トップ > 交通 > リヨン・サンテグジュペリ空港
  

フランスの空港
リヨン・サンテグジュペリ空港 (旧 リヨン・サトラス空港)
LYS
Airport 
   
            
 16, 22 Oct.2010 / 10 Mar.2012 / 16 Nov.2013 経験談追加
概要
http://www.lyon.aeroport.fr/
旧称リヨン・サトラス空港。

2000年にゆかりのサン=テグジュペリ生誕100年を記念して改名した。(ようは同じ空港である)


 
 

 

(KL)リヨン-アムステルダム

出国審査の周辺を過ぎると、ドリンクとスナックの自動販売機以外、何もなかった。
(2013年1月上旬  Ma 321 様)
リヨンの空港はとにかく新しくて綺麗だった。フランス国鉄リヨンTGV駅と並んでいる。
トラムは空港正面の下側に到着。エスカレーターを上がるとSNCFの駅。
ターミナルへはエスカレーターを上がって、動く歩道を乗り継ぐ。一本道でわかりやすい。

チェックインは基本的に、セルフチェックイン機で行うのが一般的な様子。
困った時は、係員か相談カウンターへ。

パスポートの顔写真ページか、フライング・ブルーのマイレージカードを入れる。
日本語も選択可能だが、翻訳に変な癖があり、時々、分からなくなるので、英語の方が無難かも。途中でパスポート番号や誕生日(日/月/西暦下2桁)の入力を求められる。
考え込んで、しばらく画面にタッチしないと「終了しますか?」と急かされる。

手続きが終了すると、にゅーっ と搭乗券と、預け荷物に付けるシールタグ一式が出てくる。搭乗券は、乗り継ぎ後も含めて1枚で、複雑なバーコードが印刷されていた。

「エクスプレス・バゲージ・ドロップ・オフ」というカウンターに並びスーツケースを預ける。
タグやシールは自分で付けてもいいのだが、極小の四角い最低限情報のシールや、
搭乗券の裏の、四角いクレームタグを貼り忘れがちになるので、係員に任せた方が確実と思う。

空港設備
ピザハットなどの並んだフードコーナーやカフェ、インターネットコーナー、両替所、リヨン土産店、書店、時計専門店(免税あり・なしの価格が表示)などがある。
種類は少ないが、サンテグジュペリ空港だけあって、星の王子さまグッズが置いてあった。
空港バスのカウンターがあり、リヨンからアヌシーなどへ空港リムジンバスで直行できることを知る。

案内表示が大きく分かりやすい。各階が扇型になっている。

リヨン-アムステルダムのAF便は、出発は21Gゲートだった。が、大きな看板に表示がなく、少し焦った。が、荷物検査を出てすぐ左側の目立たないところに、GとHのゲートが小ぢんまりと並んでいた。

(2012年6月下旬  ささかまぼ出国審査の周辺を過ぎると、ドリンクとスナックの自動販売機以外、何もなかった。
っこぼこ 様)
(出発の空港) = リヨン・サンテグジュペリ空港 ターミナル2

(出発空港の様子) = EU域内のフライト利用だったので、免税店があるとは思っていなかったが、わずかながらあった。

(2011年4月上旬 お気楽あひる 様)

(到着地&ターミナル) = リヨン サンテグジュペリ空港 ターミナル2

(到着空港の様子) = 深夜到着のため、すべてが閉鎖。タクシー乗り場は、インターホンで呼び出し。レンタカーのナヴェットは運航していた模様。
 

ストライキが原因で、24時半にリヨン着。成田から預けた荷物がリヨンに無事届いていたのが、何よりだった。

タクシーは、インターホンでのやりとり。待っている人がいれば手配されるシステム。

(2010年9月下旬 おおつきブルゴーニュ 様)

小さな空港だが、発着が同ターミナルだったので乗り継ぎは楽だった。明るくてきれい。搭乗口エリアにカフェ、売店ルレ、ポール等有り

(2005年10月 etsu et nino 様)

 
 
 
リヨン空港から市内へ Rhone Express  ローヌ・エクスプレス
ローヌ・アルプ地方 > リヨン > アクセス リヨン市内〜LYS空港ローヌ・アルプ地方

 

 
 
 
 
 
 
トップ > 交通 > リヨン・サンテグジュペリ空港