トップ > 交通 > VCE ヴェネツィア・マルコ・ポーロ空港
トップ > 他国 > ヴェネツィア > VCE ヴェネツィア・マルコ・ポーロ空港
  

VCE ヴェネツィア・マルコ・ポーロ空港
Aeroporto di Venezia Marco Polo (VCE)
 

12 Feb.2010 経験談追加

31 May 2014 / 13 Jun.2015  経験談追加



 


 
 
 

観光局 到着フロア
両替 到着フロア
郵便局 
バール、レストラン、ショッピング 到着フロア
カフェ
 
 
到着ターミナルはあまり明るくなく、がらんとした雰囲気。到着フロアにあまり大きくないが売店があり、ミネラルウォーターを購入。
(2010年5月 Martin BK 様)


出発フロア
 
 

免税店が思ったよりたくさんあった。会社などへの土産(チョコレートなど)はここで購入できあ。ブランド店もあった。フェラーリの店があるのがイタリアらしい。

搭乗ゲートの近くにカフェ。航空会社の乗務員でにぎわっていたので美味しいのかもしれない。
(2010年6月 Martin BK 様)


出国後:

ワインバーを楽しみにしていたが、開店前だった。
ネット端末いくつかあるも、使い方がよくわからず。
食材店で「チプリアーニ」ブランドの商品が一角を占めていた。
バッサーノ産のグラッパミニボトル(細長い缶入り)を発見したが、これに限らず食品やお酒は、街中より値段が高い品もけっこうある。
今回置いてあったパンフォルテは、ナンニーニ製ではなかった。定期的に商品を入れ替えているのかも??
(2004年12月)

 

出発フロア・出国前 
ターミナル端のセルフレストランとカフェのみ。 

出発フロア・出国後 
ワインバーには(当然!)プロセッコがいくつか並ぶ。おつまみや軽食つきの、セットメニューらしきものも。飛行機が遅れても、それなりに楽しい・・・? 

食料品店は、中央あたりに広くとってある。特に指定がなければ、大抵のおみやげ食品は揃うが、パスタは高めかも。赤い帽子の Dogeコーヒーも入手。季節柄?パネトーネやパンドーロに混じり、シエナ「ナンニーニ」のパンフォルテもあった。 
しかし、↑その店↑の前には、どどぉ〜んと「ラ・ペルラ」が。。。 

ガラスの店も、小さいながらある。 
ネクタイを買った店に、日本人店員さんがいた。 
(2003年11月)








空港
http://www.veniceairport.it/


治安・防犯・トラブル
   
トラブル・治安 を必読。



アクセス
空港からメストレ、あるいはヴェネツィア本島へのアクセスは ヴェネツィア  参照
http://www.veniceairport.it/en/transport.html
JAL  https://www.jal.co.jp/tabi/info/toshi/eur/it/vce.html
水上バス ヴァポレット
乗り場は、細い通路をとおって10分。大変わかりづらい。

手荷物カートはコインを入れて使うタイプ。水上タクシー乗り場(建物を出て10分くらい歩く)まで押して行って大丈夫。

(2013年7月下旬 三毛団子 様)
荷物をとり、外に出ると、左手に船の乗船券売り場があり、そのまた外に出た左手を5分ほど歩くと船乗り場があった。
(2010年8月下旬 白のゆきら 様)




 各地にいくバスがある。

バスの切符は、税関を出て、左のほう。職員は2人いた。

その切符売り場の前に出口があって、そこから出るとバス停。
電光掲示板でバスの到着時間が分かる。外にも切符の自販機はあって、買っている人がいた。

バス停からまっすぐに、サン・マルコ広場にいく船つき場と続く道があった。小さい空港なので迷わないと思う。
(2009年9月 sky こあら 様)





手荷物が出てくるまでにずいぶん時間がかかった。手荷物カートはコインを入れて使うタイプ。

(2013年7月下旬 三毛団子 様)




