トップ > 交通 > NCE ニース空港
ップ > その他の地方 >  コートダジュール地方 >  ニース空港
 
空港報告
 
Aéroport Nice Côte d'Azur
NCE ニース・コートダジュール空港
 
 

31 May 2014 再調査、経験談追加
5 May 2015 経験談追加




ニース空港
http://www.nice.aeroport.fr/

Photo by asian my



治安・防犯・トラブル
トラブル・治安 外務省の南仏治安ページも必読。


アクセス
http://www.nice.aeroport.fr/Passagers/
ACCES-PARKINGS/Acceder-a-l-aeroport-en-voiture-ou-2-roues
特定の町村およびホテルへの アクセス は、その町村の頁、あるいは ホテルの頁などを参照。


主な町へのバスやタクシー時刻・料金 南仏のバスルート など(情報古いが)


 
8時35分到着のところ、8時過ぎに着陸。
機体はターミナルに横付けされたので、予定よりもかなり早く制限区域外に出られた。

到着階(地上階)は、レンタカーの窓口とレストランくらいしかない。

ターミナルビルの外に出ると、右手にバスとTERの切符売り場あり。
この切符売り場に、ギャラリー・ラファイエットのニースマセナ店と、CAP3000店の
10%割引券が置いてあった。切符売り場の前の道路を挟んで、向かい側にバス乗り場あり。

バスの発車時刻まで余裕があったので、出発階(フランス式1階)の様子を見てみる。

空港のウェブサイトには載っていなかったが、規模は小さいながらも、ラデュレとフラゴナールの売店があった。 フラゴナールのウェブサイトに、ニース空港の売店について情報がなかったので、意外だった。しかし、品揃えは大したことない。
他の店舗で買い忘れたものがあった場合の保険になる程度だろうか。

(2013年8月中旬 tarte aux fruits de saison 様)
(出発空港の様子) = グラースからの500番のバス(ニース行き)はターミナル1に着いた。

空港内を循環する無料バスに乗り換え、ターミナル2へ。意外とぐねぐね走った。所要15分。小さい空港だし、国内線だし、と甘く見ないで、早めに着くようにしてよかった。

(2010年9月下旬  パッションマンゴー 様)





アクセス ニース空港〜 ニース市内
http://en.nice.aeroport.fr/Passengers/
DIRECTIONS-PARKING/Getting-to-the-airport/Buses-Shuttles
バス
http://en.nice.aeroport.fr/Passengers/
DIRECTIONS-PARKING/Getting-to-the-airport/Buses-Shuttles
ニース空港からニース市内行きのバスの乗り場がわかりにくく迷った。
(2014年10月 おひなたチケット 様)
宿泊していたエクスからニース空港に移動したところ、バスが遅れていて焦った。早めのバスに乗った方が良かった。
(2014年9月 udondasi 様)
ターミナル2 着。出口右手のチケットブースで、98番のニース長距離バスターミナル行の切符 4ユーロを購入。
(2010年9月下旬 パッションマンゴー 様)
Photo by asian mii
市内へのバス





アクセス ニース空港〜 SNCF の駅
http://en.nice.aeroport.fr/Passengers/DIRECTIONS-PARKING/
Getting-to-the-airport/Trains
ターミナル1で国鉄(SNCF)の切符を購入できる。
 
ニース空港からSNCF駅近くのホテルまで、バスで行くつもりだった。

が、空港で出会った日本人女性から、「駅近くは危険だから」とアドバイスをもらい、タクシーでホテルまで行った。確かに駅付近は治安がよくないように見え、怖かった。(2013年7月 トム@キャンパス 様)
 
Nice Ville駅   ここがメインの駅。ターミナル1、ターミナル2 から バス・タクシーで10km。15分程度。普通はここを使うことになる。

Nice St Augustin駅  ターミナル1からバスで4分+徒歩15分。
 
St Laurent du Var 駅   3km。さらにバス7分
 
Isabelle Family 1 Day pass    35euro   
TER(日本でいうJRの在来線みたいなもの)の乗り放題券。4名まで。 2等、 16歳未満の子供2名含む。ヴァンテミリアからフレジュスまでのTERが乗り放題。年中販売。
FRENCH Riviera PASS
COTEDAZUR-CARD


