
 


 
Q8 シャンパーニュ地方からブルゴーニュ地方へのルートは?

シャンパーニュ地方とブルゴーニュ地方へ。1週間くらいの予定で、ランスからボー ヌまでのルートは? 
またそもそも1週間でパリ→ランス→ボーヌ→パリをレンタカーで回ることは無謀?

 
ワイナリー巡りには、いい時季です。わたしは、この2箇所をそれぞれバスツアーで5月に周りました。絶対、秋に再来したいと思いました
 

日が短くなるかもしれませんので、一日の移動時間を、最大と最小と真ん中くらいのプランで予定をたてられてはいかがでしょうか。一週間なら、堪能できると思います。
(chiez@okiraku様 )
 
 

 

ランス〜ボーヌのルートということですが、 これは一般道路でということですか?
それとも高速道路経由で、というこでしょうか?

普通に考えると、ランスからシャンパーニュ街道を通りつつ エペルネーから南下し、トロワ経由でディジョンに抜けて、コート・ドール経由でボーヌだと思います。

一番早いルートは高速道路(A4からA26)と一般道路(N71) そして、またディジョン手前で高速道路(A5) 。

ミシュランのWebサイトの中のドライビング・ディレクションのページで地名を入れると出てきます。
また、こまぎれですが、マップも出るので、これをつなぐという手も。

 
でも、日本でこのあたりの地図を買って調べておくといいです。
 

1週間で、とのことですが、どの程度の観光、そして宿泊、ワイナリーやメゾンめぐりをするかで、ずいぶん
かかる日数が違います。

私たちはシャンパーニュ中心でトロワあたりまでいって、4日で回ります。予定では有名なシャンパンメゾンを2箇所くらいいければと思っております。

メゾンやワイナリーを予約して見学する場合は、一箇所につき1時間半から2時間みておくといいですよ。

車を借り、戻しはパリですか?  できればパリの中心などより、空港で借りるほうがスムーズでいいです。
(うちゃぎ@Lapin様)

 
このミシュランのHPで

”ROUTES IN EUROPE”のところの 「出発地」 と 「目的地」 に
それぞれ ランス(REIMS)と ボーヌ(BEAUNE)を入力して OK をクリック すれば
ミシュランがお奨めするルートがでてきますよ。

ただ、ミシュランのルートマップがあったほうが、確認も出来てもっとわかりやすいと思います。
ハナクロにゃんち様)

 

ボーヌ→ディジョンのルートなら2002年9月に行ってきました。 ディジョンからボーヌへは国道を使えば1、2時間ぐらい。 (高速でも行けます)
 
が、コート・ドールをそのまま通り過ぎるのは勿体ない(笑)。
 
何せ、途中、国道からちょっとだけわき道(ほんの15分程度)にそれるだけで、ニュイ・サンジョルジュ村やジュブレシャンベルタン村等のワインの名産地が 目白押しだからです。
レンタカーでブルゴーニュ地方を回るのに2、3日割り当てるなら、 ボーヌ以外も是非(笑)。
 
もちろん、希望のワイナリーを確実に見学したいのでしたら、要予約ではありますが、場所さえ選ばなければ、飛び込みで行ってもテイスティングや買うことも可能です。
tokaj aszu様    2002年9月)

▲もくじに戻る
Q9 ディジョン〜パリのルートは?

ディジョンからパリに戻る時は、普通は途中で一泊したほうが無難でしょうか orそれとも、
一気に高速で帰ってこれるでしょうか or やはりわき道にそれて楽しんだほうがお得でしょう か?

