トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > NH 成田-ロンドン便


フランスへいく エアライン  Airline 
NH ANA 全日空   成田-ロンドン便

2Feb./ 5 Mar.2010 / 10 Mar.2012 経験談追加

 
成田-ロンドン Y
(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 成田空港 第一ターミナル

(出発空港の様子) = 当日は56番ゲート。出国審査を過ぎて向かって左側の、もっとも奥まったところ。
売店、飲食店もさほどない。ただ、搭乗口付近に比較的新しいと思われる書店があり、
外国語のもの、ガイドブック、雑誌、単行本、文房具などまあまあの品揃え。
飛行機の時間を待つには良かった。

(到着地&ターミナル) = ロンドン ヒースロー空港 ターミナル3

(到着空港の様子) = サテライトからは長い通路を通ってターミナルに向かう。
約15分。途中にトイレはあるが、売店、飲食店は見当たらず。

(機体) = B777 座席配置は3-3-3

(機内食・飲み物) =
昼食1回、着陸前に軽食1回。

昼食は和食(味噌カツ丼)かシーフードのトマト煮サフランライス添えから選択。
着陸前の軽食はハンバーガー。

有料のスナックとして、昼食と軽食の間に味噌ラーメン、ハーゲンダッツのアイス、お茶漬け、クッキーを注文できる。お茶漬けは、鱧の山椒煮にお茶をかけたもの、700円。

当日はちょうど食事の時間帯に飛行機が揺れたのでサービスが遅れたり、
飲み物のサービスも少なかったりした。

(座席) = 非常口席の通路側

(マイレージ) = スーパーエコ割で70%加算

(トラブル) = ロンドンの入国審査の待ち時間。

昨今の情勢とちょうど到着便が重なる時間帯だったからなのか、大混雑。
しかも、係員が子供連れや団体客をパーテーションロープを外して先に
通すため、どんどん列が長くなった。そこにまた到着した客が供給される、という悪循環。当日の夜、予定を入れていたため、もう間に合わない、と焦った。


その上、係員の質問にスムーズに答えられないと、より時間もかかる。
幸い自分にはサクサク型の係員が当たったので、事細かに質問はされなかったが、こればかりは運もあると思う。


同じ飛行機に乗り合わせていた客が、乗り継ぎについてよくわかっていなかったせいか、客室乗務員に機内でも降機後もしつこく質問していたのを見かけた。自分も経験したことがあるが、ロンドンはターミナル間の移動が複雑で、
できればここでの乗り継ぎはしたくない。

どうしても避けられない時は、十分な下調べと、ある程度の語学力、時間の余裕は必須。

自分も日程の余裕がなかったとは言え、到着当日に予定を入れるべきではなかった。

(航空券の入手方法と時期) = ANAのWebから、2月下旬に予約。

(価格) = 航空券170,400円、諸税 29,630円 サブクラスはW 

(2010年7月下旬 Bera@サンジャン 様)





ロンドン-成田/羽田-伊 Y

(航空会社) =
ロンドン-成田: ANA(NH)
羽田-伊丹: ANA(NH)

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = ロンドン ヒースロー空港 ターミナル3

(出発空港の様子) =
ロンドンからバスでコーチターミナル着。
ターミナル3間では徒歩で10分以上かかった。動く歩道はあるが、とにかく遠かった。

免税手続きVATカウンターが非常に混んでいた。窓口にたどり着くまで1時間以上。出国後にもあるらしいが100ml以上の液体物であったため、チェックイン時間が迫っており、あきらめた。

現地添乗員によれば「夏休み期間で窓口が少なく、非常に混むことがあるので、免税手続きが出来ない場合も考えて購入してください」
との説明。

アジア系の人に「チェックアウトがせまっているので先に通して」と言われ、窓口まで割り込んでいた。
列の他の人は何も言わず、そういうことが出来るならそうしたかったが
語学力も、可能かどうかの判断も出来ないため、あきらめた。

