トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > NH 成田発 2010年


フランスへいく エアライン  Airline 
NH 全日空(ANA)   2010年

         27 Mar.2010 経験談追加

 

2010年12月

福岡-成田-パリ Y
 
(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 福岡


(乗り継ぎ地) = 成田


(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(到着空港の様子) = 混んでいなかったので、比較的早く諸手続きを通過できた。
荷物が出るのも早かった。

(機体) = B777-300ER

(機内食・飲み物) =
1回目:
和食メニュー 惣菜の取り合わせ 豚ロース肉のしょうが焼き丼
味噌汁 季節の果物 コーヒーまたは紅茶

洋食メニュー 季節の前菜の取り合わせ 海の幸のクリーミーバジルソース ガーデンサラダ チーズとクラッカー ブレッドロール コーヒーまたは紅茶

洋食を選択。なかなかボリュームがあって、味もまぁまぁ美味しかった。
周りでは、和食が多かった。


バー
ジュースやお茶、ちょっとしたお菓子など。



2回目
ホットドッグ フレッシュフルーツ デザート
コーヒー または 紅茶
胡瓜やレタスをはさみ、自前のホットドックを作って食べられた。
ケチャップ、粒マスタードもちゃんとついていた。美味しかった。

(座席) = かわらず狭いが、窓側なので寝やすかった。毛布・イヤホン

(マイレージ) = エコ割にて70%積算

(航空券の入手方法と時期) = ANAのSKYWEBより10月上旬

(価格) = 105,800円
サブクラス 往路 福岡-成田 E、成田-パリ W、 
 復路 パリ-成田 L、 成田-福岡 E

( 2010年12月下旬 お金の見張り番 様)


パリ-成田-福岡 PY

(搭乗クラス) = 上級エコノミー (アップグレードされた)

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(乗り継ぎ地) = 成田

(到着地&ターミナル) =  福岡


(機体) =
パリ-成田: B777-300ER
成田-福岡: 


(機内食・飲み物) =

パリ-成田:

1回目
和食 惣菜の盛り合わせ 若鶏の照り焼き丼、ごはん、味噌汁、季節の果物、コーヒー、紅茶
洋風 季節の前菜の取り合わせ サーモンのオランデーズソース、デザート ブレッドロール、紅茶

洋食を選択。すごいボリュームだった。味も普通においしい。
バターが美味しかった。

2回目:
ハムとチーズの盛り合わせ、フレッシュフルーツ。
デザート ブレッドロール コーヒーまたは紅茶

(座席) = さすがに座席はゆったり。

アップグレードされたが、座ってみると、隣席は、子供の一人旅。成る程なぁと思った。女性一人旅は子供に優しいと思われたのか、少々疑問に残る。

と言うか、搭乗手続きの係員男性の「お一人様!」の嬉しそうな顔が忘れられない。次回、ANAに乗るかは、微妙。

備品は、毛布、イヤホン、スリッパ
帰り際に乗務員からお詫びと称して、ANAの菓子セットを貰った。

(マイレージ) = エコ割にて70%換算
( 2010年12月下旬 お金の見張り番 様)



成田-パリ C
 
(搭乗クラス) = ビジネスクラス

(出発の空港) = 成田 第一ターミナル

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(機体) = 機種:B777、  席の配置: 2-3-3列

(機内食・飲み物) =
1回目

2回目は 自由に注文可。到着の2時間前がラストオーダー。ただし、飲み物はそれ以降も可能

(座席) =

(機内販売) =

(マイレージ) = 特典航空券なので加算不可

(航空券の入手方法と時期) = 予約開始日355日前の予約開始時刻に、ANAのデスクに電話。

(価格) = 往復95,000マイル、諸税等 約23,000円
(2010年12月下旬 がるぅ@横浜 様)


 
成田-パリ C
 
(出発の空港) = 成田

(出発空港の様子) =
ゲート近くのカフェテラスで かつサンドを食べた。とても混雑していた。

ANAのラウンジに軽食があった。
ラウンジのトイレはとても美しく、身支度しやすかった。

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1


(機体) = 機種: B777  配列: 2-3-2

(機内食・飲み物) =
2回。
離陸して4、5時間たって小腹がすいたら、いつでも軽食がリクエストできた。

主菜は肉か魚の選択可。ごはんとパンも選択可。

共通の前菜が洋風なパテだったので、ごはんを選んでもパンを一緒に出された。

ボリュームは控えめ。ルフトハンザのようなコースではなく、定食くらいの量。デザートもアイス、フルーツ、チーズから選択可。

途中で甘いものが欲しくなり尋ねたら、スナックしかなく、フルーツを食べた。味はおいしかった。

到着前に食べたチキンライスのようなメニューは、味はちょっと微妙だった。

(座席) = 内装はとてもきれいだった。最前列をとっていたが、同行者が落ち着かないとのことで、18C(前から3列目、後ろから2列目)に変更してもらった。

リクライニングした状態でも脚を伸ばしてストレッチが可能。

備品は、毛布、枕、スリッパとそのケース、ヘッドフォン途中で配られる備品は ペットボトルの水350ml。

通路においてある備品は、歯ブラシ、マウスウォッシュ、櫛、アイマスク、
耳栓、保湿マスク、乳液、アロマシート(カモミールとラベンダー2種)、
化粧水シート、スナック菓子、ペットボトル、缶ジュース、アルコールとコップ。化粧水シートはさわやかな香りで、顔にも体にも使える。うるおい効果もあり。

トイレ内の備品は、歯ブラシ、マウスウォッシュ、化粧水シート、生理用ナプキン。

(機内販売) = 女性が喜びそうなものが たくさんある。価格は普通。

(マイレージ) = パッケージでも 通常のビジネスの加算

(トラブル) = トラブルではないが、最前列に幼児と乳児(推定3か月未満)を連れた家族がいたせいか、
消灯中も乗務員の見回りや行き来が多くて、気になった。

(航空券の入手方法と時期) = ANAのHPで会員向けパッケージプランを申し込み。7月下旬。

(価格) = ANA往復航空券、往復の送迎、ホテル3泊、特典つきで 55万円
(2010年12月下旬 Dr.Hanna  様)

伊丹-成田-パリ F
 
(搭乗クラス) = ファーストクラス

(出発の空港) = 伊丹空港 南ターミナル

(出発空港の様子) = 国際線乗り継ぎ用カウンターは朝7時前から混雑していた。
上級会員が多いせいか、ファースト・ビジネスクラスカウンターも行列。
自宅で搭乗券を印刷しておいたので、手続きは簡単。荷物はパリまでスルー。


(乗り継ぎ地) = 成田

(乗り継ぎ空港) = 国際線乗り継ぎ用出国ゲートを通れば大幅時間短縮。あっという間。しかしここを通った後は、飲食店と免税店しかなくなる。郵便局、銀行、フォトマシンなど利用予定の場合は、注意。

ラウンジは動く歩道に乗ってゲート近くまで行き、エスカレーターで2階にあがる。中に入ってファーストクラスは右、ビジネスクラスは左側。受付を済ませると、係員が影のようにつき従う。係員が察して食べ物や飲み物を運んでくる。静かで空いていた。

また「今、白髪のグレーのシャツの男性、そちらへ向かわれました」のような無線のやり取りで、客の動きを把握しているらしい。トイレに行った後、違うラウンジに入ることはできない。

