トップ > 交通  > パリ ロワシー空港 施設概要 ターミナル2F

フランスの空港
パリ ロワシー空港 (シャルル・ド・ゴール)
CDG 施設概要  ターミナル2F
   
           23 Jun.2013 経験談追加
4 Jan.2014
9 Aug.2014 経験談追加
14 Jun.2015 再調査



 
 
構内図
http://www.aeroportsdeparis.fr/passagers/acces/paris-charles-de-gaulle/plans-terminaux

白いエリアの 

オレンジ14番が 観光局の出張所 Espace tourisme 
オレンジ17番は 空港公団ADPの案内所




免税手続き 免税事務所
場所や手続きは →免税 参照
ターミナル2Fは 到着階見取り図 Voir le plan du niveau Arrivées の白エリア 18番

 

観光局
場所や手続きは →免税 参照
ターミナル2Fは 到着階見取り図 の白エリア

オレンジ14番が 観光局の出張所 Espace tourisme 
(オレンジ17番は 空港公団ADPの案内所)
ターミナル2Fバゲージクレームを出たところにある観光局で、
パリ・ミュージアム・パス、エールフランスバスの往復切符を買えた。
(2011年9月上旬 だいだい武者 様) 
 

案内所で。とてもスムーズに購入できた。(2009年6月 島津のゆかり 様)

 


 



 
 


到着
 
 
大晦日の夜だったからか、もの凄く閑散としていた。店や窓口などは、全体的に閉まっていた。旅行客が少ないせいもあり、怪しい人の率が高かった。

ロワシーバスの乗り場までの通路に、ATMがあった。
利用したかったが、通路を挟んで向かい側に、ずっと怪しい人が居たため、使えなかった。

バスの待ち時間の間、何度か挑戦しようとしたが、本当にずっと居て、ダメだった。
別の場所に行こうかと思ったが、移動しようとする方向にも怪しい集団がいて、
そちらの方向に行こうとすると、集団もざわざわ動き始めたので、引き返した。
(2012年12月下旬 高槻巌 様)




 
 
 
トイレ
 
 
(到着空港の様子) = 男性用トイレのマークが赤色だったので、一瞬女性用と間違えそうに。きれいで安心して使えた。
(2010年10月上旬 瀬戸内のカワハギ 様)
 

案内所の裏側辺りに、トイレあり。このトイレはスーツケースを持ったままでも中に入れる広さで、メイクする空間もあり。トイレの隣にはロクシタン。
(2008年1月下旬 calimero-honey 様)

 
 

チェックインカウンター
日本便は3時間前から。成田と関空がバッテイングすると(しなくても?) 混む。 ツアーで最後パリ発というコースが多いので、なめたらあかん。3時間前空港着でちょうどいいぐらい。

Photo by  kumagoro

朝6時前。前日に、自動チェックイン機でチェックインし、搭乗券も印刷しておいたので、
バタバタせずに済んだ。セキュリティーチェックは、混雑してはいないものの、早朝にもかかわらずガラガラでもなかったのが、意外だった。
(2012年5月 tarte aux fruits de saison 様)

 
 

 
 
 

ターミナル2F の 買い物  (出国前)
空港HPから見取り図をダウンロードできる 若干重い。

出発階 level2 (施設・店舗名がはいっている。バス停などはない) 
http://www.aeroportsdeparis.fr/Adp/en-GB/Passagers/Arrivees/
PlansGuidesPratiques/PlansEtServicesPratiques.htm

 

メゾン・デュ・ショコラ、ラデュレ2箇所あり。朝6時には各店が開店した。

ポールはカフェ併設。マッサージ店もあったが、外から丸見えなのでやめた。

自動販売機はコーヒー1.5ユーロ。ペットボトルは2.5ユーロ。スナック菓子もあった。コーヒーを購入。小銭が必要。おつりは出た。

トイレ、ATMは各所にあり。

(2013年6月上旬 koufukuパン 様)

