トップ > 交通 > ストラスブール空港
  

フランスの空港
ストラスブール空港 エンツハイム空港 
ストラスブール・エンツハイム空港 
TLS
l'aéroport d'Entzheim-Strasbourg

   
           9 Jul.2017

 
 
Airport of Strasbourg Entzheim ストラスブール・エンツハイム空港
http://strasbourg.aeroport.fr/
      

ストラスブール空港から市内へ

  アルザス地方 > ストラスブール > アクセス 空港から 参照

 
 





 
 
店など
 
 ほとんど店はない。土産なんかも置いているNewsagentがひとつあった。小銭がなくて券売機で 電車の切符が買えなかったので、案内所に行くとそこで購入するように言われた。

(2009年7月 tiggerlyon 様)

 
その他
羽田-パリ-ストラスブール

(到着空港の様子) =
飛行機が沖止めで、機体からターミナルビルまで、バスで移動した。
バスで1分もかからずにターミナルビルに到着したが、バスが動き出すまでに時間がかかった。

バゲージ・クレームが、国内線用と国際線用で、別になっているので、注意。
入ってすぐのバゲージ・クレームが国内線用、右手奥にある扉の奥が、国際線用。
国際線用の荷物は、すでにターンテーブルの上に乗っていて、ターンテーブルは、もはや回転していなかった。

カフェ、レストラン、売店ルレ(アルザス土産あり)、レンタカーのカウンター、TERの券売機あり。
Wifiは、4時間無料。

ターミナルビルの外に、タクシー乗り場あり。10台位、客待ちのタクシーが停まっていた。

(2012年12月下旬 tarte aux fruits de saison 様)

ストラスブール-パリ-成田

出発時刻の1時間程前に、タクシーで空港に到着。ニース行きやマルセイユ行きも、同じような出発時刻だったためか、
チェックインカウンターは、10人位、並んでいた。
(2013年1月上旬  tarte aux fruits de saison 様)
羽田-パリ-ストラスブール

日本の地方空港の様な雰囲気。

(到着空港の様子) =
荷物が出てこないので、事務所に行って手続きをした。
ホテルの名前と住所をコピーし、パスケースに入れて持っていたので、役にたった。

(2012年12月上旬 うてば響く子 様)

羽田-パリ-ストラスブール

機体からターミナルビルまでバスで移動。
バゲージクレームが、国内線と国際線で別になっているので注意。
(入ってすぐのバゲージクレームが国内線用、右手奥にある扉を開けると国際線用)
カフェ、レストラン、売店ルレ(アルザス土産屋が付属)、レンタカーカウンター、TERの券売機。
無料でWifi接続可能(メールアドレスの登録が必要)。


ロストバゲージ
ストラスブール空港のバゲージクレームを出た所の、事務所で手続きをした。
パリに留まっている可能性が高いという説明を受けた。受託手荷物の特徴、宿泊先のホテルの住所・連絡先などを伝え、「Incident Bagage」という書類と、スカイチームのロゴの入ったアメニティグッズを貰った。

衣類などの購入費は100ユーロまで補償されるとのことだったので、最悪のケースを考えて、ホテルにチェックイン後、最低限の衣類を市内で購入。

幸いなことに、荷物は当日夜にホテルに届けられた。衣類の購入費の、補償請求方法が、いまひとつよく解らなかったので後日、同じストラスブール空港の事務 所にレシートを持って行ったところ、必要書類をパリに郵送し、購入費は航空券購入時のクレジットカードに返金されると説明された。

しかし、帰国後、日本のエールフランスのカスタマーセンターから電話があり、日本の銀行口座に現金振込になること、必要書類を郵送するので、口座番号などを記載して、返送してほしいことを説明された。
(2011年12月下旬 tarte aux fruits de saison 様)
JLで千歳-成田-パリ-ストラスブール着。

荷物を待っていても出てこなくて焦っていたらAFの女性が「あなたたち、どこから来たの?」と訊く。「成田、東京」と言うと「それなら国際線扱いなのであっちの部屋よ」と言われ、ドアを開けると、隣の部屋のターンテーブルから私達の荷物が出てきた。

荷物を取って出口に向かうと外国人ということで再度、パスポートチェック有り。

黙って到着便のターンテーブルで待っていても荷物は出てこない。

(2009年10月下旬 クロワッサン&カンパーニュ 様)
国内線なので1時間前にチェックインすればいいのだが、余裕を持って空港に着き、チェックインカウンターへ向かったら誰もいない。 
 
並ぶこともなくササっと発券、ササっと荷物を預けてあっけなくチェックイン。こんな事ならあと30分はゆっくりしていれば良かったわーと、待ち合いロビーでボケっとしていた。
 
パリまでは1時間。飛んでコーヒーとクッキーもらって片づけたら着陸。オルリー空港はこぢんまりとしていて、初めてだったが、分かりやすかった。
2001年2月 
かまこ様 )
復路の飛行機をストラスブール発にしようと思っていたが、12月25日はクリスマスなので便がなかった。なのでルクセンブルグ発にすることになった。ルクセンブルグなんて全然行くつもりがなかったので、ちょっと焦った。

(2006年12月 どすたーる400 様)




 
 
 
トップ > 交通 > ストラスブール空港