トップ > 交通 > シンガポール・チャンギ空港
  

SIN シンガポール・チャンギ空港
 7 Dec.2009 経験談追加、再調査

 
 
 
 
 

2008年
 

SQ 成田-シンガ-パリ
 
成田でパリCDGまでのスルーチェックイン済で搭乗券も持っていたため、特に自分では何もする必要がない。

到着は現地17:30頃。24時間空港でもあり、空港全体は活気がある。

ターミナルT3は2008年1月に新しくできたターミナルで、従来のT2より店は少ないが、無料のスカイトレインが利用でき、他のターミナルへ行くこともできる。

市内までMRTで30分程度なので、搭乗締切時刻までに戻ってくるのであれば、入国も可能。

無料のPCコーナーが数箇所あり。シンガポール航空利用者であれば、搭乗特典として搭乗券を提示すれば割引が受けられることがある。

ターミナル内飲食店では、日本円を始め主要通貨は使えるが両替所のレートより悪いため、カード利用か手間でも両替をした方が良い。乗継エリア内コンビニでは、日本円の硬貨が使えた。1,000円札を出したら硬貨はないか聞かれた。ただ店員によると思う。

(2008年9月上旬 愛する君のために 様)

SQ パリ-シンガ-成田
 
ターミナル3
パリで、成田までのスルーチェックイン済で搭乗券も持っていたため、特に何もする必要がない。

乗継便まで数時間ある人向けに無料の市内観光が用意されている。トランジットホテルのシャワー利用は、ソフトドリンクとスナック付きで8ドル。無料のPCコーナーが数箇所あり。

手荷物一次預かり 24時間 3.21ドル(パスポートをコピーされる)シンガポール航空利用者であれば、搭乗特典として搭乗券を提示すれば割引が受けられることがある。

ターミナル内飲食店では、日本円を始め主要通貨は使えるが両替所のレートより悪いため、カード利用か手間でも両替をした方が良い。
 

(2008年9月上旬 愛する君のために 様)

   
 

2005年以前
 

動く歩道にのってひたすら奥のゲートへ行かされた。
(シャルルドゥアルディ 様 2005年2月下旬)
 

とにかく広くてきれい。店もたくさんあり。
無料インターネットコーナーが2003年よりたくさん出来ている。いずれも日本語が読めますが、日本語入力ができるのは一部のような気がします。
(めるもにら様 2004年9月上旬)
 

チャンギ空港でトランジットに8時間、時間があり無料の市内ツアーに参加した。時間によってツアーの行き先は決まっているようで、16時半からのセントーサ島へのツアーへ参加。空港のフリーツアーデスクに行って申し込みをし、その後航空券とパスポートをガイドに預けてバスで出発。
 
基本的には車窓からの市内観光で、セントーサまでの道すがら、延々ガイドの話。セントーサ島につくと、飲料水のサービスがあり砂浜で10分くらい散策できる。1時間半くらいのコースで、トランジットの時間を有効に使えた。

3階のフィットネスジムでシャワーを浴びることができる。
ジムやラウンジを使うと30シンガポールドルだが、シャワーのみなら8.40ドルで使うことができた。バスタオルを貸してくれて、シャンプーボディシャンプー兼用の液体ソープがおいてある。 ちょっと高級なホテルといってもいいくらい、明るくて清潔できれい。ドライヤーもあり、シャワーのあとには冷たい飲み物も飲めた。(セルフサービス)

免税店もひととおりそろっていて、買い物にも事欠かない。空港の治安はよく、まったく危険を感じなかった。23時ころでも人はけっこういた
(Lisa et Gaspard 様  2004年8月)
 
 
 

どこに何があるのかがすぐ分かるような、日本語版の地図があり目的場所を探すのに便利。この空港は、どこも明るく死角になるところが少なくとても治安がいいように思います。 真夜中でも何か食べるところはあり

シンガポールで一度出国して1泊しました。出国後スーツケースは空港内の荷物預かり所に預け、1日分の着替えなどだけ手荷物として持ちました。その後SQのカウンターで、アーリーチェックイン。本当はこのとき一緒にスーツケースも預けたかったのだが、次の飛行機まで30時間もあったため、成田便からパリ便にきちんとスーツケースが移動しない可能性や、途中紛失の可能性もある、と言われたので空港内の手荷物預かり所に預けた。
 
出国後は、SQのビジネスラウンジで時間を過ごした。17時ごろにビジネスラウンジに行ったときには結構空いていた。ラウンジは喫煙と禁煙ブースに分かれており、禁煙ブースには、無料でインターネットができるパソコンが10台位あり。
しかし日本語が読み書きできなかったので、多少パソコンの設定などを変えて使用。

バーカウンターもあり、カクテルも作ってもらえるようでした。サンドウィッチやクッキーなどが軽食として並んでいました。19時ごろ夕食として、メインっぽい料理やオードブルが並ぶ。
 
ラウンジ内にシャワーあり。タオルもシャンプーも全部そろっている。混んでくると足元のバスマットは交換してくれないようだった。チャンギ空港ターミナル1と2、それぞれにある有料シャワーは22時ごろまではヨーロッパ便の出発が並ぶので、シャワーもとても混雑している。
(ちゅぴこ2 様  2003年9月)
 
 

チャンギ空港ですが、はじめは途方に暮れるほど広かった。
職員はみんなスクーターみたいな乗り物で移動。移動する場所にはたいてい免税店や土産屋、カフェ
があり暇つぶしは十分にできました

ユーロでの買い物もできるし(おつりはシンガポールドル)、仮眠が取れるレストチェアが置いてる場所やスポーツ施設が充実していて、うってつけの乗り継ぎ空港だと思いました。あと2時間以上待ち時間がある人は観光もできるみたいす。私はパリ行きまで6時間ほど時間がありました。
(くまのみハンター様  2003年9月)
 
 
 

チャンギ空港はとっても便利で使いやすい。
(ももぴか様 2003年6月)
 
 

SIN シンガポール の空港は非常によくできていて、まず、迷うことはないと思われます。 絨毯じきのビルには、ちょっとした庭園みたいなものもあります。インターネットカフェ もあります(ちなみに15分150円ほど)。 
 
免税店もLHR ロンドンヒースローと勝負できるほど整っています。値段も確かに安いです(チョコレートを除く) 
 
長旅で疲れたら、シャワーもあります。これは貸しタオル、石鹸つきで350円ほど。 時間制限はないですし、海水浴の海の家よりずっとがいいです。 
 
乗り継ぎ客を対象にした、無料市内見学ツアーもあります。ただ、ちょっと競争率が たかく、先着順なので、時間の短い人にはつらいかもしれません。 アジアのハブ空港、というのも納得です。 
 (サラダエクスプレス様 2001年7月)

   

トップ > 交通 > シンガポール・チャンギ空港