トップ > ホテルの基礎知識 > アパルトマン > Paris Vacation Appartment 社の物件
  

パリのアパルトマン apartment
代理店の物件  Paris Vacation Appartment 社 プライベート・ホームズ社
           
http://www.parisvacationapartments.com/
 
 
 

(パリ1区) パレ・ロワイヤル Palais Royal の 物件
 


(泊数) = 10泊

(部屋のカテゴリ) = 2ベッドルームから 3ベッドルームに途中で移動。

(部屋の階&立地) = 2ベッドの部屋がフランス式3階、3ベッドの部屋がフランス式4階と5階のデュプレックス。

(部屋について(雰囲気など)) = どちらの部屋も明るさ、広さ、ビュー、雰囲気すべて申し分なし。
料金的にもに満足できた。

(部屋の家具・備品) = 寝室、リビングは必要なものすべて装備。タオルやバスローブあり。
キッチンも食器、設備完備。ただし炊飯器はない。

洗濯機、乾燥機、食器洗い機もあり。

(バスルーム) = バスタブ付き。清潔。

日本の6畳より広そうなバスルーム。石鹸やシャンプーの備品はなし。自分で購入した。バスルーム2つの時は問題なかったが、バスタブ3つにいっぺんにお湯をためたらさすがにお湯が冷たくなった。2時間ほどで復活した。

(冷蔵庫) = 一般家庭用の大型冷蔵庫。中身はなし。

(エアコン、クーラー) = なし

(部屋について、その他) = パレ・ロワイヤルを囲む建物内にあり、歴史を感じる。窓から噴水を眺めることができ、4階の部屋にはバルコニーもあり、パリの休日を満喫できる。

(リフト) = 3階までリフトあり。3階から4階までは階段。入居、退去時には、アパルトマン管理会社の女性スタッフが手伝ってくれた。

(レセプション) = 大変親切。英語可。日本語不可。

(宿泊料) = 2ベッドの部屋が3,300ドル/週、3ベッドの部屋が5,000ドル/週。

アメリカ人客がメインのためドル表示だが、実際の支払いはユーロ換算で、10泊で合計2,625ユーロ。
かなり高くなったが、大人数でゆっくり過ごしたかったため内容には満足。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = おもにメールでコンタクト。契約書はサイン後ファックスで返信。

(アクセス) = メトロ1号線Palais Royal Musee du Louvre パレ・ロワイヤル・ミュゼ・デュ・ルーヴル駅か
メトロ7号線、14号線Pyramides ピラミッド駅。

直線距離だと近いが、昼間しか開いていない通路があったりして、徒歩約10分かかる。バス停が便利だった。

(周辺の雰囲気) = 治安はよいが、夜は人気がないのでちょっと不安。

(選択基準) = 5人で泊まれるオペラ近辺のアパルトマン。個人管理でなく、会社経営のアパルトマンをさがし、日本人経営だと5人で泊まれるところが少なく、魅力的でなかった。

(よかったこと) = とにかく広く快適。ゆっくりゆったり過ごせた。

(宿泊客の客層) = アメリカ人メイン。

アメリカからのフライトは早朝着、昼過ぎ発らしく、出発日に午後まで荷物を置かせてほしいと頼んだが、予約がびっしりで「多分無理」とのこと。
荷物は物置に置いてもらえるとのことだった。

(支払い方法) = クレジットカード使用可。

(車椅子等の対応は?) = 3階なら可。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 日本語が使えないものの、英語で丁寧に対応してくれるので、
料金に納得できれば快適に過ごせると思う。ドル表示なのでユーロと換算すると少し割高に感じる。

(2009年3月 りさ0806 様)
 


 
 
 
 
トップ > ホテルの基礎知識 > アパルトマン > Paris Vacation Appartment社の物件