トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > NH 成田-パリ 2013年


フランスへいく エアライン  Airline 
NH 全日空(ANA)  NH 成田-パリ 2013年

24 Nov.2013 / 15 Feb.2014  経験談追加

 
 
シャルル・ド・ゴールのターミナル1着

 

ターミナル1については ターミナル1図 | ターミナル1施設など参照

ANA

 


2013年12月


成田-パリ Y


(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 成田空港

(出発空港の様子) =
カフェがあり、そこでスープを飲んだ。
メールアドレスを登録すると、Wi-fiが使えた。

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(到着空港の様子) =
一刻も早く送迎タクシーに乗りたかったので、あまり観察しなかった。

(機体) =
機種: B777          配列: 3-3-3

(機内食・飲み物) =
食事は2回。それぞれ、和食と洋食から選べた。

1回目の和食は釜揚げシラス丼で、美味しかった。

2回目の和食は鮭ご飯だったと思う。これも、なかなかの味だった。

飲み物は、各種ジュース、コーヒー、紅茶、缶ビール、赤白ワインなど。
ANAオリジナルの、かぼすジュースが美味しかった。

(座席) =
座席は後方の中央3席のうち、通路側と真ん中。
シートは狭かった(当方、身長178cmの男性)。
リクライニングも雀の涙ほどだった。成田エクスプレスの方が、よっぽど快適だった。
それでも、腰当てと、ビーズクッション(無印良品)を持参したおかげで、
それなりに快適ではあった。

パーソナルモニターがあり、映画や音楽を楽しむことができる。
しかし、備え付けのヘッドホンは最悪。うまく頭にフィットしないし、音も悪かった。持参したiPhone用のヘッドホンを使うと、問題は解消した。

(マイレージ) = (   )に、約3000マイル加算。
加算率は不明。旅行会社にマイルを貯めていることを伝えて、登録を依頼した。これが正解で、登録したおかげで、iPhoneのANAアプリから事前座席指定、オートチェックイン機能が利用できた。

(トラブル) =
後方の座席だったので、1回目の食事は、既に洋食は無くなっていて、和食しか残っていなかった。ただし、そのことを乗務員が配慮して、2回目の食事では好きな方を優先的に選ぶことができた。この心遣いには感謝している。

(航空券の入手方法と時期) = 9月下旬に、空の旅社でツアーを手配。
そのツアーはエールフランス利用だったが、申し込みの時点で既に満席とのことだったので、ANAを勧められた。ツアー代金に、片道15,000円の追加料金が加算された。

(価格) = ツアーに含まれているため、不明。
(2013年12月下旬 動く化石 様)


パリ-成田 Y


(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(出発空港の様子) = チェックイン→出国審査→手荷物検査という順番。

出国後
手荷物検査までの間に免税品や簡単なレストランなどがあった。


手荷物検査後
そこはすぐ搭乗口だったが、そこには簡単なキオスクとバーがある程度。
しかも、搭乗1時間前くらいにならないと営業しない。手荷物検査後に暇つぶしは難しい。



(到着地&ターミナル) = 成田空港 第一ターミナル 南ウィング




(機体) = 機種: B777、  配列: 3-3-3

(機内食・飲み物) = 2回。和食と洋食から選べる。

1回目:
和食はシーフードカレー。
洋食は鶏肉のトマトソース煮込み。
洋食を頼んだがあまり美味しいと感じなかった。

2回目:
和食は茸のお粥、洋食はオツレツとラタトゥイユ。
和食を頼んだ。茸とは椎茸のことで、彩も悪く、食欲をそそられるものではなかった。
洋食のラタトゥイユは少なかった。

ドリンクは往路と同じ。

(座席) = 中央3席のうち、左から2席。
シートの狭さ、備品のヘッドホンの質の悪さなどは往路と同じ。

(機内販売) = 不明。

(マイレージ) = ANAに 約3,000マイル 加算された。

(トラブル) = 税関申告書について。機内でかなり早くから配布されていた。

無知で、日本入国者は全員必要と言われたのは着陸1時間前になって初めてだった。配布当初からそのようにアナウンスして欲しかった。
こちらに常識が無さ過ぎることも問題だとは思うが。※