飲食 Maxim's
飲食 Paul
ちょっと高い。 Photo by kumagoro
みやげ物 土産物屋が、大変重宝した。店員は親切だった。隣には本屋あり。
チョコレート、フォション製品、、ドラジェ、マルセイユ石鹸2kgのロングバー、バスソルトなど。
(2006年11月中旬 だヴぃんちをたずねて 様)
  軽食を取ろうと思いコンビニ的な店でサンドイッチとジュースを購入。
缶ジュース2.9ユーロ、サンドイッチ6.6ユーロ、日本円で約1,500円もかかった!
(2006年9月上旬 YABONQQQ 様)

飲食店はサンドイッチなど軽いものしかない。
(2006年5月下旬 マハリクまはーる 様)


kokuyo(文具が人気。。。。)、LEXON(日本より安い) 
ジュヌビエーヴ・レチュもありました。 フランスの物産店みたいなのもありました。
Photoby chun3 
level 2

 
 
 

ターミナル2F の 買い物  (出国審査後
エスカレーターで降りたところにも店がある。

出発フロアには、ラデュレやメゾン・デュ・ショコラ、ポールなど。
ターミナル2Fは縦に長いが、端から端まで歩いても5分程度。
( 2010年11月下旬 マグカップ49 様)


6時を過ぎると、メゾン・デュ・ショコラ、ラデュレ、エルメスをはじめ、複数の店舗が営業を始めていた。カフェは、イリィは開店していたが、ポールは閉まっていた。
(2012年5月 tarte aux fruits de saison 様)


 
 
エルメス
地上階
スカーフ AF機内価格220ユーロ、CDG空港免税店価格220ユーロ。 
(2006年10月 造船なでしこ 様)

気のボリードが販売されていた。(piyomama-fcb 様  2005年7月)

革製のバッグがあった。本店でないと言われた色(Rod・ロッド 様 2005年4月)

スカーフ220ユーロ(あひるのガーコ様 2005年1月上旬)

ここで買うのもフランス国内で買うのも(1ユーロ130円で換算した場合)あまり値段は変わらない。スカーフ一枚 29,000円。(kerokerotonton様 2004年4月)

カバン、ネクタイ、スカーフ、小物などがちょっとあるくらいであまり品揃えはよくない。
(ぷてぃまろん 様  2004年1月)

カバン、ネクタイ、スカーフ、小物などがちょっとあるくらいであまり品揃えはよくない。
(2004年1月 ぷてぃまろん 様)

エルメス、カルティエ、セリーヌとも品揃えが良くない。ロンシャンの女性店員はあまりにも不愛想で、こちらが緊張してしまった。バカラやドーム、ベルナルドなどを扱っている店では、コーヒーカップはペアでしか買えないので残念。
(わんすもあスィルヴプレ様 2003年12月)

 

カルティエ 地上階 トリニティピアス 小 660euro  2C YG チャーム 560euro
税引き前の定価が表示してあり、レジで免税価格で打ってくれます。よって上記の商品のトータルは 1061euro。
店頭に陳列していない商品も訊ねると出してくれました。 感じのいい店員でした。商品もきれいな状態で、ディスプレイ商品とは別に新しいものを箱に入れてくれました。もちろんギャランティーカードもつけてくれます。パリ本店よりはるかに品揃えがいいとは不思議。
(ちみぎんナンバー1様 2005年1月)

フラン安ですので、カルチェのボルドーシリーズの財布が 1.2万円ぐらいで買えます。
(satosatoエツコ様 2003年7月)

フェラガモ 地上階 成田より安い  (satole-pi.noir様 2004年12月)
バーバリー 地上階
食器類
ガラスと陶器(バカラ、ドーム) 

バカラやドーム、ベルナルドなどを扱っている店では、コーヒーカップはペアでしか買えない。(わんすもあスィルヴプレ様 2003年12月)

