トップ > 交通 >  ド・ゴール空港TGV駅 > ターミナル2E 2Fへ
トップ > 交通 > 列車 > ド・ゴール空港TGV駅 > ターミナル2E 2Fへ
  

SNCF 国鉄 
シャルル・ド・ゴール空港TGV駅
⇔ ターミナル2E 2Fへ

 
16 Feb.2014 再調査、再構成


ターミナル2E拡張にともない、複雑になったので、構内図を用意してすすんだほうがよい。



移動例: ターミナル2F → ターミナル2 Gare島
ターミナル2Fは Gare島のすぐ隣で、動く歩道での移動となる。



移動例: ターミナル2E サテライトK(本館)  → ターミナル2 Gare島
ターミナル2E サテライトKは本館であるため、比較的ましな移動である。

1. すぐ 入国審査、荷物ターンテーブル、税関・検疫と抜ける。


2.  ここから、ターミナル2 Gare島まで 動く歩道で約15分。


Photo by ken na  


ターミナル2E 本館サテライトK → TGV駅

シャルル・ド・ゴール空港に着陸後、15分でターミナル2に停止。5〜6分後機外へ。

その10分後に パスポートチェック。
さらに15分後に荷物受取り。

そのまた15分後に TGV(SNCF)の空港駅に到着。駅までもっと近いと思っていたが、案外かかる。ターミナル2Eから、表示に沿って15分ぐらい。


最初は フライトが、定時よりも早い到着予定となっていたが、パリ付近が荒天ということで、なかなか着陸できず。結局、定時より30分以上遅れて到着。

余裕で乗り継げるはずだった電車(TGV)に乗り遅れる。
キャンセル不可の安いチケットだったので、58ユーロが紙くずに。

(2012年6月下旬 ささかまぼっこぼこ 様)
ターミナル2E  → TGV駅へ

ターミナル2Eに 到着時、中国からの便がほぼ同時についたようで、入国審査等、混雑した。TGVへの乗り継ぎにあまり時間がなったので気をもんだ。

乗り継ぎは案内に従って歩くだけで、簡単にたどり着いた。

1時間20分しかなかったので心配していたが、ソウル経由で、ソウルチェックインの際に短時間乗り継ぎのタグをつけてくれたため、荷物がすぐに出てきた。

CDG-TGV駅について、切符ををもらってから30分は余裕があった。
(2010年8月中旬  あるぱかだらけ 様)




移動例: ターミナル2E サテライトL  → ターミナル2 Gare島
ターミナル2E サテライトL は、実質、Gareから ターミナル2E,2F 本館を 通り越した、もう一つ向こうの島である。L自体も  長方形なので、歩く距離が長い。

1. サテライトL(Hall L)から 構内シャトルに乗る (CDG-VALとは違う) 
2. シャトルは サテライトM → L →K と運行しているので、 この場合、 L→K に移動、 1つ目の Terminal 2E で降りる。(いわゆるターミナル2E本館)
3. 入国審査、荷物ターンテーブル、税関・検疫と抜ける。
4. ここから、ターミナル2 Gare島まで 動く歩道で約15分。


乗り遅れるかと思いヒヤヒヤした。

13:30のフライトに乗るために、10:53 CDG-TGV駅着のTGVを予約していた。
予定通り乗車したところ、何らかのトラブルがあったらしく、途中駅で30分程度停車。
空港駅に着くのが遅れた。

TGV車内では、フランス語のアナウンスがほとんどで、トラブルの詳細は
よくわからなかった。英語アナウンスもフランス語の後にあったが、早口と、絶対短縮版で、
結局よくわからなかった。

周りの乗客の様子から判断して命に関わるトラブルではないと判断し、
諦めて運転再開を待っていたが、内心は不安だった。※

というのは、停車中、少なくとも自分達のいた車両はトンネルのような暗いところだったし、
隣の線路(対向)は3回TGVらしき車両が通過したので。

同行者がいたのは、本当に心強かった。到着時刻で降車駅を計っていたのが、
これで計画が完全に崩れた。
(どこにいるか把握するため)途中停車駅に関しては、事前に予習しておくべきであった。