チェックイン
(OS)ヴェネツィア-ウィーン-成田

OSのチェックインは、エコノミーのカウンターには2、3組並んでいるくらいであまり混んではいなかった。が、その直前がインド人かと思われる集団で時間がかかりそうだった。

横を見ると、ビジネスのカウンターは空いており、表示に"ビジネスクラス"と並んで"Web Check-in Laggage Drop off"(ちょっとあやふやだが、「Webでチェックインした人の荷物預け」)とか書かれていたのでそちらに行った。

カウンターの係員に「ビジネスか?」と聞かれたので「Webチェックインしてある」と答えると、ちょっと嫌そうに手続きを開始。

受託荷物の重量が、2つで39.8kg だったのだが(エコノミーは一人20kgまで)、係員が秤の表示が安定するまでじっと見つめていたので、緊張した。推測だが、あの雰囲気だと、少しでも超過していたら超過料金を取られていたかもしれない。

(2010年6月上旬 Martin BK 様)

日本式2階が出発フロア。小ぶりな空港で新しいので、動きやすい。

カートは2、1、0.50ユーロいずれか入れる。台車を戻すとお金が戻る。
 

チェックインカウンター前は長蛇があると、うねうねと人が続く。KL、AFの自動チェックイン機がある。また並んでいる人に対して、自動マシンを案内している係員がいた。誘導して操作を教えていた。

Eチケット番号、パスポート(オリジナル)、会員カード(オリジナル)などが要る。(予約番号ではだめ)

ヴェネツィア-アムス、ヴェネツィア-パリ便などは、チェックインデスクが2つ、ドロップオフデスクが1つの3つ体制だったが、締め切りの1時間前になってもほとんど列がすすんでいなかった。仕事はかなり遅い。

ドロップオフは、インターネットチェックインを済ませた人がいける。すいている。ホテル客室のTVでネットチェックインし、紙に出力した搭乗券がなかったのだが、聞いてみるとOKだった。(パスポートと予約番号だけで搭乗券をつくってくれた)

インターネットチェックインだけでもホテルでしておくとよい。

ゲートは40分前集合になっていたが、搭乗開始は20分前。KLMは定時発着をがんばっており、けっこう早めに乗せるので、注意。乗り継ぎの加減もあり、ギリギリにはいってきた人たちもいた。

ヴェネツィアいき、パリいき等が出るゲートあたりは、優雅な雰囲気で、すぐ横にバーバリー、フェラガモ、などがあり、最後まで挑戦できる。ここでかえば免税なので、短い乗継時間で免税手続しなくてすむ。
(2008年9月下旬 Chun3)




到着




イレ
トイレ掃除の女性職員が怖かった。イタリア語だったので、定かではないが、「あたしが綺麗にしたのに、なんで使うのよ」と言う様な事をわめいていた。トイレに並んでいる人がいるにもかかわらず、掃除道具のカートで入り口を封鎖してしまっていた。
周りの客も困惑していた。

(2013年7月下旬 三毛団子 様)

トイレは荷物をピックアップすることろにある。(ちょっと見にくいかも)トイレは気にすることなく使えるきれいさ。
(2009年9月 sky こあら 様)



コインロッカー






パスポートコントロール (シェンゲン協定の入国審査/出国審査)




セキュリティチェック



ショッピング
手荷物検査後、右側に食品、土産などの店舗あり。マカロニや菓子、酒類など。
飲食店は、ひとつ上の階にもパスタ、ピザなどのカウンターがある。座席数は少ない。

(2013年7月下旬 三毛団子 様)
ヴェネツィアいき、パリいき等が出るゲートあたりは、優雅な雰囲気で、すぐ横にバーバリー、フェラガモ、などがあり、最後まで挑戦できる。ここでかえば免税なので、短い乗継時間で免税手続しなくてすむ。
(2008年9月下旬 Chun3)






 


