トップ > 交通 >  エアライン搭乗報告 >  NH 羽田-パリ


フランスへいく エアライン  Airline 
NH ANA 全日空  羽田-パリ


21 Jun.2015 経験談追加


 



 





 ファーストクラス F
 ビジネスクラス C  上級エコノミー PY  エコノミー Y







千歳-羽田-パリ C

(搭乗クラス) = ビジネスクラス

(出発の空港) = 千歳

(出発の空港の様子) =荷物はパリまでスルー。


(乗り継ぎ空港)=  羽田空港 国際線ターミナル

(乗り継ぎ空港の様子) = 到着後、国際線乗り継ぎの表示に従って歩くと、ANA乗り継ぎ専用バス乗り場に出た。
バスは10〜15分間隔で出ており、15分ほどで国際線ターミナルに
到着。

国際線ターミナル
3階出発ターミナルまで上がると保安検査場があった。
その先に出国審査場がある。
ただし、このルートで来ると出国前に買い物するところはない。
http://france-tourisme.net/f-airport/f-airport-HND-transport.htm
http://france-tourisme.net/f-airport/f-airport-HND.htm


出国後
左右に免税店や両替所など店舗があった。
エルメス、カルティエ、フェラガモなどあるが、成田に比べるとブランド店は少ない。
化粧品店はそれなりの品ぞろえ。薬局は商品が少ない。

両替で10万円をユーロに替えた。最高高額紙幣は20ユーロにするよう頼むと、嫌がらずにやってくれた。
これはパリで使用するとき助かった。

出国審査場から右に行くと ANAスイート・ラウンジがあった。
入ってみるとスタッフが席に案内し、おしぼりを持ってきた。
飲み物の注文を聞いてきた。これを断り、自分で見に行くと、飲み物以外にも、多くの軽食があった。
が、搭乗2時間後には食事が出るのでコーヒーだけにした。


(最終到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1


(最終到着空港の様子) = バタクラン劇場でのテロ事件から一か月半なので警戒していたが、
入国審査は以前と変わりなかった。パスポートを見せただけで、
なんの質問もされずに、スタンプを押してもらい、通過した。

トイレに入ると便器の位置が高いのに日本との違和感を覚えた。

預けた荷物を受け取り、はっきりした税関もなく空港ロビーに出た。

ターミナル1は円形で、詳細は見ていないが売店があった。
表示に従いタクシー乗り場を目指して歩くと、「タクシー?」と声をかけてくる白タクがいた。視線も合わせず歩くと追ってくることはなかった。

表示に従ってターミナルの外に出て、タクシー乗り場に行くと、多くのタクシーが並んでいた。以前に比べ、タクシーの車種にプリウスなど日本車のハイブリッド車が多いのに驚いた。オペラ座近くのインターコンチネンタルまで、70ユーロ。

(機体) = 機種:B787-9  配列: 4列配置 

窓が広いのが印象的で、窓ごとのシェードがなくなり、食事後は客室乗務員のからの集中操作で、一斉に真っ暗になった。
エンジン音もB777に比べ静かな印象

客室内部の明かりも、LEDで色調を変化させられる。
トイレには窓がありウオッシュレット付き、歯ブラシもあり。

Wifi有料。利用しなかった。


(機内食・飲み物) =
食事の前に飲み物を聞かれるが、酒もジュースも飲まないので、日本茶をもらった。

1回目
テーブルクロスがしかれ、和洋食共通のアミューズ3品から始まった。
和食を選択したので、前菜 煮物 酢の物がまとめてくる。
その後主菜 ごはん 味噌汁。
デザート。

軽食
サンドイッチやサラダなど希望したときに食べられる。が、何もリクエストしなかった。

2回目
到着2時間前。
和食を選択したので口取りとして3種類、主菜とごはん、味噌汁とフルーツ。
ボトルで水を何本かもらい飲むようにした。

(座席) = 中央の2席並び。
シートはフルフラットになり、身長185センチでも体を伸ばして眠るれた。幅も十分ある。

18インチのタッチパネル式プライベートモニタは大きく感じた。
B777-300に比べコントローラーの位置が変わっていた。
寝ていてスイッチに当たる事がなくなった。改善されていると感じた。

スターウォーズ過去6作をオンデマンドで選択できたが、最新作を見られないのは残念だった。

サイドテーブルは大きく、この下から、ほぼ同じ大きさの食事用のテーブルが出てくるので大きい。

備品は、スリッパや靴べら、アイマスクや耳栓、歯ブラシティッシュ、コットン、リップなど。カーディガンの貸し出しもあった。


(機内販売) = 不明

(マイレージ) = (   )に9971マイル加算

(トラブル) = オーロラが見えたら起こしてもらうよう客室乗務員に頼んでいたが、見えなかったとのこと。

(航空券の入手方法と時期) = ANAのHPより2015年5月

(航空券の価格、サブクラス) =
航空券代:
燃油、空港使用料・諸税:
合計: 312,000円

サブクラス:U

バタクラン劇場でのテロ事件直後にビジネスにアップグレードがきまった。
乗ってみるとビジネスクラスの半数は空席だった。
 
(2015年12月下旬 カラカルエスプレッソ  様)
パリ-羽田 Y


 様)