免税店は、出国後に各ブランド多数。コーチはなかった。たばこは日本の銘柄が見つからず、かつ
1カートン5,000円近くした。
ハロッズあり、食品、雑貨、おもちゃ等品揃え豊富

(乗り継ぎ地) = 羽田 ターミナル2

(乗り継ぎ空港) = 成田から羽田への移動しての乗り継ぎ
一度成田で受託手荷物を引き取り、移動。

羽田で最初に手荷物預けカウンターにいったところ、国際線eチケットのお客様控えではダメで、搭乗手続きは14番有人窓口で、とのこと。搭乗案内を受け取り、再度並び直した。ロンドン、成田や羽田ではそのような案内が無く、時間をロスした。

国際線成田から国内線羽田乗り継ぎ手続き(スルーチェックイン)の場合、
再度の搭乗手続きが必要。

ANAに問い合わせたところ2010年10月より国際線利用時に同日または同一空港ではない乗継ぎの場合でも、搭乗手続きをが可能になる予定とのこと。(要確認)


(到着地&ターミナル) = 伊丹 南ターミナル

(到着空港の様子) = 最終便だったため到着ロビーの店はほぼすべて閉店。何も買えなかった。

(機体) =
ロンドン-成田: B777-300ER 2-4-3列。新造機
羽田-伊丹: B777-300 3-4-3列

(機内食・飲み物) =
ロンドン-成田:

1回目 
和食・洋風から選択

2回目
着陸前軽食。
ハム、チーズ、フルーツ、ロールパン

飲み物(アルコール含)サービス有。コーラはペプシ


羽田-伊丹:
お茶か水のみ

(座席) =
ロンドン-成田:
2010年の新造機で新しく、シートも2列の窓際で余裕があった
窓も大きくなった。隣が空いており、横になって寝られた。

リクライニングしても後ろに倒れない。後ろを気にする必要がなかったが、
あまりリクライニングした感はない。

パーソナル・モニタあり。画面も大きく操作はタッチパネルで
わかりやすいが、固定式で傾けられない。前方カメラの画像を見られた。

USBポートあり。接続ができれば撮った旅の写真を見られる。
準備していれば楽しいと思う。コンセントも各座席にある。

エコノミーでは新聞の提供が終了していた。

(機内販売) = マゼ プラズリン など

国際線の機内販売にはすべて免税品ではなく一度日本に輸入して課税された上
販売されている物がある、とわかってびっくりした。

(マイレージ) = マイル加算不可 ANA特典航空券

(トラブル) =
ロンドン-成田:
最初のウェルカムドリンクが1回目の食事と同じタイミングで出てきた
反対側の列は時間を空けて提供されていた。食事のタイミングは同じ。
国際線を利用してこんなことは初めて。

(航空券の入手方法と時期) = ANA特典航空券、国際線デスクに電話し空席待ちで予約できた。

(価格) = 特典航空券につき無償。
燃油・空港諸税別途。

(2010年9月上旬  セカンド-T 様)






2009年以前
 
伊丹-成田-ロンドン
 
 

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 伊丹

(乗り継ぎ地) = 成田 第一ターミナル

(乗り継ぎ空港) = スルーチェックできたが、成田でグローバル携帯レンタル予約をしていたため、一旦ロビーに出た。

(到着地&ターミナル) = ロンドン ヒースロー空港 ターミナル3

(機体) = B777

(機内食・飲み物) = 
離陸後しばらくして飲み物とスナック(おつまみあられ)が配られた。緑茶、ウーロン茶、アップル・オレンジジュース、ビール(3銘柄ほどあるようだった)ワイン等。

1回目
洋食を選択。主菜は、ハンバーグのハッシュドビーフソース、ハムとスモークサーモンのマリネ、なぜか山菜蕎麦がついていた。ロールパン、チーズ、バターのポーションなど。

