トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > NH 成田-フランクフルト便


フランスへいく エアライン  Airline 
NH 全日空 ANA  成田-フランクフルト便

 23 Jan.2013 経験談追加
1 Nov.2014 経験談追加

 
 

こちらは年に1回程度の収録です。新しいアンケートは、アンケート掲示板をご覧の上、ワード検索で
「エアラインアンケート NH  フランクフルト」などの語で検索してみてください。
 


ご注意 本ページには、一部「欧州内区間」などで、他社機体 経験談が含まれます。抜き出すと複雑になりますので

とりあえず残してあります。







2013年12月

(NH)(LH)成田-フランクフルト-フィレンツェ  C / Y

(航空会社) =
成田-フランクフルト: ANA(NH)
フランクフルト-フィレンツェ: ルフトハンザ(LH)

(搭乗クラス) =
成田-フランクフルト: ビジネスクラス
フランクフルト-フィレンツェ: エコノミー

(出発の空港) = 成田空港 第一ターミナル 南ウィング


(乗り継ぎ地) = フランクフルト空港

(乗り継ぎ空港) =
表示がとても見やすく、分かりやすい。
広いが、迷うこと無く、不安も無く、乗り継ぎができる。

セネターラウンジの食べ物、飲み物が充実していた。

(到着地&ターミナル) = フィレンツェ空港

(到着空港の様子) =
飛行機が沖止めで、バスで空港ターミナルに移動。
バスを降りて、すぐの所が荷物受け取り場所だった。

タクシー乗り場は、空港を出て、建物に添って右に行った所にある。
ちょうどアムステルダムからの便と、フランクフルトからの便が、
ほぼ同じ頃に到着したためか、かなり多くのタクシーが待機しており、待つことなくすぐに乗車できた。

(機体) =
成田-フランクフルト  機種:B777-300ER  スタッガード     配列:
フランクフルト-フィレンツェ  機種:              配列:

(機内食・飲み物) =
成田-フランクフルト
1回目:
和食か、洋食かの選択。

2回目
自分の好きなタイミングで頼める。
提供できる時間が終わる前に、乗務員から声をかけられた。

フランクフルト-フィレンツェ
サンドイッチと飲み物(アルコールも有り)。

(座席) =
成田-フランクフルト:
航空券をエコノミークラスで購入後、
アップグレード・ポイントを利用してアップグレードした。
購入後すぐ申し込み、ほとんど日を置かずに、アップグレードが決定した。

(マイレージ) =

(航空券の入手方法と時期) = 2013年5月に、ANAのWebから手配。

(価格) =
航空券:
燃油・諸税:
合計:

(2013年12月下旬 riviereピエタ 様)


(LH)(NH)フィレンツェ-フランクフルト-成田


(搭乗時期) = 2014年1月上旬

(航空会社) =
フィレンツェ-フランクフルト: ルフトハンザ(LH)
フランクフルト-成田: ANA(NH)

(搭乗クラス) =
フィレンツェ-フランクフルト: エコノミークラス
フランクフルト-成田: ビジネスクラス

(出発の空港) = フィレンツェ空港

(出発空港の様子) =
店舗は少ない。品揃えも期待できない。やはり、土産は市内で買うべき。

セキュリティチェック前に、スター・アライアンスで利用できるラウンジあり。
袋入りのパンやコーヒー、ジュースなどがあった。

(乗り継ぎ地) = フランクフルト

(到着地&ターミナル) = 成田空港 第一ターミナル


(機体) =
フィレンツェ-フランクフルト
機種:               配列:

フランクフルト-成田
機種:B777-300ER スタッガード   配列: 


(機内食・飲み物) =
フィレンツェ-フランクフルト:
パウンドケーキのような軽食と、飲み物。

男性の客室乗務員が、「あなたはコーヒーでしょう?」という感じでコーヒーを勧めてきた(根拠は謎だが)。
別のものが飲みたかったのだが、言いにくかった。

フランクフルト-成田:
1回目
洋食か、和食かの選択。
往路よりも手際が悪い感じで、なかなか次の料理が出てこず、だんだん眠くなっていった。
とはいえ、味は美味しく満足。

2回目は、自分の好きなタイミングで頼める。

(座席) =
フランクフルト-成田:
エコノミーで購入後、アップグレード・ポイントでアップグレード。
航空券購入後にすぐ申し込み、搭乗2週間前くらいにアップグレードが決定した。

 (2014年1月下旬 riviereピエタ 様)







2012年12月

(NH)(AF)成田-フランクフルト-パリ Y
(航空会社) =
成田-フランクフルト: ANA(NH)
フランクフルト-パリ: エールフランス(AF)