 (2013年12月下旬 動く化石 様)




管理人補記

※以前とは制度がかわり、帰国の機内で全員記入する必要があります。

http://www.customs.go.jp/kaigairyoko/nyuukoku.htm
http://www.customs.go.jp/kaigairyoko/shinkokusho.htm
枚数や書くものは、上記税関HPをみておくと心強いでしょう。


また、機内でもらい損ねた場合も、日本の空港の税関手前にありますので、そこで
落ち着いて記入できます。

パスポート番号や便名等は、旅行時の緊急メモを活用すると、いちいち荷物を出しいれせずにすみます。
とくに不慣れ・手のかかる同行者(^^;)がいる場合、全員分のデータを記しておきましょう。
(署名だけは必ず当人にしてもらってください)





成田-パリ Y

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 成田空港 第一ターミナル 南ウィング



(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1



(機体) =
機種: B777         配列:

(機内食・飲み物) =
食事は2回。
洋食を選択。チーズハンバーグ、パスタ、温野菜だった。

(座席) =
ビジネスクラスの内装が、ひと昔前のものだったので、
機体は少なくとも6年以上前のものだと思う。

(機内販売) = ラデュレの化粧品セットが、新しく追加されていた。

(マイレージ) = (   )に、(   )%加算。

(航空券の入手方法と時期) = ANAのWebで手配。
1名は2月に、マイル利用の特典航空券として、1名は8月に、通常の正規割引運賃で購入。

(価格) =
特典航空券
航空券:
燃油・諸税: 約50,000円
合計: 約50,000円

正規割引運賃
航空券:
燃油・諸税:
合計: 約160,000円


(2013年12月下旬 Aikyo.V 様)


パリ-成田 PY

(搭乗クラス) = 上級エコノミー

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(出発空港の様子) = エルメス、ラデュレなど、免税店が増えていた。
出国後の飲食店は、cafe412と、cafe408という名前のスタンドが2軒あった。

(到着地&ターミナル) = 成田空港 第一ターミナル 南ウィング



(機体) =
機種:             配列: 2-3-2

(機内食・飲み物) =
機内食は2回。
1回目
食事の内容は、通常のエコノミークラスと同じだが、
ビジネスクラスのデザートが、追加で出てきた。

途中
注文すればインスタントの蕎麦、ラーメンが食べられる。

2回目
軽食が出された。

(座席) =
ビジネスクラスの内装が、ひと世代前のものだったので、
機体は少なくとも6年以上前のものと思われ、上級エコノミーの座席も古い。
20年前のビジネスクラスの座席を利用していると思われるが、
エコノミークラスより幅が約15cm広く、縦は約120cmだった。
フットレストはエコノミークラスより充実しているので、だいぶ楽ではあるが、
最新の機体を利用してみたかった。

(2013年12月下旬 Aikyo.V 様)








2013年10月




成田-パリ Y

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 成田空港 第一ターミナル 南ウィング

(出発空港の様子) = 自宅を慌てて出たので、靴の踵がすり減っているのに気づかなかった。JRの駅から空港への入り口右脇にあったリアットで修理し、助かった。


(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(到着空港の様子) =
建物がドーナツ型で迷わないのは良い。が、聞いていた以上に薄暗く、
免税店も、チョコレートなどがそれなりに置いてあるだけのように見えた。

ターミナル間のシャトルが出ている最下階の売店が比較的広かった。
飲み物やサンドイッチ、パスタサラダなどの食料を売っていた。

到着が夜で、ホテルにチェックイン後、外出したくない場合は、
ここで調達してから、ホテルに向かうのもよいかもしれない。

(機体) =
機種:          配列:3-3-3

(機内食・飲み物) =
出発後
スナック、冷たい飲み物。

2回
いずれも和洋からの選択だった。
カロリー表示があり、食事制限のある人も調節しやすい。

1回目:
ペットボトルの水あり。
食事後にアイスクリームの配布あり。

一度にたくさん食べられないなので、スナックや個別包装された1回目のパンをとっておいた。機内食の間に食べると、調度よかった。

消灯後も、水を持った乗務員が頻繁に通路を往復していた。

2回目:


