トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > KE


フランスへいく エアライン  Airline 
KE 大韓航空 搭乗報告 2014年

 6 Jun.2013 / 29 Dec.2014 経験談追加

 

ソウル→パリ CDG ターミナル2E

パリ CDG ターミナル2E→ソウル
 
 

本頁の記載は、あくまで過去の経験談です。最新情報は航空会社へ確認のこと。

 
こちらは 年1,2回の収録です。最新の報告は アンケート掲示板から 
「エアラインアンケート KE (←半角)」 として検索してください。
 
 


2014年
 
 
 
 
 
岡山-ソウル-パリ Y
 

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 岡山空港

(出発空港の様子) =

(乗り継ぎ地) = 仁川空港

(乗り継ぎ空港) =
広い空港なので、ゲートをよく確認する必要がある。
もしも搭乗時間ぎりぎりに、ゲートの間違いに気づくと、走るしかない。

仁川空港は広くて楽しい。両替所もたくさんある。レストランは空港なので、高めだった。
日本円は使用できるが、店によっては日本円のお釣りが無いため、断られることがある。


(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2E サテライト不明

(到着空港の様子) =
初めて、構内シャトルで移動。前年もパリに来たが、こんなことは初めて。発着ゲートはたびたび異なるのかもしれない。何処へ行けばいいのか分からないので、大勢の人について行ったら、無事に出られた。

(機体) =
機種:         配列:

(機内食・飲み物) =
食事は2回。
鶏肉、牛肉、ビビンバなどが出た。
辛ラーメンも希望すれば、出してくれる。
復路便ではボジョレー産ワインが出た。

(座席) =
遠慮なく席を後ろに倒せるよう、往復とも最後列を指定。

(機内販売) = 自分は利用しない。機体の最後部に、免税品のコーナーがあった。

(マイレージ) = (   )に、(   )%加算。

(航空券の入手方法と時期) = 出発の2日前に、HISで手配。

(価格) =
航空券:
燃油・諸税:
合計: 約100,000円
(2014年11月 ほっとスペース 様)





成田-ソウル-パリ Y
 
(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 成田第一ターミナル

(出発空港の様子) =

(乗り継ぎ地) = ソウル インチョン

(乗り継ぎ空港) = 休憩や無料シャワー、免税店などきれいでにぎわっていた

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2E  サテライト不明

(到着空港の様子) =

(機体) = 機種: A380 配列:3-4-3

(機内食・飲み物) =
ソウル-パリ

1回目
ビビンバを楽しみにしていたが、なかった。
辛ラーメンやかっぱえびせんもどきは、希望すれば持ってくる。

飲み物はアルコールも無料。


(座席) = エコノミーだと他の機材とあまり変わらないように感じた。
USBポートあり。

映画は日本語のものは少なかった。最新作もあったが、大ヒット作はなし。

(機内販売) = 最後尾に、酒と化粧品の展示があり、実物を見られる。
販売品目も充実していた。KEオリジナルグッズなどはほとんどない。

(マイレージ) =

(トラブル) =
なし。乗務員もみんな笑顔で、とても感じ良かった。
世間で反日感情が高まっているといってもそれを表すような態度の乗務員は見かけず。

(航空券の入手方法と時期) = JTBのWebから。座席の指定ができないため、3カ月前にKEのサービスセンターに電話して指定。面倒だった。

(価格) =
航空券:
燃油、諸税:
合計: 117,000円。

サブクラス: K
 
(2014年8月下旬 garikoおしえて 様)





新潟-ソウル-ロンドン Y
 
(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 新潟空港

(出発空港の様子) =

(乗り継ぎ地) = ソウル インチョン空港

(乗り継ぎ空港) =
空港の構造はシンプルで、日本語の案内もあるので、乗り継ぎは容易。
保安検査が終われば、たくさんの免税店やフードコート、伝統文化体験コーナー、乗り継ぎ客用のコーナーなどがあった。

乗継時間は約1時間半、フードコートでビールを飲んでちょうどよいくらいだった。

(到着地&ターミナル) = ロンドン ヒースロー空港 ターミナル4

(到着空港の様子) = 17時半くらいに到着
入国審査は、友人と2人連れだったためか同時に審査で、君たちはシスターかフレンドか、と尋ねられただけで、難なくクリア

ターミナル4は古い感じ。
ヒースロー・エキスプレスの切符を購入済。
案内に従って乗り場に向かうが、乗り場に降りるエレベーターがなかなか来ない。
地階に着いても、古い感じで初めてで一人だと心細いかも。

