トップ > 交通 > 成田空港での過ごし方 〜夜発の場合〜


成田空港(NRT)での過ごし方
成田空港 夜発の場合

 
 28 Aug.2011 / 25 Aug.2012 / 3 Feb.2013  経験談追加
9 Aug.2014 経験談追加
    
 
夜発で困った!
20時以降、いろいろ 閉まります
22時以降、相当 閉まります。
 
1) おもな利用したい施設の空き状況、時間を調べておく
2) 段取りを考えておく
3) ダッシュで利用する
4) 買うべきものは、地元あるいは途中で買っておく
5) 時間つぶしをするものを持参しておく




 
第一ターミナル 北ウィング  (エールフランス機体 夜便の場合)
http://www.narita-airport.jp/jp/guide/t_info/1_afr/index.html

ターミナル図 第一ターミナル  出国後は 4F、3Fにあたる
http://www.narita-airport.jp/jp/guide/map/index.html




シャワーなど施設は複数個所にあるので、情報は最新のものを各自確認のこと。
空港にある無料のパンフレットに営業時間など記載あり。


エールフランス夜便で 17番搭乗口

JLで発券したが、JLのウェブチェックインはできない。なぜかエールフランスのウェブチェックインはできた。JLの予約番号ではなく航空券番号を入力したら、できた。

職場から東京駅へ。
19時過ぎ、成田エクスプレスで成田空港駅 到着。お盆真っ只中のためか全席満席との車内アナウンスがあった。

シャワー
出国前にシャワーを浴びて着替えたかったので、2階の有料のシャワールームを利用。30分1,000円。まったく待たず、すぐに利用できた。

4階にエレベーターで上がり、手荷物検査、出国手続きを受けた。ほぼ並ばずにスムーズに終了。

ラウンジ
17番ゲート近くのエレベーターで上階へ上がり、エールフランスのラウンジを利用。第二ターミナルのJLのラウンジは勿論、隣のDLのラウンジと比較して も相当狭い。案外混んでいて、ソファー席はほぼ埋まっていた。シャワーは順番待ちをしているようだった。利用者は銀色のビニール袋を手渡されていた。

おにぎり、サンドウィッチなどの軽食はあったものの、これで夕食とするには無理がある。紅茶はリプトン。
WiFiのパスワードは受付で貰える。無料
(2013年8月中旬  tarte aux fruits de saison 様)


出国後 免税店は 21時ごろにはほとんど閉店していた。
(2013年7月中旬  三毛団子 様)





免税店は20時まで営業。一部21時位まで。
(2013年6月上旬 koufukuパン 様)



エールフランスの夜便 21:55発。空港内の店舗営業時間は、21:00(飲食店ラストオーダーは20:30)、両替所は20:00まで。

出国後中央棟の リフレッシュルーム。シャワーが利用できる(30分/1,000円 最終受付20:30)

北ウィングは 出国後の店は、20:00過ぎから片付けて始めている所もあった。
(2012年11月中旬 愛する君のために 様)


20時前に到着。
出国前
レストランや店舗は、閉まっているところ、閉まりかけているところが多かった。

出国後、21時にはサテライトの売店も閉まった。持ち込むための飲料水やおやつを購入するなら、早めの対応が必要。
(2012年11月中旬 おおつきブルゴーニュ 様)



19時半ごろ、JR駅着。駅フロアの両替店等は閉まっていた。コンビニはやっていた。

出国後、シャワールームを利用。30分1000円。ペットボトルの水付き。
リンスインシャンプー、ボディソープ、バスタオル、フェイスタオル、ドライヤーなど。

20時半ごろ、ほとんどの店は閉店していた。
(2012年5月下旬   三毛団子 様)



最終便に近ければ、仕方がないと思った。が、寂しかった。化粧品などを売っている免税店は開いているが、ブランド店は20時半の段階で、閑散としているか、閉まっていた。
(2012年1月下旬 造船なでしこ 様)



水天宮から18:40のバスでターミナルに横付け。機内食が配膳が遅いし、あてにしないので、水天宮でマクドナルドを食べた。所要50分で終点ターミナル1着。

最後の数便となるとカウンターが限られ、若干並ぶが、20:00ごろ出国。
出国後、20:30締切のシャワーにも間に合った。(500→1,000円に値上げ、水などのキット提供あり) 前年と同じタイムスケジュール程で、動きがわかっていたので、気が楽だった。

