トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > NH 成田発 2012年


フランスへいく エアライン  Airline 
NH 全日空(ANA)   2012年

  25 Apr. 2012 / 23 Jan / 24 Nov..2013 経験談追加

 
 
シャルル・ド・ゴールのターミナル1着

 
 
シャルル・ド・ゴール空港では 非常に評判のよろしくないターミナル1発着となる。
この点は、十分注意。

ニースに乗り継ぐ場合、 CDGでターミナル1とターミナル2を大移動する必要がある。注意。

復路 CDG ターミナル1の 買い物はほとんど期待しないこと。
 
 

ターミナル1については ターミナル1図 | ターミナル1施設など参照

ANA

 


2012年12月



成田-パリ C

(搭乗クラス) = ビジネスクラス

(出発の空港) = 成田空港

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港

(到着空港の様子) =
入国審査は、最初は窓口が1つしか開いていなかったので、時間がかかった。

(機体) =
機種:B777    配列:1-2-1、2-4-2(交互に配列)

(機内食・飲み物) =
1回目
搭乗後、約2時間後。洋食を選択。ステーキは柔らかくて、美味しかった。

その後は、自由に注文する。
マンダリンオリエンタル東京のレシピという洋食。美味しかった。

(座席) =全席通路側というシート。

前席のサイドテーブルの下に自分の足がもぐりこんで、座席がフル・フラットになる。しかし、私は身長が高いので、足がつかえて伸ばせなかった。また、座席の幅が狭いので窮屈だった。

隣の同行者との間は、テーブルと仕切りがあり、席に座ったままでは話しづらい。ひとり旅のビジネス目的には向くが、連れがある休暇旅行には不向きかと思う。

20年以上、ANAの国際線に乗っているが、アップグレードは今回が初めての経験。前日にネットでチェックインした時点で、ビジネスクラスにアップグレードされたことは判明していた。

(マイレージ) = ANAに、70%加算。
今回は、エコノミークラスが満席で、ビジネスクラスにアップグレードされた。したがってマイルは、エコノミークラスとして70%加算。

(航空券の入手方法と時期) = ANAのWebで、9月中旬に予約、発券。

(価格) = スーパーエコ割21
航空券:
燃油・諸税:
合計: 170,000円
サブクラス: 往路S

(2012年12月下旬  debu-kun  様)




成田-パリ PY

(搭乗クラス) = 上級エコノミー

(出発の空港) = 成田空港 第一ターミナル

(出発空港の様子) = 年末の出国ラッシュと言われる日だったので、免税店も少し混雑していた。特に、ドラッグストアが混み合っていた。


(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1


(到着空港の様子) = 観光案内所で色々なチケットを販売しているので、まとめて購入するのも良いと思う。パリ・ミュージアム・パスや、エールフランスバスの切符なども購入できる。今回は、エールフランスバスの往復切符を購入した。


(機体) =
機種:B777-300ER              配列:2-4-2

(機内食・飲み物) =
機内食2回。
メニューは事前に、航空会社のHPで確認できる。
1回目の機内食後に、ハーゲンダッツのアイスクリーム。

上級エコノミーの独自サービスとして、ミネストローネがあった。

(座席) = エコノミーで予約していたが、満席のため、上級エコノミーにアップグレード。ビジネスクラスのすぐ後ろで、上級エコノミー最前列。中央4列席の、右側2席。

タッチパネル式のパーソナルモニターは、壁に固定されている。
パーソナルモニターに、USBポートがあるので、充電ができた。
モニターが離れているので、タッチパネルの機能は使えなかった。

レッグレストあり。フットレストは、1番前の席のため、なし。前がいないので、足を思い切り伸ばせた。座席のポケットにスリッパあり。

(マイレージ) = (   )に、70%(4,335マイル)、+ボーナス619マイルで、
合計4,954マイル加算。

(航空券の入手方法と時期) = 2012年8月上旬に、ANAのHPから。
毎日料金が変わっていた。夜と朝でも、変わっていた。

(価格) =
航空券: 82,400円
燃油・諸税: 57,970円
合計: 140,370円

サブクラス: 往路 S、 復路  W+S (2012年12月下旬 ビブQ10 様)


パリ-成田 Y

( 様)




