トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > KE 2004年以前


フランスへいく エアライン  Airline 
KE 大韓航空 搭乗報告 2004年以前

            updated on 19 Mar.2006 /2 Oct.2007 増量
ソウル→パリ CDG ターミナル2C

パリ CDG ターミナル2C→ソウル
  あまり土産は買えないので注意。
 
 
 
 
 
 
 

本頁の記載は、あくまで過去の経験談です。最新情報は航空会社へ確認のこと。

 
こちらは 年1,2回の収録です。最新の報告は アンケート掲示板



 
 
 
 

発着時刻

パリ→ソウルの日曜発は出発時間が早いけど パリ→ロンドン→ソウルにすると、パリ発が、20:00なので、最後までパリで遊べます。
 
福岡からパリへの直行便はなく、関空や成田まで行くことを考えたら 同じ乗り換えだったら、ソウルのほうが便利。
(にゃんち様)
 
 

成田→ソウル→パリの場合、朝9:30の便にのる必要があります。 朝9:30の便に乗るということは、成田で前泊か、スカイライナーの始発にのらなくちゃです。 あと、確か帰りも遅くて、スカイライナー終電とかだった記憶があります。 この辺、要注意かもしれません。
(かなぞう様)
 
 

一番良かったのは、タイムスケジュールかな。帰国便の出発がパリ21時50発なので、その日夕方までフルに使えます。ソウル発が1840で成田着2055と遅いのが辛いですが、乗り継ぎ時間が短すぎても、遅れたらどうしようと不安になりますしね。
(富蔵8823 様  2003年10月)
 
 

直行便で行きたかったのですが、費用の都合で大韓航空にしました。南回りの方が費用は安くあがりますが、フライト時間や空港での待ち時間を考えると、コストパフォーマンスが高いと思います。ドゴール18:30着ですので、タクシーで市内に入ろうとすると渋滞に巻き込まれる恐れはありますが。
(Mt.zonopoo 様  2003年9月)
 
 

関西から欧州行きなら、乗り継ぎ時間も短く、非常にアクセスのよいキャリア。「安いだけ」が魅力に思われているのが、とっても残念。自分がブランドショッピングに興味がないから的はずれな意見かも知れないが、スタンダードな品物を買うのなら仁川のブランドブティックでも遜色ないと思うのに(空いてるし)、欧州の空港ブティックにこだわる人が多いのも不思議。

パリ発21:50の便があり、これなら最終日もゆっくり使えて、むしろ午後の早い時間にでる直行便よりもメリットが多いと思う。(ただし、関空着の時間によっては、地方へ帰る人には使いにくいけれど)。
 

KE/AF共同運航便(AF機体)は午後パリ発なので、パリの最終日は半日しか自由に使えない。また、ソウルで最も乗継がいい大阪行きKE便は、ジャンボ機ではないので、満席になりやすい。
(はづきあづき様 2003年2月)
 
 
 

大韓航空は初めて利用しましたが、鹿児島からだと時間的にもいい。
鹿児島から仁川空港経由でフランクフルトへ午後5時半頃到着 パリ発午後10時頃出発、と
帰国日に夕方まで観光できます。仁川空港経由鹿児島には午後7時頃到着 アテンダントもよく気が利くし私は気に入りました。
(kei0101 様 2003年8月)
 

ソウル発成田行きは、午後は18:40発の一便しかなく、欧州帰りでソウルに寄らないなら、これを利用せざるを得ない。

乗継時間は行きより長く、パリ〜ソウル〜成田 の場合ソウルで2時間半。空港は確かに広いが、ターミナルの移動もなく、純粋に乗り継ぎに必要な時間は短いので、ヒマをもてあます。客が激減しているせいはあるが。
疲れているので、ショッピングもさほど気のりがしない。マッサージ室もあったが、割高だったのでやめた。

欧州からの帰国便は全般的に、成田行きへの接続が悪い。行きは気分が高揚しているので、少々時間がかかっても気にならないが、帰りの時は体力的にきつい。そして、成田着は20:55とかなり遅くなる。私はロストバゲージの手続きをしていたら、スカイライナーの最終に間に合わず、自宅についたら午前様近くであった(東京23区内・南部)。

ソウル〜成田便が、せめてあと1時間、早まってくれればな〜、と思う。

そういうわけで、確かにチケットは安いのだが、ソウルに立ち寄る気がなければ、また欧州行きで利用するかどうかは、微妙なところ。エールフランスにマイルつかないし。。。
(とりcacao様 2003年5月)
 
 

行き
9:30成田〜11:55ソウル・インチョン着
13:00ソウル〜16:55 ロンドン・ヒースロー着 
 
帰り
21:50 パリ・ドゴール発 16:05ソウル・インチョン着
18:40ソウル・インチョン発 20:55成田着
 
最終日も遅くまで行動ができる離陸時刻で、よかったです。帰りの飛行機の中では、食事時間以外は爆睡。時差ぼけのせいで、夜の成田から仙台への運転も平気でした。
(2001年6月 Win302様)


 
 
 
 
機体、席

AF/KE共同便のAF機体には パーソナルモニタがあるKEのは ないらしいので、注意。

【ソウル-パリ】
 

 3-3-3列で内装はごく普通。
女性専用トイレがあるのがよかった。しかし、男性が中から出てきたので、あまり効果がないかも?
(elmo_peony 様 2004年12月/2005年1月)
 

映画はモニターを共有
日本語吹き替えか字幕、座席の場所によっては、字幕が見えにくいこともある。
(田舎好き 様 2004年12月下旬)
 
 

端は2人席。モニターは数箇所だが我々の席からはまったく見えませんでした。座席のピッチは狭め。一番後ろのほうだったので端に少し余分なスペースあり。
(オレンジのジュレ様 2004年8月中旬)
 

シンプルの一言。余計なものが何も無い。無くて困ったのは足を乗っける台。
女性専用化粧室有。でも思ったほど広く無い。女性一人旅なので二人掛けの席でと頼んだので結果的にお尻側の席。シートは狭い。
(BALKO刑事様 2004年6月下旬)
 
 
 
 

ボーイング747
席は 2-3-2(メインデッキ)
Cクラス 事前指定で8B(通路側) リクライニングは手動だが問題なし。ヘッドレストがとても使いごごちが良かった。ソウルで降機する際、殆ど間をおかずエコノミー席の人が押し寄せてきたのでなかなか降りる事ができなかった。
(ちよだぽんぽん様 2004年9月中旬)
 

KE/AF共同運行便 当日はAF便
エコノミーは狭い。体は小さいけど、それでも狭く感じます。ただ、パーソナルテレビがあったので、昔より退屈せずにすみました
(nicot bebe様 2004年1月)
 

