トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > LH 中部-フランクフルト


LH ルフトハンザ・ドイツ航空 
搭乗報告

中部-フランクフルト

 26 Jan.2013  経験談追加
28 Jun 2014 経験談追加

NH(ANA)機体については、ANA のページを参照のこと。
 

ルフトハンザ・ドイツ
http://www.lufthansa.co.jp/
 

フランクフルト空港
JTB空港情報 日本語
http://www.jtb.co.jp/kaigai/guide/AirportList.aspx?CityCD=FRA
JAL空港情報 日本語
http://www.jal.co.jp/inter/airport/euro/fra/fra_00.html

ミュンヘン空港

 

パリ シャルル・ド・ゴール空港では、 ターミナル1
 

交通>フランクフルト空港


 

(LH)中部-フランクフルト-ブリュッセル

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 中部空港

(出発空港の様子) = 以前あった出発フロアのドコモカウンターが無くなっていた。そのかわり、制限エリア内のゲート中央付近に2か所ほど、ドコモカウンターがあった。海外利用の手続き等を担当していると思われる。

両替
制限エリア内の両替所が、結構混んでいた。並んでいると、係員が、必要な通貨のレートなどを案内し、金種や金額などをメモした用紙を渡された。それを窓口に提示して両替した。

トイレはどこも広く使いやすい。

出発ロビー中央付近の喫煙所がなくなっていた。4階へ行った。制限エリア内には適度に設置されていた。



(乗り継ぎ地) = フランクフルト 

(乗り継ぎ空港) = フランクフルト・アム・マイン空港 ターミナル1 Bゲート→Aゲート

広いが、表示がしっかりしていて同一ターミナル内は動きやすい。表示に従ってひたすら歩くと、自然にセキュリティチェックや入国カウンターに行き着く。

2013年初めに、セキュリティチェックについて「かなり厳しい」との情報があったが、今回は、そのようなことはなかった。ベルトは外したが、腕時計はそのままでよいと言われた。

ただ、例の四角いゲートを通過した際、引っかかった。中部空港では、題なく通過したが、サンダルの金属の留め金が原因かもしれない。全身をざっと調べられ、最後にサンダルの裏を履いたまま見せて終了。

セキュリティチェックには、フォーク式に並んだ。係員が全体の様子を見て、それぞれの場所にまとまった人数を送り込んでいた。さすがドイツ。要領の良いシステムだと思う。

途中、フライトの掲示板を見て出発ゲートを確認したが、ゲートが変更された。沖止めの飛行機に搭乗。ゲートの案内を見て安心してトイレに行ったが、その間に変更のアナウンスがあったようだ。


(到着地&ターミナル) = ブリュッセル ブリュッセル空港

(到着空港の様子) = 人の流れに乗って、問題なく預かり荷物を受け取りに行った。フランクフルト-ブリュッセル間は、機体も小さいし、手荷物のみの人が多いせいか、受け取りは早かった。列車への乗り継ぎもスムーズだった。

スターバックスや、複数店のチョコがまとめて売られているチョコレートカンパニーがあった。

(機体) =
中部-フランクフルト   
機種:A340-300    配列:2-4-2

フランクフルト-ブリュッセル  
機種:         配列:3-3

(機内食・飲み物) =
中部-フランクフルト:

冷たい飲み物とスナック。
飲み物は、スパークリングワイン、赤白ワイン、ドイツビール、スピリッツ、ジュース(トマト、林檎、オレンジ)、コーラなど。
ワインを頼むと「水はいるか」と聞いてきた。

1回目
主菜、鶏の蒸し物、細巻き、デザート、パン。
主菜は、豚肉のブレゼ、または牛肉の豆腐煮(すき焼き風の味付け)からの選択。
が、座席が後方だったので、豚肉しか残っていなかった。
豚肉にはトマトソースがかかっていたが、独特の香辛料の風味があって、苦手な人もいそうだと思った。