シャワールームは広くてきれい。アメニティはロクシタンのものをセットでもらえる。有料の足裏マッサージを受けたが、とても上手だった。ラウンジでのんびりし、出発30分前に53番ゲートに行ったら、搭乗はもう終わりかけていた。

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(到着空港の様子) = 荷物受取場所から遠くないところにトイレあり。

(機体) = 機種: B777-300ER 配列:1-2-1列。

内装はビジネスクラスと特に変わらない。

(機内食・飲み物) =
離陸後、ウェルカムシャンパンにクリュッグ・グランド・キュベ。

1回目 和食か洋食。
和食は懐石。キャビアも出てくる。

洋食はフルサイズでもデギュスタシオンでも可。主菜は黒毛和牛サーロインか、本鮪、鴨肉から選択。和牛ステーキには、マイユの種入りマスタードとディジョンマスタードがそれぞれ瓶ごと。

ワインも赤白いろいろ。貴腐ワインも。日本酒は勝山の暁、村尾の焼酎なども。料理に合わせてお薦めのものを飲んだ。

2回目 好きな時に好きなものを、温かいものは温かく、冷たいものは冷たく。ハーブティなどもあり。まともなレストランでは当たり前のサービスが機内でも 受けられる。食べるのが好きで、いくらでも飲める人にとっては、天国かも。残念ながらちょっとずつ食べ、ちょっとずつ飲むのが精一杯。

(座席) = 最新式ではなく従来の座席。客3人で2つのトイレを使った。好きな場所にどうぞといわれたので、二人で並んで食事をする時には、真ん中の並び席、景色を見たい時は窓側に移動。

手荷物をモニターの下に収納できるのが、便利。離陸する前に機内着に着替えて、リラックス。座席はまっ平らなベッドになる。モニターが遠いぐらい広い。

アメニティはかごに入ったものから必要なものを選ぶと、袋に詰めてくれる。ヘッドフォンが非常に優れものだった。機内に響く騒音がほとんど遮断できた。熟睡はできなかったが、快適なベッドで体を休められた。

(機内販売) = 事前発注で、フラゴナールの練香水を申し込んだが、前日に取り置きできなかったというメールが来た。しかし当日は購入できた。SKIIの化粧水やパックなどもあった。

エルメスのスカーフは柄が好みではなかった。ANAカードで10%引き。マイル加算。

(マイレージ) = 予約のサブクラスDで 125% 8,022マイル。
ANAゴールドカードのボーナスマイル 20% 1,618マイル。
旅達ツアーマイルがツアー代金200円につき1マイル。

(航空券の入手方法と時期) = ツアー代金に含まれていた。

カード決済日が21日前だったので、それまでHPからはアップグレードできなかった。会員デスクに電話すると、その前でも受け付け可能だったが、すでに1人キャンセル待ち。出発の10日ほど前にアップグレード完了のメール。

(価格) = ホテル6泊+送迎、プライベート観光、燃油サーチャージ込で50万円。サブクラスはD。

(2010年12月下旬 くわことちわこ 様)


パリ-成田-伊丹 C

(搭乗クラス) = ビジネスクラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(出発空港の様子) = 搭乗券に記載された搭乗口は36だったが、38ゲートに変更。

チェックイン後、搭乗券を見せてエスカレーターを上がった。出国審査後の免税店は、パッとしない。化粧品やちょっとしたお菓子などはたくさん売っている。

スターアライアンスのラウンジへは、免税店奥のエレベータで11階へ。
ビジネスラウンジはそこから階段を下りる。18時を過ぎると大変満員。
騒がしく、係員は使用後のグラスや皿を乱暴に音を立てて投げ込みながら回収するなど、落ち着かない雰囲気。

搭乗開始時間の1時間前にはゲートに向かう。エレベータを降りたところから、ターミナルを半周するぐらい移動し、ゲート直前にセキュリティチェック。殆どANAの客だけだったようで、スムーズ。ブーツは脱ぐように言われた。係員はとても丁寧な応対だった。

搭乗口周辺には簡単な売店ぐらいしかない。38番ゲートのすぐ横にトイレ。待合のベンチはあまり多くない。

(乗り継ぎ地) = 成田

(乗り継ぎ空港) = 入国審査、バゲッジクレーム・税関を過ぎて国内線に乗り継ぎの際、専用荷物カウンターがものすごく混んでいた。
タグをいちいち確認しているようだが手際が悪く、列がちっとも進まない。

すぐ横から出て、普通に国内線カウンターで再チェックインするほうが、よほど早かった。

(到着地&ターミナル) = 伊丹

(機体) = 機種:B773  配列:2-3-2

(機内食・飲み物) =
離陸後しばらくして、スパークリングワインか冷たいお茶のウェルカムドリンク。お茶にすればよかった。あんな今までワインは飲んだことがない。


1回目:
選択を聞きにきた。あらかじめ座席の前ポケットにメニューが入れてあった。
洋食はパテに牛肉のステーキ。どちらも恐ろしく口に合わなかった。
和食のみそ汁のようなものは、天かすで埋まっていたが、半分以上凍っていた。

配られたカトラリーを自分の腹の上にしばらく置いていたら、冷たかったので、腹の調子が悪くなった。

途中、ペットボトルの水が1本配布。

選択できるメニューはいろいろあったようだが、食べる意欲喪失。
温かいお茶だけで十分だった。

(座席) = 最前列中央席。3席並びのところに2人だけだったので動きやすかった。乗った時は、座席がとても冷たく、寒かった。途中から暑くなった。

アメニティは、後ろのほうに置いてあったのだろうが、案内なし。結局、何ももらわず。

(機内販売) = マゼのプラズリン・塩キャラメル、いろいろ化粧品

(マイレージ) = 125%で、9,640マイル加算

(トラブル) = コスト削減のあおりか、現地発のビジネスクラスの食事のレベルダウンにびっくり。過去に乗ったKLMやAFのほうがずっと口に合った。

(2011年1月上旬 くわことちわこ 様)


 


成田-(ロンドン)-パリ PY
 
(搭乗クラス) = 上級エコノミー

(出発の空港) = 成田 第一ターミナル


(乗り継ぎ地) = ロンドン ヒースロー (パリ閉鎖のため一旦 着陸、 機内待機)


(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(到着空港の様子) = 出口正面に案内所。電車やバスの時間を教えてもらえた。CDG-VALの乗り場を教わった。案内所裏手のエレベーターで行ける。

(機体) = エコノミーでの予約、当日、上級エコノミーにアップグレードされた。

(機内食・飲み物) =
1回目: 

2回目: 軽食のホットドッグ、デザートにプリン。

バー: 自由に取りにいけるおかきがギャレーにおいてあった。

飲み物はスパークリングワイン、ワイン、ジントニックなどのカクテル数種類、ソフトドリンク。水はエヴィアン。

(座席) =2-4-2列。内装は明るめ。
座席間隔がエコノミーより広くて快適だった。

備品にスリッパがあり、持ち帰り自由。イヤフォンもエコノミーより良いものだった。

(機内販売) = 化粧品からアクセサリー、ネクタイ、食べ物など多数。
事前にネットで検索できたので、ディオールのグロスを購入。

ANAカードで10%オフ。7,700円が6,930円に。全体的に3割ほど安いようだった。

(マイレージ) = ANAのマイレージ。国内線約600マイル(片道)国際線約5000マイル(片道)。

(トラブル) = 雪のため、ド・ゴール空港が閉鎖。ロンドンヒースローへ一旦着陸。そのまま機内にて4時間待機。その間、水とジュースの配布のみ。

ド・ゴール空港再開後、給油し、再びパリへ向け離陸。荷物を受け取ったら22時過ぎ。雪のため、空港からの交通機関はRERしか動いておらず、また本数もかなり少なく、最終目的地のオペラまで行けなかった。