羽田-パリ C

(搭乗クラス) = ビジネスクラス

(出発の空港) = 羽田空港 国際線ターミナル

(出発空港の様子) =
ANAラウンジ。
免税店の充実ぶりに比べて飲食店が少ない気がした。

両替所は、みかけた2軒はどちらも混んでいた。

トイレは気を付けてみていなかったので、わからず。

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

初めてターミナル1を利用。機能的なつくりかわからない。

(到着空港の様子) =
入国審査は大勢の人。
EU圏の人を優先的、次におとなしめのアジア系。中東系には列を決めて並ばせていた。
にぎやかなアジア系の人たちは目にしなかった。

途中、女性係官が列のテープを開けて、こっちへ並べと誘導。が、ブースの女性係官が「何でそこにいるのよ(怒)!」と。

日本人男性がフランス語で事情を説明したら、その人だけ通した。次が続かない。私の家族がフランス語で同様に「係官に言われたとおりに並んだんのだから、通してよ!」と伝えるとはいはい、じゃあ、あなたもどうぞ、と我々二名は通された。
このようなやりとりがあっても、ターンテーブルへは荷物が出てくるより前に到着できた。

ATM、店舗は、想像していたよりも使い勝手がよさそうな場所にあった。
何れも見つけやすく、想像していたよりもきれいだった。

(機体) = 機種: 787-8 配列:1-1-1。スタッガード配列。
サイドテーブル
椅子周りに収納スペースが豊富。ここにいろいろと小物を入れて楽しんでいたら、後で失敗につながった。

(機内食・飲み物) =
アルコールはシャンパン、赤白ワイン各2、日本酒、焼酎、梅酒、リキュールはミニチュアボトル3種

離陸後と着陸前の2回、コースを選択、
合間に軽食数種がリクエストベース。

家族は 洋食+クロックムッシュ、
私は 和食+一風堂のとんこつラーメン

メニューでは洋食パン3種が、実際は2種しかなかった。

シャンパンはアンリオ、ワインは小売価格2,000円ぐらいのもの

ヨーロッパ系キャリアのビジネスクラスのワインのラインナップには足元にも及ばない。マスターオブワインが選んだにしては、価格重視か、食後にポルトが飲 みたかった。家族がシャンパンを飲み続けていると乗務員が「シャンパンがお好きなんですね」と笑っていた。だって、シャンパンに比べてワインの選択が、特 に赤は・・。

 (座席) = 中央の2人並びの席。
ペットボトルに入った水、ロクシタンのポーチに入ったアメニティ。

カーディガンの貸し出しあり
以前はパジャマの貸し出しもあったがなかった。

映画のプログラムが少なくて内容も今一つだった。ケイティー・ペリーのライブビデオが良かった。

(機内販売) = 不明

(マイレージ) = 特典航空券のためマイレージ加算なし

(トラブル) = 特典航空券予約時に、ロンドン直行往復がエコノミーもビジネスも予約待ちすらできない混みよう。すぐ予約待ちが解除されそうなパリ行き往復ビジネスクラスに変更した。2-3日中に予約待ちが解除された。

故障のため引き返し
出発当日、機内整備の遅れで約1時間遅れて出発した。なかなか食事がでないと思っていたら、離陸1時間後、新潟上空あたりで、「エアコン故障で羽田に引き 返す」とのアナウンスがあった。着陸するには機体を軽くする必要があるため、日本海上空を旋回しながら、燃料を放出していた。

幸い、無事羽田に着いたが、同じ機体の追加整備をするか、機体変更するかはすぐにわからないので、乗客はいったん機外に出て、ミールクーポンを受け取って休憩か、ラウンジで待機してくれとのこと。我々は、ラウンジで待つことにした。

羽田到着3時間後に、機体交換して出発した。

実は、降機時に、眼鏡を機内の小物入れに置き忘れた。旅行中、大変不便な思いをした。乗り換えた飛行機で、前の飛行機に眼鏡を忘れたことに気づいた。乗務 員に相談したが、(自分が期待するレベルの)満足な応対をしてもらえなかったと感じた。帰国後も、ANAのいろいろな部門へ相談したが、結局眼鏡は見つか らなかった。今回の対応で、目の前の対面サービスは非常に良いが、緊急や突発事項に対しては信頼度が低いと個人的に感じた。

(航空券の入手方法と時期) = 2015年2月中旬 ANAは電話予約

(価格) =
航空券代: なし
燃油、空港使用料・諸税: ビジネスクラス往復 約44,000円/人
合計:約44,000円

サブクラス:I
 
(2015年10月上旬 toramiketama 様)
パリ-羽田 Y


 様)



羽田-パリ PY


(搭乗クラス) = 上級エコノミー

(出発の空港) = 羽田空港

(出発空港の様子) = 上級エコノミーにアップグレードできた。
拡張後に初めて利用したが、フードコートもあり、充実していた。

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(到着空港の様子) = やっぱり古い。荷物受け取りの階の、トイレが少ない。

(機体) =
機種: B777-300          配列:

(機内食・飲み物) =
機内食2回。
ベジタリアン・メニューを頼んだ。
上級エコノミーだったので、ビジネスクラスの軽食やデザートも選べた。

(座席) =
旧式の座席の予定だったが、機材変更になり、新しい座席で行けた。
コンセントも付いており、タブレット等の充電ができたのが良かった。

(機内販売) = いつものANAのラインナップ。  

(2015年1月中旬 さしま 様)
パリ-羽田 Y


 様)









 
トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > NH 羽田-パリ