本人が途中でどこかにいきたいかによって、違うのですが。

距離や道路状況からいうとディジョンからパリの空港(ドゴールでもオルリーでも)へはどう見ても高速道路を使えば、3時間くらいでいける距離です。(まあ、パリの中心に近い環状道路あたりで混むかも)

空港に何時着がいいとか、そういう要因があるとまた違ってきます。

ただ、ディジョンからパリは高速道路で一気にいけますが、この間にあるシャブリの名産地に
よったり、牧歌的なイル・ド・フランス地方に寄りたいと考えならば、お泊りするほうがいいかも。

でもどっちがお得か?といわれると、どっちですかね〜。
こればかりはお好みで違うと思います。
(うちゃぎ@Lapin様)
 
 

このあたり、フラツーの紀行、az様がソーリューからヴェズレー経由パリまで走ったことを書いていらっしゃるので、お読みになってはどうかな、と思います。(ソーリューは、ディジョンからは1時間程度。)

わたしたちは、パリへ行かずリヨンへ戻りましたが、ブルゴーニュは、ぶどう畑以外の場所も、実に広々と
しており、ドライブにはうってつけの地域だと思います。あとは興味次第ですが、ヴェズレーやフォントネー修道院は世界遺産です。ただ、ぱっと見で’すごーい’とか’すてきー’という場所では無いかもしれません。 (ある程度下準備をした方が、おもしろ味が増します。)
(よりこ@home様)

▲もくじに戻る
Q10 レンタカーでブルゴーニュめぐり、試飲と酒酔い
 
妻と2人、9日間ブルゴーニュに照準を定めて行 く予定です。
パリ着は夕方になるので、空港でレンタカーを借りて、パリ環状道路の外のホテルに1泊。
 
2日目オーセール。 
3日目ディジョン。 
4日目マコン近く。
5日目シャブリ近く。 
6,7日目パリに戻ってパリ見学

の計画を立てました。 
 
今回はワインが目的でブルゴーニュに行こうと考えたのですが、結構広い地域らしいので毎日ホテルを変えることに。「試飲するなら、車を降りてチャリで回ろうか」という発想からです。
 

今回は「折りたたみ自転車」を持参で行きます。しかも2台! 自分的には目的地で借りれば(レンタルがあればの話ですが…)と思うのですが、妻が言うのです。
 
「試飲して、酒酔い運転で捕まったらどうするの?」
 
ワイン産地でそんなに取締り、厳しいの? ま、もしもが有るといけないから
今回は初めての地だし、言うことを聞いておこう。が、私の結論です。 でも重たいだけって気が…。
 
「いいのよ。 運ぶのはカートよ。 空港でレンタカーなんだか ら。」 が妻の言い分ですが、短い間でも何度も揚げ降ろしするのは、 誰?  
 
1万円の折りたたみ自転車を2台も買ってしまいました。
(CALYASU様 )
 
 

レンタカーはJALのHPから。 ホテルはロジ・ド・フランス のHPから予約を入れました。 地図の用意は必須と思ったので、東京に行ったついでに東京神保町の三省堂に行って、あれこれ仕入れてきました。 交通規制まで入った地図はないですが、縮尺の小さなものまで手にとって選べるのでよろしいかと。
(CALYASU 様)
 
 

 
毎日、宿を変える場合、3日目から4日目あたりで、体調に気をつけてください。
車の運転なども大変な上に、日の当たる時間に、自転車の運転で、かなり消耗すると思います。

できれば無理せず、今日は移動して、宿の近くの町をぶらぶらする日、などあると、かなり楽になります。
 
 

車では密室になるので、あまりフラ語などは必要になりません。
それよりも、運転者とナビのスムーズな意思疎通が、快適なドライブへの第一歩です。

運転者はあせらず、注意をおこたらず、ナビは的確な指示(たとえば:後どれくらいの距離があるか、次の街はなんだとか 何キロ先で高速道路を下りるかといった情報)を出し、ふたりで不明になったら、すぐに車をとめて、地図やガイドを見て、位置の確認など、日本にいるときよりは慎重に。

特に日本から到着し、おそらくここで借りると思われる、ドゴー ル空港のターミナル2は道路が円形についているので、ぐるぐる回って 方角を見失いがちです。

まずは高速道路で行きたい方面の終点に近い地名を地図で確認し、表示を間違いなく、おっていくことです。

あとはレンタカーの事務所で「ここにいきたいが、どのルートがいい?」と手持ちの地図を見せつつ、聞くのが一番手っ取り早いです。

うちゃぎ@Lapin様)

 
> 「試飲して、酒酔い運転で捕まったらどうするの?」
> ワイン産地でそんなに取締り、厳しいの?