成田-パリ PY

(搭乗クラス) = 上級エコノミーに アップグレードされた

(出発の空港) = 成田空港 第一ターミナル

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(機体) = B777-300  

(機内食・飲み物) =
1回 
アップグレードだったので、メニューはエコノミーと同じ。

間食
エコノミーとの違いで昼食の後、温かいスープのサービスが利用できるとのことで、
注文してみた。ラタトゥイユ風味のスープ。

2回目


(座席) =
中央4席の通路側。エコノミーよりややゆったりし、隣が空席だったので楽だった。フットレストあり。

使い捨てのスリッパあり。イヤホンもエコノミーのものよりちょっぴり上質。

(機内販売) =

(マイレージ) = (     )に加算  50%

(トラブル) = 離陸直前に出発中止、遅延。

「間もなく離陸します」のアナウンス後、滑走を始め、かなりスピードが出ていた。が、ドンという衝撃の後、急減速。推測で、とっさにパンクか、と思った。

アナウンスがあって、駐機場に戻り、総点検が開始された。その間、乗客は中にとどめ置かれたが、混乱もなく、みんな出発を静かに待っていた。
点検の最中、トイレや携帯の使用OKだったこともあると思う。

翌日のフランス国内の飛行機移動が気になったり空港からホテルへの移動が深夜になるのでは、と心配になった。が、日本の航空会社なので、国内に代替機もあるだろう、と落ちついて待てた。

その間、フライトレコーダーの回収に機内に係員が入ってきたり、アナウンスで状況が逐次報告されたり、新しい出発時間も知らされた。

約2時間遅れで、出発。パリでは乗り継ぎ時間が短い客に、地上係員が対応していた。

(航空券の入手方法と時期) = ANAのサイトから、5月上旬に購入。今回は曜日の並びから帰国日の航空券がとりにくくなるかも、という見通しで早めに動いた。実際は、その後かなり値段が下がったので、ショックだった。

(価格) =
航空券:
燃油、諸税:
合計: 207,140円
サブクラス: 往路 L 復路 ( )
 
(2012年12月下旬 Bera@サンジャン 様)


パリ-成田 Y

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1


(出発空港の様子) = サテライトに向かう長いエスカレーター、照明の古さ、薄暗さは変わってないが、店舗などは少しずつ、手直しをしている感じがした。

地下の売店ルレを利用。
出国手続きの後の店舗街に、小さなラデュレのスタンドあり。また、長いエスカレーターに乗る前に地上階を覗いたら、「プランタン 2013年春」という
ポスターが張ってあった。今まで免税店街にあったプランタンとは、違った感じになるのかな、と興味津々。

免税事務所は地下の、売店ルレやマクドナルドがあるフロアーに移動。


(到着地&ターミナル) = 成田空港 第一ターミナル


(機体) =
機種: B777-300          配列: 3-4-3

(機内食・飲み物) =
機内食2回。
自分は、帰りの飛行機はずっと寝ているので、食事はとらず飲み物のみ貰った。自分が起きた時に、「食事を持ってきましょうか」と乗務員に声を掛けられた。

(座席) = 非常口席。

(マイレージ) = (   )に、70%加算。

(トラブル) = 搭乗手続きの際、預け荷物が25kgになっていた。

職員からは「出して、手荷物に移せば大丈夫」と言われたが、パンパンに詰まったスーツケースを開けるのは恥ずかしいので、追加料金を支払うことにした。23ユーロ。現金で支払ったが、カード払いもOKのようだった。

今まで重量制限に引っかかったことはないので、ちょっとショックだった。
いつもだったら、スケールで重さを量りながら荷づくりをしていたのに、体調不良で、帰国当日に急いで買い物をし、コリッシモの発送とスーツケースのパッキングをしたため、旅の最後の痛恨事となった。

同じように重量制限に引っかかり、スーツケースを開けて荷物の移し替えをしている人も見かけた。
  
(2013年1月上旬 Bera@サンジャン 様)



成田-パリ Y

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 成田空港 第一ターミナル

(出発空港の様子) = 免税店がいくつかあり。当日の搭乗ゲートは、出国審査場の近くだった。

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(到着空港の様子) =

(機体) = 機種:                配列:

