ップ > 準備 > カメラ&ビデオ
  

旅のカメラ、ビデオ

            
6 Oct./  11 Dec./ 13 Dec.2003 追記

 
 
カメラ、デジカメ、ビデオ。それぞれに長所はあると思うのですが、
自分の目で見る時間も ちゃんととっておかないと、もったいないですよね。
(といいつつ、はりきって撮ってしまうのですが)
 
外人さんは、こんな小さいビデオ?!とビックリしていました。

子どもたちは、撮影してその場で再生してあげるととても喜んでくれました。 フランスへの旅行中に、私はカメラを落として壊したことが2回あります・・。 1度目は妹と一緒に行ったときなのですが、アヴィニョンの橋の上で。 2度目は母と一緒の時に、エクスアンプロヴァンスのベンチで・・・。 友人との旅行の時はお互いにカメラを持っているからいいのですが、たまたまどちらも 家族との旅行だったため、家のカメラ1つで行ったのが失敗でした。
 
2度とも、FNACで安いカメラを購入する羽目になり、実家にはカメラがいくつかあります。 「写ルンです」だと、セルフタイマーが出来ないんですよね(涙)。 それ以来、いつでもカメラを2つ持つようにしています。
(vague様)

コンパクトカメラを持っていってたが、荷物になっても、高性能の一眼レフカメラを
持っていけば良かった。現地で凄く感動しても、帰ってきて写真を見ると こんなんだったかなー て感じ。あと、カメラの電池は予備が絶対必要。予想以上に早くなくなります。私は10日間の旅行で2つ替えました。

(ざんぼんざん様)

 


もくじ

旅行にもっていくために 最適な機種や アドバイスは?
使ってます! 旅用デジカメ 経験談
記憶媒体 旅行時にはこんなことに気をつけて!
電池・充電   海外旅行の意外な落とし穴!
ビデオ
帰国後デジカメ PCへうつす、加工する
撮影テクニック
プリント・現像
コンセント、プラグ
日本とフランスの、DVD、ビデオの互換性問題について → ショッピング参照
 

 
旅行にもっていくために 最適な機種や アドバイスは?
重要ポイント:   宣伝媒体にまどわされない
 
実物の操作性、自分が簡単に操作できるか、が重要。 製品ユーザの声、掲示板などで、実際どのような苦情・使いにくさが あるのか、事前調査が必須。   sakura_namiki様は 最初 ほかのCMで目立つ機種などを 検討されていました。 が、所有者の掲示板その他で研究すると、 人気のS社機種は、比較HPや PCとの連動や純正品の問題など、 初心者ユーザに難しさがあるとわかり、候補おちしました。 またCMしているものも、初心者に難しすぎる機種だったりしました。   
 
デジカメ比較表サイト いろいろあるようですが見やすいのは↓http://www1.plala.or.jp/tsoma/camera.html 
http://www.erande.net/camera/index.html
 

日経PCGAZ http://pcgaz.nikkeibp.co.jp   
デジカメオーナーの感想 
http://pcgaz.nikkeibp.co.jp/pg/pcgaz/pla/owner/digicame.shtml 

デジカメチャート(希望の機能を選択していけば見合った型番をおしえてくれる) 
http://pcgaz.nikkeibp.co.jp/pg/pcgaz/tokusyu/sugoroku/digicame/index.shtml 価格コム http://www.kakaku.com/ 

こちらも一部通販価格+掲示板があります。
デジカメの国内でもっとも充実している(ややマニアックな ^^;)サイト http://www.so-net.ne.jp/DCEXPRESS/index-j.html 

プリンターを選ぶ時のいろいろな用語や比較もあります。 各社の製品などの便利なリンク http://www.ksky.ne.jp/~yosiho/LINK/link-dc.html 

ただ、あまりに沢山調べすぎても、パンクします。 まず自分が重視する項目・機能 をよく考えて、 候補をしぼる。  

あとは店頭で実物みて、いじって  自分で出来そうやなーと思うものが いいと思います。 (初心者には)      

あと、盲点ですが 自分の自宅PCとうまく接続できるか。 本体以外にオプションをナニとナニが必要か、転送スピードなども チェックしてください。     

 

 

デジカメの利点は?
最近とんとデジカメ派です。
暗いところでも結構フラッシュたかなくても良く写るので、重宝しています。

11月にパリへ行ったときは、買ったケーキやお総菜をパチパチ写しまくっていました。
現像代もかからないし、とれたものがその場で確認も出来、変なものが取れてしまたっときは即削除!というのがお気軽お手軽で気に入ってます。
 
ただ、やはり、フィルムを使った方が、仕上がりは雰囲気のあるものになると思います。
あと、データの消失がコワイですね。 (air様)
 
 

