トップ > 交通  > パリ ロワシー空港 施設概要 ターミナル2E ターンテーブル


フランスの空港

パリ ロワシー空港 (シャルル・ド・ゴール)
CDG 施設概要  ターミナル2E
  ターンテーブル
 
 14 Jan. / 23 Jan.2013 経験談追加
 

 



便が記されたターンテーブルで、荷物をピックアップする。
ターミナル2Eは ターンテーブルが2ヶ所あった。

前年の年末は、ターンテーブルの番号が電光掲示板に表示されていたが、今回はどこにも見当たらず、とりあえず適当に歩いて行ったところ、何も流れていないターンテーブルがあり、「まだなのだな」と思い、先にトイレを済ませた。

戻って来ても、人けがなく、もちろん荷物も流れてない。一緒の飛行機だったと思われる人が、出口の方へ行くので、着いて行くと、別のターンテーブルがあった。
(2012年10月上旬 天才どだん 様)
ビジネスクラスの荷物は、他のクラスとは別のターンテーブルに出てきた。
(2012年10月中旬 レントより遅く 様)
ターンテーブルに荷物が流れてくるまで、相当時間がかかった。
(2012年9月下旬  ケピタンが行く 様)
入国審査のあと、荷物受取所まで行く際に 無人電車を利用。案内の矢印や他の人の背中を追っていけば、荷物のところまでいけた。
(2009年10月 アヒルどこかで 様)
ターンテーブルが動き始めるまで40分ほどかかった。動き出した後、3、4個の荷物が出て止まり、また動き出し…をしばらく繰り返した。乗客は怒る人もなく、皆あきらめムードであった。
(2011年9月上旬 だいだい武者 様)
3機(上海、アフリカのどこか、羽田)の荷物が同じターンテーブルに出てくるためか、
荷物が出てくるまでにとても時間がかかった。タクシーも長蛇の列。
( 2011年8月下旬  巳年寅年プレドウ 様)
荷物受け取り場所には、お菓子と飲み物の自動販売機のみ。その後、タクシーの案内に従って進むとillyのコーヒースタンドがあった。おしゃれ。
( 2008年3月下旬 あるぱかだらけ 様)
荷物受取の場所にPaulがあった。
( 2009年2月上旬  おっく・たっく 様)
 



トップ > 交通  >パリ ロワシー空港 施設概要 ターミナル2E ターンテーブル