アクセス 送迎手配 
面倒ならホテルに頼むとよい。
プロヴァンスおやくだち、 コートダジュールお役立ち 専用車 の料金・会社例 

ようこそツアー(日本語)
http://yokosotour.free.fr/index.html
 
JHC ニース空港送迎 ホテルチェックインアシスト付きもあり
Alan1からもニース空港送迎あり 「ニース空港」で検索するとよい



タクシー
http://en.nice.aeroport.fr/Passengers/
DIRECTIONS-PARKING/Getting-to-the-airport/Taxis
ボられやすい土地なので、注意。不安があれば、手配した車などがベター。
タクシー料金 規定・料金目安、ボラれた場合の苦情申し立て先
http://en.nice.aeroport.fr/Passengers/DIRECTIONS-PARKING/
Getting-to-the-airport/Taxis#prix

タクシー乗り場にて15分ほど待つ。乗車すること15分。
ニース空港ターミナル1から 深夜C料金価格、すべて込みで200F(チップ15FF)
(miyu様 2000年10月)  
 

ニースのタクシーはぼったくりが多いと書いてあった通り、ニース到着が17時半頃で心細くなりタクシーに乗ったら、35ユーロもとられた。


帰りはバスに乗ったので、たったの4ユーロ。
(2005年2月 lupancyoko 様)

ニースにて何回かタクシーを利用したが、何度かぼられた。
目的地に着く直前にメーターを消してしまう、スーツケースがあるから(高くなる)と言う、など、微妙に水増し請求されたと思う。

その度にこちらも「えっ○○ユーロもするの?」と言ってみたがちょっとイライラしている風で「そうだよ!」っと言われたり。

本当はもっと抗議するべきでしょうが、海外初心者の父が一緒なせいもあり、変にもめてもいやなので、いつも「も〜何だよ!!」という不服を前面に押し出して言われたままに払った。

(2004年9月 切手と手紙 様)

ニースは結構タクシーは、ぼっているようだ。
ニース駅からバスセンターまで乗ったら、到着して、メーターを止めたとき、急に倍近くになった。
 
友人が、どうして高くなるのか問いただしたら、「日曜日だから」といったらしく、何パーセント上がるのか しつこく聞いたが、なんせ時間に限りのある旅行者の弱さ。 結局、バスの時間もせまって、そのまま払った。

地元のフランス人も「タクシーは止めたほうがいい、ぼられるから」と言っていた。
皆が皆そうだとは思わないが・・・
(にゃんち様)
タクシー乗り場へ。なかなかタクシーが来ず、10分くらい待った。ドライバーは女性だった。すいている道をガンガン飛ばしてくれたので、150Frで着いた。
(Karorne様 2001年9月)
タクシーは今回健闘もむなしく、けっこうボラれたような気がする。
 
ほとんど言い値だったような。相場がいまいちわからないため、あまり反論もできず、暑さと疲れでもめるのも面倒だったのでほとんど諦めた。1度も料金に端数が出なかったのは、やはり勝手に繰り上げられていたのだろう。

1 ニース空港〜ヴィルフランシュのホテル(19時過ぎ頃でニース市内で渋滞)55ユーロ
2 ヴィルフランシュ〜ボーリューのロートシルド邸(乗車時間は5分位) 15ユーロ
3 ヴィルフランシュのホテル〜ニース中心部のホテル 45ユーロ
4 ニース中心部のホテル〜エズ 38ユーロ
5 エズ〜ニース中心部のホテル(荷物をピックアップ。停車時間1分位)
〜ニースの外れにあるジュール・シュレ美術館近くのホテル 58ユーロ
6 ジュール・シュレ美術館近くのホテル〜ニース空港 25ユーロ

1はホテルの人に聞いたところ相場だと言われました。

5は1番納得がいっていません。このドライバーは「メーターは?」と聞くと、「使ってるから心配ないよ」と言いつつ車を止めるまでずっと雑誌でメーターを隠していました。しかも58ユーロなので60ユーロを渡すと、小銭入れを開けて見せて「ごめん、小銭がないや〜」とへらへら顔。完全になめられていました。

1,4,6が妥当な料金で後はやられたかな〜と思っています。

(etsu et nino様 2003年7月)
 