エコノミーでも各座席前に、パーソナルモニタ設置。リモコンで操作。
(2001年6月 Win302様)
 
 

ソウル〜パリ F:
古いタイプのシートだが、横幅はかなりあってラク。大韓・エールフランス共同運航便 機体は大韓 B747
プレミアムファースト:12席  機体は古いせいか、隣はブロックしてあり、1人客の場合、1人で2席使ってもらうようにしているといっていた。
(はづきあづき 様 2003年10月)
 
 

B747-400 基本3-4-3列   後方は一部 2-4-2列
パーソナルモニタがない上、モニタの数が少ない。席によっては機内上映がなにも見えない場合も
特に窓側は見えない率が高いと思います
(2g@tsujimocchi 様  2003年11月)
 

ボーイング747
(BLUEMOON 3様  2003年7月中旬)
 

後方2列を一人で使用。さすがに横になるには狭いが、女性ならぎりぎり。備品はなにもなし。食事後の頃になると、トイレに歯ブラシなどおいてあることがあります。
(2g@tsujimocchi 様  2003年11月)
 
 

パリ〜ソウルは3-5-3
(とりcacao様 2003年5月)トラブルというほどではないが、驚いたこと。ソウル発パリ行き。空いていたので、後で座席を変わって横になっていこうと画策していたら、気がついたら離陸前から、みな勝手に席を変わっている! 中には早々と寝っころがっている人まで(さすがに離陸の時は起き上がったが)。アテンダントも特に注意しなかった。 結局どこにも移動できず。並びの3列に3人が座っていたのは、機内中でも私たちのところだけで、かなり悔しかった。
 
パリ〜ソウル便ではそのへんは厳しく、離陸後のベルトサインが消えるまで移動できなかった。
(とりcacao様 2003年5月)
 
 

機体が古いので、シートもそれなり。新型に比べるとしょぼい。
ビジネスのシートは140度ぐらいまでの傾斜かな? フットレストはボリュームがあって、ラク。
モニターは、シート横に格納型。

ビジネスクラスはいつも結構混んでいる。アメニティはごく普通だが、チェジュの水のスプレーをくれるのは、
乾燥する機内ではありがたい。
(はづきあづき様 2003年2月)
 
 
 

エコノミー3-4-3列シート 狭く感じた。
(2001年6月 Win302様)

 
3-4-3列ですが、最後数列は機体の関係で狭まって、2人がけになってます。
(midico様 2001年12月)
 

少し前のイメージ 座席は3-4-3くらい?
2列席が良かったので、後ろから2番目。
シートは普通? 備品は枕とブランケット、イヤホン。
座席一つにテレビ画面が欲しい。映画は音声がハングルと英語(たぶん)、字幕は日本語でした。
(ののギン様  2003年8月)
 

B747。シートピッチも広く、快適。
パーソナルモニタはなし。トイレ内には歯ブラシ、マウスウォシュもあり。装備は良い。
(Etienne et Pomme 様 2003年8月)
 

フットレスト、ヘッドレストがあり、眠るのがラク。歯磨きセットとマウスウオッシュは、洗面所にある。
(とりcacao様 2003年5月)
 

B747-400
ビジネスクラス利用なので、10H、10B(メインデッキのクラス最後列の通路側)を指定。

席配列は、メインデッキは2-3-2、アッパーデッキ(2階部分)は2-2列ですが、前後のシートピッチはほとんど変わらないか、アッパーデッキの方が部分的にやや狭いので、個人的にはメインデッキを指定することが多いです。

女性専用化粧室は上のクラスのブロックにはないが、化粧室はよくチェックされていて、清潔。
内装は、趣味もあるけど、私的にはちょっと(笑) でも嫌だってほどではない。
(はづきあづき様 2003年2月)
 


【パリ-ソウル F】
エールフランス、大韓航空の共同便  機体とスタッフはエールフランス
AF機体 B777-200。エスパスプルミエール(ファースト)12席 
内装の印象は、絨毯の柄がシックだった。
180度フラット可能。モニタ、リモコン内蔵なのは各クラス同じかも。モニタは使いにくい。
(はづきあづき 様 2003年10月)


【パリ-ソウル C】

 
AF/KE共同 AF機体
ボーイング777 2-3-2列の配置
大韓には無かったアメニティーポーチがあった。
シートは私には広かったが、隣のフランス人男性(特に大柄というほどではない)を見ると余裕はさほどなかった
(ちよだぽんぽん様 2004年9月中旬)
 

Cで一番前の席 足を伸ばしても前に届かないほどゆったり。隣の人がリクライニングで寝ててもそのままでトイレに立てました。
(kei0101 様 2003年8月)
 


【パリ-ソウル Y】

 
KE/AF共同 当日はKE機体
座席は狭いし、クッションもきいていない。
パーソナルモニターはなく、正面に大きいスクリーンと左右に小さい画面があるだけ。
(ペンコとドンの旅行計画様 2004年9月上旬)
 
 

AF/KE共同 AF機体
座席は3-3-3の配置。パーソナルモニタあり。
(オレンジのジュレ様 2004年8月)
 

KE機体
画面は前方にあるのみ。一番後ろの席からは見えませんでしたがずっと寝ていたので問題なし。一番後ろを指定。特に他の席と広さは変わらず。
(オレンジのジュレ様 2004年8月)
 
 

AF/KE共同 AF機体
席はKE機体より広いし、シフトできる足の台がついててとても便利。
パーソナルモニタあり。
(BALKO刑事様 2004年6月下旬)
 
 

AF/KE共同 AF機体
3-3-3列。紺色が基調のイス、パーソナルモニタ。私の両隣は半壊してました。シートはエコノミーな感じで、狭い
連れパーソナルモニタが壊れていた(映画が見られなかった、他は大丈夫)
映画で「ファインディング・ニモ」を上映していたので必死に見ていたら、酔った(自業自得)。毎回、酔い止め薬を飲むが、酔ったのは初めて。予備の、水なしで飲める酔い止めを飲んで一眠りしたら治った。
(nicot bebe様 2004年1月)
 

AF/KE共同運航便(機材はAF)
パリ〜ソウルは エールフランス・大韓共同運航便のため、機材と乗務員はエールフランス。
B777は狭い! トイレに立つのも一苦労。でもパーソナルモニタがあり、ゲームの種類は多かった。
(Etienne et Pomme 様 2003年8月)
 

AF/KE共同運航便 機材はAF)
パリ〜ソウルは3-5-3。パリ発はパーソナルモニタあり
(とりcacao様 2003年5月)
 
 

AF/KE共同運航便(機材はAF
パリCDG→ソウルICN B777-200
新しい機材だけに、綺麗。内装もいい感じ。ただし、トイレは新鮮味なし。もう少し広いといいのに。

ビジネスクラス利用。8Bを指定(エリア前から2列目の通路側)しておき、当日、最前列の7B(この席は事前指定不可)に 振り替えてもらった。配置は 2-3-2でシートピッチは50くらい?
 

