トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > KE 2008年


フランスへいく エアライン  Airline 
KE 大韓航空 搭乗報告 2008年

        11 Jan.2009経験談追加

 
 
福岡-ソウル-パリ
 
 
(航空会社) = エールフランス/大韓/デルタ(AF/KE) 共同運航便  当日はKE便

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 福岡

(出発空港の様子) = インチョンの免税店はものすごく数も多く、種類も豊富。
施設も充実していて乗り継ぎの待ち時間も楽しめた。飲食店も韓国料理のレストランやファストフードなど豊富。

乗り継ぎのときもボディチェックなど厳重。乗り継ぎ空港で買ったペットボトルは没収。

(乗り継ぎ地) = ソウル インチョン空港
3階22番ゲートより出発。

(乗り継ぎ空港) = 着くとすぐ検査を受け、3階へ。
インチョンの免税店はものすごく数も多く種類も豊富。施設も充実していて
乗り継ぎの待ち時間も楽しめた。飲食店も韓国料理のレストランやファストフードなど豊富。
 

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港

(到着空港の様子) = 出口で荷札のチェックなどがない。
なくなってしまわないのか心配になる。日本の空港がきっちりしているのか、ド・ゴール空港がいい加減なのか。
 

(機体) = B747 
運悪く後ろのフランス人らしき男性が、足を突っ張るようにして座るので、リクライニングがあまりできず、窮屈な思いをした。

(機内食・飲み物) = 乗ってしばらくして、飲み物とスナック。韓国のビールを飲む。

夕食は、ビビンバを頼んだ。付け合せには漬物(キムチではない)、わかめスープ、クッキーみたいな大福みたいなデザート、

飲み物は赤ワイン(多分フランスワイン)をチョイス。

夜中に軽食。どうやらピザらしかった。

朝食は、ややスパイシーなカレーみたいなハヤシみたいなもの。パン、セロリサラダ、メロンがデザート。

(座席) = 毛布とミネラルウォーター、歯磨きセット、
スリッパ代わりの靴下アイマスクが全座席に用意されていた。

ヘッドホンはしばらくしてから配られ、着陸30分くらい前に回収。

(マイレージ) = 50%加算

(トラブル) = 乗り継ぎのときもボディチェックなど厳重。
出国空港で買ったペットボトルを没収された。

(航空券の入手方法と時期) = 阪急交通社のwebサイトから5月初めに購入。

(価格) = 一番遅い便を指定したので、6,000円アップ
燃油、空港税などこみで 205,645円

( 2008年8月中旬  くまもとよりてらさん 様)

中部-ソウル-パリ
 
(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 中部空港

(出発空港の様子) = GW間近だからか凄く混んでいた。2時間前に着いたが、飛行機に乗り込めたのはぎりぎりだった。

(乗り継ぎ地) = ソウル
 

(乗り継ぎ空港) = インチョン空港
乗り継ぎ時間が約1時間だったので、機内持ち込み検査やトイレなどに行ったらすぐだった。
 

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港

(機内食・飲み物) = ビビンバが1度出てきて頼んだが、あまり美味しくなかった。他の料理は普通だと思う。

(座席) = パーソナルモニターあり。映画の種類も豊富で、時間つぶしは困らなかった。

(2008年4月下旬 中堅業務職カツヲ 様)
 
 

パリ-ソウル-中部
 
 
(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港

(出発空港の様子) = 免税店はあまり開いていなった。

(乗り継ぎ地) = ソウル

(到着地&ターミナル) = 中部空港

(到着空港の様子) = 綺麗だった。

(機内食・飲み物) =最後に出てきたおかゆが美味しかった。

(乗り継ぎ空港) = インチョン空港
免税店が多く広かった。トイレも綺麗。同じブランドが色々なところに入っていて、店によって値段と品揃えが違った。良い時間つぶしができた。