雪と夜中1時を過ぎていたため、タクシーも捕まらず。シャトレからオペラ座の近くのホテルまでスーツケースを引っ張りながら歩いた。

機内で知り合った女性と二人連れで移動できたので心強かった。
ホテルに着いたら午前2時半だった。

(航空券の入手方法と時期) = 4月に旅行の予定がアイルランド火山噴火でキャンセル。

7月、ANAのWebから予約。

(価格) = 108,900円。サブクラスは往路L、復路W
(2010年12月中旬 ゆきよね 様)



2010年11月

伊丹-成田-パリ Y
 
(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 伊丹

(出発空港の様子) = 国際線乗継のカウンターはもの長蛇の列。空港全体も、朝6時頃から混んでいた。出発1時間前には着くようにしていたが、チェックイン後、手荷物検査を受けるとそのまま搭乗口に向かって搭乗といった感じで、ほとんど余裕がなかった。

手荷物検査も、人が多い。人が多いせいなのか、結構簡単に通った気。
同行者は人工関節を使用しているので、時間がかかると思っていた。

飲食店などもあるが、とにかく人が多かった。人が分散するので、トイレは手荷物検査後がいい。

(乗り継ぎ地) = 成田

(乗り継ぎ空港) = 当然だが関空よりも広く、人が少なかった。トイレなどは一定の間隔である。ATM、両替所などはウイング間のショッピングセンターのようなところにあり、それなりに人がいる。

搭乗口の近くには、香水メインの免税店、本屋、マクドナルド、寿司屋など。店が集まっているというより、ポツポツとある。

椅子はとても多く、人も少ないのでゆったりできた。関空も閑散時期に利用しているが、ここまでゆったりは出来ないので、
関東の人はいいなぁと思った。

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1 

(到着空港の様子) = 到着のみなので特に問題なし。
日本ではないので薄暗い。

(機体) =
伊丹-成田: 3-3-3列
成田-パリ: 3-3-3列

以前のった機体(不明)に比べると、機体が狭くなったか座席幅が広くなったのか。

(機内食・飲み物) =
伊丹-成田: 一部有料になっているのを知らなかった。全て有料かと思い、何も頼まず。

成田-パリ:
1回目 みそかつ、ごはん、味噌汁。冷野菜(かぼちゃ、さつまいも、
エリンギ、じゃがいも、レンコンなど7〜8種類)のトマトソースがけ
ポテトサラダ、イクラ添え。 リンゴ・オレンジ。

2回目:
シチュー、パン。


(座席) = 後方、トイレから3列目くらいの位置。同行者と2人なので、真ん中の3列にしたが、隣の席が空いていたので、
3席使えて楽だった。

パーソナルモニターあり。映画、音楽、ゲーム、現在の飛行位置がわかるものなど。リモコンは座席の肘掛けから引っ張りだして使える。

嬉しかったのは、男女別トイレ。ただし、マークの色が薄いので気付かないのか、わかっていて気にしないのか女性用トイレを使う男性もいたので、
もっと大々的にアピールしてほしい。

(機内販売) = 旅行用品やアクセサリー、化粧品など、豊富だった。
化粧品はセットものが多く、市価3〜4割安くらい。

(マイレージ) = ANAに約6,000マイル加算

(航空券の入手方法と時期) = ANAのWebから。2ヵ月前。座席も同時指定できたので楽だった。

(価格) =約 138,000円ほど。 サブクラスはY。
(2010年11月中旬 塞翁が牛 様)




成田-パリ C
 
(搭乗クラス) = ビジネスクラス (アップグレード)

(出発の空港) = 成田 第一ターミナル

(出発空港の様子) = 24時間前にインターネット・チェックイン。空港ではあまり時間がなかった。スターアライアンス・ラウンジを利用。

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(到着空港の様子) = 手荷物のみで、出口に向かって一目散だったので、どこも利用しなかったが、相変わらず、暗く、殺風景なターミナルだった。
いつも進路が分かりづらい。

(機体) =  2-3-2列
パリ線に投入される機体は、その時代の一番古い機種。

(機内食・飲み物) = ウェルカムドリンクは、シャンパンか、冷たいお茶。
シャンパンは、あまりのまずさ。

以前は、離陸前にサービスがあったが、今は、水平飛行になってから。

機内食は、選択肢から組み合わせて和洋折衷好きなものを選べた。
全体的に、あまり美味しくなかった。白い炊きたてのご飯が一番おいしかった。漬物、ご飯、味噌汁でいい。でも、この味噌汁が、お湯が少なすぎて辛く、底に味噌が残っていた。

好きなときに、軽食を頼めるが、乗務員が少なくて、気を遣った。アップグレードした身でもあるし。

(座席) = スリッパ、希望によりカーディガン、羽枕から変化する羽毛布

(マイレージ) = 特割なので、70%か

(航空券の入手方法と時期) = 燃油サーチャージが値上がりする前の、7月。Webから。

マイレージを使いたかったが、旅程に制約が多く、マイレージを使用にせず、有償航空券を購入した。通常購入だと、スターアライアンス以外の航空会社も使えるとは知らなかった。

今回は、パリ→フィレンツェはエールフランスだった。(マイレージはスターアライアンスには加算できない)

(価格) = 約11万円、燃油サーチャージ 34,000円別途

(2010年11月 プロバンス鉄道。 様)


2010年10月

成田-パリ Y
 

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 伊丹
8時の便。伊丹には7時に着いたが、国際線カウンターはすでに行列。

重量超過らしい子連れ家族が、30分以上、1つのカウンターを独占していた。結局ギリギリになった。彼等の後ろの人が間に合ったのか、本当に疑問。なぜこんなに時間がかかるのかも、不明。

このANAの伊丹-成田は国際線扱いらしく、ほとんどビジネスクラスの座席で、快適だった。

(出発空港の様子) = ド・ゴール空港 ターミナル1は免税店が充実してないとの情報だったので、成田で化粧品を購入。パリ市内と比べても高くなかった。

(乗り継ぎ地) = 成田

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(到着空港の様子) = タクシー乗り場までスムーズに行けた。
看板の「↓」は、階下ではなく 直進の意味だった。

(機体) = 左後方。2席並びのシートを2列予約したつもりが、
1席予約できていなかった。当日気がついて、3列席から、2列ならびの席に変更した。満席で、通路側は無理だった。

(機内食・飲み物) =
1回目
焼きうどんか洋食。焼きうどんには「原価安いよね!」と驚いたが、味は悪くなかった。

2回目
降りる前に軽食。

(座席) = 狭い。通路を確保できないのはかなり辛かった。

(機内販売) = 欲しい物は特に無かった。

(マイレージ) = 正規割引だったので、マイル一部加算。

(トラブル) = 座席予約ができていなかった。今だに理由がわからないが確認不足。最大のミス。

(航空券の入手方法と時期) = ANAのWebから。8月。直行便か経由便か、かなり迷った。が地方から2名参加のため国内線料金がお得なANAにした。

JALはマイルを貯めていないので選択肢になかった。

(価格) = 伊丹-成田-パリ往復で スーパーエコ割 127,660円 
地方組からの人は 137,860円 

成田→パリのサブクラスはL。

(2010年10月下旬 灰色のまお  様)