和食の主菜は蟹飯と魚の柚香焼き。後でデザートとしてハーゲンダッツのミニカップ。

到着2時間くらい前に、2回目の食事。コールドミール、パン、フルーツ等、朝食のようなもの。

(座席) = 3-3-3列。通路側を選択。小さい枕、ひざ掛け。前の座席のヘッドレストの部分にプライベートモニター。種類は色々あったが、あまり見たいと思うものがなかったので、ずっとフライトマップにしておいた。

(マイレージ) = スーパーエコ割で 70%マイレージ加算

(航空券の入手方法と時期) = ANAのwebから7月下旬に手配

(価格) = 諸税込み 109,690円

( 2009年10月上旬 ガルニエのふくちゃん 様)
 


成田-ロンドン: ANA・英国航空共同運航便(NH/BA) 当日はANA機体。
 
 
(搭乗クラス) = 上級エコノミー

(出発の空港) = 中部空港

(乗り継ぎ地) = 成田 

(乗り継ぎ地) = ロンドン

(乗り継ぎ空港) = ヒースロー空港

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2E

(機体) = 

(機内食・飲み物) = ANAは機内食2回。
飲み物も、ジュース、お茶、水、ビール、ワインのほか、食後のコーヒー、紅茶、緑茶とよく出されるものだけ。

(座席) = 
成田-ロンドン: 上級エコノミーは2-3-2列。エコノミーは3-3-3列。エアバスに比べてパーソナルモニターが小さいような気がした。

(マイレージ) = 全てANAのサイトで予約。
ANAマイレージクラブ、フライングブルー、ともに加算可。

(トラブル) = オーバーブッキングでエコノミーから上級エコノミーへ。うれしいトラブル。

中部では、エールフランスのチェックインができず、ヒースローで再度エールフランスの乗り継ぎカウンターへ。荷物はパリまでスルー。

(航空券の入手方法と時期) = 6月上旬にANAのサイトから。成田-パリは早割り設定がなかったので仕方なくロンドン経由に。エールフランス便はANAのサイト上で選択肢の中に入っていた。

(価格) =サブクラスは 中部-成田B、成田-ロンドンW、ロンドン-パリQ。
オープンジョーで帰りは フランクフルト-成田-中部。
往復 168,400円。他、燃油サーチャージ等21,280円。

( 2009年9月上旬 歴史おっかけOngmi 様)

ロンドン-成田
 
 
(搭乗クラス) = プレミアム・エコノミー

(出発の空港) = ロンドン ヒースロー ターミナル3

(出発空港の様子) = 出国後、免税店は充実。空港税などが高いので、ここで買い物をしないと勿体ない。女性トイレは十分ある。しかし、水などは非常に高価。ヴォルヴィックのレモン味が1.55ポンドもする。アメックスの両替所が、出国前も後もある。

(到着地&ターミナル) = 成田 第一ターミナル

(到着空港の様子) = トイレは十分あると思う。両替は、千葉銀行の窓口があったと思う。

(機体) =B777-300ER。2-4-2列。

(機内食・飲み物) = 機内食2回。

1回目:
選択可。さばの竜田揚げ(ご飯つき)鳥の洋物。

2回目:
着陸前。選択なし。スクランブルエッグと、カリカリベーコン、ソーセージなど、
イングリッシュブレックファーストっぽいもの。飲み物は、ペリエが頼めばでてきた。

(座席) = エコノミーと違い、座って、肘掛を使わず、自分の横に腕が置ける。
レッグレストがある。毛布もエコノミーと違い、ふかふか。
イヤホンも立派で、きちんとした耳あてがついている。
ふかふかのスリッパ、持ち帰り可。

(機内販売) = 豊富な品揃えだと感じた。
日本国内販売価格など表示。

(マイレージ) = ヴァージン・アトランティックに積算。

(トラブル) = トラブルではないが、エコノミーで予約していたのに、チェックインカウンターで、プレミアムエコノミーが用意できるから変更しないかと言われた。追加料金なし。当初、通路側を予約していたが、窓側しかないとのことだった。