フォアグラの店

チョコ・チーズなどをうっている免税店 地上階
Photo by kumagoro

食料品店あり、ワイン、チーズが充実していていた。到着まで20時間かかるが大丈夫が訊いたところ、問題ないとのことだったのでチーズを購入。チーズの包装はアルミホイルでくるくる巻くだけ。でも、大丈夫だった。
(2006年11月中旬 だヴぃんちをたずねて 様)
 

土産屋2箇所(酒、タバコ、お菓子など) 有名食材ブランドのそろった免税店と酒

最後にチョコを買おうと思ったが市内のスーパーよりかなり高かった
(mosu_hautbois 様  2005年6月中旬)
 

フォションのジャムやマキシムのチョコ、トロンボーンのチョコレート
(サヤ・カフェ 様 2005年7月上旬)

チョコはゴディバ、ノイハウスなどメジャーどころは置いてあり、品揃えはわりといい。エディアール、フォションの紅茶やジャムなども。会社などの土産ならここで十分。
(2004年1月 ぷてぃまろん 様)

タバコなども覗いたが、置いてある銘柄の種類があまり多くなかった葉巻や酒類の売り場は3年前に見たときよりも売り場が小さくなり、種類も少なくなったような印象。 
(fox@vox様  2004年10月)
 

ラデュレ アーモンド石鹸18ユーロ 日本で3,000円台らしい。もっと買ってくればよかった。
(2010年5月 おれんじパンダ  様)

入り口を入って右手奥の、本屋の手前にある店で、エッフェル塔のスノードーム購入。9ユーロ。これは市内の土産物屋やデパート等で見たものより、値段も手ごろでかわいい。
(fox@vox様  2004年10月)

チョコのゴディバのショップが単独で出ているのに少し驚く。(リザラズ&モリエンテスかんばれ様 2004年5月)

そこそこの品揃え。ユーロが高い(2005年1月上旬)ので、化粧品の価格は成田が若干安い。食料品は少し安いのかも?たばこはとっても高い。
2カートン50ユーロ(成田なら2カートン4200円の銘柄)
(グゥイネスみれに 様 2005年1月上旬)
 

出発ロビー入って右すぐにある店で、チョコレートと紅茶を。Lindtリンツの営業マンがいて、さんざん試食させてもらったので、 Lindtのチョコレートと、FAUCHONのアップルティーを。チョコレートは結構いろいろ。最後に会社で配る用にざっと買うにはちょうどいい。
(satosatoエツコ様 2003年7月)

本屋
LUのクッキーのミニ箱がすこし置いてある 絵葉書や ちょっとしたエッフェル塔の小物なども。1000円以下でなにか買い足すなら、ココ。(chun3)
コーヒー販売店 地上階 出国後のロビー内のたった一人でレジから飲み物作りからかなりてきぱきこなしていたが、行列だった
(2005年6月中旬 mosu_hautbois 様 )
 

ゲート階にあるコーヒースタンド(下りエスカレーター横)にて、一番小さいサイズのカプチーノを頼んだのに中サイズにされ、料金も中サイズのものだった。
抗議したが、若い女性店員は聞く耳持たず。他の白人客の注文も間違えたりして
モメていたので、人種差別とかではなく、この店員個人に問題があるのだと思う。
(2009年1月上旬 オペラ座の住人 様)

マッサージ

搭乗口が集まっているホールにはクイックマッサージの店あり。
(2009年2月中旬 メゼグリーズのほうへ 様)
 
 
 

搭乗ゲートに向かっていると「be relax 空港でのマッサージ」の案内を見つけた。
案内の紙を見ると、「背中とアタマ」「全身」「足」の3つのメニューがあり、それぞれ10分〜30分のコースが2〜3コースあるとのこと。
値段は「背中とアタマ」10分で15ユーロ、「全身」20分で29ユーロ、「足」15分で25ユーロ。営業時間が8〜18:30。夜便だからとっくに終わっていた。
電話やメールで予約できると推測。www.berelax.com
(2006年5月下旬 マハリクまはーる 様)
 
