トップ > 交通  > シャルル・ド・ゴール空港 施設概要 ターミナル2E  >  サテライトL


フランスの空港

パリ ロワシー空港 (シャルル・ド・ゴール)
CDG 施設概要  ターミナル2E
 サテライトL (サテライト3)
 
 14 Jan.2013 / 24 Nov.2014 経験談追加

 
搭乗ゲート L21〜L53 に あたった人の復習


  ターミナル2E 本館で
  搭乗券発券 ⇒チェックイン・荷物ドロップオフ ⇒出国審査 
  
  出国審査が終わったら、すぐ構内シャトルに乗る。
   (目の前に見えるサテライトKの免税店・飲食店エリアには入れないので注意)
  http://www.aeroportsdeparis.fr/ADP/Scripts/plans-interactifs/#/UK/CDG/T2E/T2E_D

  1ツ目の サテライトL で降りる 

  ⇒ サテライトLで保安検査(セキュリティチェック) を受ける

  ⇒ サテライトLの免税店を使える (MやKの免税店は使えない)

  ⇒ サテライトLの 各ゲート集合  ⇒搭乗。
   
  エールフランスラウンジは 原則サテライトMのものを使う。

  注意  チェックインをしたターミナル2E 本館からは、アクセスに時間がかかる。
  旅客の多い混雑時に備え、早めに先に進むこと。

 

サテライト3 (サテライトL)  免税店   

  JALの構内図がわかりやすい。

  http://www.jal.co.jp/inter/airport/euro/cdg/cdg_00.html

  免税店・飲食店 店名と構内図一覧

   http://www.aeroportsdeparis.fr/ADP/Resources/0303ad8e-79a8-490b-891f-22ed5db347b5-T2ENIVEAUS3.pdf


   免税店は サテライトM、サテライトKに比べると充実度は低い。


構内シャトルを降りた後、保安検査。
係員は、空いている端のカウンターを案内するなど、親切な対応だった。

サテライトLの免税店
サテライトKと比べると、全体にしょぼいが、店舗などは一通りは揃っている。
ラデュレとメゾン・デュ・ショコラは、ワゴンで出店していた。


トイレ
とりたてて綺麗ではなく、普通だった。
(2014年9月下旬 ザールのあか 様)
サテライトLの免税店

充実度は低い。小ぢんまりとした場所にエルメス、ヒューゴ・ボス、化粧品、食品(フォションなど)の店舗、両替所あり。

サテライトLのエールフランスのラウンジ
軽食と飲み物のみ。
JALのサクララウンジの様な、しっかりした食事はできない。カップヌードルはあった。
だだっ広い待合室の様な、カジュアルな様子だった。

搭乗ゲート L24番周辺に、ダロワイヨの菓子類を置いた小さな店舗が一軒。

搭乗ゲートが L22とL24の二つが表示されていて、どちらが正しいのだろうと思ったら、
大きな機種で収容人数が多いため、二つのゲートを使用しての搭乗だった。機内1階へ通じるものと、機内2階へ通じるものとに搭乗ブリッジが別々になっていた。

昔のジャンボ機の様に、機内に入ってから、狭く急な階段を昇降する必要がなくて便利。
(2012年12月上旬  まりぽん 様)

サテライトLの免税店

店の種類が少ない。エルメスとフェラガモの店舗はあったが、後は、化粧品や酒類などの店。ラデュレは、ワゴン販売のみだった。

土産にマカロンの箱詰めを買っていたら、あっという間に、後ろに行列ができていた。

(2012年12月下旬 モノポール・しま 様)
構内シャトルで移動し、かなり歩いた。手荷物が多かったので、しんどかった。

サテライトLの免税店
サテライトLの手荷物検査を通り抜けると、やっと免税店が立ち並ぶエリアに到着した。

化粧品を扱っている店舗の先に、酒類や煙草の店舗。フランスの名産品の売店や、軽食を食べられる店などもあった。

さらに先に進むと、本やCDの店、再度、菓子など名産品の小さめな売店。

ラデュレや、メゾン・デュ・ショコラなどの売店も探してみたが、見つけられなかった。
(2012年11月下旬 甘口ルー子 様)
出国後、構内シャトルで移動。

構内シャトルは、2、3両連結。乗客は構内シャトルに乗りなれていない様子で、一部の車両だけが混雑していた。先頭車両などはガラガラ。係員の女性がフラ ンス語と英語で「次を待って下さい」 「2分間隔で来る」と大きな声で誘導しているがあまり聞いていない様子。私は時間があったので何回かやり過ごして、 すいている先頭車両に乗った。