(機内食・飲み物) =
1回目: 洋食か和食(蟹玉丼)の選択。

2回目: ニョッキを食べた。

(座席) =
最後尾の中央3列席。エコノミーなので、狭いのは仕方ない。
最後尾だったので、トイレや飲み物の置いてあるギャレーが近くてよかった。

(機内販売) = あまりよく見なかったが、日本で買うよりは安いと思う。

(マイレージ) = (   )に(   )%加算可。

(航空券の入手方法と時期) = 出発3か月前に、ANAのHPから。

(価格) =
航空券:
燃油・諸税:
合計: 120,000円弱。

(2012年12月下旬 時差ボケぬんぬん  様)





2012年11月



新千歳-成田-パリ C

(搭乗クラス) = ビジネスクラス

(出発の空港) = 札幌 新千歳空港

(出発空港の様子) =
ANAのラウンジを利用。
新千歳のラウンジは、ドリンクサービスのみ。
早朝のため、あまり利用する人はいなかった。

(乗り継ぎ地) = 成田

(乗り継ぎ空港) = 成田空港 第一ターミナル 南ウィング
国内線から乗り継ぎのため、搭乗するサテライトまで、かなりの距離を移動しないといけない。
ANAのラウンジを利用。
パンは種類が豊富だったが、ご飯類はお粗末な感じがした。
ヨーグルト、果物、ソフトドリンク、アルコール、麺類(オーダー必要)などあり。
利用した日は、大変混雑していた。

国際線の搭乗口前には椅子が少なく、立って待っている人が多かった。

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(到着空港の様子) =
ターミナルがこぢんまりとしているので、何もかも分かりやすい。
トイレは綺麗で広くて、大きな荷物があっても利用しやすい。

(機体) =
新千歳-成田   機種:B737-800(73M)     配列:3-3 
成田-パリ    機種:B777-300ER        配列:1-2-1 

(機内食・飲み物) =
1回目
コース料理。和食、または洋食から選択。洋食を選んだ。
アミューズ:おつまみと食前酒。
前菜:愛媛産鯛のマリネ わさび風味の薔薇仕立て 秋野菜添え。
主菜:国産牛フィレステーキ 和風ソース。
御飯、味噌汁、香の物(パンも選択可)。
デザート:ピエールエルメとコラボした、ショコラのパフェ。
牛フィレステーキが大変美味しくて、おかわりしたい程だった。

2回目
和食、または洋食から選択。和食を選んだ。
湯河原の旅館「石葉」とのコラボレーション・メニュー。
前菜:蓮根真丈、厚焼玉子、牛しぐれ煮。
主菜:金目鯛の煮付けとしらす御飯。
味噌汁、香の物。

その他に、好きな時に好きなものを注文できる。
チーズ、フルーツ、サラダ、うどん、ラーメン、牛丼、スープ、ハンバーガー、
アイスクリームなどの軽食、ドリンク(アルコール含む)など。

(座席) =
新千歳-成田:
非常口横の座席は、前に座席があっても足元が広い。

成田-パリ:
1列目の窓側。新仕様の機種で、全席通路側のスタッガード・シート。フルフラットになる座席なので、全く疲れなかったが、座席の幅は、エコノミークラスとさほど変わらない気がする。枕、掛け布団、ヘッドホンあり。

(マイレージ) = 特典航空券のため、加算なし。

(トラブル) = 出発してしばらくの間、天候が悪くかなり揺れた。酔ってしまい、乗務員に薬を頼んだ。すぐに気分は良くなったが、その後も乗務員の気遣いがあった。

(航空券の入手方法と時期) = 搭乗355日前に、ANAのWebより予約。

(価格) = マイル利用による、特典航空券。
(2012年11月下旬  トリアノン・ローズ 様)

パリ-成田-新千歳 C
(搭乗クラス) = ビジネスクラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(出発空港の様子) =
出国前
スターバックス・コーヒー、マクドナルド、郵便局、カフェ、サンドイッチスタンドなどあり。トイレは綺麗で広い。車椅子対応のトイレなら、荷物カートごと入れる。