 
 

ゲート階(下りエスカレーターの上の連絡橋のようになったところ)にある
マッサージとネイルケアの店 be relax を搭乗前に利用。

日本の指圧由来のマッサージが売り。「てもみん」のような感じ。
日本やアジアのマッサージには及ばないものの、なかなか良かった。

首、肩、腕、手の上半身コース(10分18ユーロ、20分29ユーロ、30分39ユーロ)の他に
肩まわりと脚足まで(20分31ユーロ、30分41ユーロ)、
脚足のみ(15分25ユーロ、30分45ユーロ)のコースもあり。

20分の上半身のコースをお願いした。
初めに対応してくれたのは男性スタッフだったが、施術は女性スタッフだった。
スタッフの態度はやさしい感じ、ほどよく丁寧で好感が持てた。
「ぷりゅ ふぉ (もっと強く)」や 「どぅーすもん(弱く)」などが言えれば、
担当との意思の疎通は問題ないと思う。

他にネイルケアや酸素吸入・アロマテラピーのコースもあり。
電話で予約もできるらしいが、たいがい空いているので必要ないかも。
施術中は手荷物は棚にしまってくれ、安心。
(2009年1月上旬 オペラ座の住人 様)

ワインショップ

?
出国フロア中程に、フランスのポピュラーな菓子、布製品などを売っている店あり。 みやげ買い足しによい。出国後の店には売っていない商品もあった。
(2006年10月中旬 とりcacao 様)

街中で購入したスウォッチ(TAX払い戻し無し金額)が全く同じ価格。あの時計売り場は、免税店ではないのでしょうか? 
(2004年5月初旬 わらびもちさっしー様)

雑誌・スナック・絵葉書などを置いてあるキオスクではカード不可。ここで テレカルト(フランスのテレフォンカード) 50ユニットを7.40ユーロで買う。
(たぬきのママ様 2004年3月)


ターミナル2F ゲート付近 地下。
 

薬局 地下
洗面所そばに薬局あり。品揃えわりとよし。コンコースからは見えない位置にある。
アベンヌなど薬局コスメ各種や、ロクシタン、ビオテルムのミニキット、マルセイユ石鹸などもあり。
ニュートロジーナのリップクリーム2本セット6.9euro。

(2006年10月中旬 とりcacao 様)

ミュージアムショップ 地下 ミュージアムショップ(ルーブル、オルセー、ロダン、ギメなど) ルーブル美術館のショップと比べると品揃えは少ないが、ちょっと大人っぽい品が多い。コーナーの日本語表示あり。(satole-pi.noir様 2004年12月)
 

中世美術館で購入を悩み、結局買わなかったユニコーンのプチクッションが免税になっていたので、購入。(リザラズ&モリエンテスかんばれ様 2004年5月)

セレクトショップ 地下
星の王子様グッズもあった。10euroのマウスパッド 
セリーヌ 地下
ロンシャン 地下
ロンシャンの女性店員はあまりにも不愛想で、こちらが緊張した。
(わんすもあスィルヴプレ様 2003年12月)
ブティック 地下 HUGOBOSS/ESCADA/MAXMARA/LANCELなどを扱う
サングラス店 地下 DIOR,PRADA,ARIMANI等取扱い
(piyomama-fcb 様  2005年7月)
化粧品店 地下 ゲランの口紅16.80ユーロ。
 

化粧品は、フランス製品は日本の免税店より若干安いようだった。資生堂の商品も置いてあり、免税価格で買える。(おのぼりふじさん様 2004年11月上旬)

香水のほうが割合が多い。(シトロンライチ様 2005年1月)
 

いつもですが免税店(香水、化粧品)の店員は感じよくない。(かずのしっぽ様 2003年10月)

シャネルの口紅 関空で2,200円 パリ市内20.5ユーロ 空港16.8ユーロ 
口紅1本では免税できないので、こういう場合はCDGのほうがずっとお得。レートが悪かったので関空と同じ位の金額になってしまいましたが、レートが130円を切ることがあればCDGが一番安いのでは?(うにパスタ様 2004年12月)