AFの新しい機材で、なかなか心地よい。もちろんクッションもまだへたっていない。
AV関連も使いやすかった。映画も新作。ただし日本語字幕のは1本だけだったかも。
(はづきあづき様 2003年2月)
 
 

帰り、パリCDG〜ソウル・インチョンの便では、後部の2-4-2の2列側にしてもらったので、余裕があった。

各座席前に、パーソナルモニターがあり、出発地時刻、乗っている時間、到着予定時間、現在位置などの案内や、新作映画(ショコラ・ウェディングプランナー・ギフトなど)など見ることができた。
(2001年6月 Win302様)

 
【フランクフルト-ソウル】
非常口の席から2席目。3列シートを2人で使え、よかった。非常口の席に男性が3人座ってましたが、窮屈そうでした。ちょうど通路の横がワゴンの出し入れの場所で、ワゴンのガタンガタンという音がうるさく、よく眠れなかった。トイレに歯ブラシセットがありました。気に入ったので旅行中ずーと使ってました。
(kei0101 様 2003年8月)
 
【成田-ソウル】
3-4-3列 パーソナルモニターなし
(モコモロッコン様 2005年6月下旬)
 

座席が2-4-2、乗客が少ないので小さい機体に変えたとのこと。
(とりcacao様 2003年5月)

 
【ソウル-成田】
 
2-4-2列
(2005年9月上旬 ゆみみん@78364様)

【関空-ソウル】
A333  ビジネスクラス 2-2-2-列。機体は古い。
(はづきあづき 様 2003年10月)

エアバス330
(BLUEMOON 3様  2003年7月中旬)
 

B747-400
(はづきあづき様 2003年2月)
 

【ソウル-関空】
 
ソウルICN→関空KIX B737-800(or 900)
クラス最後部の通路側指定。初めて乗った機材で、配置は2-2-2だったか・・・とにかく小さかった。
 
古くて狭くて、Cでも、ジャンボのYとあんまり差がないようなシートだった。
短距離なので、それほど苦痛ではなかったが。
(はづきあづき様 2003年2月)
 
【福岡-ソウル】 
座席にはフットレストもあるのに、飛行時間が短すぎて利用価値はあまりない
(2001年9月 にゃんち様)

 
 
 
 
 
座席指定、チェックイン
 
パリ〜ソウル〜成田だったが、パリで ソウル〜成田のチェックインが出来なかった。仁川空港についてから改めてチェックイン。空港外に出る必要はありませんでした。そこで一番後ろの座席を指定。荷物はパリ〜成田で一度でチェックインできるのに、なぜ?
(オレンジのジュレ様 2004年8月)
 

備品は枕と毛布、イヤホンのみ。
(BALKO刑事様 2004年6月下旬)
 
 

パリCDGのエールフランス・カウンターの男性、フラ語で「できれば、窓側で、場所的に動きやすいところがいいのですが」、とお願いしたところ、「たくさんのお客様がいますので」、とやんわり断られました。
 
が、チケットを出してくれるときに「窓際にできたからね」とウィンクされた。乗ってみると、最後部の席で、2-4-2になっているところの2の部分。この席は、降りるときは不便ですが、乗っている間はゆったり快適。なお、同行者の荷物は25キロになっていたが、大丈夫でした。
(2001年6月 Win302様)

 
【パリ-ソウル AF/KE共同便 AF機体】
 
ターミナルがエールフランスだと思って2Fに行ってしまった!
2Cと言われ、10分位荷物をひきずって歩く事に。ターミナルは事前確認要。早めに着いたが、韓国人の団体に割り込まれ、凄く並んだ。結局満席となり夫婦で離れた席に。お願いするが隣同士の席は無いとの事。乗る直前にもPCで調べてもらうが不可。

乗った後に席近くのAFアテンダントにお願いする。色々がんばってくれて、隣席にしてもらった
(オレンジのジュレ様 2004年8月)
 

ドゴール空港・エールフランスカウンターで、2人一緒にチェックインしたのに、
席が夫と離れ離れになってしまった。
機内で客室乗務員にお願いしたら、満席だったため、離陸直前まで、私の隣の韓国人に、
席を代ってくれるように頼んでくれた。(仏人のムッシューはやはり女性にはやさしい!)
(Etienne et Pomme 様 2003年8月)

 
 

上級会員「モーニングカルム」カードを持っているので、ファーストの方でチェックインできる。同行の2人(こちらは普通のマイレージカードのみ)の分も一緒にできた。

福岡でソウル〜パリまでのチケットも貰う。ソウルからパリまでの座席はチケット予約の際に指定しておいた。残念ながらその代理店では一番前の列はとれないと言われ、適当にギャレーに近い右側の3列にした。
(2001年9月 にゃんち様)


 
 
 
 
 
アメニティ
耳栓・アイマスク・フリスク・イヤホンが入ったパックをくれる。子供はプレゼント貰っていた。
トイレ内に歯ブラシとマウスウォッシュあり。
(オレンジのジュレ様 2004年8月)
 

AF機
耳栓とアイマスクと機内用イヤホン。
(nicot bebe様 2004年1月)
 

食事後の頃になると、トイレに歯ブラシなどおいてあることがあります。
(2g@tsujimocchi 様  2003年11月)
 

座席に初めからあるのは、毛布(&枕)のみ。アメニティグッズ等は無い。機内でスリッパが欲しい人は持参した方がいいです。トイレ置いてある歯ブラシが結構ちゃんとしたもの
毛布は大きいけど薄手。機内の空調も、私にはいつもちょっと寒いので、毛布を2枚もらったりするが、
今回は機内用にカーディガンを持参しました。
(富蔵8823 様  2003年10月)
 

パリ〜ソウル F
備品は、でかいアメニティキット(大した物ははいってない)、クリスチャン・ラクロワのパジャマ
(これにスリッパと靴下もおそろいで入っている)など。布団と枕。

ソウル〜パリ:
個人用アメニティはなし。頼んだらくれるようだった。
(Etienne et Pomme 様 2003年8月)
 

乗客に配布されるものは一切ありませんでしたが、トイレには、化粧直しなどに使えるものとか、歯ブラシ歯磨き粉セットなど。
(2001年6月 Win302様)
 

貸ヘッドフォンのみ。毛布と小さいクッションだけ置いてありました。
(BLUEMOON 3様  2003年7月中旬)
 

大韓航空の歯ブラシが意外にもしっかりしていて、14日間充分に使えた。  それに良くあわ立つ! 
(ミオン様 2001年12月)