ちなみに、エコノミーは満席と言っていた。機内で確認したら、当初の自分の席は、違う人の席だった。どこかで、通路側を激しく希望した人がいて、自分にプレミアムエコノミーがまわってきたのかもしれない。

(2009年2月中旬 てるてる ぼうず 様)


 
 
 

成田-ロンドン
 
(搭乗クラス) = ビジネスクラス

(出発の空港) = 成田空港 第1ターミナル 南ウイング
 

(出発空港の様子) = 
液体物を透明ジップ袋にいれての手荷物検査はかなりの時間を要するため、検査所は混雑していた。ビジネスクラスのためFAST TRACKを利用したため時間が短縮できた。

事前チェックイン(eチェックイン)で免税店ANA HOUSE TOKYOの15%引き券をANA SKY WEBから手に入れ化粧品を購入。以後現地では、これより安くは購入できず。2006年と比べると全体に買い物客が少なかった。

(到着地&ターミナル) = ロンドン ヒースロー空港 ターミナル3

(到着空港の様子) = 入国手続きは30分。係官が2006年3月より倍増されており、手続きが手際よかった。

(機体) = B747-400

(機内食・飲み物) = 機内食2回と間食。シャンパンまたは冷たいお茶にアミューズ。 

1回目は和食1種類 洋食メインを3種類から選択。

2回目は和食または洋食から選ぶ。

飲み物はワイン、シャンパン、日本酒、カクテル、その他。間食としてうどん、ピザ、スープ、アイスクリームその他。

(座席) = フルフラットで、ゆっくり安眠。アメニティーグッズは羽毛布団、まくら、スリッパ。トイレにはフェースクレンジングシート、歯磨き、マウスフレッシュあり。ギャレイには耳栓、マスク、アイマスク、休足時間、チョコレート、あられ菓子あり。

(機内販売) = 機内販売用の雑誌から選ぶが、例年通りの品揃え。空港の免税店よりANAカードを使えば若干安い。

(マイレージ) = マイレージで往復85,000マイル

ANA上級会員デスクにTEL。2007年2月にeチケットとして。

(価格) = クラスはI。

(2007年8月下旬 bellflower5011 様)


ロンドン-成田

 
(搭乗クラス) = ビジネスクラス

(出発の空港) = ロンドン・ヒースロー空港 ターミナル3

(出発空港の様子) =
免税手続きに約50分並ぶ。現金またはクレジットカードの払い戻しの際には
封筒は不要。また本人の控えはないので、コピーまたはメモをしておく必要あり。

円安のため、免税品も、成田と比べるとかなりの割高に感じた。

搭乗までレッドカーペットクラブにて待つ。夕食時間にサンドイッチ。
飲み物は多種類あるが、スナックはウォーカースビスケットとチーズ・クラッカー程度。

(到着地&ターミナル) = 成田空港 第1ターミナル 南ウイング

(機体) =B747-400 NEWSTYLE 

(機内食・飲み物) = 機内食 2回 
1回目:
和食1種、洋食3種から選択。飲み物はシャンパン、ワイン、日本酒、
洋酒カクテル、ソフトドリンクなど。

2回目:
洋・和から選ぶ。希望によりきつねうどん等簡単メニューOK。 

(座席) =2-3-2列
前から2番目窓際。フルフラットのリクライニング。
羽毛布団、まくら、スリッパ。ギャレーに耳栓、アイマスク、マスク、歯磨き、シップ薬.

(マイレージ) = 往復85,000マイル使用

(航空券の入手方法と時期) =ANA上級デスクに電話。2月eチケットにて。

(価格) = サーチャージ他 別途 51,690円 サブクラス I
(2007年9月上旬 bellflower5011 様)


 
 
 
トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > NH 成田-ロンドン便