撮ったものがすぐ見られるので、友人は旅行の移動時に電車やバスの時刻表を撮影して、メモ帳代わりに使っていると云っていました。
 
私は人目を気にする方なので、撮りたくても撮れなかった食事の写真も、デジカメだったら顔にカメラを近づけないで撮影できるので、気兼ねなく撮れるかなあ、と思うこの頃。
(雛子様)
買った後は練習と勉強!
買ったら勉強! 直営メーカーHPなどで研究する   
 
もちろん出発前にはかなり練習してください。 できた画像をPCにおとすのも、練習したほうがいいです。 

”室内”や”フラッシュ” ”夜景” ”うすぐらいところ”、をとくに練習。   

デジカメの私設HPもいいですが、メーカーのHPには たいがい、掲示板や各種の技術サポート、画像例や 勉強できるページがあります。  簡単な質問などは、ここで、まず。

 
写真の失敗。デジカメ2台を持参したのですが、片方の取扱いに慣れておらずピンぼけに。マクロで撮影(美術品の説明など)した後に、通常のスナップ(建物の外観など)を撮影した際、切り替えを忘れていた。

マクロの方は、拡大再生して確認するのですが、スナップはしなかったので気づかなかった。
ピンぼけしたカメラの方が仕上がりはきれいなので、少し悔しい。

( 2005年9月 マロンきなこ 様)

画素はほどほどで! 目的を考える
デジカメは便利ですよね。現像代がかからないので、食べ物の写真とか撮りまくれる…。 飛行機のなかで、機内食を撮りまくっておりました^^; 
 
大きな画素値にとらわれない。 なにに使いたいのか? 紙に落としたい場合は、ある程度の画粗が必要かもですが、 データで残したいだけ、HPにアップするだけ、の場合は、100万画粗あれば十分、と ワタシは考えています。 
(air様)
 

印刷派は、300万画素あると、だいぶできが違います。はがきとかプリント印刷したい人でしたら
300と200はだいぶ違いますね。
(Chun3)

▲もくじに戻る
使ってます! 旅用デジカメ 経験談
 
使ってます! デジカメ カシオ  
QV-2300UX (旧)
http://www.kakaku.com/sku/priceAux/005004.htm
 

 この機種は、意外や カシオ製品。あまり宣伝もしていませんが、 ”初心者女性の日常や旅行使用”ターゲットとした、 超使いやすい機種で ^^; 大穴といえるでしょう。  

実際は、上掲のマニアックなHPには あまり載っていませんでした。 が、購入者本人が店頭でなにげにみつけ、非常に使いやすかったそうです。 これに興味をもたれ、その後調査したところ、ムリなく 無駄なく、おもしろく、使いやすい設計で、ビンゴでした。   価格帯もムリのないものです。   
 
同シリーズの中でも、レンズ部分が、くるくるとすきな方向に回る! という 非常におもしろい機種です。2色展開。 %V井をとりたければレンズ部だけ、上にむければいい。 自分をとりたければ、レンズを180度ひっくりがえして自分にむけることが できる。 
 
なおかつ 操作・液晶部分はそのままです。  
 
デジカメの弱点ともいう、ムリな姿勢からくる手ブレ、がかなり解消されます。  モナコでも、人ごみの頭上にさしあげて撮るとき、 レンズ部がまわる! という強みがいかんなく発揮されました。そのまま上に差し上げて、 レンズ部だけ下にむければ 頭上から、ほどよい画像がとれるわけです。 これには感心。   
また、PCとの連動もUSBケーブルで快調。 ボタン部分が (SONY、オリンパスの一部製品が、見た目かっこよく、かつ 使いにくいのと違って) 非常にわかりやすい。 持ち主でなくても、なんとなくわかる(笑)   操作セイが非常によい。
 
各種設定モードが豊富。  初心者に難しい、夜景&人物モード、 レストランでごはんを撮るモード(笑) 、人物をかっこよく背景にいれるモード (人型枠がある!)、雰囲気よく紫やピンクいろをかけるフィルターモード など 多数の 簡単設定モード が数十あります。   
 
これはヨコで見ていましても、非常に簡単に選んでとるだけなので 失敗が少なそうでした。また面白そうでした。 大きさも 他の機種に比べるとやや大きめ、ですが 手にもつとちょうどなじむぐらいで、ジャマには ならない大きさだと思います。 (カメラは、小さすぎると意外に操作・構えにくいので、注意してください。 小さけりゃいいってもんじゃないです)

 
 
 
私も持ってます。 レンズの部分がくるくる回るのはすごく便利で 例えば足下からエッフェル塔を写す場合も、しゃがまなくても 手を下にして、画面をこちらにむけて写せばいいので便利便利!
 