(航空券の入手方法と時期) = エイビーロード。AICトラベル。2008年1月ごろ手配。

(価格) = 合計約110,740円

(2008年4月下旬 中堅業務職カツヲ 様)

関西-ソウル-パリ
 
 
(航空会社) = 大韓航空(KE) 

関西-ソウル:大韓・日本航空(KE/JL)共同運航、KE機

ソウル-パリ:大韓・エールフランス(KE/AF)共同運航、KE機。

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 関西空港
 

(出発空港の様子) = 免税店、トイレ、飲食店、両替所あり。
泉州銀行はレートのクーポン券あり、JALのマイレージがつく。 

(乗り継ぎ地) = ソウル

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2F

(機体) = 
関空-ソウル: 3-4-3列 パーソナルモニターあり、足置きなし。
ソウル-パリ: 3-4-3列 パーソナルモニターあり、足置きなし。
 

(機内食・飲み物) = 
関西-ソウル: 機内食1回。
ちらし寿司、フルーツ(キュウイ、オレンジ)。
水、オレンジジュース、ビール、赤・白ワインなど。

ソウル-パリ: 機内食2回、スナック1回。
ビビンバ、ワカメスープ、紅白饅頭シーフードの盛り合わせ、パン、サラダ、フルーツ。
飲み物は水、オレンジジュース、ビール、赤・白ワインなど。

ハネムーンカップルには特別にケーキあり。

セルフサービスのドリンクバーはなく定期的に飲み物をサーブ。

(座席) = 

アメニティグッズはパスポート入れ、靴下、歯ブラシ、アイマスク、ひざ掛け、枕。

(マイレージ) = マイル加算可

(トラブル) = 
関空のチェックイン時、通路側をリクエストしたのに、窓側だった(2回も念押しした)。

関西-ソウルはそのまま乗ったが、ソウル-パリでは日本人乗務員に交渉。
通路側に座っていた親切な男性と、座席を替わってもらった。

(乗り継ぎ空港) = ソウル インチョン空港

免税店、トイレ、飲食店(うどん、ラーメン、寿司など日本食あり)、両替所あり。
免税店の半数以上が工事中だった(2008年4月下旬)

乗り継ぎは「Transfer」の表示に従って3階へ。迷うことはなかった。

(航空券の入手方法と時期) = 4月中旬、JTBのパッケージツアーを手配。

(2008年4月下旬 禽亜音 様)
 

パリ-ソウル-成田
 
(航空会社) = 大韓航空(KE) エールフランス(AF)との共同運航
パリ-ソウル:機体はAF、ソウル成田:機体はKE。

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2F

(乗り継ぎ地) = ソウル 

(乗り継ぎ空港) = ソウル インチョン空港
分かりやすく、空港職員の多くは日本語を話せたので安心でした。とてもきれいで快適。、ここでの乗り継ぎならまた利用したいと思った。

(到着地&ターミナル) = 成田空港 第1ターミナル

(機体) = B777、座席は3-3-3列。

(機内食・飲み物) = 
パリ-ソウル:2回。セルフサービスの軽食あり。
1回目はビビンバとチキンかトマトソース煮から選択で、トマトソース煮を選んだが、スパイスが効いておいしかった。パイ生地の上にトマトソースがのったもの、デザートのアップルシナモンケーキも美味しかった。パンは小さなフランスパンだったが、これもおいしくて、さすがエールフランス!!と感動した。

セルサービスの軽食はカップめんとサンドイッチ、ハーゲンダッツのアイス。

2回目はミニフランスパン、チーズとハムの盛り合わせ、マドレーヌ、ヨーグルトなど。

ソウル-成田:1回。チキンのトマト煮が出てきたが、AFのような美味しさはなかった。
まずくはないが、学校給食を思い出させる感じだった。

(座席) = 
パリ-ソウル:座席の横幅は普通だと思うが、前後が狭く前の人が少しでもリクライニングすると、圧迫感を感じた。

ソウル-成田:パリ発と同じ3-3-3列だったが、エールフランスと比べるとかなり広くて快適だった。但し、パーソナルモニター、毛布は無かった。

(2008年3月 東北のナインチェ 様)

