トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > LH デュッセルドルフ


LH ルフトハンザ・ドイツ航空 
搭乗報告 

デュッセルドルフ線

 26 Jan.2013  経験談追加
28 Jun 2014 経験談追加

NH(ANA)機体については、ANA のページを参照のこと。
 

ルフトハンザ・ドイツ
http://www.lufthansa.co.jp/

 

パリ シャルル・ド・ゴール空港では、 ターミナル1
 

交通>デュッセルドルフ空港


 

(LH)デュッセルドルフ-パリ

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = デュッセルドルフ空港 ターミナル1

(出発空港の様子) = 空港自体は広くて賑やか。

トイレの場所が分かりにくい。階段で別のフロアに行った。

(最終到着地&ターミナル) =  パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1

(最終到着空港の様子) =

(機体) = 機種: A-319  配列:3-3

ガラガラだった。乗車率2〜3割といったところ。

(機内食・飲み物) = チーズサンドが1回出た。

(座席) = 特に狭くは感じなかった。

(マイレージ) = ANAに50%加算

(トラブル) =

(航空券の入手方法と時期) = ルフトハンザのwebから、2014年3月に手配

(航空券の価格、サブクラス) =デュッセルドルフ-パリ往復で
航空券: 49ユーロ
燃油、空港使用料、諸税: 117.14ユーロ
合計: 158.14ユーロ

サブクラス: 往路 Lクラス、 復路 Tクラス

(2014年5月上旬 ピンクのスポンジのmiffy 様)

(LH)パリ-デュッセルドルフ



(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1


(出発空港の様子) =
小さな売店(本屋)が1つ、小さな飲食店(スナックやコーヒー程度)が1つ、
他の店舗は閉まっていて、「何もない」と思った。
ルフトハンザのカウンターにまで「このターミナルはフライトに向いてない」との様なことが
書いてあり、開き直ったのかと思った。

(到着地&ターミナル) = デュッセルドルフ空港 ターミナル1

(到着空港の様子) =

(機体) =
機材: A319            配列: 3-3

(機内食・飲み物) =
ラップサンドのようなものが1回出た。

(座席) = 乗車率2〜3割といったところで、ガラガラだった。「赤字だろうな」と思った。
座席は、特に狭くは感じなかった。

(マイレージ) = ANAのマイレージに50%加算。
(2014年5月上旬 ピンクのスポンジのmiffy 様)





 
 
トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > LH デュッセルドルフ