ゲランのフレグランスワゴン店

時計/宝石店 地下 ブルガリ、ショパール等取扱い
(piyomama-fcb 様  2005年7月)
軽食売り場 地下 店内飲食可能
マフィンと飲み物のテイクアウトスタンド
トイレ 地下 ドアノブのところが赤くなければあいているが、それがわからず並んで待っている人が5人くらいいたので、あいているのでは?というとあいていて、感謝された。(リザラズ&モリエンテスかんばれ様 2004年5月)

トイレはすごく並んでいました。(2004年1月 ぷてぃまろん 様)

カフェテリア2店 地下 トイレ脇の売店で飲み物を購入。ミネラルウォーターの500mlペットボトルが、1本3〜4ユーロ(fox@vox様  2004年10月)

 ジュースやサンドウィッチを売っている場所があった。玉子とツナのサンドウィッチ、美味しかった。(2004年5月初旬 わらびもちさっしー様)

サンドイッチなどを食べられるカフェが2店
(2004年1月 ぷてぃまろん 様)

 
免税店と飲食店。規模はあまり大きくない。
ブランドの免税店が何店かある他、化粧品や香水の店、食料品店、酒店など。食料品は菓子からチーズ、オイルなどの食材まで広く扱っていて、フライト前にちょっとしたおみやげを買い足すのには便利。

ワインはボルドーのグラン・クリュのワインなども多く扱っているが、もともとの価格設定が高めなのか、免税でもそれほどお買い得感はない。日本で買ってもあまり値段の変わらないものもあった。

全体の印象としては、大きな空港のわりに、免税店はやや貧弱。ほしいものはパリ市内や訪れた都市でしっかり買っておくべき。免税店はあくまで買い足し程度に。ヒースロー空港のほうが免税店は充実していた。
(2009年2月中旬 メゼグリーズのほうへ 様)
 

夜便 PAULにも商品ははほとんどなかった。
出国後のブランドショップ(エルメス、フェラガモ、ロンシャンなど)は開いていたが、
土産品店はキャッシャーがクローズだったり、カフェも選ぶほど商品はなかった。
( 2008年1月上旬 7月のクレサンテーム 様)
 

夜便だったため、出発ロビーの免税店などは半分くらいが閉店していた
開いていた店も閉店準備をしながらというところが多く、搭乗前に飲み物が飲みたかったが、買えずに困った。
免税手続きの際、出発階に案内の出ていた場所の窓口は時間が遅いために閉まっていて、探し回ることになった。空港職員に聞いても「知らない」「インフォメーション」で聞いてくれといわれるばかりで、
出発まで時間がないなかで困った
結局は、以前到着階で手続きした経験を思い出し、そこを探し当てることができた(窓口の場所は到着階の中央辺り)
(2006年6月下旬 あぐー豚 様)
 

21時20分出国審査を受け、最後の買い物。21時半を過ぎても店は開いていた。
(おのぼりふじさん様 2004年11月上旬)

夜便を使ったがオーバーブッキングでチェックインが遅れ、ターミナル2Fのフロアに入った22時半頃には、軽食店やいわゆるキオスク的な店が空いているだけで主だった免税店は閉まっていた。
(Fudarin k6 様 2005年7月中旬)

 
 

21時半を過ぎても店は開いていた。
(おのぼりふじさん様 2004年12月)

夜パリ発のスターウィング利用。出国後の免税店は閉まっているところもあった。友達がヴァローナでチョコを購入。店員と少し話していたら、試食用のチョコレートをたくさんくれた。
(今日帰国したサッカー小僧様  2004年2月)
 
 

22:00頃から閉まりはじめる免税店多数。
(造船なでしこ様  2004年1月)

 

 
 
 
 
トップ > 交通  >パリ ロワシー空港 施設概要 ターミナル2F