う〜ん、夏の人が多い時期なので、それなりに取り締まりもあるかもしれないのですが。

いわゆる生産者のところを見学させてもらって、最後に試飲という場合は、ほとんど量を飲むこともないし、それこそ、ぐびぐびいくわけにはいかない(説明してくれる方もバケツにすぐ空けるし)ので酔っ払うまで飲むことはないと思います。

ボーヌあたりからディジョンまでのワイン街道的な道沿いのデュギュタシオン(直売所のようなところ)やらCAVEとかい てあるような、酒屋さんはテストヴァンを買うと(300円くらい だったか)自由に飲ませてくるので、フランスの方々もべろべろに陽気に なって飲んでいる人もいました。

しかし試飲でがばがば飲むのはあまりスマートではない。そのあたりは、酔わない程度に軽くいただいてみてください。

それと、ボーヌは城壁沿いに駐車場があって、そこに停めて中を歩いて観光されるといいです。
酒屋も多数あります。ディジョンは大きめの町なのに、あまり酒屋はありません。
 

自転車で行かれる場合、車道を行くことになるので、かなり気をつけてください。
夏場は日陰もすくない畑の一本道なので、日射病や脱水症状などにならない程度にいくといいのでは。
 

特にワインの産地は日照のよい地域なので、真夏のサイクリングはかなり大変かと。あと、畑は白い石ころばかりなので、その反射した光もかなりすごいのでは。高原地域でもなく、夜はかなり涼しくなるようですが、日中はかなりの暑さになるはずです。

ワインを買うということであれば、車で行って、試飲はほどほど にして何本か購入して、自転車では有名な畑をいってみるといった感じでいくといいですよ。
(うちゃぎ@Lapin様)
 
 

車でコート・ドールのワイン畑のまん中を走っている最中、スポーツタイプの自転車で走っている人を見かけましたが、なだらかとはいえ砂利道の坂道を上っている様子は大変そうでした。 
もっとも、集落から離れて丘のほうに走りに行かなければ、体力を消耗することは少なそうです。
心配するのは強い日差しぐらいでしょうか。

ボーヌには 無料駐車場がいくつかあります。 ボーヌの城門手前にある環状道路を右折すると すぐに左側に駐車場があった記憶があります。
そのまま進んでしばらく行った後、城壁が見えはじめる所に も

 ボーヌはワイン商人の街って感じです。ディジョンは普通の都会? ニュイ・サンジョルジュ村やジュブレ・シャンベルタン村は、 醸造所の街といった雰囲気でした。
 

ワイン街道の雰囲気を事前にイメージするのでしたら、
このサイトを見るとわかりやすいかもしれません。
http://www.yomiuri.co.jp/wine/shiin/03/s03.htm
(tokaj aszu様)
 
 

 
ブルゴーニュで自転車に乗ったことがあります。
知人の自転車を借りたのですが、フランスの自転車は、おしりは痛いし、サドルは高くて、ママチャリ派の私には乗りにくく大変でした。
 
なので、日本から運ぶ気力があるのなら、マイチャーリーの方が いいと思います。けど、日本ほど道が良くないので、タイヤのパンクには十分気を つけてください。道は、車で走ると気にはならないのですが、
ゆるいアップダウンが続きますので思っていたより大変でした。
 
飲んでから走るとしんどいかも。
 
交通量は多くない田舎だったので、車はあまり気にはなりませんでしたが、田舎道でも車はスピードあげて走っているので注意が必要です。そしてさすがツールドフランスの国、自転車愛好家がたくさんい ますので、途中で休憩していたら、単なるママチャリサイクリストの私にも同好の士だと思ってくれるのか、サイクリストが話し掛けてきたりして、楽しかったです。
 
折りたたみ自転車は絶対注目を引くと思いますので、英語ででも交流を深めて下さい。
ぺこ様)
▲もくじに戻る
Q11 初心者のパリ市内レンタカー・運転は やめたほうがいい?
 