ただ、縦向きの写真を、レンズを回転させた状態で撮影するときは ちょっと難しく、写す人や風景と違う方向を向いて撮るんです。 あさっての方向むいて撮ってる姿は多分人が見ると不思議な光景でしょう(^^)。  
 
私も購入したとき大きさがちょっと気になったのですが 使い心地は良いです。 ほんと、手になじむ感じ。 画素も211万あるし、デジカメ初心者の私にはちょうどよかったです。 
 

旅に出る前の撮影練習は必要ですね。 お気楽に電池を4個しか余分に持っていかなかったため、何度も買い足しました。 電池消費量はすごいですね。
 
帰ってきて早速ニッケル水素急速充電セットとやら を購入しました。急速なのですが単三電池(ニッケル)4本で約4時間かかります。 アルカリ電池より少し余分に撮影できるらしいがまだ試してません。 これは、何度も充電ができてコストパフォーマンスがよく、長期間の旅行でも電池を沢山持ち歩かなくてすむと考えて購入したのですが、こういう電池を使ったことのある方みえましたら使い勝手など お聞かせください。 充電器具はそれほど大きくないのでかさばらなさそうです。(はるchien様)


 
 
使ってます! デジカメ FUJIFILM  
FinePix1200 (旧)
http://www.kakaku.com/sku/priceAux/005008.htm
記録メディアはスマートメディア 記録画素数 1280*960pix/640*480pix 1.6インチカラー液晶モニタ 外形寸法110(幅)*77(高さ)*33(奥行き)mm 本体質量 約200g(電池、スマートメディア含まず) 電池は単三電池4個装着 です^^

131万画素ですが、64万画粗にまで落として使っています。 というのも、わたしはその撮ったものはあまり紙に落とすことはしないので、 そんなに数値の大きい画粗はいらないのです。 (さらに30%に縮小して使っていたりするし…) 
 
<よかったこと>

デジカメは暗いところもフラッシュなしで綺麗に取れます。 夕暮れ時や、夜景など…。雰囲気バッチしです^^ もし真っ暗に取れていたとしても、PHOTOSHOPなどの写真修正ソフトを使えば、 綺麗にみえますよん♪ 暗く撮れてしまったのも同様…。 (ただし、デジカメでとった画像は、拡張子がJPGなので、修正して保存する毎に画像が劣化していきますのでご注意を…。 
 
あと、PCのモニタの環境とかで、かなり見た目の発色は違ってくるはずです。 TFT液晶のモニタの場合、かなりキツイ発色になります。) あとやはし、液晶モニタで撮ったらすぐ確認できることでしょうか。 (ワタクシ写真の技術がないもので、フレームアウトとかしょちゅうなんです…) 

(air様)

▲もくじに戻る
使ってます! デジカメ Nicon  
COOLPIX 2100
http://www.kakaku.com/prdsearch/detail.asp?Item
CD=005016&MakerCD=58&Product=COOLPIX%202100
旅行のために購入。
 
少し厚みはあり、コロっとした形ですが手に持つとちょうど良い大きさ。
ただ、もう少し軽いといいなと思います。(電池等含まず150g)
3倍光学ズームがついているので、仕方ないのかなと納得。

初心者向けらしく、風景モードや人物モードなど自動調整機能もついている。
ダイヤルを回すだけでお好みのモードに合わせる事ができます。
数時間で基本操作は覚えられると思います。ただカメラに慣れている人にはお任せモードが多すぎて
向かないかもしれません。
 
 (旅するペリーヌ様 2003年)

▲もくじに戻る
使ってます! デジカメ Canon
IXY DIGITAL 200a
http://www.kakaku.com/prdsearch/detail.asp?ItemCD=005002&
MakerCD=14&Product=IXY%20DIGITAL%20200a
とにかく軽量、コンパクト。(本体180g バッテリー29g 87X57X26.7mm)
デザインもすっきりしている。余計な凹凸がなく、傷もつきにくい。小さいバッグやポケットに入れてもかさばりません。
 
旅行のために買ったようなものですので、軽い・小さいを 1番のポイントにして選びました。

他を使ったことがないので比較はできませんが、ボタン操作等、特にしにくいと感じたこともありません。全くのデジカメ初心者でも使いやすいです。構えたときの手の納まりも良いので、シャッターを押すときにもぶれにくいと思います。買うときに、いくつか手にとって試しました。

悪い点は光学ズームが2倍。それまで使用していたコンパクトカメラが3倍だったため、物足りなく感じます。
 
やっぱり3倍は欲しいです。買う時は光学+デジタルズームで5倍あるからいいかと安易に思ったのですが、5倍にするとやはり画像を拡大したときに多少ぼけるので、デジタルズームはあまり使用していません。撮った画像を大きくしなければ、それほど気にならないかもしれませんし使い方次第だとは思うのですが。

使ってみて気がついたのは、モニターを見て撮るとモニターに収めた通りのフレームの画像になりますが、ファインダーを覗いて撮ると普通のカメラと同様、見えていた範囲よりも一回り広い範囲で写ってしまいます。なので結局いつもモニターを見て撮っています。
その点は他社のデジカメでも同様なのでしょうか?
 