(座席) = 翼の上、通路側。前の座席を倒されても、さほど圧迫感はなし。

備品は、枕、毛布、ヘッドフォン。

パーソナルモニターあり。

(機内販売) = 品物は、アジアを含むANA他国路線とほとんど共通のように感じた。

フェラガモのネクタイ、ストール、エトロのスカーフ(デリー)、ティファニーのプチネックレス、
フルラのバッグ、香水(ブルガリ、エルメス、クロエ)、美容液等(エスティローダー、SK2、カリタ、ジュリーク)、

化粧品(サンローランのラディアントタッチ、ディオールのコフレやアディクトのセットなど)。
ロクシタンのハンドクリーム、シアバター詰め合わせは、土産用にいいと思った。

(マイレージ) = ANAのマイレージに(   )%加算。

(航空券の入手方法と時期) = 10月上旬に、ANAのWebで手配。

(価格) = ANAのエコ割。
航空券:
燃油・諸税:
合計: 約230,000円

(2013年10月下旬 ナイルのクロエ 様)


パリ-成田 Y 夜便

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(出発空港の様子) =
出国前
店舗は、ターミナル間シャトルが出ている最下階の飲食施設、売店が一番広く、土産の最終購入などにも利用しやすかった。職場などの土産に適した、個別包装の菓子の詰め合わせなどが、比較的豊富だった。フォション、マキシム等あり。

エリアの半分は食品で、長いバゲットやサンドウィッチ、サラダなども売っていた。
もう半分は、マグカップ等の土産や新聞、雑誌など。

出国後
出国前の売店の、小規模バージョンあり。
また、ブランド店はブルガリ、ロレックス、エルメス、バーバリー等の複合店があったが、店舗のスペースはとても小さかった。

搭乗ゲートの前に、有人のドリンクカウンター、自販機あり。

(到着地&ターミナル) = 成田空港 第一ターミナル

(到着空港の様子) =
到着ゲートから入国審査までかなり歩く。歩行通路に沿ってトイレあり。
しかし、寄り道している間に他路線の便と到着が重なると、入国審査に行列ができ時間がかかるので、私は先に入国審査を済ませ、荷物がターンテーブルに出てくる間の待ち時間にトイレに行くことにしている。

荷物受取場の左右両端にトイレがあるので、そこを利用。

(機体) =
機種:          配列:3-3-3

(機内食・飲み物) =
回数や形式は、往路と全く同じ。

(座席) = 往路とほぼ同じ番号の座席に座ったため、場所や備品も共通。今回初めてANAの欧州路線を利用したが、往復とも化粧室が清潔に保たれていて、とても良かった。

(2013年10月下旬 ナイルのクロエ 様)



成田-パリ C

(搭乗クラス) = ビジネスクラス

(出発の空港) = 成田空港 第一ターミナル 南ウィング

(出発空港の様子) = 有人の両替所は、列を作っているところもあったが、両替機は出国前も後も、あちらこちらにある。今回は手持ちのユーロがあったので、利用しなかったが、

両替する時は、ANAのマイルが加算される京成ターミナルビル駅のトラベレックスを利用する。ANAの上級会員はレートの優遇もあり。

出国後の飲食店は、少なめだと感じた。

(到着地&ターミナル) = シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(到着空港の様子) = 「入国審査は混んで時間がかかる」と聞いていたが、とても空いていた。あっという間に入国審査を通り、長いエスカレーターを人の流れについて行くと、荷物もそれほど待たずに、出てきた。そこから税関までもスムーズで拍子抜けした。

税関を抜けると、正面に案内所があったので、パリ・ミュージアム・パスが買えるか尋ねると、“Porte4”の先に、観光案内所があるとの事。早速そこで、パリ・ミュージアム・パスとカルネを購入した。