ターミナル4からはパディントン駅まで直通で行けず、「ターミナル1.2.3」駅で乗り換える必要があった。
車中で検札あり。

車両は新しく、Wi-Fiも使え、快適。パディントンまで乗り換えを含めても
30分かからず早いが、片道20ポンド以上とは高かった。

(機体) =
新潟-ソウル 
機種: 73J  配列: 3-3

ソウル-ロンドン
機種: B777-300ER  配列: 3-3-3

(機内食・飲み物) =
新潟-ソウル
1回 
ハンバーグ ビール、コーラ、オレンジジュース、コーヒーなど



ソウル-ロンドン
飲物、ハニーローストピーナツ

1回目
ビビンバか洋食から選択 ビビンバを選択
ビビンバ、わかめスープ、つけもの、大福
飲物はワインやビール、ソフトドリンクなど、コーヒー、お茶

軽食 
おにぎり、箱に入ったピザ、セウカン(かっぱえびせん的なもの)から選択

2回目
2種類から選択 ブルガリアンビーフシチューを選択
ブルガリアンビーフシチュー、サラダ、パン、フルーツ

水やジュースは適度に配られた。
メニューはない
乗務員が「温かいビビンバのご用意があります」などど丁寧だった。韓国語だが。

(座席) =
新潟-ソウル
パーソナルモニターあり


ソウル-ロンドン
真ん中の3列の真ん中
予め毛布とペットボトルの水が置かれている。
その後ヘッドフォンと、スリッパと歯磨きのセット配布。

パーソナルモニターあり
Kポップを聴いたり韓国映画を観て過ごす、日本映画は1本くらい、洋画は韓国語吹き替えだったりするので観なかった。USBポートでスマートフォンの充電ができてよかった。

(機内販売) =
利用せず
カタログは豊富

(マイレージ) = スカイパスに加算、加算率不明

(トラブル) = トラブルではないが、事前チェックインや座席指定をする期間が限られていて、しないで行ったらソウル-ロンドンは友人と離れ離れになった。

(航空券の入手方法と時期) = 大韓航空のWebから 2014年5月上旬

(価格) =
航空券: 
燃油、諸税:
合計: 170,810円 

制限付きエコノミー

サブクラス 往路 Q  復路 H
 
(2014年6月中旬 カルメギ食堂 様)


ロンドン-ソウル-新潟


(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = ロンドン ヒースロー空港 ターミナル4

(出発空港の様子) =
19時台発、2時間前には空港に到着。
荷物をパッキングする場所があったので、買い物したものをスーツケースに詰めた。秤があるのもよかった。

チェックインから出国まで、特別に空いてもいないが、普通の込み具合でトラブルなく順調に進む。

自動チェックイン機は見当たらず、指定のチェックインカウンターでチェックインした。
新潟まで発券。復路は友人と隣の席になった。

セキュリティ・チェックに進む前に、液体物を空港の指定の袋に入れ直せと言われた。

出国後の免税店
特別なものはない印象。ハロッズ、食品専門の免税店(フォートナム&メイソンの紅茶などは市中のほうがわずかに安い)、
土産屋風の店(セルフレジ)、チョコの専門店、通路にシャンパンバーなど
買い忘れたお土産や職場への土産程度は買える。


搭乗口近くに、COSTACOFEE


(乗り継ぎ地) = ソウル インチョン空港

(乗り継ぎ空港) =
往路に同じ。
乗継時間が約4時間だったが、お昼を食べたり、普段使いの化粧品を買ったりして過ごした。
チャーリーブラウン・カフェがかわいかった。

インチョン空港の利用について、日本語アンケートを受けた。

(到着地&ターミナル) = 新潟空港

(到着空港の様子) =
20時半頃到着なので、閉店していた。税関ではとめられず。

(機体) =
ロンドン-ソウル
機種: B777-300ER 配列: 3-3-3

ソウル-新潟
機種: 73J  配列:3-3

(機内食・飲み物) =
ロンドン-ソウル
1回目
ビビンバと洋食から選択 ビビンバを選択
ビビンバ、わかめスープ、つけもの、ケーキ
ワインやビール、ソフトドリンク、コーヒー、お茶など
ビビンバが嫌いでなければ、結構おいしい。

2回目
お粥、オムレツ、コンチネンタルブレックファーストから選択
お粥を選択
白いお粥、ふりかけ、つけもの、ゼリー
コーヒー、お茶など


ソウル-新潟
プルコギ、ビール、コーラ、オレンジジュース、コーヒー、お茶など


(座席) =
ロンドン-ソウル
窓側3列の真ん中
備品は往路と同じ
パーソナルモニターのプログラムも往路と同じなのであまり観なかった。

着陸前にサッカーのワールドカップ予選日本対ギリシャ戦の結果が韓国語と英語でアナウンスされた。


ソウル−新潟
パーソナルモニターあり

(機内販売) = 利用せず

(マイレージ) = スカイパスに加算、加算率不明

(トラブル) = トラブルではないが
ソウル便に搭乗したら自分の座席に毛布と水がなかった。ないよと告げると、隣の用意されている席に座ればいいというような、適当なことを言われた。隣が空 席か尋ねるとわからないという。結果、空いてはおらず、毛布と水は持ってきてもらった。韓国人ではないアジア系の女性乗務員だった。
(2014年6月中旬 カルメギ食堂 様)






 
 
 

トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > KE