フラツーで、ニースのタクシーの悪名たかきを知ってはいたものの、荷物の多さに二度利用。

1.ジャン・ド・メドゥサンの中央、ニース・エトワールから
ラ・ペルーズまでで、なんと10ユーロもした(約1,200円)

2.ラ・ペルーズで呼んでもらったタクシー(空港へ)を
モナコ行くので乗せて、というキャバい女性に乗っ取られた。私が降りなければ、空港までの分、私の支払いになるところだった。当然 違うタクシーを呼んでもらった
(toc blanc様 2002年7月)

タクシーのクレームは 下記へ
タクシーの3桁ナンバー(屋根に記載)と レシート要! 15.24euro以上のケースで。
http://www.nice.aeroport.fr/acces_stationnement_en/taxi/reclam.asp
忘れ物や タクシーへの連絡先
http://www.nice.aeroport.fr/acces_stationnement_en/taxi/utile.asp



アクセス ヘリコプター
モナコ、カンヌ、サントロペ 等 ヘリ便あり



 
チェックイン
(AF)ニース ターミナル2-パリ-成田  

コンパクトな空港。早朝だったので、乗客は多くなかった。

「自動チェックインのみの受付だったら、どうしよう」と心配していたが、普通に、チェックインカウンターに職員がいた。

プライオリティーと書いてあるカウンターには、待っている人はなく、すぐにチェックインできた。ニース-パリ-成田で、 荷物は、成田までスルーで預けられた。搭乗券はパリまでと、パリから先の分の、2枚が渡された。

(2012年12月下旬 モノポール・しま 様)
ニース-ヴェネツィア

シャトルバスに乗って、ターミナル2に移動した。インターネットチェックインはできず、荷物を預ける時、結構並んだ。

シェンゲン協定国同士なので、出入国審査も全くなく、不思議な感じだった。
(2011年8月中旬 kayorin.yuppie 様)
ニース-パリ-関西


セキュリティーチェックの後、早過ぎたのか搭乗券には搭乗口が示されていなかったが、出国審査の行列ができていたのでそのまま並んだ。

ようやく順番が来たと思ったら、顔をしかめて「あっちへ!」と言われた。意味がわからなかったので暇そうにしていたスタッフに聞いてみると、「向こうの青いボードを見ろ」と言う。

行ってみると搭乗口が表示されており、どうやら出国審査を受けず(フランス国内線のため※) にそのフロアにある搭乗口から乗るらしいことが分かった。心配だったので、その搭乗口まで行って近くにいた人にも確認したが、実際に乗るまで少し不安だった。

(2010年6月下旬 らっきーひつじ 様)

 

 


ターミナル間無料シャトルバス   

Photo by asian mii

   

ターミナル1からターミナル2まで、シャトルバスで、所要15分。小さい空港だし、国内線だし、と甘く見ないで、早めに着くようにしてよかった。

(2010年9月下旬 パッションマンゴー 様)

ターミナル2を出て、正面にバス乗り場。出口1と2の間にバスの案内所があり、そこで切符も買える。運転手から買うことも可。
(2009年7月中旬 どみにくじるじる 様)


 
 
 
 
トイレ
ターミナル2 到着 手荷物受け取りフロアにあるトイレは無料。
(2010年9月下旬 パッションマンゴー 様)
ニース空港の女性トイレの利用方法が少し変わっていた。

便座が上がっていて手でそれを下げるのではなく、ボタンを押すと自動で便座が下がってくるというもの
(2004年10月下旬 空とぶプー 様)

ターミナル2 発

2階出発フロアと、4階レストランのある最上階の間に、エレベータで行ける3階がある。トイレだけがあるフロアで、そのトイレはすいていてよいのだが、誰もいない時は女性1人だとちょっと怖いかも。
(2009年8月上旬 肩昆布 様)

 
 
 
 
コインロッカー






両替
到着フロアに限っていえば、国際空港のわりにこぢんまりした印象。 荷物をピックアップし、両替。窓口・・・あった。閉まってる?!(09:30 近く)

 出迎えてくれたのは、「営業は 14〜17時」の無情な貼り紙。どうやら早くも南仏の洗礼を受けてしまったらしい(?)。気を取り直して自動両替機へ。ディスプレイには日本語の説明もある。お札、いれる。ういぃぃーん・・・と。

  「ご使用できません」?!