(etsu et nino様 2003年)


 
▲もくじに戻る

 
 
記憶媒体 旅行時にはこんなことに気をつけて!  
デジカメ用スマートメディア16MBを2枚持っていきます。電池は20本。

デジカメは、1つをSHQ、もう一つはHQにしてたくさんとります。
失敗したりいらなくなったら消せるので重宝してます。

帰ってきてからデジカメ以外は現像に出し、デジカメ分はアダプターでそのまま取り込んで
PHOTOSHOPで修正してCDにいれます。

そして現像に出した分を必要なら修正して改めてCDにいれます。
2度手間だけど写真とCDで保存します。 
(pwofin様)

メモリは小さめを複数! 破損キケンを分散させよう!
 
現地にもっていくメモリは大きいのを1枚でなくて、それなりのを複数枚 持って行くのがいいです。 たとえば、128MB×1でなくて、64MB×2。 多少お金がかかっても、です。 
 
というのは、メモリって結構トラブルがあるからです。 スマートメディアより、コンパクトフラッシュの方が安定はしていますが、デー タの読み書きを頻繁にしていると、データの一部が壊れ、デジカメがそのデータ を読み出せなくなったり、最後には書きこめなくなったりします。 
 
最悪の場合ですと、写真全部のデータが吹っ飛ぶことがあります。 スマートメディアを使っている友人に多いです。 私は、スイスのド田舎でデジカメのメモリがシステムエラーを起こしてくれちゃ いまして、途方に暮れました。さいわいにも、予備のメモリをもっていたのでど うにかなりましたが、あんなに心臓に悪いことってないです。
(かなぞう様)
 
 
 

デジカメ(16MB、62MBの2枚)、使い捨てカメラ2個持参。あまりの景色の綺麗さにどんどん使ってしまい、最終日に既撮影のデジカメのデーターを惜しみつつ消しながら撮影しなければならなかった。
もっとたくさん、撮影できるように用意していけばよかった。
( ももぴか 様)
 
 

スマートメディアは、4MB(キットに同梱)、16MBのものを使っています。
16MBで、64万画粗のものが約100枚とれます。なにかの拍子でデータが吹っ飛ぶ事があるので、 あまり大きなメディアだと、とても不安…。 (一度酔っぱらっていたときに、誤操作をし、それまで撮っていたものがすべてパァになったことがあります…ーー;) 
(air様)
 
 

スマートメディアを、4MBと16MB持っているのですが、 旅行の時間違えて、4MBのほうを持っていってしまった。 フィルムであれば現地で購入も出来るが、メディアはそうはいかない…。 30枚くらいしか撮れなくて、とほほでした。 
 
やはしモバイルPC生活ですかね…。 撮ったらすぐPCのHDDに保管。もしくはサーバにアップロードしてしまう(笑) か、金がぁ…。
(air様)
 
 

連れが旅行中から画像をいじってみられていたので、いいなーと思いました。
が、失敗コマとか 画像枚数で どしどし消しましたが、あとで考えると もっとおいとけばよかった、とぐちっていました。
失敗にみえても、帰国後みると面白いので、よほど同じコマはのぞき、あまり消さないよう。。。
消すのは後日でもできますよ。
(Chun3)

フィルム
パリの写真フィルムはやはり高かったです。7から8ユーロくらいかな。
(地方からの旅人 様 2002年9月)
▲もくじに戻る
帰国後デジカメ PCへうつす、加工する
  もうこのデジカメを手にしたのが2年前で、すでにこのタイプは無くなってしまっているので 参考になるかワカラナイのですが、 ワタシのデジカメ、PCへの転送キット、スマートメディア同梱、というのが売りだったのです。 (よーするに買ってその日からデジカメ生活が出来る、と。) 
 
が、その転送キット、転送速度がめちゃくちゃ遅いのです…。(シリアルポート) たしか、131万画粗でとったもの一枚PCにとりこむのに、ゆうに2分はかかったと…。 (たぶん、PCの環境はあんまし関係ないと思います…。) さらに、デジカメの電源はONにしてないといけなくて、電池の消耗も激しく… すぐにUSB転送のキットを購入しましたTT (デジカメ自体がビンゴで当てたものなので、いいんですけどね…) 
(air様)
 
液晶と PC画面では違う?! 
旅行前に何度か練習兼ねて撮っていて、画像をパソコンに取り込んだら、 カメラの液晶モニタとパソコンの画像の明るさが全然違っていた。。   

液晶のほうが断然明るく、キレイな画像で、パソコンはかなり光の量が足りなく、非常に暗かった。特に室内の撮影は、すごく暗かった。 逆に、屋外のいい天気の日の下では、とっても明るく、液晶よりも綺麗に撮れていた。 

だから、液晶モニタをどこまで信じていいのかがわからない。
(sakura_namiki様)
 

デジカメで撮った画像をメールで送るとき、サイズを 小さくして送ると、画像が粗くなってガッカリした経験ありませんか。

http://www.a-groove.com/software/

このHPから縮専をダウンロードすると、サイズもワンタッチ で小さくでき、なおかつとても美しい写真に加工できます。 (フリーです) バイトを指定して小さくも出来るので便利ですよ。 このソフトを使ってから、ほんとデジカメ画像を撮るのが 楽しくなりました。 ほんと便利なので是非試してください。
(まるこ様)


