トップ > 交通 > 飛行機のトラブル > フライト変更、時刻変更


飛行機 トラブル
フライト変更、時刻変更

            
 16 Oct./ 14 Nov.2010 経験談追加
31 May 2014 経験談追加


 
AF パリ-アムス-成田 → JL パリ-成田に
 

18時20分パリ発〜19時40分アムス着の予定が、 19時10分発に振り替えになった。

21時のアムス発、成田行きのJAL便に乗る予定だったが、乗り継ぎ時間が40分と短くなったので心配になり、エールフランスのカウンターに相談した。ジャポネと馬鹿にしつつも、日本人スタッフに電話をつないでくれた。

エールフランスの日本人のスタッフがJALに交渉してくれて、パリからの直行便で帰れるように手配してくれた。

エールフランス便、JAL便と別手配だったので、本当はこのような対応は出来ないらしいが、JALの好意で、とのこと。

(2010年9月上旬  lovemiffy32 様)

(AF)伊丹-成田-パリ

本来の予定なら、JALからJALへの乗り継ぎだった。
成田では荷物のピックアップなしで、第二ターミナル内の移動だけで済むはずだった。
が、乗り継ぐ便がエールフランスに変更され、第一ターミナルへ移動した。

当日、伊丹のJALカウンターで荷物預けの際、
乗り継ぎ便が、予定の便の2時間後のエールフランスに変更されていると知らされた。
理由は知るすべが無く、とりあえず成田で荷物をピックアップしてカウンターで確認することにした。

成田のJALカウンターで、予約便が機材変更のため4時間遅れになることを知らされた。なぜ伊丹のJALカウンターでは分からなかったのか、と疑問に思った。

航空券はエールフランスのWebから購入していたからか、エールフランスに振り替えられた。一連のことについて、エールフランスからの案内は一切なかった。

初めてのJAL機材で、機内食、エア吉野家の牛丼を楽しみにしていたのだが、食べられなくて残念。しかしながら、予約していたTGVには間に合ってよかった。
(2013年11月下旬 ブルブルビウ 様)

(JL)(YS)羽田-パリ-ストラスブール

パリ-ストラスブールは、搭乗24時間前に自動でウェブチェックインされ、座席が指定されていた。しかし、搭乗ゲートにて、「機材変更のため、座席が変更になった」と言われ、新たに搭乗券が発行された。
(2012年12月下旬  tarte aux fruits de saison 様)

(AZ)ミラノ-成田

出発前日にアリタリアから携帯に、電話がかかってきた。
機材変更のため、シートリクエストに対応できない、とのこと。仕方なく先方のシート手配を了承していた。それにも関わらず、結局Web予約と同じ機材だった。

リクエストしたのは中央のトイレがあるすぐ後ろ(ベビーベットが設置できるすぐ前)だったのに搭乗したらそこが全部空いていた。移ってきた客が座っていた。連れがそのシートをリクエストしたので納得いかない様子だった。
(2011年1月上旬 エセ鉄子 様)

AF 成田-パリ    機材がかわって予約がパーに・・・
 
 
機種は、もとはA380便の予定だったが、間際になってB777に変更。
B777機はこれからシートが刷新されると宣伝しているぐらいだからだいぶ古いと思う。

(座席) = 機種が変更されたため、予約していた座席ではなかった。

(トラブル) = 機種の変更の為だと思うが、インターネット・チェックインの案内メールが来ているのに、できなかった。
(2014年4月下旬 巳年寅年プレドウ 様)




(トラブル) = 予約時は機材がA380だったが、B777-300に変更になった。
座席を指定していたが、機材変更により指定していた席がなくなってしまった。
エールフランスのサイトで変更しようにも変更できず、どの席になったのかもわからない状況だった。

30時間前のインターネットチェックインで座席を指定しようとしたら、
ギャレーすぐ後ろの足元が広い席が指定されていたため、特に変更せずそのままチェックインをした。
(2011年11月下旬  甘口ルー子 様)



(トラブル) = 座席の事前指定をしていたのだか、当日は、全く別の座席が割り当てられていた。

予約が震災前だったので、機材が変更になったり戻ったりで、ネット上で確認した時も座席番号が違っていたため、もしかしてという予感はしていた。
空港カウンターで変更してもらい、一番前の席に。結果的に足元が広く、快適だった。