パリ-成田-伊丹 Y

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1 夜便

(出発空港の様子) = ブリュッセルからタリスでパリ北駅16時着、そこからタリスで予約したタクシーでシャルル・ド・ゴール空港へ。

かなりの渋滞に巻き込まれた。高速を乗るまでが特にひどかった。
メトロのクリニャンクール駅あたりで高速に乗った。17時半には空港着。

ターミナル1で、タクシーを下車したところからカウンターまで半周。
スーツケースは重量28キロあったが許された。

免税手続き後、荷物預け、出国、免税店。

免税事務所では商品のチェックは基本的にしてない様子だったが、何があるかわからないので準備は必要だ。

免税店は、パリグッズの店、チーズやチョコなど食品、時計、デパートの支店ぐらい。ゆっくりしていたら、搭乗口までにさらに5分ほどかかり、遠くて驚いた。
搭乗口手前で、保安検査。ブーツを脱いだ。
ペットボトルは見せたら持込OKだった。


(乗り継ぎ地) = 成田/羽田

(乗り継ぎ空港) = 羽田経由で帰宅。全く時間に余裕が無く、羽田方面に行く列車に飛び乗った。乗継に2時間あったが、羽田組の携帯電話返却、スーツケース自宅送り、免税手続き、伊丹行きの荷物預けなど済ませていたら、余裕は無かった。

特に荷物を預けるのに30分以上並んだ。ほぼ全員海外の最終空港で搭乗手続きまで済んでいるはずで、行列になる意味がわからない。

カウンターも5つは開いていた。結局出発も30分遅れ。


(到着地&ターミナル) = 伊丹

(機内食・飲み物) = 2回。飲み物はビール、ジュース、水、ワイン、お茶、コーヒー。乗務員はフランス人も含め、物腰が柔らかく感じが良かった。

(座席) = やっぱり狭い。

(機内販売) = ジル・スチュアートのチークセット。機内に2個しかなかった。

(マイレージ) = 一部加算。

(トラブル) = 結構ゆれたので食事の時間がずれた。

(2010年10月下旬 灰色のまお  様)



成田-パリ C
 
(搭乗クラス) = ビジネスクラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(出発空港の様子) =
出国前:
地下にマクドナルドなどファストフードコートがある。比較的席がたくさんあり、時間をつぶすのにはいい。地下のトイレはきれいで、数もある。

土産の菓子(フォションやマキシム等のクッキーなど)を買い忘れた時には
出国前の地下の売店で買ったほうが、出国後より0.5ユーロくらい安かった。


出国後:
ターミナル1は免税店は少ない。ロクシタンは小さいが、パリ市内より安い。

ターミナル1はエア・チャイナ便がANA便の30分前に出発する。よって、
免税カウンターはもう列ができていた。中国人の買い物はすごい。
免税書類を一人10枚以上持ってならんでいる。横入りもあり。

自分は20時出発の便で、16時10分くらいから並んで、約50分並んだ。

前の中国人は、いろいろ見せるように言われ、時間がかかっていたが、
自分にはあっさりとスタンプを押してもらえた。スタンプをもらい終わった時には、免税の列はさらに伸びていた。

以前は、空港にはツアーでも「出発時刻の2時間以上前には空港に」と言われていたが、最近は「3時間前には」と言われているらしい。

免税を受けたい人は、絶対に3時間前には空港に到着したほうがいい。
パブロの機械はおいてあったが誰も使っていなかった。

スター・アライアンスのラウンジで時間をつぶした。カウンターの女性がとても優しかった。食べ物はホットミールが美味しかった。

ラウンジも、搭乗時刻が近づくにつれ、混みはじめた。搭乗時刻19時30分のところ、19時15分頃にラウンジを出た。搭乗時の手荷物検査はとても混んでいた。ANA便の時刻が迫っているせいか、並んでいるなかでANA便の人は優先してくれた。

(到着地&ターミナル) = 成田空港 第一ターミナル

(到着空港の様子) =
トイレはまあまあ多い。降りたあとは飲食店は目につかなかった。
入国してからお茶をするところが少し。

(機体) = B747-400、 1階 2-3-2 2階 2-2列。

(機内食・飲み物) =
ウェルカムドリンク(シャンパンか冷茶)とおしぼりのサービス

おつまみとドリンク。
おつまみは乾きものでなかった。美味しかった。

1回目
前菜: 生ハムとドライビーフ シェーヴルチーズ添え チーズがしょっぱかった。
主菜: 牛フィレ肉のグリル ホースラディッシユ風味 アルザスワインのソース 肉がなかなかナイフで切れなかった、が、口に入れるとそんなに固いわけではない。味もソースは美味しかった。
デザート:パッションフルーツシャーベットとバニラアイスクリーム。美味しかった。これにパンが付く。

2回目
着陸2時間前までに各自好きなタイミングで頼める。茸のオムレツ ボロネーズ風トマトソース。フランスらしい味で、美味しかった。
モーニングブレッド、季節のフルーツ

帰りの便は「2回目の食事について」きちんと前もってアナウンスしてくれていた。到着2時間30分前をきって、目が覚めボーっとしていたら、乗務員が食事を聞いてくれた。少し早めにお願いしたが、ゆっくり食べられてよかった。

(座席) = 2階席 通路側
斜めだが、横たわれるのですごく楽だ。11時間以上乗っているが、8時間くらいに感じた。

(機内販売) = 成田の免税店と同じくらいだと思う。ANAカードで買うと10%OFFで、かつマイル加算。前もってチェックして毎日使う化粧品は事前予約しておいた。品揃えはそんなに多くないが、前もってチェックして、どうしてもほしいものは予約するほうがいいだろう。

(マイレージ) = 特典航空券のため加算不可。

(2010年10月中旬 まかろんぴよぴよ 様)

パリ-成田 C

(搭乗クラス) = ビジネスクラス

(出発の空港) = 成田空港 第一ターミナル

(出発空港の様子) = 免税店は、化粧品はまあまあ充実。ものによっては円高でも成田のほうが安いかもしれない。

化粧品を事前予約。買うものがきまっている時は事前予約しておいたほうが時間がかからず便利だ。

トイレ。出国後はたくさんあるし、比較的きれい。

ラウンジで時間をつぶした。ヌードルバーが期待以上に美味しかった。

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1


(機体) = B747-400 1階席 2-3-2 2階席 2-2 の配列

(機内食・飲み物) =
ウェルカムドリンク(シャンパンか冷茶)とおしぼり

おつまみとドリンク。
ANAオリジナルのかぼすジュースは、さっぱりしていて甘すぎず、美味しかった。

1回目 離陸2時間後
(前菜)旬菜2品(秋の吹き寄せ、戻り鰹の叩き、菊花と茸のお浸し)
美味しい。いろいろな味が楽しめる。それぞれちゃんと味付がされていた。
(主菜)牛ステーキ 甘酸っぱい無花果とジンジャーのコンポート添え
肉はまあまあ柔らかかった。
美味しかったがソースは甘くないほうが、飽きずに食べられたか。