30分遅れで空港に着き、ターミナルを確認しようと掲示パネルを見ると、
前後の便はターミナルの提示があるのに、当該便は closed(チェックイン締め切り)の表示。

closed表示のほとんどが、既に出発したか、離陸間近の便であることに気付き、
とにかく対面カウンターで対応してくれそうな場所を探す。

結果、尋ねた場所(当日の搭乗券を購入するところのようだった)で教えてもらったのは、
問題なく出発予定で手続き中であることと、荷物を預けるカウンターの場所。

荷物を預けるカウンター前(ターミナル2Eの4?)が長蛇の列。

前日にwebでチェックインをしていなかったら、もっと遅くなっただろうし、精神的に難儀したかと思うとぞっとした。

ドロップオフ(荷物を預ける)にも、長蛇の列。団体客の相手(アジア系)に時間を取られているのか、ちっとも列が進まず。

結局、預けられたのは出発の約25分前だった。時々現れる列をマネージする
スタッフに「順番を早く回せ」と交渉しても良かったのかもしれない。
しかし、我々より明らかに出発時刻が早い(欧米)人が列をなして待っていたので、その交渉をためらった。※2

荷物を預けた後、搭乗口目指して小走りに。搭乗口の場所に詳しい訳ではないので、
前の人についていき、その先頭にいた空港スタッフに搭乗券を見せたところ「隣り」と言われる。
しかし、隣りに並びかけた直後にそれが間違いで、本当はゲートE65は、構内シャトルに乗るべき事に気付き、
慌ててシャトルに乗る。

乗った直後にシャトルが出発したので冷や汗もの。そして必ずしもスタッフが
信用できない事に、少々だがショックを受ける。

出国手続きとセキュリティチェックと、実はどっちが先だったのか記憶が定かでない。
とにかく慌てていた。

セキュリティチェックは案の定、引っかかった。前年チューリッヒで ”犯人”とされた靴・スニーカーを履いていたため、
「どうぞ調べて下さい・・」という態度が可笑しかったのか、何故か笑われながら、
再度の詳細チェックを受けた。
そのためか、前年の経験ほどにはしつこくなく、パスさせてくれた。
時間がかかったのは間違いないので、今後の検討事項。

ゲートE65の50m前くらいにスタッフが待っていた。
「搭乗者ですか?急いで下さい〜」と。ほっとした。間に合った、と。

結局、空港では何もできなかった。しかし、目的の便に乗れたので、良しとしよう。

なお、昔、フランス国内便が遅れたために、帰国便に間に合わず、ひとりで
8時間近くをCDG空港でただ時間を潰したという、若くて苦い経験がある。
だからこそ余裕をとった筈なのに、TGVが遅れるというのは想定外だった。

成田に着いたら「預けた荷物は次のJAL便に乗せました。届き次第ご自宅まで
宅配でお届けします」とあっさり言われる。
AFのスタッフが一言も謝らないのにある意味感心しつつ、やはり人間だけでも
予定通りに帰国出来たので良しとしよう、と言い聞かせた。
 
帰宅後しばらくたって少し落ち着いたころ(帰国日の午後)には、荷物が成田に届いたことと、
早速発送したとの連絡があり(この連絡をくれた女性係員は謝ってくれた※3)、
その翌日の午前中には荷物がちゃんと自宅に届いたので、まあこんなもんだろう、と思っている。





移動例: ターミナル2 Gare島 → ターミナル2E サテライトL
ターミナル2E サテライトL は、実質、Gareから ターミナル2E,2F 本館を 通り越した、もう一つ向こうの島である。L自体も  長方形なので、歩く距離が長い。