出国後
小規模だが、免税店は数店舗あり、土産の買い忘れもカバーできるだろう。

(乗り継ぎ地) = 成田

(乗り継ぎ空港) = ANAラウンジにはシャワールームが3部屋、マッサージチェアもあり。飲み物しか利用しなかったが、空いていた。マッサージ店(リフレクソロジー)ラフィネに予約を入れていたので、施術を受けたが、隣の客のいびきが酷くて、全然休まらなかった。

国内線への乗り継ぎの間には、セキュリティーチェック通過後に、小さな店が1軒だけ。夜遅い便だと、おにぎりなどは売り切れており、麺類の注文しかできない。
時間に余裕があれば、セキュリティーチェック通過前に、食事を済ませた方が良い。

(到着地&ターミナル) = 札幌 新千歳空港

(機体) =
パリ-成田    機種:B777-300ER       配列:1-2-1
成田-新千歳   機種:B737-700(73P)     配列:

(機内食・飲み物) =
1回目
和食、または洋食から選択。和食を選んだ。
前菜:季節の前菜の盛り合わせ。
炊き合わせ:蛸の柔らか煮。
酢の物:蟹身のタルタルソース掛け。
主菜:真鱈の幽庵焼き。
御飯:御飯、味噌汁、香の物。
デザート:抹茶とバニラのアイスクリーム(果物やパフェの選択も可)。

2回目
和食、または洋食から選択。洋食を選んだ。主菜:スクランブルエッグのクレープ包み。パン:モーニングブレッド バターとイチゴジャム。デザート:季節の果物。

他にもチーズ、果物、サラダ、うどん、ラーメン、牛丼、スープ、ハンバーガー、アイスクリームなどの軽食、ドリンク(アルコール含む)を、好きな時に注文可。

(座席) =
パリ-成田
新仕様の機種で、全席通路側のスタッガード・シート。

(トラブル) =
国際線には持ち込めた手荷物が、国内線乗継の際に「サイズが大きすぎて、X線通過不可」と言われ、バックから中身を色々出された。検査が終わった後に、詰め直すのに一苦労した。

(2012年11月下旬  トリアノン・ローズ 様)



成田-パリ  Y


(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 成田空港

(出発空港の様子) = 南ウィングのゲート40番台周辺は、免税店や飲食店が少ないので、買い物や両替は、出国審査から出てすぐの辺りで済ませる。

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(到着空港の様子) =


(機体) =
機種: B777          配列:

(機内食・飲み物) =
食事2回。それぞれ和食、または洋食から選択。

白ワインとスプライトを頼んで、スプリッツァーにして飲み、すぐ寝ることにしている。

(座席) = 翼の上だった。

(マイレージ) = (   )に(   )%加算。

(航空券の入手方法と時期) = 2012年5月頃、Webで手配。

(価格) =ホテル付きプランに含まれているため、不明。

(2012年11月中旬 Brianと2ショット 様)

パリ-成田 Y

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(出発空港の様子) = バスで空港に到着する際、わざとターミナル2で降車して、ポールのマカロンかサンドイッチを買ってから、ターミナル1にCD-VALで移動し、食べながら時間を潰している。

トイレは地下階の方が、広いように思う。改装が終了したのか、カフェもでき、少し明るい感じになっていた。

(到着地&ターミナル) = 成田空港

(到着空港の様子) =

(機体) =
機種: B777          配列:

(機内食・飲み物) =
食事2回。それぞれ和食、または洋食から選択。

(座席) = 翼の上だった。
(2012年11月中旬 Brianと2ショット 様)






2012年9月
 
成田-パリ Y
 (搭乗クラス) = エコノミークラス


(出発の空港) = 成田空港 第一ターミナル

(出発空港の様子) = 売店やトイレを利用したが、清潔で不便はなかった。
私は利用していないが、トイレには着替えの個室があり、飛行機は寛げる服の方が良いと思うので、便利だと思う。

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(到着空港の様子) =

(機体) =
機種: 77W      配列:

(機内食・飲み物) =
1回目
離陸後、約1時間後。和食、または洋食から選択。和食は穴子飯だった。
食後にアイスクリーム(ハーゲンダッツ)の配布あり。食べ終わって早く眠りたかったが、アイスクリームの配布に時間が掛かっていた。