シャトルは サテライトK(本館)→サテライトL→サテライトMと進む。
頭上にはK→L→Mと案内のモニターがある。

サテライトLで降りた。

サテライトLのセキュリティチェック
長いエスカレータを上ると、手荷物検査の長蛇の列。
「(空いている)左側のレーンはビジネスクラスです」とオレンジ色の制服の係員が案内。 航空会社のカウンターや出国審査にはさほど並ばなかったが、大変な滞留だった。上着を脱ぐよう指示された。


サテライトLの免税店
手荷物検査後、化粧品や酒の免税店、ブランド店、カフェあり。
ゲートL45付近、搭乗開始時刻 10時25分の案内板があった。

(2012年8月中旬 toc blanc 様)
サテライトLのトイレ

とても新しく、綺麗で広々としていた。
(2012年7月 bun11papipapi 様)
サテライトLのセキュリティチェック

シャトルを降りると、すぐに手荷物検査。人が並んでいるので分かり難いが、ここでもプライオリティレーンがあり、係員が立っている。プライオリティレーンそのものの案内というものは、ない。ただ、「N1」という、布製の立て札があるだけ。


サテライトLの免税店
各種売店があり、チョコレートなどの土産店が、分かりやすい場所にあった。チーズ等を買って、すぐにエレベーターで上階へ行き、ラウンジへ行った。



サテライトLの免税店
チェックインカウンターで、フランス人係員の所が空いたので、そこで手続きしたところ、
ラウンジの案内を間違えられた。搭乗ゲートは、シャトルに乗った先のサテライトLなのに、ラウンジはシャトルに乗らない本館だと案内された。

ラウンジが使えないのかと思ってしまったが、サテライトLのラウンジに行くと、テプラのようなものでJALの記載があったので、使える事が分かった。

食べ物、飲み物は サテライトK(本館)と変わりないが、椅子のレイアウトなどから広いように感じた。シャワールームは見かけなかった。

(2012年5月下旬 spring@海外はいつもヒツジ 様)

上級エコノミーで予約したので、チェックインと出国審査では、スカイプライオリティの列に並ぶことができ、時間が掛からなかった。

サテライトLの免税店
ゲート近くの土産屋は、韓国・中国行きの便を利用する客で、レジに行列ができていた。
(2012年5月中旬 ブルブルビウ 様)

ターミナル2E本館で出国審査後、 (正面の保安検査はゲート対象が異なるため、これを受けないで) すぐに左へ曲がり、構内シャトルに乗った。

サテライトLのセキュリティチェック
エスカレーターに乗り保安検査場へ。セキュリティーはかなり強化され、ベルト・靴・電気機器は、別途、トレイに出すよう指示があった。
(2010年11月上旬 凛輪リン 様)

構内シャトルで移動。

手荷物検査を終えると 目の前にズラーっと免税店が並んでいる。ターミナル2Fより店は多いようだ。

ゲートに向う途中にも結構店があった。化粧品、酒、たばこ、葉巻専門店、食料品はもちろん、バスク地方の鮮やかな織物のグッズなんかもあった。

(2009年7月中旬  tiggerlyon 様)
(2009年6月下旬  明石海苔スカヤ 様)

サテライトLの 旧76番ゲート(現在はゲート名変更)。

建物の最も先端にあたった。急いで構内シャトルに乗り、サテライトでの手荷物検査で、また長い列。ビジネスクラス専用レーンでも10分掛かった。

免税品を少し買い、サテライトLのAFのラウンジに着くと、もう搭乗時間の15分前。
コーラをのんで、トイレ行くのが精一杯。
(2011年10月上旬 keiコレ 様)
サテライトLの 旧 65ゲート (現在はゲート名変更)

21:30すぎ出国。

酒類、タバコ、化粧品などの店は、まだ開いていた。食料品店にはフォションの紅茶・菓子・ジャム、チーズ、フォアグラ、キャビアなどもあった。

エディアールは閉まっていた。小さいがロクシタンもあった。

同じ夜便で、数年前のターミナル2F発の時は感じのよくないと感じる店員が多かったが、今回はどの店も感じよく、親切にしてもらった。
(2010年6月中旬 ベレー帽のたぬき 様)

手荷物のチェックを終えた後に、ラデュレのワゴンがあった。
多くの日本人が集まっていた。

(2010年9月中旬 休暇が欲しい 様)


 



トップ > 交通  > シャルル・ド・ゴール空港 施設概要 ターミナル2E  >  サテライトL