1. ターミナル2 Gare島まで 動く歩道で約15分。
2.チェックイン、あるいは 荷物ドロップオフ
3.出国審査
4.構内シャトルの乗る サテライトK → L →M と運行している。この場合、 K→L に移動、 
5.降りたサテライトLで セキュリティチェック


乗り遅れるかと思いヒヤヒヤした。

13:30のフライトに乗るために、10:53 CDG-TGV駅着のTGVを予約していた。予定通り乗車したところ、何らかのトラブルがあったらしく、途中駅で30分程度停車。空港駅に着くのが遅れた。

TGV車内では、フランス語のアナウンスがほとんどで、トラブルの詳細は
よくわからなかった。英語アナウンスもフランス語の後にあったが、早口と、絶対短縮版で、結局よくわからなかった。

周りの乗客の様子から判断して命に関わるトラブルではないと判断し、
諦めて運転再開を待っていたが、内心は不安だった。というのは、停車中、少なくとも自分達のいた車両はトンネルのような暗いところだったし、
隣の線路(対向)は3回TGVらしき車両が通過したので。

同行者がいたのは、本当に心強かった。到着時刻で降車駅を計っていたのが、これで計画が完全に崩れた。(どこにいるか把握するため)途中停車駅に関しては、事前に予習しておくべきであった。

30分遅れで空港に着き、ターミナルを確認しようと掲示パネルを見ると、
前後の便はターミナルの提示があるのに、当該便は closed(チェックイン締め切り)の表示。closed表示のほとんどが、既に出発したか、離陸間近の便であることに気付き、とにかく対面カウンターで対応してくれそうな場所を探す。

結果、尋ねた場所(当日の搭乗券を購入するところのようだった)で教えてもらったのは、問題なく出発予定で手続き中であることと、荷物を預けるカウンターの場所。

荷物を預けるカウンター前が長蛇の列。前日にwebでチェックインをしていなかったら、もっと遅くなっただろうし、精神的に難儀したかと思うとぞっとした。

ド ロップオフ(荷物を預ける)にも、長蛇の列。団体客の相手(アジア系)に時間を取られているのか、ちっとも列が進まず。結局、預けられたのは出発約25分 前だった。時々現れる列をマネージするスタッフに「順番を早く回せ」と交渉しても良かったのかもしれない。 しかし、我々より明らかに出発時刻が早い(欧 米)人が列をなして待っていたので、その交渉をためらった。

荷物を預けた後、搭乗口目指して小走りに。搭乗口の場所に詳しい訳ではないので、前の人についていき、その先頭にいた空港スタッフに搭乗券を見せたところ「隣り」と言われる。
しかし、隣りに並びかけた直後にそれが間違いで、本当はゲートE65(当時 現在サテライトLでゲート表記もかわっている)は、構内シャトルに乗るべき事 に気付き、慌てて構内シャトルに乗る。乗った直後にシャトルが出発したので冷や汗もの。そして必ずしもスタッフが信用できない事に、少々だがショックを受 ける。

出国手続きとセキュリティチェックと、実はどっちが先だったのか記憶が定かでない。とにかく慌てていた。

セキュリティチェックは案の定、引っかかった。前年チューリッヒで ”犯人”とされた靴・スニーカーを履いていたため、 「どうぞ調べて下さい・・」とい う態度が可笑しかったのか、何故か笑われながら、再度の詳細チェックを受けた。そのためか、前年の経験ほどにはしつこくなく、パスさせてくれた。
時間がかかったのは間違いないので、今後の検討事項。

ゲートの50m前くらいにスタッフが待っていた。 「搭乗者ですか?急いで下さい〜」と。ほっとした。間に合った、と。結局、空港では何もできなかった。しかし、目的の便に乗れたので、良しとしよう。

