トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > SQ 2007年以前


フランスへいく エアライン  Airline 
SQ シンガポール航空 搭乗報告 2007年以前

            updated on   25 May / 10 Sep.2007 経験談追加

 
 
パリでは
ドゴール空港ターミナル1着

シンガポール航空
http://www.singaporeair.com/saa/ja_JP/flights_japan.jsp

スターアライアンス
 
 

発着時間帯

いわゆる南回り
 

大阪からシンガポールまで6時間、以遠に12時間ほどです。 
あまりにも遠回りに見えるSQですが、パリ到着はあさの6時ですから、うちみたいな 一泊目のホテル代を浮かしたいという人にも、お勧めです。 都心に出ると、ちょうど8時くらいになっています。
(サラダエクスプレス様 2001年7月)
 
 
 
 

トランジットを搭乗したあとしらされ、日本に帰れるかわからず一瞬なきそうになった。 隣の日本人の方も直前まで知らなかったようだった
(くまのみハンター様  2003年9月)
 

※補記
シンガポール航空のシンガポール→関空便には、バンコクを経由する便が週に何便かあります。
それと知らずに搭乗され、慌てられたようです。
 
 

機体、座席

【関空-シンガポールSIN】

 

SQ983 座席は3-4-3列 
シートがやや広め。ただクリスワールドのプログラムが少ない。
(シャルルドゥアルディ 様 2005年2月下旬)
 

3-3-3列。座ったのは列右側の通路側 後部。
内装はフライトアテンダント(FA)の制服と同様の紺色のシートが印象的だった。パーソナルモニタ。フットレストがあった。当方海外2回目で初回は韓国、大韓航空でしたが2時間ほどのフライトでシートが結構きつかったのを覚えてます。大韓ではフランスまでは無理かな、とシンガポール航空のシートに座ってみて思ってしまいました。

150cmない小柄な私は背もたれを倒したら十分くつろげました。まずはフレグランス付のおしぼりが配られ、次に歯磨きセットと靴下がセットになったアメニティ、モニターイヤホンと同時に着席時配られる。
トイレは女性には大助かりな備品があった。いろいろ豊富でしたが、最後には大量にあった備品も底をつきかけていました。
(くまのみハンター様  2003年9月)
 
 
 

関空 KIX-シンガポールSINの飛行機はハイテクのトリプルセブン。 エコノミーにしては 座席の窮屈さもまだましで、荷物の収納もたくさんあります。
 
機内もきれいで、エコノミーには珍しく、フットレストつきで、なかなかです。 機内食も、よかった。

座席は、トリプルセブン 777 機体 の場合、リクライニングすると ゆりかごのように、座席自体が動きます。また、枕の部分(ヘッドレスト)は、 曲げる事ができます。また、枕の部分を上下させることもできます。 私のような身長の高い人間でも(ちなみに180です)、きちんと頭に枕があたります。 (サラダエクスプレス様 2001年7月)


【シンガポールSIN-パリCDG】

 
SQ334 座席は3-4-3列 
シートが狭い。クリスワールドのプログラムが豊富。
(シャルルドゥアルディ 様 2005年2月下旬)
 

映画が自分の好きなときに最初から見られる(早送り、巻き戻し可)またゲームも充実。任天堂のマリオやポケモン等があるので、飽きない。
(めるもにら様 2004年9月上旬)

SIN-CDGは、ボーイング747で、ちょっと狭い感じを受けました。ただ、それが、 普通ではないかと思います。 (サラダエクスプレス様 2001年7月)
 
 

【福岡-シンガポール】
 
深夜の便では靴下と歯磨きのセットが配られた(靴下がとてもあたたかくていいかんじ)
(Lisa et Gaspard 様  2004年8月)
 
 
 

福岡⇔シンガポールはSARSの影響でガラガラ。3席占領してラクラク!
(ももぴか様 2003年6月)
 

【シンガポール-パリ】
 
C
エコノミー同様、パーソナルモニタがありエコノミーよりも上映映画数が多い。23Hと23Kの二人かけのところ。エコノミークラスに比べると、前の座席との間がたっぷり空いていてシートベルトを締めると、前の座席のポケットに入っている雑誌などに手が届かない程。
 
寝るときにシートが160度くらいまで倒れ、それがカプセル状みたいな感じになるのでプライベート感あり。このタイプの座席は、まだ全てのビジネスクラスには導入されていないようで、2004年9月の成田-シンガポールのビジネスには採用されていませんでした。備品は、一人ずつのヘッドフォン・アイマスク・ソックス・歯ブラシセット。
(ちゅぴこ2 様  2003年9月)
 

シンガポール⇔パリは共に満席でなおかつ、トイレが近い性分なのでトイレそばの席をキープした所、トイレにくる人がシートにぶつかる事が多く、大失敗のチョイスだった。

パーソナルテレビがあるのでエンターティメント面はとても満足。フットレスト、ヘッドレストがあるので楽。
(ももぴか様 2003年6月)
 
 

