トップ > 準備 > 車椅子、体が不自由な方の旅 > あったら便利なアイテム
  

車椅子、体が不自由な方、歩行が困難あるいはゆっくりな方、
高齢者、年配・シニア 視覚障がいの方、など
 
disabled person フランス旅行
基本編にもどる
あったら便利なアイテム

            

22 Sep.2015
Spacial thanks to  CXL02210 sama, Sennin sama
 
便利グッズ
傾向
日本ほどさっと買える店が少ない。当然コンビニもほとんどない。
対策
□  
車椅子にとりつけられる 簡易パラソル
夏場は、日差しがたいへんきつい。
カメラ用に、ふわふわクッションのカメラケース(100均でもあり)
 
カメラを 手にしたり、ヒザに置いている方が多かった。ぶつけたり落としたりした時のため、、MDやPC用の ふわふわケースに入れておくと、便利かも。手があかないこともあるので、肩からさげるヒモがあるとよい。

連れが持ってあげるより、小さいもので、自分で思った時に撮れるほうが、親切だと思った。望遠があると、遠くのものも 大きく見えて 便利!

私物いれのポーチなど
 
本人がおっことしても、ご自分でひろえるよう、水ボトルでもなんでも 長〜いヒモをつけているご一家をみかけました。これはいい感じでした! 
ショール、レインコートなど。
 
秋から春先は寒くなりますから。  あと、失礼な表現かもしれませんが、欧米の車椅子の方は、 日本の方より ずっと ”めいっぱい おしゃれ ”しているように 拝見しました。男性・女性とも。女性もすごいステキなスーツに アクセサリーをじゃらじゃらと(笑)  
 

日本の車椅子のツアー様をシャンゼリゼ付近でみかけましたが みなさん 動きやすそうなジャージにトレーナー、スニーカー、という感じで なんだか少し 考え方の差? を感じました。 おしゃれしているほうが、お店などでも扱いが違いますので、、、 (ミラノGUCCHIで、めっちゃ買物しまくってる 車椅子の おしゃれな おばさまがいたはった)   お体の具合にもよるでしょうが、どこでも 堂々とできるような、おしゃれな 服装も持っていってさしあげてください。  




 

 
トップ > 準備 > 車椅子、体が不自由な方の旅> あったら便利なアイテム