トップ > 交通  > パリ ロワシー空港 施設概要 ターミナル2E 出国審査


フランスの空港

パリ ロワシー空港 (シャルル・ド・ゴール)
CDG 施設概要  ターミナル2E
  出国審査  パスポート・コントロール
 
 14 Jan./ 23 Jun.2013 経験談追加


  

 

パスポートと搭乗券を提示する。 最近混雑がひどい。


 このあと: 直進する人(サテライトK Porte K)、構内シャトルに乗る人(サテライトM、L /Porte M、L)に分かれ、先でそれぞれ別にセキュリティチェックを受ける。

他のサテライトの人と、合流はできない。他のサテライトへ買い物にいくことはできない。

予習していないと混乱する場所なので、同行者をしっかり誘導すること。

 
出国審査の通過に30分以上かかった。

列を作る入り口に係員が立っていて、搭乗券をチェックし、列を分けていたが、
あからさまに「西洋人の列」と「アジア人の列」だった。 「アジア人の列」は、成田、関空行きの人たちで長蛇の列であるにもかかわらず、窓口は1ヶ所だけ。たいして人が居ない「西洋人の列」は、窓口が2ヶ所以上稼動していた。

アフリカでのテロもあって、セキュリティチェックが厳しいはず、と思い、空港には、時間に相当の余裕を持って行っていたから、全く焦ることはなかった。が、30分以上も並ぶのに疲れた。
(2013年2月 corazon latino 様) 

出国審査で係員が、スタンプを押さなかった。

おそらく海外旅行保険にお世話になる様な事は、ないだろうけれども、もし荷物が壊されていたら、保険求償をすることになる。出国スタンプがなければ、保険手続きが出来なくなるので、これは大切だと思う。

一瞬どうしようかと思ったが、「ちゃんと押してください」とお願いをした。係員は、「あ、そう」といった感じで押した。
( 2012年12月中旬  造船なでしこ 様)
ターミナル2Eでの チェックイン、出国審査、セキュリティチェックに1時間以上かかった。時間に余裕があったから良かったが、やはり空港には、早めの到着が何より。
(2012年12月上旬 さるの見聞録 様)
長蛇の列だった。
ビジネスクラス利用者は、出国審査はプライオリティの列へ誘導されたが、
そうでなければ相当時間がかかりそう
(2012年12月上旬 まりぽん 様)
列は一列で、空いた窓口に進む方式だが、係員により所要時間は大幅に異なる。

アジア便が多く出発する時間帯だったが、窓口は全てが稼動している訳ではなく、
並んでいる人が多いから窓口を増やすような配慮は、全く感じられなかった。
(2012年11月中旬  愛する君のために 様)
午後便。長蛇の列。チェックインカウンターまでかかるくらいの長さだった。どこから並んでいいのかも解からないほどの、混雑ぶりだった。中国人が割り込みを繰り返して、周囲の人たちの反感を買っていた。喧嘩や騒ぎが起こってもおかしくないような雰囲気だった。

(2010年9月下旬 kotetraの侍従 様)


出発までラウンジにいて、そろそろゲートへ向かおうかという頃、後席にいた日本人の男性組のところに、若めの男性達が駆け寄ってきて、

「あぁ、ようやく着きました。もう、乗り遅れるんじゃないかと思った(はぁはぁ)」
「遅いよ、どうしたのさ」
「出国も、検査もすっごい大混雑でもう・・・」と話しているのが聞こえた。

やはり早めに来るのが正解だと思った。

(2010年10月下旬 spring@海外はいつもヒツジ 様)





トップ > 交通  >パリ ロワシー空港 施設概要 ターミナル2E 出国審査