免税店で買い物。あとは持ってきた歴史本や英語の推理小説を読み、ほどほどに眠くなるのを待つ。いつも思うが、ゲート近くまでいっても、関東の人たちは人数がいても、静かだ。(機内もだが・・・)

搭乗。風呂上りと勤務疲れ、英語の本で、搭乗後、3ページで睡魔に襲われ、計画通り、約12時間フライトのうち約10時間爆睡。
(2011年11月上旬 Chun3)




21:55発。
17:50ごろ、空港着。成田空港はガラガラ。ほとんど人がいない。
両替所は18:00で閉まるところもあった。トイレは両替所付近などにいくつもあり、きれい。
(2011年5月中旬  あきあき22 様)



免税店は20:30前後でちらほら閉店が目立ってきた。急いで買い物を済ませた。

その後シャワー。30分で500円(注 改定前料金 現在は500円ではない) と結構手頃。便利。ただ30分ですべて支度を済ませるのは難しい。今回は夜便だったので、しっかり保湿をしてから簡単にミネラルファンデーションで化粧をした。
(2010年10月下旬 ぴぐりん 様)



出国審査前 南ウイング2階のリフレッシュルームで シャワーを浴びて着替え。1,000円。夜ということもあってか、すいていた。
(2010年9月下旬  パッションマンゴー 様)


セキュリテーチェックの前にある両替所は、最終便が出るまで1軒は開いている。
(2010年9月下旬  たちこま 様)

 ※出国後は19時、20時で閉まってしまうので、注意。
 両替
 http://www.narita-airport.jp/jp/guide/service/list/svc_11.html


チェックインに時間がかかり、出国後の飲食店等がすべて閉まっていた。
出国後の両替所の営業時間を確認せず。閉店しており、まったく外貨を持っていなかったので、焦った。
(2010年9月中旬 ryu-ryu17 様)






20:30頃にチェックインを終え、夜の成田はどんな様子なのかな?と出国階を
うろうろしてみた。広い空間に20人くらいの人を見かけるだけ、寂しい。

飲食店はほとんどが閉まっていた。ちょっと何か飲みたいなと思い、案内カウンターに (20:45頃)飲み物が買える店を聞いたら「もう閉店している店がほとんどでコンビニくらいですが・・・」と言いながら調べてくれた。

「南ウイングに1軒あります」と言ったが、21:15にゲートへ行かなくてはならない。
店には寄らず出国した。
(2010年9月下旬 patatedouce 様)


関空とちがって施設が、広く分散している。よって、施設の利用と時間は、計画そして時間との戦い。利用したいものがあれば、空港で当たり前の施設・サービスであっても、事前の場所と営業時間の調査、要。 あれもこれも利用できず困っている若い男女が大勢いた。


事前に成田空港HPで施設の営業時間を調べておいた。当日もすぐ施設パンフをゲットした。ただし営業時間についてはパンフのすごくわかりにくいところに記載されていた。

両替は、成田が広く、分散しすぎた結果なのだろう、実際かなり貧弱な体勢なので、相当驚いた。ターミナル1とはいえクサっても成田で、クサっても夜便のあ るところでしょう、と思っていたが。事前に両替しておいたからいいが、当日では時間や体力のむだになるし、できないケースがある思われる。
http://www.narita-airport.jp/jp/guide/service/list/svc_11.html
22時離陸夜便のあるターミナルであるが、出国後の両替は20時終了ってなんやねん。


飲食店・物販
かろうじて1軒ぎりぎりある。が、あとはどんどん閉まっていく。20時〜20:30に店員に断られている若者客が多く、気の毒だった。外国人らも土産を買えない、と和風コモノの店でかなりがっかりしていた。Webチェックインをした人はゆっくり空港にくる風潮があるが、注意。

空腹と機内食の時間を考え、あらかじめ水天宮TCATのマクドナルドで買い込んだ。なお空港バス車内は飲食ができた(不可ではないと確認した)。時間配分は、21:45ぐらいのAF便の場合、機内食が23時ぐらいに出るので、18時台にどこかで何か腹にいれておいて、ちょうど良かった。


出国後 中央のシャワー利用。

シャワーは成田は出国前後 複数にあるそうで、今回は出国後のものを利用。すこしわかりづらい、というか、知っていないと気づきにくいような場所にある。

30分 500円(注 旧料金 現在は値上げ)。備品はいろいろあるが、空港施設かつ時間が重要な施設にもかかわらず、「時計だけが無い」のがどうかと思った。風呂をあがって同行者をだいぶ待ったので、次回はゲートで合流、とかにしようと思う。