座席は最初、ネットで指定できず、エールフランスに電話して取っただけに、納得いかなかった。
(2011年4月下旬  にゅるるんNOIR 様)



4月にAFのWebから10:30発の便を予約したが、A380機材の導入によって予約した便が欠航となった。いつの間にかAF275便に振り分けられていた

AFのHPをみて気づいて、AFに連絡し、変更を確認した。
(2010年9月中旬 休暇が欲しい 様)
 
 
 

(トラブル) = 5月上旬には10:30のフライトを座席指定で予約おえていたが、毎日のようにエールフランスのHPを見ていた。新機種A380導入の告知があり、自分の予約確認をすると欠航になっていた。メールで問い合わせると、機種変更のため、当初の便はフライトキャンセル(欠航)になった、ついては11:50発の便でいいか、とのこと。

その便で行くしかないのだが、マイレージで予約したビジネスクラスの同行者がいるので、
席を近くにして欲しいこと、乗継でプラハに向かう便の乗継時間が1時間しかなくなるため、
心配なのでパリ-プラハ便も変更したいことを電話で説明。

購入分とマイレージ分は同時に受けられないとのことで、こちらで仮予約し、マイレージ分が確定したら再度連絡して確定する、ということを何度か繰り返して、大変だった。

結局11:05発のJAL便には変更できなかった。
 

マイレージの枠で、パリ-プラハ間はビジネスクラスがなく、席だけエコノミーになるといわれたが、行ってみるとビジネス席になっていた。

車椅子のリクエストをしていたので、確実に使えるのかを何度か確認した。ラウンジの使用についても確認した。やはり、日本側では「乗り継ぎ のパリでは、どのターミナルのラウンジでも使用できる」との回答だったが、本誌を見て、出発ターミナル(2D)で利用したのと、予約クラスでの利用を確認 していったので、無事利用できた。

三人分で、かつ有償航空券と無償券と、手配が違っていたので苦労した。

車椅子の人に同行するのだから、購入とマイレージで便をわかれてもいいか、なんて質問、しないで欲しい。

(2010年10月中旬 トラジ番 様)


 
 
(BA)パリ-ロンドン-成田 
 

ロンドンの大雪のため、間引き。ド・ゴール空港からヒースロー空港が欠航で、遅延のひとつ前のフライトに振替え。それでも当初より2時間ほど遅れた。

さらに、ヒースローから成田も、4時間以上の遅延。

振替便の座席確保不明でチェックインカウンターで待ったり、ゲートの変更で何度もセキュリティチェックしたりで疲れた。が、帰れないよりマシ、と思うしかなかった。

相方のクレジットカードで購入した航空券なのに、チェックイン時に私のクレジットカードも登録の必要があった。抗議はしたがギャランティーのために読み取るだけなので安心しろと言われた。

( 2009年2月上旬 Kurumi no wine 様)


マルセイユからフランクフルト行きの飛行機の出発時刻が10分遅くなったと、出発3週間前に連絡が来た。

しかしEチケットの時刻が変更前のままだったので、関空のカウンターでどちらが正しいか尋ねたところ、
帰国便のことについては分からないと言われた。

早い時間に合わせて行動すればいいだろうと思ったので、それ以上追求しなかったが、結果的にはそれが正解で、マルセイユ空港に着いたら、なぜか出発時刻が変更後よりも15分繰り上がっていた。

(2008年10月 maison violette 様)

NH 全日空 パリ-成田
 

ラッシュ時のせいか空港バスは渋滞の中走ることになり、空港に着いたのは出発1時間前だったが、
空港に着いたら出発が30分早まっていた。

スマートEチェックインをしていたが、特に意味はなく、従来どおりカウンターでのチェックイン。その時点で出発30分前だったが、何も言われず普通にチェックインされた。これがスマートEチェックインのお陰かどうかは不明。

が、病人の降航により結局は約1時間半遅れて出発。

(2006年9月下旬 herissonあるべーる 様)

 

11:35発のアムステルダム行きがキャンセルになり、1時間前の10:30発に振り替えられていた。職員は「ノープロブレン」と微笑んでいたが、予定していた土産購入が一切出来なかった。

( 2006年6月下旬 ippabi_chance 様)


 
 
 
 トップ > 交通 > 飛行機のトラブル > フライト変更、時刻変更