 
▲もくじに戻る
電池・充電・バッテリー    海外旅行の意外な落とし穴!
充電器の本体とプラグコードが分かれているものをオススメします。 
 
ホテルによっては、コンセントがTVの後とか、変なところにあるじゃないですか。 そこに充電器を差そうとすると結構大変なんです。 充電器の背面からプラグが一体化構造になっているものは、 持ち運びには楽なんですけど、そういうときに使いにくい。 
 
コンセントに「プラグ変換アダプター」を差して、 そこに充電器のプラグを差すことになるので、 コンセントから10cmくらい余裕がないとツライです。 まぁ、そんな変なホテルに泊まらなければいいんですけどね…。 
(旅助様)
 
 

 
海外に対応した充電器があります

探してみてください。 私は、オリンパス(キャメディア用となっていますが、もちろん、その他のメー カーでも使える)のニッケル水素電池4本+充電器を買いましたが、\4600くらい でした(昨年の今ごろ)。 高いなあ、と最初は思いますが、何度も使ううちにモトはとれます。 ゴミもでませんし。

ポイントバックなどがある量販店でカメラを買えば、この充電器&充電池セット の代金がまかなえるくらいのものです。
(かなぞう様)
 
 

デジカメの充電に使おうと思っていた変換プラグアダプターを忘れ、現地で探す羽目に。
もし忘れた方がいらっしゃったら、BHV(メトロ1、11号線 Hotel de Villeすぐそば)の地下に売ってます。

 3.5ユーロくらいのものと、9ユーロくらいのものがあります。
 
差し込む日本のコンセントが普通のコード状のもの(ドライヤーなど)なら安いのでOK。でも、今回私が使うアダプターのコンセントは、四角いアダプターからちょこっとコンセントを折り曲げて差し込むタイプなので、 (携帯やカメラやウォークマンの充電器などにみられるタイプ)安いタイプだと円形状に空洞になっているため、コンセントが届かない。

これ、買ってから気付いたので、仕方なく周りの部分を小さいのこぎりで切り落としましたが、皆様はご自分のものに合うものをご購入下さい。
(ごろごろしゃここ様 2002年9月)
 
 
 
 

デジカメの充電のみなら、最近のカメラはだいたい海外の電圧に対応していますので、おそらく変圧器は要らないと思います。

本体やマニュアルなどで、お持ちのカメラ 及び電化製品の対応電圧数を確認してください。
もし 100V くらいなら、変圧器が必要です。デジカメなど(つまり、海外で使うことが容易に想定される品)は、大抵 100〜240V あたりではと思います。

フランス または渡航先の電圧数は、各ガイド本や、なるべく公式に近いサイトをあたってください。

全世界対応型のコンセント変換器?(例: サスコム、ゴーコン)をお薦めするのは、同じ国内でも形状が違ったり、複数国を移動する時などのためです。

もちろん、充電しても一日持つとは限りませんし、充電し忘れもあるでしょうから、電池(または普通のカメラ)の持参は必要かと思いますが、バッテリーの節約を心がけることも大切です。例えば私は、よほどの事がなければ、フラッシュは焚きません。これだけでもけっこう、違いました。
(とりcacao様)
 

カメラの電池は予備が絶対必要。予想以上に早くなくなります。私は10日間の旅行で2つ替えました。

(ざんぼんざん様)

店員が会計の際、電池について豆知識を教えてくれました。この機種はリチウム電池を使うそうですが、充電式の電池もあるそうで充電式なら繰り返し何回も(すみません、何回かは忘れました。100回とか、かなりの回数でした。)使えるので経済的にはお得。しかし電池の持ちは、使い捨てのリチウム電池が一番持つそうです。
 
海外旅行など充電が難しい時はリチウム電池、すぐ充電出来る場合なら充電式電池、と使い分けするのもよいかもしれません。
(旅するペリーヌ様 2003年)
 
変圧器は、消費電力に応じていろんな大きさのものがあります。
デジカメの充電器くらいなら小さなものでよいのですが、(これも AC アダプタに消費電力(W or VA)が書いてあります。) アイロン、ドライヤーなど熱機器は大きなものが必要になります。
(ねずちゃん@ビーチ派様)
充電器の方がフランスの電圧に対応しても、コードが国内対応だと100Vまでのものになっています。コードに記載があると思いますが、コードが焼け焦げるだけなら、まー自分の被害の範囲ですが、ホテルの床とかテーブルに焼け焦げ、或いは万一火事にでもなったら洒落にならないよーと知人にアドバイスされました。