(デザート)マロンとチョコレートのアイスクリーム
栗の味がちゃんとして美味しかった。これにご飯かパン。

和のセットは主菜のタイミング、洋のセットは前菜のタイミングで出すらしい。
前菜と主菜は、好みに合わせてアレンジできるとあったので、前菜は和を、主菜は洋を選んだ為セットのタイミングと合わず、聞かれてパンを頼んだのに出してもらえなかった。しかたないのでお願いした。

2回目 (着陸2時間前までに任意の時間帯)

葱味噌ラーメン(3時間前に)
熱くなかった。美味しいインスタントラーメンという感じ。味は悪くなかった。
量も少なく足りなかった。

ラストオーダーの時間(着陸2時間前)に、蟹とカリフラワーチャウダー(食事の時と違うパン付き)
かなりぬるかった。2回目の食事オーダーが集中していたので温めが足りなかったのだろう。
味は悪くないのに残念。

2回目の食事についてはっきりとした案内をしてくれなかった。お願いするタイミングがよくわからなかった。

ラストオーダーの時、乗務員が2回目の食事をしていない人に声をかけていたが、最初のほうに声をかけられた人は、栗原はるみのドリアのセットを頼んだが、 あとに声をかけられた人はもう品切れだった。遠慮せずに注文したほうがいいかもしれない。ただし、周りは寝ているかもしれない。

(座席) = 2階席 人も少ないので騒がしくない。シートは幅に余裕があり、となりに大きい人がいても気にならないし、足も伸ばせた。シートは完全に平らにはならない が横たわることができ、楽。12時間近く乗っていたが8時間くらいに感じた。ゴロゴロしたままパリに連れて行ってもらった、という感覚。

スリッパは持ち帰り可。パリの普通のホテルはスリッパがないので、それを使用した。

(マイレージ) = 特典航空券のためマイレージ加算不可

(トラブル) = 席のヘッドホン端子が使えなかった。
もともと飛行機では映画は見ないので「まあいいか」と思えたが映画好きで
自分で航空券を買っていたら、ちょっとあきらめられなかったかも。

(航空券の入手方法と時期) = ANAマイレージクラブに電話。2009年11月から空席待ちを予約。その後、何回か日程変更。2010年7月下旬か8月上旬に、今回の日程で予約できた。

(価格) = 燃油サーチャージ、税金等 34,630円  サブクラス I

(2010年10月中旬 まかろんぴよぴよ 様)






2010年9月

パリ-成田 Y

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(出発空港の様子) = 免税店は乏しい。必要な設備は一通り揃っている。

(到着地&ターミナル) = 成田 第一ターミナル

(機体) =         3-4-3列。

(機内食・飲み物) =
2回。銀だらの幽庵焼きかビーフストロガノフの選択。和食を選んだが、
惣菜取り合わせ・ご飯・味噌汁・フルーツが付いて、とても美味しかった。
ご飯の硬さも好みだった。

2回目
ハム、チーズ、パン、フルーツ、フロマージュ・フレ。日本の航空会社らしくなく、大ざっぱ。

(座席) = ヘッドホン故障。隣席が空いていたので使用。

(機内販売) = フラゴナールの練り香水をあてにしていたら、売り切れ。
街にはいくらでも店があったのに、大失敗。円建ての価格は、昨今のレートでは、現地で買う方がよいかもしれない。
(2010年9月中旬 ayataka210 様)



2010年8月

成田-パリ Y

(搭乗クラス) = ビジネスクラス

(出発の空港) = 成田空港 第一ターミナル

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(到着空港の様子) = 荷物受け取り場所の脇にトイレ有り。身軽なうちに行っておいて良かった。

(機体) = B747-400

(機内食・飲み物) =
2回。

1回目は全員同じ時間に、2回目は着陸2時間前までの好きな時間に。

ウェルカムドリンク:スパークリングワインか冷たい日本茶
飲み物:各種

1回目(洋食):海老のスモーク、牛フィレ肉のステーキ、パン、パイナップルとココナッツのシャーベット、紅茶、プチケーキ

2回目(和食):ぜんまいの田舎煮、白身魚のフライ西京味噌風味、ごはん、みそ汁、日本茶

乗務員が1回目の食事の後に、「2度目のお食事はお好きな時で結構ですが、もしお客様がお休みの時は、ラストオーダーの前にお声をかけてもよろしいですか?」と聞いてきた。

また、1回目の食事の際も、メニューを決めてから「そのメニューでしたら、
こちらのワインがお薦めです」とアドバイスしてくれた。ちょっとした心遣いが嬉しかった。

(座席) = 予約時の機材から変更があり、6月中旬に座席変更になった。

(マイレージ) = 125%加算

(航空券の入手方法と時期) = ANAのwebサイトから。4月下旬

(価格) = サブクラス D
46万円

過去2回のパリ行きと3年間の国内線、ANAカード、あらゆるポイント移行で
せっせと貯めたマイルをeクーポンに換えて支払いに使ったので、実際の支払額はこんなにかかっていない。

特典航空券も考えたが、休める日が限定されているので確実に希望の日程で取れてマイルも無駄にならない、かつ、仕事で今年はある区切りの年ということで。

(2010年8月中旬 riviereピエタ 様)


パリ-成田 C

(搭乗クラス) = ビジネスクラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(出発空港の様子) = チェックイン手続き後、免税手続きに並ぶ人達の長い列を見ながら、スタバーバックスでコーヒー。

(到着地&ターミナル) = 成田 第一ターミナル

(機体) = B747-400

(機内食・飲み物) =
ウェルカムドリンク:スパークリングワイン

1回目:
洋食。生ハム・メロンとパパイヤ添え、サーモンとパンチェッタのポワレ、
パン、ピーチシャーベットとホワイトチョコのアイスクリーム、日本茶、抹茶のマカロン

2回目:
洋食。スパニッシュオムレツ・ラタトゥイユ添え、パン、果物、トマトジュース

(座席) =

(機内販売) = ちょっと遅れて頼んだら、欲しかった物が既に売り切れていた。
早めに言った方がよい。

(マイレージ) = 125%加算

(2010年8月中旬 riviereピエタ 様)






成田-パリ Y

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) =  成田 第一ターミナル

(出発空港の様子) = 成田のターミナル1に京成線で行くと、改札でてすぐにある、旅るーむ。出発数日前に、T/Cを用意しようとしたが、意外と市中銀行ではユーロのT/Cを扱っておらず、諦めていたが、「旅るーむ」で用意できた。

3万円から。海外旅行保険も扱っていたので※ついでにそこで加入した。

結構すいているし、対応がよかったので京成線を利用する人はおすすめ。

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(到着空港の様子) = 空港について入国審査に行く前に、長くてゆるやかなエスカレーターがある。薄暗くておしゃれだった。

成田で、スーツケースと折りたたみカートを、2つに分けて預けた。荷物受け取り所で待っているとスーツケースはすぐ出て来たが、折りたたみカートは中々出てこない。最後の方に、そういった細かい荷物を係の人がまとめて持って来ていて、その中にあった。

(機体) = 機種:     3-4-3列

(機内食・飲み物) = 食事2回。
ビールを頼みたかったけれども、飛行機乗り馴れていないので、ワゴンにビールが見当たらず我慢した。でも隣の人がワインを頼んでいて羨ましくなり、飲み物のおかわりを尋ねられた時、ビールを頼んだ。

