トップ > 交通 > 飛行機のトラブル > 電子チケットによるトラブル 
5 Dec.2004 / 17 May 2010

 
 
CX キャセイ
 

成田→香港 機内で。

出発まぎわに、黄色いベストにインカムをつけた空港地上係員が、20代ぐらいの男性のところに血相を変えてやってきた。何事かと思ったら、パスポートと搭乗券を見せてくださいと、のこと。とりあえずチェックが済むと帰っていった。

今度はキャセイの制服を着た日本人女性が、怖い表情で、本人確認のチェックにやってきた。
 

出発してから当人と話したところ、どうも彼はセルフ印刷の航空券をもって空港にやってきて、荷物を預けず搭乗した。航空会社できちんとした本人確認のチェックを受けずに機内に入った様子。

搭乗口のパスポート確認はパスポートと搭乗券の名前を確認することはできても、予約情報との照合は不可能。

二度もチェックが入ったため、機内には緊張が走り、彼は注目の的になった。もちろん、当人が悪いわけではないが、オンラインチェックインまたは搭乗券発行をしても荷物は預けるとか、荷物は預けない場合でも航空会社のチェックインカウンターに立ち寄って、搭乗券だけでも発行してもらうとか、やはり搭乗前にはカウンターに寄って、航空会社の端末に自分の痕跡を残さないと、ヘンに疑われる危険がある。注意が必要だと思った。
 

(?年?月 早起きコアラ 様)


 
 
ANA

早割ゲット35・成田〜フランクフルト往復を電話予約・購入。(web購入可能以前の時期)、e-チケットにしました。

その際、ドイツでの滞在先がわからないとリコンファームが必要になると言われたので、ホテルの名前と住所、電話番号を伝え、スターアライアンス・ヨーロピアンエアパスを使いたいと言ったら、ルフトハンザに電話した方がいいと勧められれました。
エアパス予約に必要だという航空券予約番号を教えられました。

そこで、ルフトハンザ航空に電話。まず予約番号を聞かれ(全日空にその場で照会したようです)、成田、フランクフルト往復の予約が確認できたという事で、3区間を購入。
こちらも全てe-チケットにしてもらいました。
 

旅の最終日、ベルリン〜フランクフルト経由〜成田で帰国しようとしたら、チェックインカウンターでフランクフルトから成田までの予約がパソコンの画面上で確認できないと言われる。e-チケットの控えを見せ、予約は取れているはずだと主張しても、相手の女性係員は首をひねるばかり。困り果てた彼女がフランクフルトに電話したら「予約はある」との返事。

時間も迫っていたので「ANAは予約があると言っているから、とりあえずフランクフルトで聞いてみて!」という事になり、荷物も「トキオ行きをつけておくわね」と成田行きのタグをつけてくれました。
 

 
しかし、悪天候のため、フランクフルト空港にたどりついたのは成田行きが出発する40分前。空港内を走り、成田行きの搭乗ゲートに向かうと「お待ちしていました!! お見えにならないので心配していたんですよ!!」と日本人係員に強い口調で言われる

事情を説明すると「それはルフトハンザの発券システムのミスだ」という事になり、ルフトハンザのドイツ人係員がその場に呼ばれ、最寄の発券カウンターまで連れて行かれる。

 
ところが、そこでも私の予約は画面上で確認できない。「これはANAの問題だ」という事になり、私はドイツ人係員ともども元の場所に差し戻し…。
 

そうしたら、先ほどの日本人係員が私の紙のチケットを持って待っており「発券できました。時間がないので、すぐに乗ってください」。

リクエストした事前座席指定もちゃんと残っていました。どうにも納得いかないので「事情を説明してください」と抗議しても「私たちもなぜこんな事になったのかわかりません。調べようにも離陸時刻が迫っているので、とにかくすぐに乗ってください。みんな、あなたを待っているんです」

帰国後、機内で教えてもらったカスタマーセンターに電話して、事情を調べてもらったところ
「e-チケットは他の航空会社と旅客データの交換を行っておらず、それぞれの会社の予約しか確認できない」との返事。

「データ交換の予定はあるんですか?」と聞いたら「予定はあるが、いつになるかはわからない」
「紙のチケットなら、どの航空会社でも照会可能なので、乗り継ぎの場合は紙にしてください」と言われました。

私は全くのひとり旅で、しかも代理店も通さない個人手配だったので、正直、寿命が縮みました。

(kirara_booboo様 2003年10月)

(JL) 名古屋-成田-パリ 

以前の苦い経験を踏まえて、空港には3時間半前に到着。
免税手続も何なく済み、3時間前のチェックイン開始時刻に手続きを開始してもらう。
が、一人は成田行き・もう一人は名古屋行きを何度も念押しして、更にeチケットではなく通常の航空券を提示して印字も確認できるにもかかわらず、名古屋行きのタグが付かない。

成田〜名古屋間のチケットも発券されてこない。(成田〜名古屋間は国際線運航のため、パリでチェックインの際に名古屋までのチケットが発券される)

何度確認してもチケットは出ないと言い張るが、他の名古屋行きの人は発券されている。

日本人職員が対応し始めてくれるが、エールフランス社側に、私の成田〜名古屋間の予約データが
送られてきていないと言われた。

とりあえず、荷物だけはスルー出来る様に依頼するも、今度は成田行きの荷物まで名古屋行きにされそうになり、
違うと説明。ようやく正しい行き先のバッゲッジタグが出て、地上係員が、先に送られてしまったスーツケースに付け替えに走って行った。

加えて、座席もリクエストとはまるで違う。リクエスト席は既に無いと言われる。結局チケットは発券できないので、名古屋行きの座席だけは確保してもらうことにして、出国手続きに向かう。この間約50分。かなり疲れました。

同条件でのチェックインは何度もしているのに〜と溜め息です。後続に並んでいた方も、一向に進まない私達の手続きにイライラしていたと思いますが、私としても何とも出来ずちょっとツラかった。
 
 

最終的に機内に乗り込む際、搭乗ゲートで「今からチケット発券するから」と言われ、渡されました。

成田到着後、座席があるか不安でしたが日本航空のカウンターにて事情を説明し確認してもらうと、大丈夫との事。
(原因は詳しく調べないと解らないとという。解る範囲で調べてもらう様お願いしました)

いろいろとありましたが、スーツケース共々無事名古屋まで到着しました。

(かずのしっぽ 様  2003年10月)

 トップ > 交通 > 飛行機のトラブル > 電子チケットによるトラブル