 
 
 
 
 
 
 
機内食

機内食もおいしいし(私は海外旅行がはじめてだったのですが)、 なんとビビンバもあります。
(るみひめ様 2000年8月) 
 
 

大韓航空に決めた理由の一つは「ビビンバが美味しいから」です
(富蔵8823 様  2003年10月)
 
 

全体的においしかった!!ビビンバは有名。ワイン(赤白)、ビール(3種類くらい)、ジュースもオレンジやパインがありました。
(ののギン様  2003年8月)

 
【関空-ソウル F】
ホットミールあり。ウェルカムシャンパンは1種類、ワインは数種類から選べた。
(はづきあづき 様 2003年10月)


【関空-ソウル C】

そば、巻寿司、稲荷、幕の内御飯、ひじき煮、唐揚、卵焼き
(BLUEMOON 3様  2003年7月中旬)


【関空-ソウル Y】

弁当が1回
(2005年8月中旬 ぽちのおめめ 様)
 

蕎麦つきおにぎり弁当(軽食)。
(senapa3様 2005年1月上旬)

 

【成田-ソウル】
短い間だったがしっかりした食事。ビビンバを選択している人が多かったが
私はポーチドエッグを選択。前菜の味付けは韓国風。
(ちよだぽんぽん様 2004年9月中旬)
 

あんかけごはん
(ペンコとドンの旅行計画様 2004年9月上旬)

焼肉定食の様なメニュー。ピリ辛で美味しい。
(オレンジのジュレ様 2004年8月中旬)
 

焼肉定食みたいでコンビニ弁当より肉が硬かった。味は中華味。味も見た目もエコノミー。
(BALKO刑事様 2004年6月下旬)
 

食事は選ぶことができません。飲み物も聞いて回るのではなく、あらかじめトレイに並べた、水、オレンジジュース、グアバジュースなどから選ぶ。食事時、ビールとワインだけは別に薦めに来ました。
(2g@tsujimocchi 様  2003年11月)
 
 

(選択の余地なし) 焼き鳥丼、マルハのゼリー、パン、オレンジジュース
(Mt.zonopoo 様  2003年9月)

 
 
 
【関空-ソウル】
 
【ソウル-関空】
ホットミール1回。メインは2種から選択。時間が短いので、ワイン等は小ボトルでサービス。
味は普通。お茶は(これはどのクラスでも)高麗人参茶がある。個人的には好き。
(はづきあづき 様 2003年10月)
 

とにかく小さい飛行機なので、通路も狭く、サービスが大変そうだった。エコノミーはホットミールはなかったようだった(ジャンボ機材だったら夜便はホットミールがあった気がするけど)。

ビジネスはウエスタンかコリアンがチョイスできるホットミールがあるが、ジャンボ機に比べると積載量は少ない模様。ワインもボトルから注ぐサービスではなく、赤か白の小瓶を渡す方式。
(はづきあづき様 2003年2月)


【パリ-ソウル F】
料理の味そのものはいいし、パンはかなりおいしかった。ドレッシングはロリビエ、
ナッツもフォーションと、ブランドもの?を使っている。
アミューズ、オードブル、メイン、フロマージュ、デセール、食後の飲み物という順で、
きちんとサービスされる。しかし、デクパージュなどは全くなし。ちなみにビジネスとの格差は劇的ではない。

ワインはよかった。ただし、ソムリエの資格を持つアテンダントが熱心すぎた(笑)。客もある程度知識がないと、困ると思う。

ソフトドリンクは水以外はダメ。ジュース類がとてもまずくなっていた…。
ミールは2回。間にはなにもなし。フロア真っ暗で、ひたすら寝るしかない模様。しかも、バーはビジネスにしかなく、ちょっとみにいったが2月の時より格段に品ぞろえが落ちていて、なんで?と思うほどだった。アテンダントに頼んで持ってきて貰っても、酒の種類も少なく、ちょっとしたおつまみのようなものもなくなっていた(以前はアミューズやフリュイ・コンフィなどがあった)
(はづきあづき 様 2003年10月)
 

【パリ-ソウル C】
AF/KE共同ビジネスクラス。
ウェルカムシャンパンは、たまたまかもしれないが銘柄が3種あった。期待していなかったけれど、私には十分おいしく、前に乗った時より、盛りつけが格段に美しくなっていたのが印象的だった。

メインは3種類+1種類(プラ・ド・ジュール)から選べたが、なぜかプラ・ド・ジュールが、印刷されたものと全然違う料理だった。それを選んだ隣席の人が文句言ってたが、適当にあしらわれてた(爆)。
フロマージュ(チーズ)はさすがによかった。

サービス回数は、エコノミーもビジネスもたぶん同じ。軽食、バーがギャレイの横にセッティングされているのも同じ。サービスは、セルフでもリクエストしてもOK。

眠れなかったのでコニャックを取りにいった時、「一緒にどうぞ」と薦められたフリュイ・コンフィがとても美味しかった。コニャックのお代わりを頼んだときにそう言ったら、てんこもり器に入れてもってきてくれた(笑)。

ワインはいちいちテイスティングをさせる。あそこまでやることもないような気がするけど・・。
(はづきあづき様 2003年2月)
 

 
 
【ソウル〜パリ F】
シャンパンはクリュグかドンペリニョン、ワインはリストがあって、いい状態。
楽しみにしていた韓定食がなく(予約で用意するそう。なんでも人気が全然ないので、、、とのこと)残念だった。
一皿ずつのサービスだったがメイン料理はいまいち。サラダは以前、ビジネスクラスでしていたのと同様のワゴンサービスで、好きなように作ってくれる。

通常の「昼」「夜」のほかに、焼きたてクッキーがでたり、韓国のデザートがでたり、いたれりつくせり。
うどんを頼むと、ちゃんどどんぶりででるようだった。

2食とも、一斉の食事ではなく、乗客の都合のよい時間にだしてくれる。
(はづきあづき 様 2003年10月)
 

【パリ-ソウル Y】
 
 
 
 

AF/KE共同 AF機体
一回目の食事はチキンかプルコギから選択。チキンを選択。マッシュポテトのターメリック風味添え、カマンベール、プチパン。赤白ワインあり。韓国人客はあまりフラ語を話そうとしないので、「オレンジ
ジュースお願いします。」だけでもフラ語で言うと「あら!フラ語しゃべれるのね?」 とうれしそうでした。

後方座席に各種ジュースが常に置いてあり、セルフサービス。時々韓国の「辛ラーメン」を配る時間がありました。辛くて美味!ハーゲンダッツも言えばくれるようでした。2回目の食事はフランス風軽い朝食。ハム、チーズ、ヨーグルト、パン、オレンジジュース。
(オレンジのジュレ様 2004年8月)
 