ヴェルサイユ泊予定、そこから、モン・サン・ミッシェルに観光に行きたいと思っています。
 

レンタカーを借りて、初日に空港から、直接モン・サン・ミッシェルに行き、そこで1泊して、ヴェルサイユに向かうというプランも考えています。
 
その場合は買い物に行くパリにもレンタカーで行きたいと思いますが、パリ市内を走ることは難しいでしょうか

また、レンタカーを借りない場合は、空港からヴェルサイユまでの 経由はタクシーと電車のどちらがよろしいでしょうか?トリアノンパレスのページにはタクシーが良いとの記載がありましたが、空港からだとかなり高い料金になるのではないかと思い、総合的にはレンタカーを借りた方がいいのか、迷っています。
 

 
レンタカーでCDG空港などからMSMへ行かれることは、なんとなく大丈夫かも、なんですが、
パリ市内は初めてなら、やめておくほうがいい
 
というのも、市内を単に走ること、市内に泊まるホテルがあっていく、という場合ならばいいのですが、
買い物目的だと、目的地を探して、駐車場を探して、渋滞を抜けて、で、あまり、車の利点がない。

アメリカやハワイの運転経験は、ヨーロッパの旧市街地では、あまり役には立ちません。

レンタカーも3日とか4日といった中途半端に借りるとかなり費用がかかり、ガソリン代もフランスは
かなり高いのでお得ともいえません。駐車代もかかるし。

MSMはレンタカーで行くとしても、ヴェルサイユへ行った後、パリ市内への買い物には電車を利用してみてはいかがでしょう。

(うちゃぎ@Lapin様)
 
 

 
個人的には、パリの運転に楽しさを感じないでもないですが、神経がすり減ることも、また事実。
運転好きな方であれば、難しくて走れないということはない。

でも、パリは車線はあるようなないようなだし、一通は多いし、 走りにくかった。パリの中では、特に、ナビはとっさに地図が読める力が必要だ し、ドライバーは、ナビの突然の指示に従えるよう、心構えが必要だ と思いました。
 

パリ市内の駐車場は、
サンジェルマン付近であれば、サン・シュルピス教会の地下駐車場と、ボン・マルシェ隣の地下駐車場を何度か利用したことがあります。ちょっと狭いことを我慢すれば、立地的には使い易かった。
 
オペラ座付近では、マドレーヌ寺院の地下に大きな駐車場。

地下駐車場の治安は、午前〜夕方くらいまでであれば特に悪いという印象は受けませんでした。(19時以降は使ったことがないのでわかりません)
 
でも、何となく、日本人が車のトランクをゴソゴソやっていると狙われやすい気がして、なるべく、人がいない時を見計らって荷物整理をしたりしてまし た。また、高級品をトランクに入れた状態で、長時間は車を離れたくないですね。

路上にもパーキングスペースがありますが、絶対に出られそうにない。前後に駐車されたりするので、やめた方が無難かなと思います。(にしても、毎度、あの縦列駐車技術にはカンドーさせられま す)

特に、ヴェルサイユのような離れたところから買い物に行かれる場 合、荷物を置きに一旦ホテルに戻るといったこともできないでしょうから、車があるのは心強いかもしれませんね。

azumi@az様)

▲もくじに戻る

 
Q12 リヨンからボルドーへのルートは?
 