(座席) = 小さい枕、毛布。

(航空券の入手方法と時期) = 6月下旬にH.I.Sから。
Webを見てツアーを申し込みにいったが、すでにもう飛行機の席はなく、
パッケージツアーではなく、航空券とホテルを個別に押さえた。

(価格) = 約23万円

(2010年8月中旬  ユミタン・デ・メルシー 様)




2010年7月


成田-パリ C

(搭乗クラス) = ビジネスクラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港空港 ターミナル1

(出発空港の様子) = 免税店はあまり多くはない。

(到着地&ターミナル) = 成田空港 第一ターミナル

(機体) = B747-400

(座席) = 2階席。棚ぼたアップグレードにあたった。

(マイレージ) = もともとはエコノミーなので、70%加算。

(航空券の入手方法と時期) = 5月に手配した時点で、2人での隣の席がなかった。これがアップグレードの遠因かもしれない。

(価格) = サブクラスはS

(2010年7月中旬 fukuronotame 様)



2010年6月


成田-パリ Y

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 成田 第一ターミナル

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(機内食・飲み物) = 機内食2回、事前にベジタリアンミール選択。イタリアンようなもの。飲み物はソフトドリンク、ペリエ、ビール、白赤ワイン。

(座席) = 事前予約で後ろに座席のない席を選択。枕、毛布、ヘッドホン。

(機内販売) = 国内線より高め。

(マイレージ) = エコ割で70%加算。

(航空券の入手方法と時期) = 2ヶ月前にANAのHPで予約

(価格) = 147,310円
(2010年6月下旬 sukemarichichi 様)



成田-パリ Y

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(出発空港の様子) =
ボディーチェック後、免税店でお菓子などの土産を購入。
香水などの化粧品店、オープンラウンジ風のカフェ、トイレは出入り口入って、左手奥隅。

全面ガラス張りで飛行機の往来もよく見え、日当たり良し

(到着地&ターミナル) = 成田

(到着空港の様子) = 全日空カウンターの現地フランス人が、必死に日本語アナウンスに挑戦していた。日本人名を言っているようだが、アクセントがおかしく、分かりづらいも、言い終えたときには、日本人から「頑張った!」と拍手を貰っていて微笑ましかった。

(機体) = B747-400

(機内食・飲み物) =
あんかけ焼きそば弁当。おいしくない。気持ち悪く、少ししか食べなかった。
飲み物は、コーヒー、紅茶、オレンジ、アップル、煎茶、ビール。

(座席) = 23列。ビジネスの直ぐ真裏。トイレの前の通路側にしてみたが、
トイレは自由だったし、食事も早く貰え、よかった。

が、如何せんトイレの臭いと12時間戦う、苦痛の時間となった。

B777より気持ち広かった。もっともトイレ前の席なので広かったのかも。

(機内販売) = 見ていない。爆睡中に終わっていた。

(マイレージ) = 4,335マイル+ボーナスが309マイル。

(2010年6月上旬 めるぽんまきまき  様)


2010年5月



?-成田-パリ Y

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 地方空港(不明) 

(乗り継ぎ空港) = 成田 第二ターミナル

(乗り継ぎ空港の様子) = 軽食を購入できる店が少ない。

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(到着空港の様子) = 入国手続き前に免税店等、ほんの少し有り
地上階にスターバックス有り。

地下階にマックやスーパー(カジノ)等数店有り。
トイレはいずれも汚くは無い、個数も複数有り

(機内食・飲み物) =
成田-パリ:

1回目(和)豚の角煮弁当&味噌汁
(洋)トマト風味のクリーミーポークシチュー(こちらを選択、美味しかった)

2回目 ホットドック
パンに自分でピクルスなどを挟み、ケチャップ・マスタードをつけて食べる。
わからず、別々に食べる人も居た。

(座席) =
成田-パリ: 3-3-3列。一部2-3-2列。

2列席。
以前に搭乗した機種より、小さく感じた。
膝が前のシートにピッタリくっつき、膝が赤らんだ。

枕、毛布、イヤホン。

(機内販売) = ロクシタンのセットが人気だったよう。

(マイレージ) = 特典航空券利用だったので、マイル加算不可。2倍積算マイルキャンペーン開催中だったので、ちょっと勿体無かった。

(航空券の入手方法と時期) = 2009年9月、Webより手配。燃油サーチャージが復活する前の9月末日に決済。

(2010年5月下旬 トリアノン・ローズ 様)


パリ-成田-? Y

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(出発空港の様子) =
出国前:
搭乗手続き階にスターバックス有り、
地下階にマクドナルド、カフェ、スーパーカジノ、トイレ等有り。

出国後:
免税店と軽食スタンド、小さなスーパー有り

保安検査場後、小さな土産屋と軽食スタンド、ラウンジ、トイレ有り

(到着地&ターミナル) = 成田 第二ターミナル

(到着空港の様子) = 成田から国内線乗り継ぎの保安検査場を通過すると、簡単な店が1軒のみ。保安検査場通過前に必要な物は揃えた方が良い。

(機体) =
パリ-成田 

(機内食・飲み物) =

2回

1回目(和)さばの塩焼き弁当&味噌汁
(洋)ビーフストロガノフ(肉が柔らかくて美味しかった)

食事サービスは前方、中央、後方のように分けて行っていた。
最後部座席でも、希望のメニューを食べられた。

2回目 ロールパン、ハム、チーズ、フルーツ、ヨーグルト

(座席) = 3-4-3列。枕、毛布、イヤホンあり。

(機内販売) = ロクシタンのセットが大人気、完売。

(トラブル) =
国際線、機材変更有り。予約していた座席ではない場所に移動した。
事前にWebで、納得できる範囲内の席へ移動できたから良かったが。
4列席だったが、幸い隣が空席のままだったので、かえって楽だった。

成田からの国内線、悪天候のため、搭乗後、離陸まで30分機内に留まった。

最終到着地でバスが終わっており、列車を乗り継いで帰った。

(2010年5月下旬 トリアノン・ローズ 様)


成田-パリ C

(搭乗クラス) = ビジネスクラス

(出発の空港) = 成田空港 第一ターミナル

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(機内食・飲み物) = いつでも好きな時に頼むことができる。コースをそのまま選択しても、アラカルトでも単品でもOK。「栗原はるみプレート」や、軽めの食事、定食などもあった。

飲み物には、ハーブティーも2種(お目覚めブレンド、おやすみブレンド)も。

(座席) = やはりエコノミーとは違い、ゆとりのある配置。スリッパ(靴べら付き)あり。ジャケットを預かってもらったら、カーディガンを貸してくれた。座席は、リクライニングの角度、フットレストの角度などがそれぞれ調節できる。

(トラブル) = 思いがけないアップグレードに緊張していたが、親切に対応してくれ、快適に過ごせた。エコ割の料金なのに申し訳ないほど、丁寧な対応だった。

(航空券の入手方法と時期) = ANAのWebから1月に購入。

(価格) = 約9万円 スーパーエコ割。サブクラスはW。

搭乗する際に、エコノミーが満席とのことで、アップグレードしてもらえて、とてもラッキーだった。

(2010年5月中旬 トナカイくんのお友達  様)