AF/KE共同 AF機体
バケット食べ放題で、後方にジュース2種とミネラルウォーター3種とあり飲み放題。
(BALKO刑事様 2004年6月下旬)
 
 

AF/KE共同 AF機体
2回。チキンor「コリアンビーフ」(そう説明された)でチキンを選びました。パンはお代わりを聞きに来ました。チーズ、みかん、リンゴのタルト
2回目はチーズとハムとヨーグルト、パン(お替わりアリ)、オレンジジュース、フルーツの缶詰めの中身みたいなの、パウンドケーキ
(nicot bebe様 2004年1月)
 

AF/KE共同 AF機体
この路線で出る「グリーンティー」は、往路とちがい、YAMAMOTOYAMA とティーバッグに書いてあり、ふつーの味だった。

この経費削減のおりにしては、エコノミーの食事のレベルは高いと思う。しかし肉が食べられない人や、韓国風スパイスが苦手な人にはきつい。特に日本〜ソウル線は選択の余地がない。
(とりcacao様 2003年5月)
 
 
 

【ソウル-欧州、欧州-ソウル】
長距離便のとき、ビビンバが出ました。食べ方はメニューに日本語でも記載。
お皿に入っている具のなかに、レトルトのご飯を入れて、ごま油と、チューブに入っているコチュジャンを混ぜる。洋食もあり、どちらか選択でした。
 
4フライトに乗るので、食事は往復とも、それぞれトータル3回。
 
【ソウル〜パリ C】
 
AF/KE共同 AF機体
デザート、フルーツは好きなものを選べた。
その時選んだチョコレートムース?が濃厚でとてもおいしかった。
(ちよだぽんぽん様 2004年9月中旬)
 

初めてビジネスに乗りましたが、食事がコースになっており、びっくり。メニューがありましたが英語だったためよくわからず肉をえらんだら、焼きかげんまで聞かれた。飛行機の中にキッチンがあるの・・・あるんでしょうね
(kei0101 様 2003年8月)
 

ビジネスクラス。
駐機中にウェルカムシャンパン、カクテルがあるほかは、ミールサービスの回数は、エコノミーとほとんど同じだと思う。

ビジネスクラスの機内食は3種類(4種類の時もある)からチョイス。個人的には、コリアンか和食を選ぶことが多い。
 
和食は普通レベル。味は比較的薄め。機内ではコリアンの方が刺激があって、食べやすいかも。
ただしカルビ系料理は麦芽水飴をよく使っていて、やや甘め。ピビンバはエコノミーと基本は同じだが、具が豪華になって、たまにアテンダントが混ぜてくれたりする(笑)。 コチュジャンやごま油などは、いつでもリクエストできる。

サラダは、2年前までは、ワゴンサービスで、リクエストに応じてトッピングやドレッシングを組み合わせてオリジナルを作ってくれたが、今回は、既に皿に盛りつけてあった。(この変化は残念)

洋風のデザート、チーズ、フルーツは概ねあまりおいしくない。韓国風のデザートのほうが、個人的には好き。

ビジネスのワインは、いいセレクトだと思う。重い赤もおいしいものが多いが、コリアンフードには合わないような…。ワインのサービスは、きちんとした人と、いい加減な人の差が激しい。

水は、済州島のミネラルウォーター。間食は、望めばカップ麺なども用意しているようだが、
食べたことがないのでわからない。
(はづきあづき様 2003年2月)
 

 
 

【ソウル-パリ Y】

 
 
 

1回目はビビンバと洋食のどちらかを選択。ビビンバはとてもおいしく思った。
2回目はビーフとポークのどちらかを選択。
飲み物はアルコール類、ジュース類、食後のコーヒーと紅茶。
(elmo_peony 様 2004年12月/2005年1月)
 

念願のビビンパで非常に美味しかった。食べ方は隣の食べなれた韓国の方のを見つつ食べた。チューブ式の焼きコチュジャンを持って帰りたかった。絶対美味さの秘密はあのコチュジャンだ。デザートが漉し餡のお団子でティーバックの緑茶を飲みつつゆったりティータイムでリラックスできた。

2回目の食事はまた焼肉定食みたいなもので味付けも似たようだった。
(BALKO刑事様 2004年6月下旬)

*機内販売および空港でうっています。


KE/AF共同運行便 当日はAF便
ピビンバが一度、後はフィッシュかシーフードを選べた。とても食べきれない
(nicot bebe様 2004年1月)
 
 

当然ビビンバを選択。隣の席のフランス人(多分)もビビンバを選択していました。欧米人がビビンバを選択するのは初めて見たので、結構チャレンジャーな人なのかも。乗務員の人が丁寧に食べ方など説明してました。英語の説明用紙もありますけどね。私も身振り手振りで、しっかり混ぜるようにアドバイス

ドリンクはワインを注いでくれるので、調子ののって2杯も飲んだら結構酔いがまわってしまいました。元々アルコールに弱い上に、機内はまわりが早い。出発前にあまり読めなかったガイドブックを読もうと思っていたのに、かなり寝てしまいました。
(富蔵8823 様  2003年10月)
 

KE/AF共同運行便 当日はKE便
ビビンパ、ポークコチュジャン炒め
(ペンコとドンの旅行計画様 2004年9月上旬)
 

一回目の食事はビビンバかビーフを選択。有名なビビンバを選択。噂通り凄く美味しい!レンジでチンしたご飯にトッピングを混ぜて、チューブ入りのコチュジャンをかけて食べる。結構辛い!食事のカートは後方から来たので最初に選べた。
2回目の食事はポークとサーモンから選択。「韓国風味の味はどちら?」と聞いてポークをくれた。サービスでコチュジャンチューブもくれた。
(オレンジのジュレ様 2004年8月中旬)
 

2種類から選択制。わたしが選んだメニューは

1.ビビンバ、ワカメスープ、大根の漬物、小さな大福のようなもの 他にビーフが選べましたが、他の方のものを覗くわけにもいかず、内容は確認できませんでした。

2.コチュジャン味の魚、ごはん、マスカットゼリー
大韓航空のビビンバは結構有名かと思いますが、機内食にしてはかなりおいしい。一緒についてくるワカメスープが好きです。

最近、大韓航空にしか乗ってないのですが、グアバジュースの存在が気になりました。隣の人が「そのジュースは?」と尋ねると「ハワイアンジュース」と答えてました。オレンジジュースは定番として他の航空会社でもグアバジュースって出てくるんですかね?
(Mt.zonopoo 様  2003年9月)
 
 

この路線で出る「グリーンティー」は、韓国の薬草茶のような感じで、あまり口にあわなかった。
(とりcacao様 2003年5月)