シャワー利用者は思ったより少なかった。仕事および夏の汗を落とし、風呂上りさっぱりほっこり状態で、夜便はゆっくり眠ることができた。

なお、シャワー室の待合にある販売飲料(冷蔵棚から出す)は、USドルがつかえる。クリスタルガイザーが1ドルだった。今ならお得だと思う。


マッサージチェア。
ゲートの眺めのいい場所にマッサージチェアがでんと並んでいた。お、粋なことするね、と思ったら、有料は当然としても 「たったのツーコイン!」と書いてあった。
・・・普通それは、ワンコインだろう、とつっこんでしまった。


飲食店。
日本人は、最後の飲食で、搭乗前にパンやら、ちょっと安いものを”もそもそ”飲み食いしている人が多かった。が、外国の人は最後の店でも、どかっと座ってビールやらで、ゆるりと過ごしていた。こちら風呂上りだったので、さらによさそうに見えたのもある、

トイレ

ゲートの通路途中にあり、関空の気の重くなる地下牢獄灰色トイレ(勝手呼称)より断然よい。

なお、搭乗を待つところだが、ゲートでなくても、中央付近にもおもしろいインテリアのところ、デートにいいような照明ダウンした面白いコーナーがあった。結論として、風呂をあがっても、そんなにさっさと北ウィング側までいかないでいいかも。

(2010年8月上旬 Chun3)





 
待合室にある売店は、搭乗時間のすこし前に閉店。機内用の飲料水や雑誌等が必要な場合は、早めに出国し、制限区域に入って売店へ行った方が良い。
(2010年7月下旬 ごん13 様)



店は閉まるのが早い。買い物を予定しているときは早めに。

18:33東京駅発 成田エクスプレス。19:30頃空港着。
別送していた荷物をピックアップし、チェックインを済ませて出国すると20:00。

すでに免税店は半分閉まりかけ、店員も店じまいモードで売る気がない。

必要な買い物を済ませて、空腹を覚えたので食事をしようと思っても、既にほとんどが閉店。搭乗ゲート近くのドトールでテイクアウトしかできなかった。必要なものは、事前に用意して持ち込む方がよい。

出国前の両替も、三菱東京UFJはすでに閉店。千葉銀行かなにかだけが開いていた。
( 2010年6月中旬 moo-brown 様)




出国後の免税店は、営業中。
シャワールームを利用。搭乗ゲート近くのマッサージチェアはよかった。
ラーメン店があったが、出発間際には閉店していた。
(2010年5月下旬 ピサンリとココリコ 様)


出国前  中央ビルの店で軽く食事したが、19時半前の時点で既にラストオーダーの終わっている店もあった。

出発ロビーは閑散としており、セキュリティチェック、出国審査まで数分で終了。

リフレッシュルームでシャワーを利用。30分500円(旧料金)。受付は20時半まで。
免税店も、20時半に閉まるところが多い。出国後の両替所や銀行は20時ですべて閉まっており、両替しそびれた。
(2009年12月上旬 etsu et nino 様)



19:45頃 手荷物預けと両替、出国手続き、免税店買物、
20:15 仮眠室でシャワーを浴びる。
21:00 シャワールームを出ると、一部免税店や本屋は閉まっていた。
人もほとんどいなかった。
( 2009年11月下旬 トラジ番 様)


20時を過ぎると全ての店が閉まる。何もすることがなく、ひたすら出発待ち。
(2009年9月中旬 shou 隊長 様)


機内食がでるまで時間があるので、コンビニでカップ麺を食べた。
出国手続き後の免税店や飲食店は21時ごろには閉まる。
(2009年9月中旬 カーネギーサリー 様)


夜便利用でWebチェックインを済ませていることもあってギリギリの時間近くに行った。店はほとんど閉まっていた。出国後の免税店は、ジャパン デューティーフリー北1売店のみ、22:00まで営業(当時)
(2009年8月上旬  黒猫彗々 様)



夜の成田空港は店も開いておらず、出国手続き後に待ち合いロビーでマッサージチェアーを利用したり、時間を潰すのが大変だった。ドトールでコーヒー購入。
( 2009年4月下旬  ガッチャンとムックリ 様)




ラウンジ
  交通 > 出発 成田空港 1北 参照 
 



 



 
トップ > 交通 > 成田空港での過ごし方 〜夜発の場合〜