パリ-成田 Y

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1。

(出発空港の様子) = チェックインカウンターの下の階にあるトイレが広々として綺麗。軽食コーナーやミニスーパー、薬局もある。

出国審査後: 免税店が少しある。その先に荷物検査があるので、機内で飲む水を買うなら、「機内で飲む」と言って、ビニールに封をしてもらうこと。
エヴィアン(500ml)1.90ユーロ。水を売っている店には日本語がものすごく
流暢な男性店員がいた。

荷物検査後にもほんの少し店があり、そこでも水は買える。値段は同じだった。

(到着地&ターミナル) = 成田空港 第一ターミナル。

(機内食・飲み物) = 2回。離陸して少したつと、飲み物。その後すぐに食事。

1回目:
和食(鯖の竜田揚げ)か洋食(ビーフストロガノフ)が選べた。

2回目:
着陸する少し前に軽食。ハム&チーズ、パン、フルーツ、フロマージュフレ。

(座席) = 3-3-3列。
(2010年5月中旬 トナカイくんのお友達  様)





パリ-成田 PY

(搭乗クラス) = 上級エコノミー

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(出発空港の様子) = スターアライアンス・ラウンジを利用。手荷物検査場より前にある。入り口で、搭乗券のチェックとチェックイン時にもらったラウンジパスの回収があった。

サンドイッチ、オードブル類、スープ、ケーキなどがあった。飲み物はビール、ワイン、コーヒー(エスプレッソマシン)、ソフトドリンクなど

無線LANのパスワードを受付で教えてもらったが、何故か接続できなかった。

(到着地&ターミナル) = 成田空港 第一ターミナル

(到着空港の様子) = 自動化ゲートを利用したので、待ち時間はほとんどなしで入国できた。自動化ゲートには有人の所と無人の所があったようだが、無人の方に並んだので、入国スタンプは押してもらえなかった。

(機体) = B747-400。

(機内食・飲み物) =
1回目
和食(鯖の竜田揚げ、味噌汁付)か洋食(ビーフストロガノフ)から選択。
行きの便での経験から、「食事の前の飲み物サービス」の時、食事しながら飲むワインももらっておいた。

途中の軽食サービスがなかった。

2回目
ハム、チーズ、パン、フルーツ、フロマージュブラン

(座席) = 2-4-2列。
最後列の中央。

チェックイン時に、ANA上級会員向けの、上級エコノミーへのアップグレード可否を聞いた。2-4-2列の中央4列のさらに真ん中2席ならびしか残っていないがそれでもいいか聞かれ、アップグレードを選択。

行きにはなかった日本語新聞(一般紙・スポーツ紙)サービスがあった。

(マイレージ) = 特典航空券のため加算不可。

(航空券の入手方法と時期) = 予約開始日(355日前)にANAのプラチナデスクに電話。

(2010年5月上旬 Prince Juin 様)



成田-パリ Y

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 成田 第一ターミナル

(出発空港の様子) = チェックインカウンターで、成田だけの期間限定で5万円追加でビジネスクラスにアップグレードできるので如何ですか、と言われた。ラウンジも使用可能とのこと。往路(片道)だけとのこと。

かなり心が動いたが、往路に天国を味わうと、復路が辛いだけ、と思い、やめておいた。往復10万円、または復路なら迷わずお願いしたと思う。

パリでチェックインの時に念のため聞いたら、やはり成田のみです、ときっぱり断られた。尋ねた日本人スタッフがきびきびした人で「成田の説明が悪いのです。勘違いするお客様がいらっしゃるんですよね。」と何度も言われて、よい感じがしなかった。

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(到着空港の様子) = エールフランスバス乗り場付近にはトイレがないよう。


(機内食・飲み物) = 夕食と着く前に軽食。小さなペットボトル配る。
日本茶とコーヒーしか頼んでいない。

有料メニューのハーゲンダッツ(300円)を夕食後頼んだら、完売だった。
人気があるので早めに頼んだ方がいいとのこと。

米粉のクッキー(500円)を勧められたので、話の種に食べてみた。アイスクリームに比べて、割高。


(座席) = 非常口の席なので足は楽だった。3-4-3列。

(マイレージ) = ダブルマイルのキャンペーン中だった。

(航空券の入手方法と時期) = Web購入。上半期発売されてすぐ。

(価格) = 燃油など込みで 約10万円
(2010年5月上旬 パンジーとビオラ 様)





2010年2月
 

福岡-成田-パリ Y
 

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 福岡

(乗り継ぎ地) = 成田空港 第一ターミナル

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(到着空港の様子) = 
とにかく迷いやすいターミナルだったのでよくわからなかった。

トイレは、預かり荷物が出て来るすこし近くにあったと思う。


(機内食・飲み物) = 

成田-パリ: 
機内食のメニューがなく、注文時にあせった。

1回目
前菜 棒々鶏、ジャーマンポテトのサラダ、オリーブ
主菜 白身魚の照り煮と、ごはん、 または若鶏のカツレツ コルドン・ブルー風 
デザート ハーゲンダッツアイスクリーム(バニラ)
 

2回目
ビーフのブレゼ デミグラスとトマト風味 クリーミーなパスタ添え
オレンジ、アップル、ミネラルウォーター、ワインなど 食後に日本茶、コーヒー、紅茶

軽食は有料。

(座席) = 成田-パリ: 3-4-3でほぼ満席。トイレの数が少ないような気がした。
後方2人席。シートの広さはエコノミー。後方なので、食後のコーヒーが来ないときがあった。

備品は毛布くらい、フットレストはなし。

トイレに、歯ブラシ、化粧水、乳液類はなし。
 

(機内販売) = 利用しなかったが、品揃えは少なかったように思う。

(マイレージ) = ANAのスーパーエコ割りでマイルの70%

(航空券の入手方法と時期) =  ANAのwebサイトから スーパーエコ割り。20日前くらい

(価格) = 福岡-成田-パリで 103,370円。

(2010年2月中旬 bavarois_bavarese 様)

成田-パリ
 
(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 成田空港 第一ターミナル

(出発空港の様子) = 両替所、10時くらいは非常に混雑。11時くらいに行ってみたら空いていた。以前は用紙に記入して並んだが、この日は用紙記入不要。

スターバックスあり。おにぎりや菓子などの売店もあり。

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(到着空港の様子) = 到着ロビーは殺風景。ターミナル2とずいぶん違う雰囲気に、唖然。

入国審査前にも、パスポートのチェックがあった。以前来た時にはなかったし、添乗員も今日に限って何かあったのかしらと、厳しさに首を傾げていた。

(機体) = 

(機内食・飲み物) = 2回 水平飛行に入ってからのドリンクサービス オレンジジュース・りんごジュース・トマトジュース。温・冷お茶、ビール、コーラなど
コーヒー・紅茶は食後に何度か乗務員がまわってきた。

(座席) = 若干座席が広い気がした。毛布1枚、四角いミニサイズの枕、イヤホン 

(機内販売) = マゼのプラズリン 2,400円、ロクシタンのクリーム、フラゴナールの練り香水セットなど

(トラブル) = トラブルという程の事ではないが、席が並び席にならなかった。

(2010年2月中旬 ロマネ@mimoza  様)