ビピンパが選べます。今回はチキンを選びましたが、結局キムチっぽい味付け。サラダもキムチ味。飲み物サービスの数は少ない上、コップに少量しかくれません。言えばコーラなど缶でくれますが、場合によってはないことも。自分で持ち込んだ方が無難かも。
(2g@tsujimocchi 様  2003年11月)
 

昼食はビビンバ。ごはんはパックでチンする日本式で、美味しかった。ワインは大ボトルからグラスに注いでくれる。パリ-ソウルは、AF機体だったので、シャンパンが無料なのは嬉しい。パリ発の機内食はあまり・・・。
(Etienne et Pomme 様 2003年8月)
 
 

ビーフorビビンバ(ビーフ選択)
ビーフソテー、ヌードル、チキン、サラダ、ババロア(?)、パン
 
ビビンバ(お隣を観察)
ビビンバ、みずキムチ、プチ大福、ワカメスープ

チキンorパスタ(チキン選択)
チキンソテー、チンゲンサイなど、野菜のソテー、ポテトサラダ、
スモークサーモン(厚みがあって少し火が通った感じ)、ゼリー
  
飲み物は
コーヒー、紅茶、緑茶(韓国ので玄米茶っぽい匂い)、コーラ、オレンジジュース、
パインジュース、ビール、赤白のワイン、トマトジュース、水 他 よく判らない物が幾つか。
(BLUEMOON 3様  2003年7月中旬)
 

初の食事はビビンバか洋食。ギャレーに近い方が食事も早いと思っていたら、我々の右側の列は後ろからサービスだった。。。 
洋食は肉のシチューのようなものだったので、ビビンバを頼む。このビビンバも最初の頃は、機内食にしては珍しく味もまあまあだったので嬉しかったが、何度も乗るとさすがに最初の感動もなく、少し飽きてきたぞ。でも洋食はもっと気が進まない。叔母たちは初めてのビビンバだったが、少し残していたようだった。あまり口に合わなかったらしい。
パリに着く前に、簡単な食事(サンドイッチとデザート)が出る。
(2001年9月 にゃんち様)
 

 
【ソウル-フランクフルト】
 
ビビンバ楽しみにしていました。
おいしかった。娘は肉料理おいしくなかった。食事の回数は2回 飲み物に随時私が飲みたいなーと思うと、どうぞと、さりげなく持ってきてくれた。
(kei0101 様 2003年8月)
 
【ロンドン・パリ-ソウル】
帰りパリ〜ソウル間もビビンバかビーフの選択でしたが、滞在中連日食べすぎで、炭水化物は要らない気分だったのでビーフを選択。でも、肉も硬いし味はいまいち・・・やっぱりビビンバが良かったかなとちょっと後悔しました。
食べられなくても、わかめスープだけでもいいですしね。
帰りは疲れが溜まってるからでしょうか、どれも行きほどはあまり美味しいとは思えなかった。
(富蔵8823 様  2003年10月)
 

2種類から選択(ビビンバかターキー、パスタかオムレツなど)できました。味は、他のエアラインとは比較できませんが、メインはなかなかおいしかった。食事前に、飲み物サービスがあり、食事中にコーヒー・紅茶(ティーバック)も回ってきました。おやつなのか、食事とは別の時間帯に配られたナッツがおいしかった。
(2001年6月 Win302様)


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アテンダント、サービス
 
 

韓国の人たちは飛行中自由ギャレーに入ってそこにあるものを好きなように飲んだり食べたりしていた。そこで雑談したりしている。乗務員たちも慣れた感じ。私の席がそのカウンターの隣だったので、おりるときに日本人乗務員が謝ってくれた
(ペンコとドンの旅行計画様 2004年9月上旬)
 

日本語での映画2本ゲーム豊富。乗ると耳栓・アイマスク・フリスク・イヤホンが入ったパックをくれる。子供はプレゼント貰っていた。新婚旅行客はエコノミーでもシャンパンのサービス。客はほとんど韓国人とフランス人。機内放送は仏語・韓国語・英語。
サービスは英語だが、日本人の通訳も2人いるとの事。アナウンスも日本語あり。
(オレンジのジュレ様 2004年8月中旬)
 
 

関空の係員は、今まで会ったことのないほどのホスピタリティあふれ、かつ元気な女性だった。
大体今までも地上係員は感じの良い人が多かったけれど、この方の気配りと、的確なサービスには感服した。同じ列に並んでいたほかの客さも「旅の最初にあなたのような人に出会えてよかった」と言っていた。

プレミアムファーストは、乗客とアテンダントが同数。非常に濃厚なサービス。スリッパも、袋から出してはかせてくれる(爆)で、私にはちょっとこそばゆかった。
でも慇懃無礼という感じではなく、どうしたら喜んでもらえるか、と一生懸命しているのが伝わってきた。

初めて食べた韓国のデザートがおいしいので、名前を聞いたら、名前を紙に書いて、作り方まで教えてくれた。
また、英語が下手な私のために「退屈なら話し相手に」と日本語の得意なアテンダントがつきっきりになってくれて恐縮した。実際はほとんど寝ていたので、迷惑をかけることはなかったが。

関空の大韓ラウンジの係員は、カウンター業務の人とはうってかわって、冷たい感じの人が多い。
(今までも、そして今回もそう感じた)
ただ、ここのラウンジは傍若無人な客も多々みかけるので(飲食物を無茶苦茶にとってバッグに入れる。
大声で騒ぐ→とても多い…) それに辟易してるのかもとは思うけれど。でも初めてラウンジを使う客に、もうすこし優しく温かく応対してもいいのになぁと思ってしまう。
(はづきあづき 様 2003年10月)
 
 

路側の席だったのですが、よくアテンダントにぶつかられました。ほとんど謝られることはありませんでした。寝ている時など、ちょっとムッとしてしまいました。

 「機内食の時間になったら起こしてください」 「免税機内販売の時は起こしてください」
「起こさないでください」 という3種類のステッカーが座席前のポケットに入っていましたが、少なくとも私の周りで使っている人はいませんでした。
(Mt.zonopoo 様  2003年9月)
 
 

関空のカウンター係員:
親切な人が多い。関空のKE(大韓)ラウンジは場所がわかりにくいが、
ゲート近くのカードラウンジなどに比べると、いつも空いていてのんびりできる。

キャビンアテンダント(機内乗務員):
特に不満なし。ただサービスレベルに個人差がかなりあるような気がする。これは人の差ではなく、会社の方針だと思うが、預かったコートや上着を着陸前に客に返すのが早すぎる。ビジネスが混んでいることが多いからか、あるいは韓国の人はせっかちなのかも知れないが、他の航空会社に比べて、早くに返される。冬など、ひざの上に上着やコートを抱いたまま結構な時間過ごすことになる。
 