2回目
到着の約2時間前。
和食、または洋食から選択。同じく和食を選び、鮭フレークが乗ったご飯だった。おかずは1回目、2回目共に、煮付けが多かった。

飲み物は緑茶、オレンジジュース、林檎ジュース、ペリエ、水、アルコール。
緑茶は温かいものを頼むと、後で持って来る様だった。
食後にも緑茶やコーヒーのサービスあり。

食事を下げるのに、時間が掛かっていた。

(座席) =
新しい機体の様だった。
座席は一番後ろの2列席に、同行者と2人でだったので、気兼ねなく良かった。すぐ後ろがトイレなので、食事の後など混み合ってる時は、人が並んでいたが、人が少なくなったのを見計らって、席を立てた。

飲み物や菓子も取りに行きやすかったが、もちろん人の往来も多い。
ただ機内は照明を落としているので、そんなに気にならなかった。

(トラブル) =
トラブルというほどではないが、リクライニングの仕方が分からなかった。
後ろに倒れるのではなく、座席がスライドするタイプで、動かすのにコツが必要だった。
慣れれば快適。前の人が倒しても、自分のテーブル等は動かないので安心だった。

(航空券の入手方法と時期) = 3ヶ月前に、ANAのHPから手配。

(価格) =
航空券:
燃油・諸税:
合計: 約200,000円

(2012年9月下旬 みずたまいちご 様)


パリ-成田 Y

 (搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(出発空港の様子) =
トイレはとても綺麗だった。搭乗口近くのトイレは、インテリアも可愛らしかった。

(到着地&ターミナル) = 成田空港 第一ターミナル

(到着空港の様子) =
搭乗口近くの立ち食い蕎麦屋でうどんを食べた。
九州のうどんに慣れている私には、関東のうどんは辛くて口に合わなかった。

(機体) =
機種: B777-300ER (77W)     配列: 

(機内食・飲み物) =
1回目:
 離陸後、約1時間後。
 和食はイボ鯛の照り焼きと、ゆかりご飯だった。味噌汁が塩辛かった。
 食後にアイスクリームの配布。配布に時間が掛かっていた。

2回目:
 着陸約2時間前。
 和食は鮭のお粥。
 パンがとても硬く、パサパサだった。今時日本でも見たことがないくらい。
 さっさと食べ終えて眠りたかったので、食後に自分でトレーを下げに行った。

(座席) = 中央部、ブロック最前列の通路側。足元は広々としているが、荷物を置く場所がなかった。離陸後は、小さなものだったら足元に置いて良かったのだが、「離発着時は、前のブロックの一番後ろの座席の下に置くか、荷物入れに上げてください」と乗務員に指示された。

リラックス用品など機内荷物の多い私には、少々不便に感じた。

(2012年9月下旬 みずたまいちご 様)




パリ-成田 Y

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(出発空港の様子) = ターミナル2Eと比べると、こぢんまりとしていて、アジア系航空会社のチェックインカウンターは手際が良い感じだったので、チェックイン時のトラブル無し。

パリ市内からきたロワシーバスは最初にターミナル1に停車。降りる人が少ない場合が多いので、スーツケースを取り出しやすいようにしておく方がよかった。

10年ぶりのターミナル1利用。以前よりは少し明るくなっていた。

ターミナル2と比較するとこぢんまりしているので、チェックインカウンターはすぐ分った。中華航空、アシアナ航空とチェックインカウンターが近いので、アジア系の人々が群れをなしていた。

ANAのチェックインカウンター付近に、自動チェックイン端末が1台あり。端末には数人が並んでいる程度で、自動チェックインを推奨する雰囲気はあまり感 じられず。メッセージに従い操作できるので、数分で終了した。エールフランスの端末のように、パスポートを読み取らせることも不要。簡単な数字の入力等を するだけ。

「搭乗券は印刷しないように」と端末に書かれていたので、チェックイン終了後に荷物預け専用カウンターに行ったら、担当者から搭乗券は?と聞かれた。「印刷しないように、と表示がされているけど・・・」と伝えて、その場で発券してもらった。