成田-ソウル-パリ
 
 
(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 成田空港
 

(出発空港の様子) = 成田空港で両替をして行ったが、本誌報告通り国内での両替のが一番レートが良かったように感じた。T/Cも成田で用意して行ったが、そこの窓口で教えてもらったパリの両替所では両替できず、窓口の係員にアメックスの事務所に行くように言われた。
事前にアメックスの場所をチェックしていたので、説明されたときすぐにわかったが、
知らなかったら何を言われているか分からなかったと思う。

(乗り継ぎ地) = ソウル

(乗り継ぎ空港) = ソウル インチョン空港
とてもきれいで快適。トイレも多く、きれいで使いやすかった。免税店では日本円使用可能。
帰りにユーロがなくなっても日本円で買い物できるのは魅力的だと思った。

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2F

(到着空港の様子) = 
空港のトイレは広くて使いやすかった。
荷物を受け取ったあとでも、トイレ内に楽に荷物を持ち込めたので助かった。

(機体) = ボーイング、座席は2-4-2列。

(機内食・飲み物) = 
成田-ソウル:1回、チキンとご飯のプレート。

ソウル-パリ:2回。そのうち1回はビビンバ。
飲み物はオレンジジュース、コカコーラ、ミネラルウォーターなど。
アルコールはビール、ワインなど。

(座席) = 
成田-ソウル:シートはかなり広くて快適だった。毛布とパーソナルモニターがなかった。

ソウル-パリ:成田からの便よりは狭かったが、こちらのシートも思ったより広くて快適だった。
パーソナルモニターあり、オンデマンド。

(航空券の入手方法と時期) = とらべるこちゃんで検索。
1月下旬、JTBトラベルデザイナー新宿で電話で購入。

(価格) = 航空券は約40,000円、燃料チャージ約23,000円、現地空港使用料5,620円、成田空港使用料2,040円。

(2008年2月下旬 東北のナインチェ 様)

パリ-ソウル-福岡
 
 
(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2
 

(出発空港の様子) = 免税手続きの場所が解り難い。

(乗り継ぎ地) = ソウル

(到着地&ターミナル) = 福岡空港

(機内食・飲み物) = 食事2回。
1回目ビビンバ、ビーフから選択、2回目お茶漬け(おかゆ状態)、飲み物等数回。

(座席) = パリ-ソウル:パーソナルモニターあり。
ソウル-福岡:パーソナルモニターなし。

(マイレージ) = eチケット、マイル加算

(乗り継ぎ空港) =ソウル

(航空券の入手方法と時期) = ウイルツアー福岡支店、格安航空券を約1ヶ月半前に依頼。
出発20日を切った頃、+10,000円でなら今取れると連絡あり、追加料金でお願いした。

(価格) = 燃油税など含み合計約185,000円。

( 2008年1月 ムーラン愛ちゃん 様)

関西-ソウル-ロンドン C
 
 
(航空会社) = 大韓航空(KE)

(搭乗クラス) = ビジネスクラス

(出発の空港) = 関西空港
 

(乗り継ぎ地) = ソウル

(乗り継ぎ空港の様子) = ソウル インチョン空港 
プレステージクラス(ビジネスクラス)ラウンジ利用。 
ハイアットリージェンシーからのサンドイッチ、巻き寿司、マフィン、ケーキ、クッキーサラダ、がビュッフェになっていて取り放題。

食器はウェッジウッド製の大韓航空専用の食器。
しかし、パンがパサパサでおいしくなかった。
 

(到着地&ターミナル) = ロンドン ヒースロー空港 ターミナル3

(到着空港の様子) = ヒースローエクスプレス利用で市内に出たが、掲示がわかりやすかった。

(機体) = ソウル-ロンドンはB747、座席は2-3-2列。

(機内食・飲み物) = 機内食2回。 

1回目はビビンバ、ビーフステーキを選択。ステーキは焼き具合を聞かれ、ミディアムを選択したがレアがでてきた。 前菜としてカニのサラダ、グリーンアスパラのスープ、チーズの盛り合わせかチーズケーキを選択。 あまり美味しくなかった。