わたしは、ニコンなんですが、純正だと取り寄せになるし高いので、ノートPC用の200V以上に耐えうるやつを量販店で購入しました。1000円しませんでした。

点滅したら、液晶画面を使わない、などの自衛策もありますよ。液晶がかなりバッテリー使いますんで。
(chiez@okiraku様)

▲もくじに戻る
・デジカメ関連で、もっていったもの一式:    

デジカメ本体(CASIO,QV−2300UX)   
メモリー媒体(コンパクトフラッシュ128MB)   
対応電池(32本)    
 

<買う時のアドバイス> 

色々なサイトの評判も参考にしながら、カメラやさんに行って自分で触って操作してみる。 説明書を見なくても、だいたい想像で操作しても上手くいくものがおすすめ。 色んな機能が組み込まれていても、操作方法を覚えられないほどに複雑だったら、結局使わないから 自分の手で持ってみて、操作が簡単なのがいい! 

<よかったこと>

何と言ってもデジカメは、すぐに撮った画像を確認できること、撮った画像を消去できることがGOOD! 旅行中のコミュニケーションツールにも役立つ! 長い旅行の場合、後半や、帰りの飛行機で撮った画像を全部確認して旅をおもいだしていた。 メモリーを、「128
 
MB」にしたので、枚数を気にせずに10日間の旅行中、ずーっと撮りまくれた。 結局、帰ってくるまでメモリーオーバーはしませんでした。300枚くらい撮ってました。。 ちょっと128MB大きすぎたのかもしれません。。。   

 

<反省・残念だったこと> 
 
液晶と PC画面では違う?!
 
旅行前に何度か練習兼ねて撮っていて、画像をパソコンに取り込んだら、 カメラの液晶モニタとパソコンの画像の明るさが全然違っていた。。   液晶のほうが断然明るく、キレイな画像で、パソコンはかなり光の量が足りなく、非常に暗かった。 特に室内の撮影は、すごく暗かった。 逆に、屋外のいい天気の日の下では、とっても明るく、液晶よりも綺麗に撮れていた。 
だから、液晶モニタをどこまで信じていいのかがわからない。
 

電池の消耗

かなり早い!!! 早すぎ。。。。 フラッシュやズームを使う写真が多いと、デジカメ用の電池でも1日でなくなります。(70〜80枚くらいは撮れますが。。)  
 

1回カメラを落としてしまった。。。無事、復活しましたが。。 
良かったことは、やっぱりすぐに画像を確認できることかな〜  
 
<アドバイス>

・デジカメを持っていく人は、必ずデジカメだけでなく、普通のカメラも持っていってください!私は今回は家族で行ったので、デジカメ、普通のカメラ、使い捨てカメラの3種類を持っていきました。
 
・デジカメ用の電池も多いめにもって行ってください! もし、電圧変換プラグを持っているならば、充電できる電池にしてもいいかと思います。 私は1日1セット(4本)と考えて32本持っていきました。 結局、24本使いました。
 
・セピアの”使い捨てカメラ”もおすすめ!(絶対 ”白黒・セピアのフィルム”は買わないように。。。途中で切りかえられませんから。失敗しました。)
(sakura_namiki様 2001年6月)

▲もくじに戻る
 
ビデオ
ビデオカメラを購入。 確か、当時kinkikidsがCMをしていた、「手の中サイズ〜♪」のパナソニックのビデオカメラです。 (今、型番が分からないのですが・・・) 
 
ソニー製のものと迷ったのですが、ほんとに ちいさかった&この方が電池が持つ、とお店の人に 勧められてこちらにしました。
 
その旅行の間、1日1本の割合で(!)テープを使ってしまったのですが、今見ても楽しいですし、 その後もちょこちょこ撮っては楽しんでいます。

 
<買う時のアドバイス> 
 

やはり旅行に持っていくのであれば、軽さが一番重要だと思いました。 画面が大きいし、とちょっと大きめのビデオカメラを買った友人がいるのですが、 他にカメラ、デジカメ等も持ち歩くのでけっこう大変、と言っていました。 
 
バッテリー
 
充電式ですが、予備にもう一つ買っておいて良かったです。 毎晩、2つのバッテリーを充電しておけば、次の日はたっぷり撮ってもOK。充電器は最初から海外対応だったので、ドライヤー用に持っていった   プラグ(?)を使って充電できました。 
 

<よかったこと>  

何と言っても、動いてる姿が映像に残ること。 画像だけでなく、その場の(セミの鳴き声や市場のおじさんの声など)や、フラ語のアナウンスなんかも残るので旅の様子が鮮やかによみがえってきます。
 
<反省というか残念だったこと> 
・キットを買えば出来るのでしょうが、パソコンに落とせないこと。 デジカメもほしい!!    
 
