トップ > 交通 > 飛行機のトラブル >  着陸地変更(ダイバート)

            
24 Sep.2011 / 31 May 2014 経験談追加






(AF)パリ-フィレンツェ → パリ-ピサ

フィレンツェ着の予定が、天候不良のためピサへ着陸地変更。

到着後、航空会社(アリタリアとエールフランス共同運航)の段取りが悪く、
手配バスのアナウンスが到着後しばらくたってもない。

日本なら、当然あるべき手配バスを期待せず、急いでいたため、フィレンツェ行のバスを探し、切符を買った。その後、航空会社の手配バスがあることに気づく も、もう遅かった。「別のバスの切符を買った!どうしてくれるの?!」と、言うも、そんなの、ラテンの人に通用するはずもない。

日本人どころか、アジア人が一人もおらず、自分の押しの弱さに、めげた。その、ネガティブな出来事が、後の行程にも響き、しばらくひきずった。

ピサからフィレンツェへの長距離バスあり。10ユーロ。1時間強。食堂あり。
(2010年11月上旬 プロバンス鉄道。様)

成田-パリ  → 成田-ロンドン-パリ


(搭乗時期) = 2010年12月中旬

(航空会社) = 全日空(NH)

(搭乗クラス) = 上級エコノミー

(出発の空港) = 成田 第一ターミナル

(出発空港の様子) =


(乗り継ぎ地) = ロンドン ヒースロー (パリ閉鎖のため一旦 着陸、 機内待機)



(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(到着空港の様子) = 出口真正面に案内所。電車やバスの時間を教えてもらえた。
CDG-VALの乗り場を教わった。案内所裏手のエレベーターで行ける。

(機体) = エコノミーでの予約、当日、上級エコノミーにアップグレードされた。

(機内食・飲み物) =
1回目: 

2回目: 軽食のホットドッグ、デザートにプリン。

バー: 自由に取りにいけるおかきがギャレーにおいてあった。

飲み物はスパークリングワイン、ワイン、ジントニックなどのカクテル数種類、ソフトドリンク。水はエヴィアン。

(座席) =2-4-2列。内装は明るめ。
座席間隔がエコノミーより広くて快適だった。

備品にスリッパがあり、持ち帰り自由。イヤフォンもエコノミーより良いものだった。

(機内販売) = 化粧品からアクセサリー、ネクタイ、食べ物など多数。
事前にネットで検索できたので、ディオールのグロスを購入。

ANAカードで10%オフ。7,700円が6,930円に。全体的に3割ほど安いようだった。

(マイレージ) = ANAのマイレージ。国内線約600マイル(片道)国際線約5000マイル(片道)。

(トラブル) = 雪のため、ド・ゴール空港が閉鎖。ロンドンヒースローへ一旦着陸。そのまま機内にて4時間待機。
その間、水とジュースの配布のみ。

ド・ゴール空港再開後、給油し、再びパリへ向け離陸。荷物を受け取ったら22時過ぎ。雪のため、空港からの交通機関はRERしか動いておらず、また本数も かなり少なく、最終目的地のオペラまで行けなかった。雪と夜中1時を過ぎていたため、タクシーも捕まらず。シャトレからオペラ座の近くのホテルまでスーツ ケースを引っ張りながら歩いた。

機内で知り合った女性と二人連れで移動できたので心強かった。ホテルに着いたら午前2時半だった。

(航空券の入手方法と時期) = 4月に旅行の予定がアイルランド火山噴火でキャンセル。

7月、ANAのWebから予約。

(価格) = 108,900円。サブクラスは往路L、復路W
(2010年12月中旬 ゆきよね 様)
フィレンツェ---ボローニャ〜パリ

悪天候の為フィレンツェからは飛行機が飛べず、ボローニャへバスで移送され、ボローニャからのフライトとなった。

大型バス2台で移動。このバスに預け荷物も全て積み込まれた。

ボローニャ到着後、預けた荷物を一度受け取り、再度チェックインの手続きが必要だった。フライトNo.は元のままだったが、そのような詳しい説明はなかっ たので、バスにスーツケースを残してしまった。幸い無事に荷物を取り戻すことができ、チェックインカウンターに並んでいる時に案内のアナウンスが流され た。

10時15分フィレンツェ発の予定が、ボローニャ着12時半、ボローニャ発14時半、パリ着16時半となった。

機内ではフライト遅延のお詫びのアナウンスが3回ほどあった。

やっと到着したと思ったら、今度は荷物が出てこない。

パリで降りた人は20名程だったが全員の荷物がないようだった。ロストバゲージかと諦め、クレームリポートを記入して連絡先の説明を受けていると、別の係員に電話が入り私の荷物が見つかったとのこと。しばらく待つと、無事にターンテーブルに荷物が出てきた。

他の乗客の荷物はまだ見つからないようだったが、私のが出てきたということは他の荷物もパリに到着している可能性があるので、皆が喜んだ。空港を出たのが18時過ぎ。本当に疲れた1日だった。

(2005年10月 etsu et nino 様)

 




 トップ > 交通 > 飛行機のトラブル > 着陸地変更