  あわてて隣のインフォメーションのマドモアゼルに訴える。「日本円? 使えるわよ、だいじょうぶ」
ホンマやな、ぜったいやなっ、ともう一度。・・・・だめ。違う札も受け付けない。(後ろの人の米ドルは OKであった)

再びマドモアゼルに訴える。「えっ本当?  うーん、悪いけど私、キカイのことはわからないワ」 なにーーーーっ。頭の中を、シャルルドゴールの両替窓口がよぎる。大後悔。しかたない、隣のキャッシング機へ。カードを入れる。

  「受けつけられません」  なにーーーーーっ?!
 

今度こそ異郷で一文無し、いや 1サンチーム無しか?! 落ち着け。最悪 14時まで待てばいい。
ふとキャッシング画面を見やる。・・・あ。私は初歩的なミスを犯していた。

慌てていたので、この機械では使えない AMEXカードをつっこんでしまったのだ。よしVISA でやってみよう。緊張の一瞬。 成功ーーーーっ!! とりあえず 200フラン分調達できた。
(とりcacao様 2001年5月)


 
 


 
 
 
パスポートコントロール (シェンゲン協定の入国審査/出国審査)


 
 
セキュリティチェック


 
 
 
ラウンジ


 
 
両替


 
 
郵便局



到着 ターミナル1

到着フロア

出てすぐに、壁に埋め込み式のホテル予約パネル(と言うのかな?)あり。これが結構便利そう。
 
ニースと近辺の町のホテルが揃っており、各ホテルごとに写真と簡単な設備紹介が表示されていた。ニースのネグレスコや、周辺の町のルレ・エ・シャトーに加盟しているようなホテルも取り扱いされていた。ヴィルフランシュのホテルもあり。
 
操作方法も簡単そう。順番にボタンを押してホテルと部屋を選んでいき、最後はバウチャーをプリントしておしまい。また、それぞれのホテルに4桁の 直通番号が割り当てられており、すぐ横に付いている電話から直接ホテルに連絡することもできるようだった。まるで、ホテルの自動販売機。もし、ホテルの予 約なしにニースに到着してしまった場合は、心強い味方になりそう。
 


セキュリティゲートを過ぎた後にも若干の店がある。
フランクフルト行きの便に乗る予定だったが、フランクフルトから名古屋行きのチケットも一緒に見せたところ、ちゃんと免税価格で販売してくれた。(大して高い買い物ではなかったが)
(azumi@az様 2002年)   



到着 ターミナル2
イージージェット (U2)パリ-ニース


(到着空港の様子) =  定刻 8時35分到着のところ、8時過ぎに着陸。
機体はターミナルに横付けされたので、予定よりもかなり早く制限区域外に出られた。

到着階(地上階)は、レンタカーの窓口とレストランくらいしかない。

ターミナルビルの外に出ると、右手にバスとTERの切符売り場あり。この切符売り場に、ギャラリー・ラファイエットのニースマセナ店と、CAP3000店の10%割引券が置いてあった。

切符売り場の前の道路を挟んで、向かい側にバス乗り場あり。

バスの発車時刻まで余裕があった。出発階(フランス式1階)の様子を見てみる。
空港のHPには載っていなかったが、規模は小さいながらも、ラデュレとフラゴナールの売店があった。フラゴナールのHPに、ニース空港の売店について情報 がなかったので、意外だった。しかし、品揃えは大したことない。他の店舗で買い忘れたものがあった場合の保険になる程度だろうか。

(2013年8月中旬   tarte aux fruits de saison 様)
パリ・オルリー空港から到着

ターミナル2

出口右手のチケットブースで、98番のニース長距離バスターミナル行の切符(4ユーロ)を購入できた。

(2010年9月下旬 パッションマンゴー 様)



ショッピング ターミナル1
ニース-ヴェネツィア

とても洒落た空港で、特にターミナル1は新しく、大きくて近代的だった。カフェや売店もあった。
(2011年8月中旬 kayorin.yuppie 様)

 
 


 
 
ショッピング ターミナル2

ターミナル2は小規模な土産屋とカフェがある。インターネットが無料で使える端末があったので、そこで時間をつぶした。

(2010年9月下旬 パッションマンゴー 様)