ルピュイ、サルラなどの町を訪問したいと思います。4〜5日、フランスの田舎を、美味しいもの(ミシュランにこだわっていません)を、楽しみながら旅行するというものです。宿も決めずに、いきあたりばったり、すべてアバウトの予定。運転は問題ありません。
我が家の旅は、 町歩きと料理宿に泊まってワインを楽しむのが主目的です。

 うちは観光地や美術館、教会などを回る旅ではない ですが、 ラスコーはいっておこうと思い、いれました。

 今回、もれた候補としては、
    ル・ピュイ
    カオール
    ライオール
    ボルドー近くの
    メドックなど。

 ルート検索、地図で地形などをみたり、高速道路の整備状況をみていると、日没の早い11月だと かなり移動にきついルートと判明。 単にリヨン→ル・ピュイ→オーベルニュ地方の料理宿 ボルドーだとまあまあ5日で移動できそうですが、 大西洋岸まで出たということと、このあたりはかな り山越えコースが 多いこと、高速道路ではない、いわゆるバイパス的 な国道が多いので、移動が意外にかかることで、結局、上記 のルートに しました。

しかし、やはり移動距離はかなりありました。

このあたりをいろいろと回っていると思ったのです が、わりと普通のレストランもおいしく、やさしい味が 多かったが、ワインやフォアグラあたりを楽しむのであれば、ちょっとよい料理宿に泊まって、楽しむのも
いいかなと。

連泊ではなく、移動しながら宿を変えるならば、ちょっとよいレストラン付宿をいれると、ぐっとよ い、
めりはりのついた旅になると思いますよ。
 

大自然をみたいという感じだと、ピュイ・ド・ドームはおすすめです。あのヴォルビックのラベルに描いてある山がそのまんま目の前にひろがります。九州の阿蘇連山に草千里というところがありますが、あんな感じ。米塚というのもありますが、あれを大きくしたようなものが、いっぱいあります。9月末だといい感じかも。
クレルモン=フェランの西に位置し、どちらかというとオーベルニュ地方でも北になります。

火山地帯なので、水のきれいな地域で、地方色豊かな地元の水などもありました。また、山あいなのでジャガイモや豆類の料理が多く、日本人の胃にはやさしい感じがします。

リヨンからサン・テティエンヌ経由でクレルモン=フェラン。高速をおりて、ピュイ・ド・ドームです。(A47〜A72)

ル・ピュイはこのA47からサン・テティエンヌ経由でバイパスっぽい国道のN88ですね。で、この先がN88を南へいって、少しずつ西へいき、コンクへという感じです。山道が多いようなので、運転には充分気をつけて下さい。

ドルドーニュでは、やはりサルラは、はずせません。朝市が立つ広場に近い路地にある鴨さんの銅像は雰囲気があります。
 

川岸には砦があったり、小さな町は断崖を背景に、建物が並んでいたり。
ミシュランの地図によい眺望マークが随所にでてくるので、それをポイントしながらドライブするといいですよ。

時間があれば、ロカマドールなども行きたかった。
 
ボルドーも中心は都会のようですが、ちょっとはずれるとワイン畑がひろがり、ゆっくりしたいですね。
リヨンから西はかなり険しい山々が続いていますが、ドルドーニュやジロンドのような川に近い地域に近くなると視界がだんだん広がってきます。

ちょっとちがうかもしれませんが、大西洋ってこんなに荒々しかったんだと思うのを実感するには、アルカッションやその南にある砂丘などはよい。夏場は英国人のリゾートになるようです。

サンテミリオンでは、ちょっとよい料理宿に泊まってみて下さい。ボルドーはある程度、よいワインや料理がいいと思います。ま、毎日というと飽きてくるかもしれませんが。
 

カオールやペリグーはまあまあ大きな町なの、で観光する場合は時間を多めにとるほうがいいです。
たぶん、ロカマドールなどは小さい。ドンムやラ・ロック・ガジャックは小さいけど味があります。

日本のガイドブックでは新潮社から出ている、「フランスの美しき村」「ヨーロッパの田舎」がかなり
参考になります。
 
 
 

Googleでドルドーニュやオーベルニュといれると、いろんなHPがヒットしますが、交通やお勧めの町を
あげていたりするHPがヒットします。日本のガイドブックでは特に載っていない地域の情報なので、かなり参考になります。

(うちゃぎ@Lapin様)

▲もくじに戻る
トップ  > 交通  > フランスで運転・レンタカー 基本編 > 計画編