パリCDG→ソウルICN(エールフランス便と同様。チェックイン業務、アテンダントともにAFスタッフ)

チェックイン業務のスタッフは、フレンドリーではあるが、仕事は遅かった。
キャビンアテンダントは、かなり年配(40代後半?)のチーフパーサーのフランス女性が非常に有能。
ひとりで3人分ぐらい働いていた。隣席の男性がやや酩酊状態で、ちょっと困っていた時も、こちらがリクエストする前にこの女性が気付いて、私を離れた空席に移らせてくれた。

韓国人乗客の世話をするために韓国人の女性スタッフ(なぜか私服?を着ていたが)がひとり乗っていた。
主に通訳をしているようだった。

ソウルICN→関空KIX
パリCDGでスルーチェックインしたとき、AFの係員は、マイレージをどうも加算しわすれている雰囲気だった。
念のため ソウルICNのKE地上係員に確かめたらやはりそうだった。すぐに加算してくれながら、非常に丁寧に謝罪され、恐縮してしまった。

この日は、機内は、韓国の新大統領就任式の参加帰りの客が多かった。しかもこの機材にはファーストクラス(F)がないため、ビジネスクラス(C)に顧客がたくさん乗っていたようで、機材の古さや狭さを補うかのような?ひたすら濃厚なサービスだった(笑) 個人的には居心地悪し。
 

KEのパリCDGでのカウンター業務:
AFが代行しているが、マイレージのつけ忘れが結構多い。過去3回経験あり。

パリCDGターミナル2の クラスラウンジ(ビジネス、ファースト用):
妙にハイソ?な雰囲気を演出していて、出入りのチェックも結構厳しい。そのくせ、あまり機能的に揃ってない。
PCも少ないし、使いにくい。ただしドリンクの種類は豊富。
(はづきあづき様 2003年2月)
 
 

韓国人アテンダント、係員がほとんど日本語を話してくれる。
言葉が不安な人も、問題ないと思う。

成田でロストバゲージ発覚。同行の友人の荷物は届いたのだが??  成田の地上職員さんの対応は、とても細やかだったし、荷物はほとんど無事だった(やはり扱いが荒いようで、本などがつぶれた。盗難などはなし) 
ので、まあ良しとしよう。
(とりcacao様 2003年5月)
 

【成田-ソウル-パリ】
ソウルから先も日本語ができるクルーがのっており、機内では当然のごとく日本語で話しかけられました。
 
機内 アナウンスは、韓国語、英語、日本語と3種類ありました。 日本の新聞(ちょっと古い)もありましたよ。(?様)
  
 

韓国人アテンダントは、日本語を話します。機内で必要な会話くらいは大丈夫です。リコンファームの要不要について日本語で尋ねたのですが、分からないようで、結局英語で聞きましたところ、丁寧に教えてくれました。

アナウンスは、日本発着線は日本語で。ソウル〜ロンドン線では、ほとんどありませんでした。機内アナウンスも、搭乗したときと、降りるときには日本語があったように思う。が、それ以外は英語か韓国語。
 
帰りのパリ〜ソウル線には日本人、マレーシア人アテンダント各1名が乗っている、と案内がありました。この機内では、充分な日本語のアナウンスがありました。どのアテンダントさんも日本人には、日本語で話し掛けてくれます。
 
のどが渇いたときに、特にお願いしたくらいです。ちょうどよいサービスだったと思います。

成田・ソウル線も、ソウル・ロンドン線もアテンダントさんの人数は多かったように思う。韓国人アテンダントさんによる日本語でのアナウンスがあり、ほっとした。
(2001年6月 Win302様)
 
 
 

ソウルまでは約1時間弱。その間に飲み物、食事配り、免税品の販売をしなければならないので、アテンダントさんは大変そう。免税品を買う人もいないようだ。
(2001年9月 にゃんち様)
 
 

【関空-ソウル】
日本人乗務員2人
(BLUEMOON 3様  2003年7月中旬)
 
【福岡〜ソウル〜パリ】
 とっても親切。爪が割れたので聞いてみたら、私物を貸してくれた。
(ののギン様  2003年8月)

【パリ-ソウル F】
今回いくつかのフライトを同じカウンターで処理していて、ビジネス、ファーストともに列ができるありさま。
エコノミーはものすごいことになっていた。処理速度が遅いのも一因。対応は事務的。

アテンダントはかなりフレンドリーではあったが、かなり粗雑なサービス。アテンダント同士の話に夢中で、客が呼んでも気づかないこともあり、もうちょっと客を見るべきでは?の感あり。

肘掛けに飲んだ後のグラスが置いてあるのを見ても平気で、そのままにしていく(自分が当たって
落っことしたのをまたそこに置いたので、さすがにその客が、「もっていくべきだろう」と文句を言っていた)
客が床に置いた新聞を、蹴ってシートの下に入れるなど、接客業としてどうかな、と思わされる行動がいくつかあった。期待していただけに残念だった。

ただし、コート類を着陸してから返してくれるのはよかった。
(はづきあづき 様 2003年10月)


【ソウル-パリ】

 
仁川の地上係員は親切。マイレージ確認を頼んだら、ボーディングパスも綺麗なものに切り直してくれた
エールフランスのが機械の故障でえらくきたなかったので。

アテンダントは、ビジネスがかなり空いていたこともあり、余裕のあるサービスだった。
(はづきあづき 様 2003年10月)
 

KE機体なら日本人乗務員が搭乗。
(Etienne et Pomme 様 2003年8月)
 

日本人乗務員なし。かなり片言の日本語がしゃべれる人が1人だけ

初めての乗り継ぎだったのと、代理店からリコンファーム要と言われていたので、日本でのチェックイン時にいろいろ質問しました。カウンタースタッフの若い男性は、とても親切に細かく教えてくれて、感じがよかった。
乗務員は忙しいからか、厳しい顔の時が多くて、なんか声をかけるのが憚られる感じ。
(BLUEMOON 3様  2003年7月中旬)


 
 
機内販売
 

一般的な商品に加え、チューブのコチュジャンがあった。
化粧品は、日本・韓国の空港よりも機内のほうが安かった。
(elmo_peony 様 2004年12月/2005年1月)
 

知人の希望で飛行機の模型をリクエストしたが無いと言われる。
(ちよだぽんぽん様 2004年9月中旬)
 

チューブ入りコチュジャン10本位入ったのが$5。
(オレンジのジュレ様 2004年8月)
 

めちゃくちゃ積極という感じではありませんが、hpから予約できたり、帰国時に受け取れるサービスがある。ボビーブラウンのリップパレットなど欲しかった。
(2g@tsujimocchi 様  2003年11月)
 