間食
機内照明が落ちてから、
水とオレンジジュースを2、3回配っていた。
軽食としてカステラ風のケーキか、おにぎりの選択あり。

2回目
主菜、サラダ、果物、パン。
主菜は、鰻丼か、カルボナーラ風のペンネから選択。
自分は鰻が苦手なので、今回も選択の余地はなかった。

バターを主菜の容器の上で溶かし、サラダや前菜を挟み込んで食べると、あのパンも美味しい。

フランクフルト-ブリュッセル:
冷たい飲み物とスナック。
飲み物は、中部-フランクフルト便と同様。

(座席) =
名古屋-フランクフルト:
プライベートモニターが使いづらかった。しかしながら、観たい映画が1、2本 日本語吹き替えであったから、良しとしよう。

フランクフルト-ブリュッセル:
パーソナルモニター無し
毛布と枕はリクエストする。国内線の雰囲気だった。

(機内販売) = 思ったより充実していた。
ルフトハンザのトレーナーを着たシュタイフの熊。29ユーロ。

(マイレージ) = (   )に、(   )%加算。

(航空券の入手方法と時期) = 2013年6月上旬、旅行代理店にメールで依頼。

(価格) =
航空券: 170,000円
燃油・諸税: 71,250円
合計: 241,250円
サブクラス:
(2013年8月下旬  satole-pi.noir 様)


中部-フランクフルト-ロンドン Y
(航空会社) = ルフトハンザ航空(LH)


(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 中部空港

(出発空港の様子) = 両替所は複数あるが、同じ店舗でも、2年ほど前とは場所が変わっていた。


(乗り継ぎ地) = フランクフルト

(乗り継ぎ空港) = とにかく広い空港なので、ターミナルの一部しか見ていないが、乗り継ぎゲート同士は近かったので助かった。店舗は豊富だと思う。


(到着地&ターミナル) = ロンドン ヒースロー空港 ターミナル1

(到着空港の様子) = 入出国審査は、窓口がたくさんあった。おかげで時間が掛からなかった。店はそれほど豊富ではないようだった。

(機体) = 機種:         配列:

(機内食・飲み物) =
中部-フランクフルト
1回目
主菜は鶏肉のソテー、または味噌カツ丼。

軽食として、おにぎり、またはケーキ。

2回目
主菜はフェットチーネ・パスタ、またはカワハギの煮魚。

飲み物は、スパークリング・ワイン、赤白ワイン、スピリッツ、ドイツビール、
ソフトドリンク、ミネラルウォーター、コーヒー、紅茶、ウーロン茶、緑茶。

(座席) = タッチパネル式のパーソナルモニターあり。

(マイレージ) = ANAのマイレージに(   )%加算。

(トラブル) = インターネットチェックインで変更した座席が、空港の窓口に行ったら、反映されていなかった。だが、その場で替えてくれた。また、同行者の離れていた座席を、前後列にまとめてくれた。

(航空券の入手方法と時期) = ルフトハンザのWebで購入。

(価格) = 往路:中部-フランクフルト-ヒースロー、復路:パリ-ミュンヘン-成田-中部
航空券:      燃油・諸税:    
合計: 大人120,310円、子供104,810円。

(2012年12月下旬 Miwako-arpa 様)


パリ-ミュンヘン-成田-中部 Y

 
(航空会社) =
パリ-ミュンヘン: ルフトハンザ(LH)
ミュンヘン-成田-中部: ルフトハンザ・ANA共同運航便(LH/NH)  当日はNH

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(出発空港の様子) =
かなり寂れた印象。
ロクシタンがあるはずだったが分からず、ゲート付近には、食品や化粧品の店がほんの少し。

(乗り継ぎ地1) = ミュンヘン

(乗り継ぎ空港1) = ミュンヘン空港
ミュンヘン空港はコンパクトで、乗り継ぎはしやすいと思う。施設はとても綺麗で、店も見やすい。

(乗り継ぎ地2)= 成田

(乗り継ぎ空港2)= 成田空港

(到着地&ターミナル) = 中部空港


(機体) = 機種:          配列:

(機内食・飲み物) =
パリ-ミュンヘン(LH)
サンドイッチと飲み物。


(マイレージ) = ANAのマイレージに加算。

(トラブル) = トラブルではないが、パリで3枚の搭乗券を発券したが、「成田-中部」の搭乗券は成田で受け取るからと、2枚だけ手渡された。荷物も成田で一度受け取って、再びチェックインした。
(2013年1月上旬 Miwako-arpa 様)
 
















 
トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > LH 中部-フランクフルト