チェックイン待ちで並んでいる人の進み方は速かった。

自分が端末でチェックインして、荷物を預け終わった頃には、カウンター前の列はほとんど解消していた。

ターミナル2Eの賑やかさには惹かれるが、あのチェックインカウンターの列にはもう並びたくない。

免税カウンターは、チェックインカウンターがあるフロアの1階下の到着フロアにあった。

パブロ端末が1台、窓口担当者が2名。チェックインカウンターの中華航空の列とアシアナ航空の列を見ていたので、長蛇の列を覚悟して行ったら、数人、中国人が手続きしているだけで、閑散としていた。数分で手続き終了、担当者も暇を持て余しているようだった。

出国前: 飲食店はポールとカフェが数軒あった程度。

出国手続きは混雑していなかった。順調に通過、セキュリティチェックも同様に混雑していなかった。係官チェックの対象になったが、全身チェックとバッグの中の点検をしても、10分程度。

出国後: 免税店は以前よりブランド店が増えていた。エルメスとフェラガモがあった。

搭乗口付近にはカフェが1箇所のみ。トイレは小さいので女性用は列。

(到着地&ターミナル) = 成田空港 第一ターミナル

(到着空港の様子) =  羽田と比べて、ビルに入ってから延々歩いたという感じ。

(機体) = 機種: B777  配列: 2-4-2 後方は2-3-2

(機内食・飲み物) = 1回目: 和食は魚の照り焼きと野菜の煮物、フルーツ、味噌汁、洋食は牛の煮込み、スモークサーモンのサラダ、チーズとパン

ワイン(赤白)、ビール(数種類)、ソフトドリンク(ジュース(アップル、オレンジ、トマト)、
ウーロン茶、緑茶、水(ガス入りはペリエ缶))


2回目: 軽食(オムレツ、ベーコン、サラダ、パン)または体に優しいメニュー(鮭の粥)、サラダ、味噌汁)
味噌汁は、一律、置いていく。
同行者によると、往路と同じく、塩味が濃いという感想だった。

(座席) = 機内のやや後方、翼より後ろの位置。

JAL、エールフランスで乗ったことのある機種と比較すると、同じB777だが、座席の間隔が少し広く感じた。膝が前の座席にあたって狭いということが無かった。

背もたれが倒れるタイプではなく、座る部分が前後する。通路側と比較して窓側席が暑かった。原因は不明。

パーソナルモニタの横に電源サービス用USBポートがあった。着陸1時間前にサービスは終了するアナウンスがあった。

(マイレージ) = マイル加算可
 
(2012年9月上旬 ちゃちゃちゃの茶 様)


 

2012年10月


伊丹-成田-パリ Y


(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 伊丹空港 南ターミナル

(出発空港の様子) =
成田で荷物をピックアップしなくて済むよう、スルーチェックインをしたが、
手荷物預けが長蛇の列で、50分近くかかった。

ツアー集合が7時だったが、早めに行ったので6時50分くらいから列に並び、終わったのが7時40分くらい。朝の伊丹で、国際線のスルーチェックインをする場合は、要注意だと思った。そのせいで搭乗まで殆ど時間がなく、その他のことは覚えていない。



(乗り継ぎ地) = 成田

(乗り継ぎ空港) = 成田空港 第一ターミナル
成田発のツアーに伊丹から参加したので、集合場所に行く必要があり、
乗り継ぎ通路は使用せず、一旦外に出た。
集合場所までの経路は、分かりづらい訳ではないが、人が多くて歩きづらく、
スーツケースを持っていなくて良かった、と思った。

出国後に、軽くうどんでも食べようと思ったが、見つけられず。
飲食店はさほど充実しておらず、価格も空港価格で高め。
免税店は利用していないが、ざっと通った感じだと、関空とあまり変わらない印象。

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(到着空港の様子) = ツアーでの団体行動のため、飲食店等の利用はしなかった。ターミナル1は小さいので、飛行機を降りてから荷物受け取りまで、迷うことはないと思う。荷物受け取り場所の少し先に、トイレあり。すぐ側ではない。

(機体) =
伊丹-成田  機種:B777-300           配列:

成田-パリ  機種:B777-300           配列:3-4-3

(機内食・飲み物) =
伊丹-成田
飲み物のサービスが1回。無料はアップルジュース、ホットコーヒー、お茶、水。

成田-パリ
搭乗後、まず飲み物とスナック(おかきと豆)の配布。

1回目
和食(牛丼)、または洋食(白身魚のサフラントマトソース)から選択。
和食は味噌汁あり。デザートは、ハーゲンダッツのバニラアイスが別途配布された。ミネラルウォーターが1人1本あり。