成田-パリ
 
(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 成田空港 第一ターミナル

(出発空港の様子) = ANAのチェックインカウンターに早めに着いた。

両替はANAのチェックインカウンター近くにある銀行で。細かいお金に換金してくれない。混んでいた。同行者が少し離れたところにある両替所を見つけたが、そこは5ユーロにも砕いてくれ、混んでいなかったし、親切だった。

その後、成田空港内のレストランや店をうろうろした。無印良品などあり、海外旅行に必要なものがたくさん売っていた。これからは、ここで旅行に必要なグッズを買おうと思った。

食事はマクドナルドで。本屋などもあり、出国前に色々と店を見られて楽しかった。

シーズンオフということで、出国手続きもものすごくスムーズ。というか、空港がガラガラだった。手続き後、免税店で買い物?!と張り切って いたが、エルメスぐらいしか見たい店がなく、ヴィトンも第一ターミナルにはない。買い物は楽しめなかった。閑散期の空港はこんなに空いているのね・・・と 驚いた。

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(到着空港の様子) = がらんとしていて、薄暗かった。トイレは掃除中だったり、両替所の場所など、全くわからなかった。

(機体) = 

(機内食・飲み物) = 

1回目: 魚のメニューは白身魚のフライと野菜の煮物。オリーブ、ポテトサラダなど。
肉はチキンソテーだったと思う。

2回目: ハッシュドビーフみたいなものが出て、ボリュームがあった。

ワインはすぐになくなってしまったようだ。

追加代金を払ってシャンパンを頼んだ。美味しかった。

(座席) = 3-3-3列。座席は狭かった。

乗客の日本人だらけ。フランス人らしき人は一人ぐらい。パーソナルモニターはオンデマンド方式。ゲームもできたし、映画も色々あってよかった。

(機内販売) = シャネルのアイシャドウは売り切れ。エルメスのスカーフも、あまり品揃えはよくなかった。フラゴナールの練り香水は4,000円弱で良かった。

(航空券の入手方法と時期) = ANAのWebで。2009年9月下旬ごろ。
燃油サーチャージがかからない時期に購入した。

(価格) = 約70,000円

(2010年2月上旬 あきあき22 様)
 
 

パリ-成田
 
(搭乗クラス) = 上級エコノミー

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(出発空港の様子) = 免税店はガラガラで、店もほとんどなかった。
シャンパンとかチーズ、マカロンを買おうかと思ったが、シャンパンは高かった。
チーズ、マカロンも品揃えが悪く、結局何も買わなかった。

トイレはきれいだった。

(到着地&ターミナル) = 成田空港 第一ターミナル

(到着空港の様子) = すぐに売店があり、生茶とかおにぎりなど フランスにないものを買って、おにぎりって美味しいな、と実感した。

(機体) = 

(機内食・飲み物) = 
2回。鮭のそぼろ弁当。味が薄くあまりおいしくなかった。

飲み物は、トマトジュース、緑茶、お水、オレンジジュース、りんごジュースなど。

ワインは往路と違い、籠に入れて2回くらい回ってきた。

2回目の食事はスクランブルエッグのような卵料理。とても美味しかった。

(座席) = 2-4-2列
窓際2席。シートは広々していた。備品はスリッパ、ふわふわした毛布があった。

エコノミーとは違い、トイレに行くときも楽に行けるし、とても快適だった。

(トラブル) = チェックインカウンターで、同行者分の席が用意できないと言われた。タクシーのトラブルで動揺していて、英語を話す能力、聞き取る能力が低下していた。

ぽかんとしていると、チェックインカウンターの女性が日本語が話せる人に電話をしてくれた。
同行者が電話に出たところ、「席が用意できませんでした。こちらで何とかしますので、ゲートまでとりあえず来て下さい。」といわれた。

タクシーはトラブルがあったし、飛行機は用意できないって言われるし、散々だな・・・と思っていたが、セキュリティーチェック中に私たちの名前が呼ばれ、指示された場所に行ってみると、謝罪の上、上級エコノミーに二人ともアップグレードされた。

最後の最後に、とても良いことが起こった。とても快適な席で、素敵な空の旅となった。

(2010年2月上旬 あきあき22 様)
 


 
 
成田-パリ
 
(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 成田 第一ターミナル

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(機体) = B777-300 

(機内食・飲み物) = 2回

(座席) = 3-3-3列。

乗客の日本人率99%。フランス人らしき人は一人しか見かけなかった。
国際線でこんなに日本人だらけなのは初めて。

パーソナルモニターはオンデマンド方式。ゲーム等もできた。

全日空の格安航空券は事前座席指定、webチェックインができないので、空港の自動チェックイン機で選ぶしかない。

(マイレージ) = 50%加算

(トラブル) = 前の女性が、機内食のあと気分が悪くなり、もどしていた。大したことは無いようだったが、乗務員がその後もずっと気遣っていたのが印象的だった。

(航空券の入手方法と時期) = NO1トラベル(HISの一ブランドだがHISより安いことが多い。ツアーは扱っていない)で直前に。

(価格) = 57,800円 (49,800円+金曜帰国追加料金 8,000円)
燃油サーチャージ別途 14,000円  空港使用料等 
サブクラス T

(2010年1月中旬 バンコクぴなふぉあ 様)

パリ-成田
(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(出発空港の様子) = 2時間半前に行ったがチェックインカウンター長蛇の列。
広告の照明で、異様に暑かった。チェックインに1時間以上かかった。

もともと店などは少ないが、アシアナ航空と重なり、食品等の免税店も長蛇の列。

(到着地&ターミナル) = 成田 第一ターミナル

(機体) = B747-400 

(機内食・飲み物) = 2回。冷たいお茶関係は緑茶のみ。
アイスティー、ウーロン茶等は無かった模様。

(座席) = エコノミー3-4-3の配列 パーソナルモニターはオンデマンド方式。
座席によっては足元に電気関係の何かがあり、狭い。

(マイレージ) = 格安券なので50%

(トラブル) = もうそろそろ搭乗というところで、機材整備の関係で遅れる案内あり。給水関係のトラブルのよう。搭乗ゲート付近のバーで飲み物とサンドウィッチを出された。約4時間遅れで出発。到着は3時間遅れ。

国内線の乗り継ぎはみな翌日に振り替えられていたようだ。

乗務員の手から、オレンジジュースが私にかかった。

(2010年1月下旬 バンコクぴなふぉあ 様)

成田-パリ
 
(搭乗クラス) = ビジネスクラス

(出発の空港) = 成田空港 第一ターミナル

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(機体) = B777-300

(機内食・飲み物) = 離陸後冷緑茶かシャンパンのサービス。その後おしぼりが配られ、食前酒、ソフトドリンクのサービス。

一回目の食事は和食か洋食を選ぶ。それ以降は着陸2時間前まで好きな時に好きなものを頼む。

(座席) = フラットシート、羽根布団、枕、スリッパ
アイマスクやマスク、歯ブラシ、洗口剤、ハンドクリーム、レッグリフレッシュシートなどギャレーに置いてある。

(マイレージ) = 70%加算 往復で8,670マイル加算。

(トラブル) = 満席だったのでビジネスクラスにアップグレードされた。

(航空券の入手方法と時期) = 2か月前にANAのWEBサイトから

(価格) = エコノミーで 115,000円(燃油サーチャージ、空港税すべて込)
サブクラスK

(2010年1月下旬 チーズマニア  様)


 
 
 
 
トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > NH 2010年