トップ > 交通  > パリ シャルル・ド・ゴール空港 乗り継ぎ ターミナル2D 〜 ターミナル2F 

フランスの空港
パリ ロワシー空港 (シャルル・ド・ゴール)
CDG
乗り継ぎ ターミナル2D 〜 ターミナル2F の移動
T2D T2F
  



21 Jun.2015 経験談追加、再調査


空港見取り図 
下記からダウンロードできる。
http://www.aeroportsdeparis.fr/passagers/acces/paris-charles-de-gaulle/plans-terminaux

空港移動手段
空港内移動一覧(一般エリア、制限エリア)
 
 





移動  ターミナル2D 〜 ターミナル2F
 

空港内移動一覧(一般エリア、制限エリア)




ターミナル2D → ターミナル2E
荷物はスルー。着陸が定刻15分前。ほぼ定刻に停止。バスで2Dへ。2台目のバスがなかなか来ず、2Dで外に出たのは定刻25分後。

ターミナル2Dからターミナル2Fの乗り換えは、国内線から国際線への乗り換え同様、一旦外に出て、歩いてターミナル2Fに行く。

バスは逆大回りのためか、エールフランスの2D→2F乗り継ぎ案内には載っていなかった。
(2008年6月下旬  だいだい武者 様)




ターミナル2F →2D
車椅子手配の依頼をしていたので、係員が預入にした車椅子を持って待機、
優先口から入国手続き。

同行者とともに歩いてターミナル2Fまで移動、そこから付き添いの係員が替わって、もう一人の車椅子の乗客と一緒に、専用の小さいバンでターミナル2Dへ車移動。

ターミナル2Dについてからはビジネスクラスのラウンジへ係員と一緒に移動。
乗継が3時間30分あったので余裕だったが、ラウンジ到着時点で18時。いろいろ歩いて時間がかかった。ラウンジはエコノミーの同行者と一緒に利用してよいとのこと、ありがたかった。ターミナル2Dはラウンジが空いていたからか。
(2010年10月中旬  トラジ番 様)
徒歩

関西からターミナル2F着、入国審査後、ターミナル2Dへ徒歩移動。思ったより距離があった。

搭乗前の荷物検査は、思っていたより行列もなくスムーズにパス。ただし、ピサ行きの機材の遅れで搭乗が約1時間遅れた(雲がなければ、時間的に夕焼けに染まるアルプスを楽しむ予定が、遅れで暗闇に)。

2Dでは機材までバス移動。バスに乗るときに、再び搭乗券とパスポートのチェック。
( 2008年7月下旬 ぼのぼのハイク 様)




駐機場からバスで ターミナル2Fに行き、入国。荷物ターンテーブルを通って外に出て、歩いて2Dに行った。

搭乗券を見せてセキュリティを通って制限区域に入った。着陸からここまで50分。

2Dの制限区域は椅子が少なく混雑していたため、到着客の流れに乗って再び外に出て、待っていた。 乗り継ぎの方法はエールフランスの英語WEBに詳しく載っていた。

(2008年6月下旬  だいだい武者 様)



ターミナル2Fから2Dへ歩いて移動。
徒歩で約10分。夜明け前のがらーんとした空港を歩くのはちょっと怖かった。

2Dに到着した時、まだ6時前で両替も書店も開店前。6時半頃ようやく両替ができた。
セキュリティチェックを済ませると、ごった返していた。
( 2008年4月中旬 シーズー梅吉 様)



早朝のためターミナル2F、2Dとも店、飲食店は閉店中。
(2007年11月末 黒猫彗々 様)



一旦、入国して出発フロアに出て2Dへ向けて歩いて移動。
6時前にセキュリティー手前のフロアへ。6時にカフェが開店。
(2006年11月中旬 うちゃぎ@Lapin 様)



徒歩。動く歩道を使わないでも15分とかからない。乗り継ぎまで2時間弱あったので余裕
( 2006年6月 atsuhiko2001 様)

乗り継ぎ時間は2時間。当初は心配したが、人・荷物とも問題なく乗り継げた。
ターミナル2Fから2Dは案内に少し迷ったが従って歩いた。途中 無人電車VALに乗った。
乗り心地良く、明るいし、安全だった。
(2007年12月下旬  レブンウスユキソウ 様)
パリ到着が遅れ、初めてのド・ゴール空港に少々不安を抱く。が、降りた所に看板を持ったAFの職員が立っていて、その人がターミナルまでかなりの早足で案内してくれた。

入国審査らしき行列も横から入りこませてくれたので、もし自分たちで行ってたら場所もよくわからなかったし 乗り継ぎに間に合っていなかったかも。
(2007年4月下旬  toroloyuta 様)

成田から。乗り換え表示に従って行くと、途中に入国検査。ガラガラ。あっという間に2Dへ。

どの案内図にも喫煙場所の表示があったのに、全部クローズ。面倒だが、再度搭乗券を見せてセキュリティチェックを通るなら外に出て吸うことは可能。
再度チェックインの際、半券をもう一度機械に通すのだが、当方のチケットが撥ねられる別のチケットを渡されたが、通路側をしていたが3-3列の真ん中の席になってしまった

機体側までバスで行くのだが、空港の端。機体が小さいので座席の頭上の荷物入れの高さがなく、厚手のバッグは入らないため機内持ち込み手荷物のうち、「ピギー」とか「キャリー」は手で機体のお腹の中へ。
( 2006年3月下旬 Rod・ロッド 様)

2Fと2D間の移動はバスがなく徒歩だったので、疲れている体にはやや遠く感じた。
5時ごろ早朝着のため、空港内が薄暗く店もすべて閉まっていて人けが無く、ベンチに座っていると、あやしげな人が、ほかにたくさんベンチがあいてるにもかかわらずわざわざ隣に座ってきたり。気苦労が多く、乗り継ぎ便の搭乗までの待ち時間が苦痛だった。
(2006年3月中旬 しじま723  様)
到着の2Fから2Dまでは徒歩移動のみ

しかし乗り継ぎ客用入国審査を受け、2Dへの矢印を進むと、自然とターミナル2Fのロビーに出てしまった。
そのまま動く歩道を乗り継ぎ2Dへ(2Dは保税内・保税外両方の連絡バスとも止まらない)

移動の矢印が下向きになっているので、下の階へ行くのかと思いきやまっすぐ進めの意味だった。2Dの店は6時まで開かず、自動販売機もサービス停止。 2Dで再度荷物検査を受けバスロビーへ。2種類のフランス語の朝刊が無料でおかれていた。

バスロビーから飛行機があるところまでバスで約10分かかった。定刻7時20分発だが、ここまで時間がかかり、飛び立ったのは7時50分頃だった。
(2005年8月中旬 ビュープラザTOM 様)

 


 
 
 
 
トップ > 交通  > パリ シャルル・ド・ゴール空港 乗り継ぎ ターミナル2D 〜 ターミナル2F