なお、昔、フランス国内便が遅れたために、帰国便に間に合わず、ひとりで
8時間近く、空港でただ時間を潰したという、若くて苦い経験がある。
だからこそ余裕をとった筈なのに、TGVが遅れるというのは想定外だった。

成田に着いたら「預けた荷物は次のJAL便に乗せました。届き次第ご自宅まで宅配でお届けします」とあっさり言われる。AFのスタッフが一言も謝らないの にある意味感心しつつ、やはり人間だけでも予定通りに帰国出来たので良しとしよう、と言い聞かせた。 帰宅後少し落ち着いたころ(帰国日の午後)には、荷 物が成田に届いたことと、早速発送したとの連絡があり(この連絡をくれた女性係員は謝ってくれた) その翌日の午前中には荷物がちゃんと自宅に届いたの で、まあこんなもんだろう、と思っている。
(2010年8月上旬 ぽよふぐ 様)





移動例: ターミナル2E サテライトM  → ターミナル2 Gare島
ターミナル2E サテライトM は、実質、Gareから ターミナル2E,2F 本館を 通り越して、サテライトL を通り越して、 二つ 向こうの島である。
さらにこれが相当 長方形なので、歩く距離が長い。

1. サテライトM(HallM)から 構内シャトルに乗る (CDG-VALとは違う) 
2. サテライトM → L →K と 2つ目の Terminal 2E で降りる。(いわゆるターミナル2E本館)
3. 入国審査、荷物ターンテーブル、税関・検疫と抜ける。
4. ここから、ターミナル2 Gare島まで 動く歩道で約15分。


乗り換え客には、保税地域内 (制限区域内=セキュリティチェックを越えたあと)の 乗り換えバス (Transit Bus) の構内ナヴェット  Navette Jaune (Yellow bus)   URL英語 が サテライトMからサテライトKまで動いている(かなり迂回する。一方向巡回型) も運行している。

ターミナル2E サテライトM → TGV駅

降機してから入国審査等まで、構内シャトルで2駅分移動した。
TGVに乗り継ぐ予定だったので、移動距離が長く焦った。
急いでいたので、店舗などは何も利用しなかったし、目に入らなかった。
(2013年4月下旬  キサントゲンD 様)






移動例: ターミナル2 Gare島 → ターミナル2E 2F
当日のゲートによっては、相当歩くこともある。

エールフランスやJAL 日本便のチェックインカウンターが 現在不規則運用で、ターミナル2E、2F併用されている。あらかじめ、現地モニターで 当日の チェックイン・ターミナルを見てから、進もう・・・・

TGV駅 → ターミナル2Eへ

ホーム(Niveau 1) からは、エスカレーター、階段、エレベーターあり。だが、エスカレーターは点検中で動いていなかった。エレベーターは、皆荷物があるので、6名位ずつしか乗れなかった。

ターミナル2Eへの移動。一度階段を上らないといけないところがあるが、横に エレベーター2基あり。

列車の空港駅(CDG-TGV駅)到着が、飛行機出発の2時間半前を切っていた。

チェックインと免税を済ませられるか心配したが、たまたま混んでおらず、スムーズにいった。が、ホームに下車してから、ターミナル2Eの出発フロア4階に上がるまで、乗客が多いときはそれだけで時間がかかりそう。

最終日にTGVを利用する場合は、列車の遅れ、運休のリスクがあるので、別の手段も考えておいたほうがいい。
(2012年5月中旬 ブルブルビウ 様)
CDG-TGV駅 → ターミナル2Eへ

パリ-成田便は13:40出発で、ゲート搭乗開始は12:45と早めだった。
TGVを降りて乗り継ぎ時間が2時間あったが、ぼんやりしてはいられなかった。
(2011年3月上旬 さくらさけ 様)








トップ > 交通 >  ド・ゴール空港TGV駅 > ターミナル2E 2Fへ
トップ > 交通 > 列車 > ド・ゴール空港TGV駅 > ターミナル2E 2Fへ