トップ > 交通 > 羽田空港 国際線-国内線の乗り継ぎ > 一般エリアのバス


羽田空港(HND)
国際線-国内線の乗り継ぎ 

一般エリア: バス  無料連絡バス

 
24 Nov.2013 / 24 Nov.2014 経験談追加
7 Feb.2015 経験談追加、再調査
21 Jun.2015 経験談追加
21 Sep.2015 経験談追加、再調査
14 May 2016 経験談追加

一般エリアの 無料バ連絡ス(地上)

変動があるので、HPおよび電話で最新状況確認を



 のんびりと三つの大きな建物をまわるバス。 時間がある人むけ。空港の敷地内ではしりまわって景色をみたい人にはよい。ケースによって時間がかかるので、急ぐ人は京急かモノレール、航空会社の専用バスへ。


国内線第二 (D2ターミナル)  → 国内線第一(D1) →国際線 →国内線第二 D2・・・・と巡回

目安
国際線ターミナル→国内線第二 約6分
国内線第二→(国内線第一経由)→国際線ターミナル 約12分

https://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/map/
moves_between_terminals/shuttle_bus_between_terminals.html
http://www.haneda-access.com/domestic/change.html
https://www.jal.co.jp/inter/airport/japan/hnd/hnd_02.html




(NH)フランクフルト-羽田-伊丹: 



国際線ターミナルの乗り継ぎ保安検査場はキャパが小さい。

(混んでいれば、京急バスやモノレール、京急で国内線ターミナルに移動してから保安検査を受けてもよい。その場合は、京急バスで 国際線ターミナルから それぞれの国内線ターミナルへの移動となる)

車両はふつうの市バスみたいなもの。荷物置き場は特になし。搭乗券の検札もなし。(誰でも乗れる)

運行間隔は10分弱、所要は、国際線ターミナル→国内線第二ターミナルまで 約7分。
渋滞があればもっとかかる。

国際線ターミナルに寄らないバスも同じ乗り場なので注意。
(2016年3月下旬 シャトレ伊丹 様)
(JL)パリ-羽田-千歳


羽田 国際線ターミナル →国内線第一ターミナル 無料連絡バスで移動


パリ-羽田便が台風の影響で遅延した。
降機した所と、出口の二か所で、JALの地上係員が乗り継ぎ客を呼び止め、対応。乗り継ぎ可能な時間の便をおさえてくれていた。

荷物
国際線ターミナルで荷物はいったん受け取り、税関審査を通る。
出口すぐ近くの国内線乗り継ぎカウンターにて、国内線にチェックイン。
再度荷物を預けた。

移動
ターミナル間連絡バスにて国内線 第一ターミナルへ移動。バスは国内線ターミナル1行きと 国内線ターミナル2行きとがあった。 
国際線ターミナルでの手続きが間に合わないので、荷物を持って国内線ターミナルへ移動し、そちらで搭乗手続きをして下さい、と言われている人もいた。

(2014年10月上旬  まりぽん 様)
地上レベルでの移動。通常のその他のバスと似たところから発着するのでわかりにくいけっこう面倒。遠い区間の乗り継ぎだとかなり時間がかかる。
荷物をもって大勢が一気に乗るような想定がされていない(なんでやろ・・)
国内線ターミナル同士(D2〜D1のみ)のバスもあるので、ルートを間違えないように。
バス運行間隔がかなりあり、乗り遅れると少しはらはらするときがある。
区間移動に時間がかかる。

これならさっさとターミナル D1 あるいは D2で 地下にいって、モノレール(前述)にのって、国際線の3F横づけのほうがよかった。

乗り継ぎ客用、あるいは乗り継ぎ客は無料、という表現をした空港係員・航空会社オペレーターがいたが実際は誰でも乗れる。航空券等のチェックはない。

      

バス移動

シニア連れ 国内線/国際線 移動あり。


いろいろな乗り継ぎでこれを筆頭に挙げていることが、 結果からいうと、この一般バス移動は あまり積極的にはすすめない。

状況にもよるだろうが、モノレールか京急で乗り継ぎ客用の無料券をもらって(あるいは自費で)移動するほうが色々な意味で利点があると感じた。

とくにD2(国内線第二、ANA国内線等)から国際線ターミナルに移動する場合、遠いので、(荷物が多かったり シニアや子供がいるとかなら) このバスは 自分は選択肢から外す。

海外旅行の前およびあとは、かなり疲れているので、そこは考慮したほうがいい。幸い 国内線JAL から 国際線ターミナルは1区間乗車ですんだがそれでも待ち時間や中途半端なバス待ち、走行で(電車だとすぐなのだが)、 シニアをくたびれさせてしまった。

国内線到着 ⇒ 国際線ターミナルでチェックインフロアまで、 荷物引き取りなし(パリまでスルー)なのに、移動だけで着陸から40分〜50分強も かかった。 荷物を引き取る人、子供がいる人、大人数のグループ(トイレにいくだとか)はもっと掛かると思う。

移動バスは、市内の路線バスと同様のバス。非常に狭苦しく、台数もすくない。案内誘導も不適切で、苦言を呈している旅客が非常に多かった。バスは民間バスをそのまま転用したような構造のが、普通に1台ずつしかこなかった。
とにかくスーツケース+手荷物+人がうまく乗れない。大勢乗れないし、乗りにくかった。

運行台数・本数も少ないようだった。(時間帯によるのかもしれないが)2台3台連続して来るわけでもない。

6分間隔とあるが、乗り降りで遅れるらしく、10分以上こないこともあった。運転手が20分ぐらい待つかも、並んでいる客に言っていた。

閑散期・閑散時間帯であるのに、基本、1便では乗せ切れなかった。飛行機がつくと、かなり長い列になった。目視では、1便に25人強ぐらいで限界。みな詰めないことと、荷物が多いため。

早く出たい運転手は 「すぐ次がきます」といって、まだ空間があるが、身動きがつらい車内を見切って閉めようとしていた。 奥に詰めるような誘導も中途半端で、なかがスカスカなまま閉めていた。急ぎの人は、車内隙間があれば詰めてもらって乗れるだけ乗ったほうがいい。

バス停に行って、列が20組以上(40人程度)並び、かつ 乗り継ぎのチェックイン締切まで60分を切っているならば、電車移動に変更したほうがよい。

バス停で、担当バスの誘導係員、荷物補助する係員等はいなかった。バスターミナル全体での誘導係員もいなかった。バスは色々くるが、他の路線バスも多く、乗り場も一見してわかりづらかった。

景色もモノレールより退屈で、よほど乗り継ぎがヒマとか、バスファンだとかでないと、使うメリットはないかな、と感じた。


(2015年2月 Chun3)
(JL)パリ-羽田-関西


羽田着。荷物を一旦受け取り、その後税関へ。

国際線ターミナル内にある、国内線乗り継ぎカウンターへ
羽田-関西便をチェックインし、再び荷物を預けた後、セキュリティチェックを受ける。


移動
乗り継ぎバスで直接、国内線ターミナルの搭乗口へ。


国内線ターミナルでは
搭乗時間まで時間があったので、セルフサービスのラーメン屋で朝食。店内は、数人が食事をしているだけで、ガランとしていた。朝だからなのか、羽田空港の国内線搭乗口は、ゴールデンウイークの最終日にしては、そんなに混雑は見られなかった。

 (2012年5月上旬 ほゆきbonnechance 様)











 
トップ > 交通 > 羽田空港 国際線-国内線の乗り継ぎ > 一般エリアのバス