2回目は前菜+メイン選択で、ラビオリを選択。

途中でおにぎり、ピザ、かっぱえびせんのような韓国スナックを配っていた。
他、カップラーメンもあったようだ。

(座席) = スリッパあり
 

(航空券の入手方法と時期) = 格安ビジネスチケット。12月中旬に阪急交通社で。

(価格) = 約290,000円、+サーチャージ50,000円。

(2008年1月上旬 pinoko7878 様)
 
 

パリ-ソウル-関西
 
 
(搭乗クラス) = ビジネスクラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2F
 

(出発空港の様子) = ビジネスクラスラウンジ利用。
フォーションのハーブティ、ダージリンティのティーバックが豊富に用意されていた。
他、バンホーテンのインスタントココアあり。
フロマージュ、ダノンのヨーグルトデザート、マドレーヌなどのお菓子あり。

(乗り継ぎ地) = ソウル 

(乗り継ぎ空港) = ソウル インチョン空港
ビジネスラウンジ利用。ハイアットリージェンシーからのサンドイッチ、ケーキ、巻き寿司が食べ放題。でも、あまり美味しくなかった。

(到着地&ターミナル) = 関西空港

(機体) = パリ-ソウル、ソウル-関西ともB747、座席は2-3-2列。

(機内食・飲み物) = パリ-ソウルは2回。
夕食と朝食夕食のメインはビビンパとビフテキのどちらかを選択。
私はビフテキを選択したところ焼き具合を聞かれ「ミディアム」でお願いしたが、レアだった。
デザートはハーゲンダッツのアイス(バニラかストロベリー)か、チーズの盛り合わせのどちらかを選択。

朝食は韓国風のお粥とチーズオムレツのどちらかを選択。粥は甘いとの評判だったのでチーズオムレツを選択したがあまり美味しくなかった。

(座席) = スリッパ。毛布等はYクラスとあまり変わりがないと推測。
 

(2008年1月上旬 pinoko7878 様)

福岡-ソウル-パリ
 
 
(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 福岡空港
 

(出発空港の様子) = 福岡空港は通関後両替所無し。免税店はフランスより安い。

(乗り継ぎ地) = ソウル

(乗り継ぎ空港) = ソウル インチョン空港
狭かった。免税店でオメガ3とシャークカートリッジが安く買えた。
日本語は通じるし楽だったが、日本の免税店の方が安いように感じた。

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2F

(到着空港の様子) = 両替は高かった。
エールフランスバスの乗り場は2Fと2Eの間にあり、が判りづらい。
リヨン駅まで、荷物を入れる場所が方面別に分かれており、
間違えてモンパルナスのところに入れていたから、出すとき大変だった。

(機体) = 座席は3-4-3列。

(機内食・飲み物) = 2回。内1回はビビンバ、間食はピザとおにぎり、えびせんが出た。
スナックはピーナッツ。飲み物はワイン、ビール、コーラ、スプライト、オレンジ、トマト、など。

(座席) = パーソナルモニターあり
アメニティーグッズは靴下、歯ブラシ、アイマスクが入ったセット。トイレに生理用ナプキンはなかった。

(機内販売) = 化粧品のほか、オーストラリア産のプロポリスやローヤルゼリーもあった。
行きに予約して帰りの便で受け取れるようにもできた。アイテム数は多かった。

(マイレージ) = アリタリア航空のマイルに入れることができた。

(航空券の入手方法と時期) = IACEを利用して9月に手配依頼。なかなか1名の1区間が取れず追加代金を払った。

(価格) = サブクラスはV

(2008年1月上旬 がばい黒タン 様)

トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > KE 2008年