【成田-シンガポール】
席は3-4-3
パーソナルモニターがエコノミークラスも全席あり。ゲームも充実。任天堂のマリオやポケモン等があるので、飽きない。
(めるもにら様 2004年9月上旬)

パーソナルモニタついているので、映画とゲーム(テトリス)をやった。座席は3人かけの窓側。備品は、一人ずつのヘッドフォンだけ。座席は、ヘッドレストが内側に曲げられるから、頭を固定できて、寝るのには楽でした。
(ちゅぴこ2 様  2003年9月)


 

機内食

【関空-シンガポールSIN】

2回 
シンガポールスリングというカクテルやビール、ワイン、ジュース、ノンアルコール、アペリティフなど色々あった。菊乃井プロデュースの日本食があった。
(シャルルドゥアルディ 様 2005年2月下旬)
 

メニューはかなり充実してました。つめたい、硬いといったこともなくコンビニ同様それなりに食べれた。コンビニ同様大味で多少残しましたが。
(くまのみハンター様  2003年9月)

 
【福岡-シンガポール】
機内食は概ね満足。朝食のマフィンがおいしかった。帰りのシンガポール→福岡便ではおしぼりもちゃんとしたタオルの戻り、シンガポールスリングのサービスも再開。
 

<福岡〜シンガポール>
ランチ:和食(さかな)と洋食(チキン)からの選択。私は和食をチョイス。味、可もなく不可もなく。でも、デザートに出たロイヤルの ”玉露アイス”が美味い。飲み物はワイン白、赤それぞれ1種。ビールは日本製、シンガポール製(タイガー)それぞれ。

以前は日本-シンガポールのフライでランチ後、機内販売の後に菓子と飲み物のサービスがあったが、今回はなし。
(ももぴか様 2003年6月)
 

 
【シンガポール-パリ】
ビジネスクラス
搭乗直後からオレンジジュースをもってきてくれて、その後離陸前からシャンパン。離陸後もシャンパンかオレンジジュースがなくなるたびに、お願いしないのに、どんどん追加で注がれた。途中で断りましたが最後までオレンジジュースだけは必ず継ぎ足された。

エコノミーとビジネスクラスとを比べると、サービスが違い一皿ずつ持ってきてくれる、テーブルにナプキンが敷かれる。味としては、エコノミーと変わらない。
(ちゅぴこ2 様  2003年9月)
 

ワインは赤ワイン2種、白ワイン1種
夕食 メイン2種から選択 パン チーズアンドクラッカー 飲み物
なんせ夜中のフライトなのであまり食べる気も起きなかった。

朝食 パン(バタージャムつき)バナナマフィン(美味かった) メインはオムレツとタマゴヌードルの選択 オムレツをチョイス。添え物がマッシュルーム、ポテトとあったかいトマトとよくあるタイプ。でも、マッシュルームの感じは結構好き。ヨーグルト フルーツカクテル(あんまり熟れてない)

飲み物
<パリ〜シンガポール>
ランチ ビーフとチキンの選択 チキンをチョイス
チーズ、クラッカー、アイスクリーム(ココナッツミルクアイスのチョコがけ)

朝食
行きのフライトとほとんど同じ内容。でも、結構好き。マフィンのしっとり具合が私好み。
(ももぴか様 2003年6月)

 
【シンガポール-福】
夕食 サンドイッチと飲み物があったらしいが、夜中のフライトなので断る。夜中の1時発、5時間のフライトで夕食が必要なのかといつも疑問に思う。朝食 和食と洋食から選択 和食をチョイス。
内容は出し巻き卵、塩鮭、白米(ちゃんとジャポニカ)かまぼこ・・、全般においしい。好物のマフィンもついてたので食べる。そうそう、この便から、お手拭がタオルに復活。やっぱりタオルはいい。

メニューの飲み物欄にシンガポールスリングが大きく記入してある。その他の便では全く、記載がなかったので復活したのか?
(ももぴか様 2003年6月)
 
 

機内食はKIX-SINに2回(BKK経由だったので)SIN-CDGで二回。 
また、ヨーロッパ方面往復は、深夜便となるため、ミールサービスの間に、 起きている人のみ、軽食のサービスあり。また、ギャレーに行けば、 かならず、何かもらえます。CAもいい人です。
(サラダエクスプレス様 2001年7月)

サービス・アテンダント
エコノミー
SQはパーソナルモニタついているので、映画とゲーム(テトリス)をやっていました。

ビジネス
シンガポール〜パリ エコノミー同様、パーソナルモニタがありエコノミーよりも上映映画数が多い
(2003年9月上旬 ちゅぴこ2 様)

日本人アテンダントは慇懃無礼な対応の人が多い。頼んだこともやってもらえなかった。

行きの福岡〜シンガポール便。
出入国カードの書き方で聞きたいことがあったので声をかけた。が、「後ほど」といわれたきり、結局、音沙汰なし。
 
SQは、現地アテンダントが全体にフレンドリーで陽気な雰囲気なのでどうしても日本人は、
気質的に慇懃無礼に見えてしまうのか・・ そういえば、前回、SQに乗ったときにも日本人アテンダントに聞いたことを忘れ去られていた記憶がある。