2回目
和食(焼鯖と十穀米)、または洋食(鶏肉のトマト煮、ロールパン)から選択。和食にもロールパンが付いた。

軽食
ギャレーにポテトチップス(プリングルス)があった様だが、おにぎり、サンドイッチ、焼き菓子などは無かった様だ。

飲み物はワイン(赤、白)、ビール、ソフトドリンク各種。
ドリンクは、かなり頻繁に乗務員が周っていた。

(座席) =
伊丹-成田: 
後部中央列の通路側。座席は、チェックイン時に割り振られた。

成田-パリ: 
後部2人席。24時間前に自分で座席指定をして、空いていた2人席を確保。

シートピッチは、最近2年以内に利用したトルコ航空、カタール航空の機体に比べて、広めに感じた。リクライニングが、席が後ろに倒れるタイプではなく、座 席が前にずれるものだったからかもしれない。後ろの席を気にする事なく、リクライニング出来るのはありがたいが、長身の人には、シートを前にずらすと、足 元が狭くなるのが厳しいかも。パーソナルモニター、簡易なフットレストあり。

(マイレージ) = ANAマイレージクラブに70%加算。

(トラブル) = トラブルではないが、機内食の配膳、片付けは他社に比べて遅いように思った。乗務員の対応が、丁寧だからかもしれない。機内食を食べてすぐに寝たかったので、自分でギャレーに返しに行こうかと思ったくらい。

(航空券の入手方法と時期) = ツアーに含まれているため、不明。

(価格) = ツアーに含まれているため、不明。

(2012年10月下旬  西の青蓮 様)

パリ-成田-伊丹 Y

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(出発空港の様子) = 19:30出発のフライトだったが、ツアーの移動で、15:30には空港に到着していた。

チェックイン開始まで1時間ほどあったが、そのままチェックインカウンターの前で待った。日系航空会社だけあって、日本の団体利用が多く、チェックイン開 始前に、あっという間に長蛇の列になった。1時間も前から並ぶのか?と思ったが、結果的には良かったのかもしれない。団体行動で、その後すぐに出国手続き を取った。

ターミナル1の出国後エリアは 免税店が充実しておらず、時間を潰すのに困った。

ブルガリ、モンブラン、エルメス、ロクシタン(かなり小さい)、プランタン(バーバリー、コーチ、ケンゾー、ロンシャンなどの商品あり)、 売店ルレ(新聞、本、キーホルダーなどの土産あり)、ヴァージン(音楽と家電製品)、
化粧品と香水の免税店が2店舗、食品と菓子の免税店が2店舗、酒と煙草の免税店、時計と宝石の免税店、428(スタンドカフェ、3店舗)、ラ・テラス(バー、レストラン)、両替所。たったこれだけしかない。

各ゲート付近には、駅の売店の様な店はあった。

ANAのゲート側のトイレは、アナ・スイの雰囲気(あくまでも雰囲気である)。
この辺りから、案内も日本語で表示されており、周りも日本人だらけで、日本にいる様な気分になった。

(乗り継ぎ都市) = 成田

(乗り継ぎ空港) = 税関を通る必要があったので、荷物をピックアップしたが、チェックインが早かったせいか、荷物が出て来るのに時間がかかり、焦った。乗り継ぎ時間にあまり余裕がなかったので、周りをみる余裕はなかった。

(到着地&ターミナル) = 伊丹空港 南ターミナル

(到着空港の様子) = まだ18時台だったので、人も多く、店も営業していたと思う。


(機体) =
パリ-成田  機種:B777-300         配列:3-4-3 

成田-伊丹  機種:不明            配列:3-3

(機内食・飲み物) =
パリ-成田
まず飲み物とスナック(おかきと豆)の配布。

1回目
和食(若鶏の唐揚げ、ご飯)、または洋食(クリーミーな海の幸とターメリック・ライス)より選択。和食は味噌汁付き。デザートは、カップ入りのバニラアイス(メーカー不明)が別途配布された。1人1本、ペットボトルの水が付いた。