ニース-パリ  

フランスの国内線だからあたりまえだが、出国審査はなく、手荷物チェックのみで、すぐ搭乗ロビーに入れた。ターミナル2 搭乗ロビーに、エルメス、ランセルの店舗あり。
(2012年12月下旬 モノポール・しま 様)



国内線につき免税店なし。
セキュリティ通過後すぐにゲートがあり、極めて動線の短い空港。
 (2010年9月上旬 サラダエクスプレス 様)


(ウィーン、チューリヒなど)

出国手続き前のフードコートに、ポールが入っており、人気のよう。
市中の店舗より価格が高いと聞いたが、ここで朝食を摂って美味しかった。

(2009年10月中旬 お茶の子栗鼠 様)
チェックインカウンター周辺にはポールしかなかったが、隣のエリアには店舗やファストフード店等があったらしい。

ポールで朝食を買ったが、朝8時頃ということもあってか結構混んでいた。

アップルパイ 1.95ユーロ、 マカロン(大)3.65ユーロ、
カフェ・オ・レ  2.85ユーロ

大きなサイズのマカロンがあったので買ってみたが、アップルパイと一緒だとかなり甘かった。

ゲート内は、免税店、宝飾店、化粧品店、オリーブオイルなど南仏の土産物店。
土産物店で、市内で行きそこなったお店の商品を見つけ、買うことができた。

他に、小さいがエルメスもあった。セリーヌもあったが閉まっていた。
バーがあったので、水を買って飲んだ。
(2010年6月下旬 らっきーひつじ 様)


夏休みが始まり、空港内がごった返していた。
セキュリティ・チェックを通った後に、免税店が少しあった。田舎の空港。
(2009年7月 tiggerlyon 様)

 


 
免税事務所 デタックス DETAXE

ターミナル2   到着階地上階(日本式1階) 中央付近。
着いたときのターンテーブルの中央付近。
(ちなみにチェックインフロアは2階なので、一度階下におりる) 

第一ターミナルのバス発着所から入ると、道路が左側、滑走路が右側になり、チェックインカウンターや出発ゲートのある中2階に登るように動く歩道があり、その手前に、手前から免税申告カウンター、免税額支払いカウンターがあります。

免税額支払いカウンターには、頭上にDetaxとあるのでわかると思いますが、
免税申告カウンターには特に何もなく、窓口があるだけだったと思います。

(ちせ@papatoldme様 2002年)


免税カウンターに行くも、係の女性に受け付けてもらえなかった。
目の前にある機械に書類のバーコードを通して、機械式で処理するよう指示を受けた。
その通りバーコードを読ませるも、次のステップの検品場所がわからない。

空港内をぐるぐる探し、何人かの空港スタッフに聞くと、皆一様に「免税は下」と言う。


その下とは、最初に行ったカウンター。もう一度カウンターに行くと、さっきとは違う男性係員 がいて、普通に書類にスタンプを押し、さらっと検品、そして「郵便ポストは後ろにあるからね」とすぐ終了。約1時間かかった。搭乗時刻に余裕を持って行っ たのにギリギリになった。とても疲れた。
(2010年10月 little bird 様)
 

KLのチェックインカウンターから、右手に半階降りた所。日本式1階。 
半階降りたら正面にポストがあって、その左手の、ちょっと奥まった所。 
ポストはその事務所のすぐ後。 朝9時ごろ、誰も他にはいなかった。

青い紙(ヴィトンなどで購入したときの会社)の書類分はここで現金でキャッシュバックしてもらった。次の旅行用にいつも現金でもらいます。
 
税関ではんこをもらってキャッシュバックするにしても投函するにしても、わかりやすくて便利♪
 
合計で12枚くらいの書類があり、最初に「商品は?」ときかれた。
「このカバンの中」とスーツケース3つとピギー2つを乗せたカートを指すと、「全部この中に入っていて未使用か?頼まれたものはないか?家族のものだけか」と聞かれた。

今まで何度も免税手続きをしてるけど、こんなに細かく聞かれたのは初めて。はんこを押すのもぽん!とスタンプではなくて、機械にがっしゃんと一枚ずつ確認しながらゆっくり。

(SATO様 2002年1月)


 
 
 
乗継所要時間

  
 
 
 
 
 
空港の外: (国内扱い)


 
 
 
 
 
乗継途中で観光


 
 
 
 
 
トップ > 交通 > 空港報告 NCE