福岡〜シンガポール路線に日本人アテンダントはビジネス、エコノミーそれぞれに1人のみなので、
どうしても皆の質問が集中してしまう、と言うのはあるかもしれない。
 

サービスについてはあまり期待してなかったけど、なんだかんだでSQはやっぱり No.1エアラインといわれるだけあるなあ、と改めて感じる。
 
何よりもパーソナルテレビの存在は長いフライトでは貴重な存在で、映画を見たり、ゲームをしているとあっという間に時間が過ぎる。今回、スーパーマリオとピクロスと言うゲームにすっかりはまってしまった。

ただ、直行便に比べると何と言っても時間がかかる。
日本−シンガポール5時間 シンガ−パリ12時間 トランジットも往路8時間 復路20時間あまり。
私は現在、無職に近い自由業(笑)な上に、シンガポール好きなので、トランジットをフルに利用してシンガポールを楽しめるなどメリットが多いけど、時間が限られてるお勤め人には向かないフライトかと。
(ももぴか様 2003年6月)
 
 

ヨーロッパ方面往復は、深夜便となるため、ミールサービスの間に、 起きている人のみ、軽食のサービスがあります。また、ギャレーに行けば、 かならず、何かもらえます。CAもいい人です。

機内サービスで有名なSQですが、エンターテイメントプログラムは、 全区間個人テレビ。ゲームも映画もニュースもし放題、見放題。ニュース(CNN) は、一時間ごとに、更新されます。 ただ、映画に関しては、日本語で見ることのできる映画が映画全部で10数チャンネル中 2つのみ。

おまけに、行きと帰り(EUR方面区間も含む) で同じです。映画目当ての人にはつらいかも知れません。 (サラダエクスプレス様 2001年7月)

機内販売
あまり自分向けの土産ではないと感じた。年配の方向けか。
(くまのみハンター様  2003年9月)
 

化粧品、SQ限定商品(SQの女性アテンダントが着ている服の子ども版など)、タイガーバームなど。
価格は、成田やシンガポールのDFSよりも若干高いものもあれば、安いものもありました。化粧品に関しては、同じ商品の量の少な目のものがあったり、香水にボディジェルがプラスされているセットなどDFSでは買えないお徳パッケージあり。支払いは、円でもシンガポールドルでもできました。
(ちゅぴこ2 様  2003年9月)

10%OFFをしていた
(ももぴか様 2003年6月)

定時発着率
 
キャセイ同様、定時運航には、かなりの気を配っているようです。今回は、早く着くことばかり で、一度も遅延はありませんでした。 航空会社でお悩みの方、ぜひ参考になさってください。
 (サラダエクスプレス様 2001年7月)
乗り継ぎ SIN シンガポール チャンギ
 
 
 

関空〜シンガポール〜パリ
エイビーロードネットを見て。出発の一週間前ぐらいに手配。 86,000円
(シャルルドゥアルディ 様 2005年2月下旬)
 

成田〜シンガポール〜パリ
ユナイテッド航空 100%加算。
とらべるこちゃんで。
時間がかかっても、機内エンターテイメント(映画、ゲーム)が充実しているシンガポール航空を希望し、
シンガポール航空でさらに安いところを探した。実際の予約は電話でして、会社はクラブワールド。手配は6月下旬。メールではキャンセル待ちと言われましたが、電話で予約後すぐにとれたと連絡。 109.540円(空港税込み)
(めるもにら様 2004年9月上旬)


 
 
 
 

(搭乗時期) = 2005年4月下旬

(航空会社) = アシアナ航空(OZ)関空〜ソウル シンガポール航空(SQ)ソウル〜シンガポール〜パリ

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) =関西空港
 

(出発空港の様子) = GWということもあって、出国手続きに時間がかかった。

(乗り継ぎ地) = ソウルでの乗継に約6時間ほどあったので一度出国し、地下のスーパーやCDショップを探検。土産にドラマのOSTや雑誌を大量に購入。出発フロアにあるCDショップより、地下の方が安かった。

シンガポールは夜10時過ぎでも免税店が開いていた。無料でインターネットが使えた。

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(座席) = 
ソウル〜シンガポール:パーソナルテレビで日本語字幕や吹き替えがあった。

シンガポール〜パリ: パーソナルテレビでオンデマンドで日本語字幕や吹き替えがあった。
アメニティグッズはでソックス、歯ブラシ、耳栓。

(マイレージ) = ソウル〜パリまでマイル加算可。

(乗り継ぎ空港) = 
ソウル:日本行きの多いゲートより遠かった為か、免税店があまり充実してなかった。

シンガポール:ゲートまで少し遠かったが、夜10時くらいでも人が多くにぎやかだった。

(航空券の入手方法と時期) = 
2004年12月に関空〜ソウル間をマイレージ特典の予約を入れる。
2004年12月にソウル〜パリ間をシンガポール航空で韓国の世一旅行社で予約。

(価格) = 約100,000円
 

(ももいろ真珠 様)


 
 
 
 
 
 
トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > SQ 2007年以前