パリ市内までの専用車を頼んでいたので、1階下の階まで、すぐそばのエレベーターで移動した。と、ここまで飛行機を降りて30〜40分位だったような気がする。

エレベーターは大きい。トイレは混んでいなかった。

(機体) =
機種: 777-300er          配列: 2-3-2

(機内食・飲み物) =
食事は2回。それぞれ、和食、または洋食から選択。

1回目
和食: 前菜、お造り、小鉢、主菜(鰤西京焼き)、きのこ炊き込みご飯、味噌汁。
洋食: 前菜、主菜(国産牛のシチュー、または真子鰈のミラノ風)、パン。
デザート: 和栗のモンブラン、またはロゼャンパンムース。
飲み物: シャンパン、白ワイン2種、赤ワイン2種、他アルコール各種。
その他、コーヒー、紅茶、ソフトドリンク10種類以上。

今回はシチューを選択。赤ワインを飲みながらゆっくりと食事ができて、美味しかった。
デザートは、モンブランとムースの両方を進められどちらも頂いた。
モンブランは甘さ控えめながら、美味しかった。

2回目
和食: 口取り、小鉢、主菜(魚すき煮)、ご飯、味噌汁。
洋食: 前菜、主菜(長州鶏とトルテリーニ)、パン。
飲み物: 上に同じ。

軽めの食事:
チーズプレート、季節の果物、アイスクリーム、フレッシュサラダ、舞茸うどん、一風堂ラーメン、クロックムッシュ等から、いつでも依頼できた。

2回目はおなかが空いていなかったので、食事はとらず、
軽めの食事の中から、クロックムッシュを注文。
野菜サラダもついて、一皿盛りながら、十分な量だった。

(座席) =
中央通路側。
残念ながら、新仕様機ではなかったので、座席はスタッガードのフル・フラットではなかった。が、隣席が空いていたので、前を通る人がおらず、ゆっくりできた。

座席に、パソコン電源あり。備品は、アメニティキット、スリッパ等、持ち帰り可。カーディガンは貸出し。


(マイレージ) = ANAのマイレージに125%加算。

(トラブル) =
トラブルではないが、通路を挟んだ窓側2席の女性2名がずっとおしゃべりをしていた。また、機内食を全食制覇するつもりなのか、しょっちゅう乗務員を呼んでは食べ物や飲み物を依頼するので、落ち着かなかった。話し声はヘッドセットで防げるが、人の気配はちょっと気になる。

料金に含まれているといっても、そんなにムキになって飲み食いしなくても、と思った。

(航空券の入手方法と時期) = 約2ヶ月前に、ANAのWebから直接購入。

(価格) =
航空券: 440,000円
燃油・諸税: 56,760円
合計: 496,760円
サブクラス: Z

(2013年10月中旬 ダイバードでピサ  様)










2013年9月



成田-パリ PY

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 成田空港

(出発空港の様子) = 両替はターミナル内にあるが、いつも混んでいるので前もって、市内で替えておくようにしている。


(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1


(機体) =
機種: B777-300ER       配列: 2-4-2

(機内食・飲み物) =
食事は2回とも、和食、または洋食から選択。どちらも和食にした。

1回目
穴子飯。

2回目
三色ご飯。少し塩味がきつめかなと感じたが、美味しかった。

(座席) =
スリッパやアイマスク、耳栓などあり。
ヘッドホンは、ノイズキャンセリング機能付きだった。

(機内販売) =
ANAカードで支払えば割引があり、
パリ市内で買って免税になるより、安いかもしれないと思った。(1ユーロ=約132円当時)


(マイレージ) = (   )に、50%加算。 以前は70%だったのだが。

(航空券の入手方法と時期) = 2013年6月に、ANAのWebで購入。

(価格) =
航空券:
燃油・諸税:
合計: 約160,000円
 
(2013年9月下旬 まりお74 様)



 
 
トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > NH 成田-パリ 2013年