・音がはっきり録音されるのですが、最初の頃は気付かずに 走っている車の窓を全開にして外の景色を撮影していました。 そうしたら、風の音がすごくて会話が全く聞こえなかった・・・。 気付いてからは窓を閉めて景色を撮っていました。 
 
 

<アドバイス>     
テープ

フィルムと同様、日本で買っていった方がいいと思います。 
やはり多めに持っていくに越したことはないですね。 
 
(vague様)

フランス行きに ソニー・PC−1を持っていっていきました。
やっぱり、写真では出さない(テクニックがない…) その場の雰囲気が撮れていいですよね。
私が撮る時ですが、必ず同行者に周囲の安全確認をしてもらっています。バックの開け閉めの時も。
周りの雰囲気も考えられて、 マナーを守って撮られるといいと思いますよ。

余談ですが、パリは外国の観光客の方も多いので、
ビデオカメラを首からぶら下げている方も多いです。  (mayu様)

▲もくじに戻る
撮影テクニック
オーヴェル・シュル・オワーズにて、ツアーのガイドのおじさんに教会と自分とのツーショットで撮っていただいたときのことです。 

バックの大きな建物はそのまま、一緒に写る自分も大きく撮ってもらいたい場合、一緒に映る人物がカメラを構える方に近い位置に立つ、というのが一番いい方法なんです。    (と、旅行写真の写し方の本に書いてありました) 

オーヴェルの教会も大きく撮って欲しい、でも私も大きく写して欲しかったので、
セオリー通り、私がカメラを構えたおっちゃんのほうに近づくと、おっちゃん、  カメラを構えたまま後ろに下がる、下がる(笑) 

  「下がらないで」と言ったんですが、聞いてくれなかった。 

なので、教会も一緒に映った自分もちっちゃく写ってしまいました。 
パリは大きな、きれいな建物が多くて写真を撮るの大変だと思います。 
人物を一緒に撮ったりするのってアングルとかいろいろ考えてしまうんですよね。 
(めぐみ様)

 
今メインで使ってるレンズは広角ズームです。
20〜35mmを使ってるのですが、これが建物を撮るのに便利。
 
狭い広場に立っている教会なんかでも、20mmだったら画面に収めることができることが多いので助かってます。
 
欠点は、短焦点に比べて高い,暗い。大口径なのでフィルターも高くつく。
(mino@goteborg様)
▲もくじに戻る
プリント・現像
写真の現像に関する私の経験談です。 
夏に北欧を旅行したときに、カメラのフィルムが30本を越えてしまいました。 

で、それを1ヶ所の写真屋さんに出すのが恥ずかしかったダンナが、10数本ずつ、 
3軒の写真屋さんに分けて現像・同時プリントに出してきたんです。 

すると、その中で1軒だけ、出来栄えが他の2軒よりも段違いに良い写真屋さんがありました。 
建物の色合いはもちろん、水面の揺れる様子や、噴水の細かいしぶきなど、ものすごく 奇麗にプリントされていました。 

(良く見ると、同じカメラで撮った写真の日付の文字色が他の2軒と異なっていました) 

試しに他の写真屋さんで出来栄えがイマイチだったものを、何枚かこの写真屋さんに 
焼き増しをお願いしてみたところ、どの写真も全般的に鮮明になり、他の写真屋さんの 
写真では出ていなかった山の稜線や、建物のガラス窓の内部が奇麗に再現できたものもありました。 

ということは、現像時の問題ではなく、プリントする装置の違いということなんでしょうね。  (それか、作業する人の根気の問題?) 

でも、この写真屋さんが特別に値段が高いというわけではなく、普通のお値段なんです。 
店構えもどうってことのない、その辺の写真屋さんと同じ雰囲気です。 
よくある「同時プリント0円」というお店とは確かに違いますが。 

 とにかく、理由ははっきりしませんが、同じ写真の出来がここまで違うのですから、 次からはこの写真屋さんを使わない理由はありません。 
 

その後も20〜30本を越える旅行に数回行きましたが、いつもまとめてこの写真屋さんに 
出すようになりました。    (どの店員さんも驚きと笑いをこらえたような顔で対応してくれます…) 

あと、ここで現像を頼むと無料でもらえるアルバムが気に入っています。 

通常サイズの写真しか入らないのですが、写真大の手帳形式のアルバムなんです。 引き出しにしまえるし、人に見せびらかすために持ち歩くのにもお手軽で良いです。 タダでもらえるにしては、とても優れモノなのです。 

 ちなみに、同じチェーンの写真屋さんが私の実家の近くにできたので、実家の親がそちらに 出してみたところ、まぁ悪くはない出来栄えでした。 

でも、親がお店の人に聞いたところによると、私の気に入った方の店ではFUJIの装置を 使っており、実家の近くの方はKONICAを使っているとのこと。  「どちらが良い機械というわけではなく、お好みですねぇ」と軽くかわされたそうです。  同じチェーン店でも違うんですね。 

 とりあえず、写真屋さんでも全然違いますよーというお話でした。
(az様)