間食
ポテトチップの様だった。

2回目
和食(鮭粥、ロールパン)、または洋食(スクランブルエッグ、ポークソーセージ、ロールパン)より選択。

飲み物はワイン(赤、白)、ビール、ソフトドリンク各種。
飲み物のサービスは、乗務員が頻繁に周っていた。

成田-伊丹
飲み物のサービスあり。お茶、コーヒー、アップルジュースが無料。

(座席) =
パリ-成田
座席のリクライニングは、前にずれるタイプのもの。座席が前方だったため、トイレの混雑が目に付いた。それでも2人席を確保できたので、良かったと思う。

成田-伊丹
カウンターでのチェックイン時に指定された座席なので、既に3人席の中央しか空いていなかった。

(マイレージ) = ANAマイレージクラブに70%加算。

(トラブル) =
帰りの「パリ-成田」のチェックインを、帰国前日(搭乗24時間前)に、自分でする必要があった。しない場合は、カウンターでのチェックインの際に座席指 定されるのだと思う。iPhoneとホテルのwi-fiという、ネット環境があって良かったと思う。帰りの便は相当混んでいたため、2人席は24時間前で 数席しかなく、ぎりぎり確保できた。

(2012年10月下旬  西の青蓮 様)





2012年3月

パリ-成田 Y

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(出発空港の様子) = 以前より綺麗になっていた。ゲート前までにラファイエット免税店、エルメスなどがあり、ゲートに入ってからもカウンターバーの他に免税店があった。



(到着地&ターミナル) = 成田空港 第一ターミナル


(機体) =
機種: 777-300ER   配列: 2-4-2

(機内食・飲み物) =
1回目
鶏の照り焼き、サーモンから選ぶ。
鶏の照り焼きを選択。ご飯、味噌汁、きんぴらごぼうなど。
デザートにアイスクリーム。

2回目
スクランブルエッグ、ハム、ウインナー、サラダ、パン。

(座席) =
後方から3列目の二人席。
新機種で、シートが後ろに倒れないでリクライニングできる座席。足元が広く感じた。

(機内販売) = 以前より品数が少なくなった気がした。

(航空券の入手方法と時期) = 2011年5月に特典航空券で。
 
(2012年3月下旬 une femme 様)


パリ-成田 Y

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(出発空港の様子) = 以前より綺麗になっていた。ゲート前までにラファイエット免税店、エルメスなどがあり、ゲートに入ってからもカウンターバーの他に免税店があった。

(到着地&ターミナル) = 成田空港 第一ターミナル

(到着空港の様子) =

(機体) =
機種: 777-300ER   配列: 2-4-2

(機内食・飲み物) =
1回目
鶏の照り焼き、サーモンから選ぶ。
鶏の照り焼きを選択。ご飯、味噌汁、きんぴらごぼうなど。
デザートにアイスクリーム。

2回目
スクランブルエッグ、ハム、ウインナー、サラダ、パン。

(座席) =
後方から3列目の二人席。
新機種で、シートが後ろに倒れないでリクライニングできる座席。足元が広く感じた。

(機内販売) = 以前より品数が少なくなった気がした。

(航空券の入手方法と時期) = 2011年5月に特典航空券で。

 
(2012年3月下旬 une femme 様)






パリ-成田 C


 (搭乗クラス) = ビジネスクラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(出発空港の様子) =

(到着地&ターミナル) = 成田空港 第一ターミナル

(到着空港の様子) =

(機体) =
機種: B777-300ER

(機内食・飲み物) =
1回目
和食か洋食の選択。洋食は、肉または魚の選択。

以降は、乗務員より「好きな時にいつでも呼んでください」と言われる。

(座席) = 座り心地も寝心地も、すこぶる快適。

(機内販売) = 利用せず。

(マイレージ) = (   )に、70%加算。



(価格) =   羽田-フランクフルト-パリ パリ-成田で 
航空券:     燃油・諸税:
合計: 123,180円 

サブクラス:往路・復路 共にS


(2012年3月中旬 くりぱふぱんだ 様)






成田-パリ Y


 様)


パリ-成田 Y

( 様)





 


 
 
トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > NH 2012年