(搭乗クラス) = エコノミークラス


(出発の空港) = 成田空港 第二ターミナル

(出発空港の様子) =



(乗り継ぎ地) = フランクフルト

(乗り継ぎ空港) = フランクフルト空港ターミナル1→ターミナル2

ターミナル間は、構内電車で移動した。

飛行機を降りたところで、ANAのスタッフ(日本語可)が、移動の仕方を教えてくれた。
「ターミナル移動の前に、入国手続きをして下さい。」と言われたが、入国手続きをせずとも、電車乗り場まで行けてしまった。慌てて分岐点まで戻り、まだ 残っていた添乗員に確認すると、ちょっと困った顔で「こちらでも出来ますが、ターミナル移動した後でも、入国手続きは出来ますよ」と言われた。せっかく 戻ってきたので、移動前に入国手続きを済ませて、ターミナル2へ移動。ターミナル2は不安になる位、閑散としていた。

チェックイン→手荷物検査→搭乗 と進むが、その間、入国が済んでいるか確認する様な所はなく、危うく入国審査をせずに、フランスへ行ってしまうところだった。フランス着後も、入国のチェックはなかった。

預け荷物は、成田からパリまで、スルーで良かったが、ANAとエールフランスの提携がないため、フランクフルトでチェックインが必要だった。乗り継ぎ時間は1時間50分あり、余裕だった。


(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2F

(到着空港の様子) = 大晦日の夜だったからか、もの凄く閑散としていた。店や窓口などは、全体的に閉まっていた。旅行客が少ないせいもあり、怪しい人の率が高かった。

ロワシーバスの乗り場までの通路に、ATMがあった。利用したかったが、通路を挟んで向かい側に、ずっと怪しい人が居たため、使えなかった。バスの待ち時 間の間、何度か挑戦しようとしたが、本当にずっと居て、ダメだった。別の場所に行こうかと思ったが、移動しようとする方向にも怪しい集団がいて、そちらの 方向に行こうとすると、集団もざわざわ動き始めたので、引き返した。

(機体) = 機種:             配列:

(機内食・飲み物) =
フランクフルト-パリ:
フライト自体、1時間半ほどだったので、飲み物のみ。大晦日だった事もあり、シャンパンのサービスがあったようだ。言葉が分からず、「No」と言ってしまい、飲み損ねた・・・。

(航空券の入手方法と時期) =

(価格) = かなりお得な価格だと思う。
航空券:
燃油・諸税:
合計: 約110,000円強。

(2012年12月 高槻巌 様)




2012年8月



(NH)(AF)成田-フランクフルト-パリ C

(航空会社) = 成田-パリのエールフランスが欠航になり振替。

成田-フランクフルト: ANA(NH)
フランクフルト-パリ: エールフランス(AF)

(搭乗クラス) = ビジネスクラス

(出発の空港) = 成田 第一ターミナル

(出発空港の様子) = 急に乗り継ぎになったため、事前に調べるなどの準備(心の準備も含めて)を全くしていなかったので、慌てた。

成田でのチェックイン時に、荷物はパリまでスルーできた。
が、フランクフルト-パリの搭乗券は発券できなかった。



(乗り継ぎ地) = フランクフルト ターミナル2か

(乗り継ぎ空港) = 成田で、「フランクフルト空港では、乗り継ぎの表示に従って行けばカウンターがあるから大丈夫」と言われたが、実際は一旦はフランクフルトで シェンゲン の入国審査を受け、制限区域内から出る。そして、あらためて、エールフランスのチケットカウンターに行かなくてはならなかった。

たまたま乗り継ぎ時間が3時間あったから良かったが、ギリギリだったら乗り遅れたかも。


(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2D



(機体) =
成田-フランクフルト:
 機種: B777-300   配列:
 最新のビジネスシート 互い違いに配置でプライベートな空間に。
 よって、同行者とのコミュニケーションは取り辛い。

フランクフルト-パリ:
 機種: A318  配列:

(機内食・飲み物) =
成田-フランクフルト:
 1回目: 牛ヒレステーキ等
 2回目: 自由に(うどん、ラーメン、ハンバーガー、和定食等) 
フランクフルト-パリ:
 カナッペ、タルト、フルーツサラダ、シャンパン

(座席) =

(機内販売) =

(マイレージ) =

(トラブル) = 予約はエールフランスの成田-パリであったが、当日、空港のチェックインカウンターで欠航を知った。当日朝に到着予定だったパリ⇒成田便が機材トラブルで欠航になったため。

ビジネスクラスの乗客は事前に振り替え作業が済んでいた模様で、エールフランスのカウンターでは、まるで何事も無かったかのように、
「本日は全日空のフランクフルト経由で行って頂きます。」と言われた。

こちらから聞かないと、何が起こったのか全く説明が無かった。

しかも振り替えの便が、当初の便よりも早い出発だったので、少々慌てた。

(航空券の入手方法と時期) = 7月頃、JALのマイレージにて提携航空会社特典航空券として取得

(2012年8月下旬 Mega Boobie 様)






 
トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > NH フランクフルト便