自分でプリントするレベルの人は別として、コンパクトカメラで撮影して、
仕上がりをきれいにするには、現像プリントの技術力があるお店を使うとよいです。

フジ写真フィルムの場合、「フジカラープリント品質コンテスト」というのが毎年あり、
優秀店は店頭にその表示がありますし、ネガシートにはシールが貼られています。

いつも使っているカメラ屋さんがその連続優秀店で、昔は特に気を払っていなかったのですが、いちど焼き増しを他のお店でしたら、なんでこんなにぼんやりしたプリントなの? というようなことがあり、
この品質コンテストは伊達じゃない、と確信しました。 (雛子様)

アビニョンでカメラが壊れてしまい、フランスで日本製のカメラを高い金額で買う気にもなれずにパリのFNACでやすーいカメラを購入したときのこと。(手動でフィルムを巻く原始的なカメラでした)
ちゃんと写ってるのかが心配で、24枚撮りのフィルムをガンガン使ってすぐに現像に出してみました。スピード現像だし・・・とあまり期待していなかったのに、すごーくキレイに現像されてきたんです。写真の大きさは日本のとは違って「ハガキ大」でした。
 
非常に色鮮やかだったので、全部ここで現像してしまおうかと思ってしまうくらいでした。 (でも、日本に比べるとかなり割高だった・・・)大きさが違うのでアルバムに入れるときにちょっと困りましたが、良い記念になりました。
(NAMI様)
▲もくじに戻る

 
 
コンセント、プラグ

Q  デジカメのバッテリー充電について教えてください。
充電器は電圧変換対応のため、差込口のプラグの形状のみが問題です。

フランスではC型、SE型ほかもう一つあるようなのですが、C型用のプラグのみ購入しました(C型が一番多いようなので)。 宿泊するホテルがどの形かは不明です。SE型だったりした場合、フロントにお願いするとC型に変換するキットなど貸してもらえるのでしょうか?

結果的に、かなり楽天的ですが、大丈夫です。

何日滞在されるのか、何箇所に宿泊されるのか、解りませんが、C型のホテルで充電しておけばよいと思います。もちろん出発直前と、ですが。

ホテルが一箇所だけでしたら、賭けですけど、C型だとSE型の差込に対応できます。逆にSE型だと、確か、そちらの方がピンがもう一本あって大きいので、できないのではないかと思います。

当方、デジカメ、ヘビーユーザーですが、C型のみで大丈夫でした。必ず、とか絶対というコトバは、ことラテンの国では言えませんが。
(chiez@okiraku様)
 
 

次に購入される時は、また、どの型を買おうかと考えていらっしゃる方は、全世界のコンセントに対応できる型をお薦めします。ちょっと前までは「サスコム」しかありませんでしたが、複数の会社が出すようになりました。いろいろ改良されているようです。
(とりcacao 様)
 

サスコムかえばいいんですよ〜〜。
http://www.arukikata.co.jp/shop/list/60.html
最近は随分安くなって、量販店(私の行動範囲内だとビックカメラの旅行用品売り場など)
で\2000以下でかえます。

ただし、サスコムもっていても、正しく組み立てられないと使えません。マニュアルはちゃんともっていきましょう。マレーシアでB3だかBFにぶちあたってサスコムが組み立てられず、結局 PCが使えなかったという大失態ぶちかましたことがあります。 
(かなぞう様)
 

レンタル料無料の携帯を借りました。当然携帯本体だけでなく「充電器」+プラグも付属品として貸し出しになりました。
当方クリエの充電をする必要があり、自宅にある変換プラグを持って行く気でしたが、一つで使い回しをしました。
(Rod・ロッド様)
 

コンセント←サスコム←三口タップ
とやれば、サスコムは1つで3つのモノが充電できます。わたしは、C型の延長ケーブルを1つ買ってあって、
コンセント←延長ケーブル←サスコム←変圧器←三口タップ
という形で使っています。
(ねずちゃん@ビーチ派様)
 

今までSEとCで対応できました。やはりCのほうが活躍度は高かったです。
ちなみにSEはハンズで購入したのですが足はなぜか2本。
ご心配でしたらサスコムか他のタイプも購入されることをお薦めします。
(etsu et nino様)
 


今回の旅行ではC(BF),SE(B3)の2つを持って行きました。(というか、2つセットのものを買いました。)
で、結論から言いますと、今回泊まったホテルはいずれかが使えて、充電できないという事態にはならなかった。
 

AvignonのIBIS Avignon Centre Gare
ParisのHotel Regent's 
Villefrancheの Hotel la flore
の、3つのホテル泊。

AvignonのホテルではコンセントがB,CE両方に対応していました。
Parisのホテルは両方対応していたのですが、コンセント(いくつかあったのです
が)によってはSEだけのものもありました。
VillfrancheではCだけ使えました。

SE型のコンセントの棒が太いため、壁のコンセントに入らなかった、とか、C型はコンセントの棒が細めなので、壁のコンセントに挿してもゆるくて、がたがたして不安定であわなかったこともありました。
(mya-kamechan様 2003年)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
ップ > 準備 > カメラ&ビデオ