その他
   
 
(KL)ヴェネツィア-アムステルダム-成田

水上タクシーから空港まで、10分ほど半屋外の歩道を歩く。
コインを入れるタイプの、荷物用カートあり。

荷物預けカウンターは、出発の約2時間前に開いた。

(2013年7月下旬 三毛団子 様)
(OS)成田-ウィーン-ヴェネツィア

到着ターミナルはあまり明るくなく、がらんとした雰囲気。到着フロアに
あまり大きくないが売店があり、ミネラルウォーターを購入。

バスは到着ターミナルをまっすぐ出た先に乗り場があった。まっすぐ先、なのだが却ってわかりにくく、案内所で聞いた。
(2010年5月上旬 Martin BK 様)
 小さいので迷う確率はほぼ無い。ATMは出国前に1か所。

8時前の時点でセルフサービスのレストラン、バール、売店などは営業していた。
トイレ数か所あり。

出国後、バール、免税店などはほとんど営業していたと思われる。が、閑散としていて全体的に淋しい印象。トイレも数か所。
(2010年5月上旬 まり きーた 様)
 

日本式2階が出発フロア。小ぶりな空港で新しいので、動きやすい。

カートは2、1、0.50ユーロいずれか入れる。台車を戻すとお金が戻る。
 

チェックインカウンター前は長蛇があると、うねうねと人が続く。KL、AFの自動チェックイン機がある。また並んでいる人に対して、自動マシンを案内している係員がいた。誘導して操作を教えていた。

Eチケット番号、パスポート(オリジナル)、会員カード(オリジナル)などが要る。(予約番号ではだめ)

ヴェネツィア-アムス、ヴェネツィア-パリ便などは、チェックインデスクが2つ、ドロップオフデスクが1つの3つ体制だったが、締め切りの1時間前になってもほとんど列がすすんでいなかった。仕事はかなり遅い。

ドロップオフは、インターネットチェックインを済ませた人がいける。すいている。ホテル客室のTVでネットチェックインし、紙に出力した搭乗券がなかったのだが、聞いてみるとOKだった。(パスポートと予約番号だけで搭乗券をつくってくれた)

インターネットチェックインだけでもホテルでしておくとよい。

ゲートは40分前集合になっていたが、搭乗開始は20分前。KLMは定時発着をがんばっており、けっこう早めに乗せるので、注意。乗り継ぎの加減もあり、ギリギリにはいってきた人たちもいた。
(2008年9月下旬 Chun3)
 

昔より新しくなって、きれいだった。伊丹の半分ぐらいの規模で、使いやすい。
上下二階建てで上は出発フロア、下が到着フロア。間にインターネットのできるような中層あり。
 

到着フロア:

 
地上階。出たところ、左手壁側に、日本のような交通アクセスの切符売り場窓口がきってあった。
深夜は閉まる。

税関出口で、文字通り「小山のような」巨大なシェパード(体長2m以上、ものすごい見たこと無い大きさ)を
つれた係員が、全員の横を、犬にかがせていた。探知犬かと思われるが、ほぼ足の真横までくる。小さいヨークシャテリアでも5m以内大ピンチな同行 者は、燃え尽きて、本当に「真っ白」になっていた。人間、本当に明日のジョーみたいになるんだなぁと、先に通った私は思った。(ヴェネツィアもギリシャは ネコの島で有名だよー、とかごまかして連れてきたのに)ほとんどの人が、犬のあまりのデカさにびっくりしていた。普通のシェパードの2匹分ぐらいの大き さ。

荷物カートは、2euro、1euro、0.50euroのいずれかの硬貨をいれる。台車置き場にもどせばお金が戻るしくみ。

到着フロアの一部に、こざっぱりした簡単な飲食店あり。夜間は閉まっている。エスプレッソ立ち飲みカウンターも作ってあるところがイタリア。

空港フロアの方向指示サインは、英語もあるが、表示が小さめ。若干戸惑うかもしれない。


(2008年9月下旬 Chun3)


 
 
トップ > 交通 > VCE ヴェネツィア・マルコ・ポーロ空港
トップ > 他国 > ヴェネツィア > VCE ヴェネツィア・マルコ・ポーロ空港