KEのシートポケットにはPlease wake me for the Duty Free 免税ショッピングのとき起こしてください
というステッカーが用意されています。
(Etienne et Pomme 様 2003年8月)
 
 

特に珍しいものは販売していません。他になくて大韓航空にあるものといえば、コチュジャンセットくらいのものでしょうか。前もって下記から予約することもできるようです。
http://www.cyberskyshop.com/j_fshop/main.asp
(Mt.zonopoo 様  2003年9月)
 

自分ではコチュジャンのセット(10本で1000円以内だったと思う)しか買ったことがない。
隣席の人の話だと、機内販売のサイトがあり、時計などお買い得のものがあるらしい(要予約とか)。
ソウルICN→関空KIX
狭い機内にもかかわらず、セールスも熱心で、親身な販売をしていたようだった。
(はづきあづき様 2003年2月)
 

機内食でピビンバを頼むとついてくるコチュジャンが、10本5ドルで販売されていた。
お配り用おみやげにいいかもしれない。

ただ、機内販売では、ある一定以上の金額(正確な数値は失念)にならないと、カード払いができないと書いてあった。ちなみに空港の免税店にも、同じコチュジャンセットはあった。
(とりcacao様 2003年5月)
 
 

AF/KE共同便のAF機体
私を含め、周りの人も利用している人がいなかったのでわからない。
セールスは特になかった。AFのこのあっさり感は好感が持てる。
(はづきあづき様 2003年2月)

 
 
 
乗り継ぎ
 
 

飛行機を降りて迷うことなく乗り継ぎゲートへ。テレビ画面で搭乗ゲートを確認し、手荷物検査をして、完了。日本人客が、「貼るカイロ」について説明を求められていた。免税店がたくさんあって楽しい。乗り継ぎの待ち時間もあっというまだった。
(elmo_peony 様 2004年12月/2005年1月)
 

2時間ほど空きがあったので、空港免税店で飲食し韓国気分を満喫した。
到着階に乗り継ぎカウンター・セキュリティチェックがあり一つ上の階が搭乗階になっていた。
(とし坊14号様 2004年10月下旬)
 

C  大韓のラウンジでインターネット。日本語表示もOKで大変役にたった。
(ちよだぽんぽん様 2004年9月中旬)
 

入国手続きの手前に乗換用のセキュリティーチェックに通じる入り口がありわかりやすかった。
(ちよだぽんぽん様 2004年9月中旬)
 

広くて綺麗だった。乗り継ぎも分かりやすくて簡単。土産屋の店員の客引きがしつこくてちょっと困る。
(ペンコとドンの旅行計画様 2004年9月上旬)
 

初めての一人旅の方にはお薦め。とにかくシンプルでわかりやすい。というか他に迷いようが無いので方向音痴の私でも安心。空港はきれいで広くてホテルラウンジみたいだった。しかし広すぎて搭乗口まですごく時間がかかった。絶対先に場所を確認しておくべき。
(BALKO刑事様 2004年6月下旬)
 
 

身体検査(荷物チェック)を受け、迷わずにすぐに乗り場が見つかった。
セルフのフードコートあり。色々変わった食べ物があった。食べなかったが見ていて、楽しい。
(nicot bebe様 2004年1月)
 

荷物と身体検査を受け、出発ロビーへ。ほとんど迷わず、スムーズでした。荷物検査は厳しかった
(nicot bebe様 2004年1月)
 

広い。免税店多い。店員もすごく多くて、ちょっと見ようとすると、ぴったりくっついて案内される。オリジンズと今回marimekko発見。(ほんとにちょこんと。少しだけ)日本より20〜30%安いそうです。
(2g@tsujimocchi 様  2003年11月)
 

仁川空港は使いやすいと思う。
インターネットが普及してるのもいいが、フリースペースは結構混んでいる(予約できるそうです)
ホットスポットもあるのでPC持参の人にはいいかも。
(はづきあづき 様 2003年10月)
 

とっても分かりやすい乗り継ぎでした。漢字表記もあるし迷うことはまず無いでしょうね。免税店もフードコートも充実している。インターネットコーナーもあるので(混んでるけど)退屈しない。

免税店は米ドル建てで、ちょうど円高(1ドル110円)なので、化粧品をここで買いました。初めは値段チェックして帰りに買おうと思ってたのですが、LOTTEショップではマスターカード使用で5%OFFなので、先に買ってしまいました。フランスメーカーのをここで買わなくても、という気はしたのですが、滞在中も使うつもりだったので。使用せずに持ち帰るつもりなら、デパートで外国人割引10%+デタックスの方が安いとは思うのですが。

それにしても、仁川空港の免税店の人、かなりの確率で日本語話せるんですね。英語で値段を聞くと「日本の方ですか?」と返ってくる。
(富蔵8823 様  2003年10月)
 
 
 

とにかくデカイ。乗り継ぎ自体はまったく問題なく、またわからなくても日本語が話せる人が空港内にいるので、大丈夫。成田→パリ便の待ち時間は2時間もないので、免税店を見たりちょっとうろうろしていると、すぐに時間が経ってしまいます。

空港内に無料でインターネットができるコーナーもあるので(日本語表示OK、日本語入力はできないようでした。)
時間潰しにはもってこいです。日本円で缶コーヒーも買えました(\150)。
(Mt.zonopoo 様  2003年9月)
 
 
 

仁川空港 添乗員んの後を着いていきましたが、漢字で書いてあったので解りやすかった。一人でも大丈夫そうだと思いました。
(kei0101 様 2003年8月)
 

新しくて免税店もいっぱい。品揃えもそこそこ。意外と穴場かも。
日本語標記があるのでわかりやすかった。搭乗口も広くて休めました。
(ののギン様  2003年8月)
 

乗り継ぎは、飛行機降りて、セキュリティチェックして、乗るだけ。
日本とは若干違うものの、漢字表記があるので、本当に判り易かった。構造も単純だと思います。
(BLUEMOON 3様  2003年7月中旬)
 
 

広くてきれい、わかりやすい。
韓食堂(出発ロビー2階)はおいしい。(ソルロンタンと人参茶はおすすめ。日本円での支払いも可。)
免税店は充実。特に化粧品。でも、これからパリに行くのにキムチと韓国のりを勧められたのには・・・。
(Etienne et Pomme 様 2003年8月)
 

欧州線を20往復以上使っているが、オーバーブッキングも、ディレイ(遅延)も、ロストバゲージにも
一度も遭っていない。もちろんラッキーだったに過ぎないのだろうが、とりあえず、賞賛に値すると思う。
(はづきあづき様 2003年2月)
 

帰りの パリ〜ソウル〜新潟では ソウルで7時間の乗り継ぎ時間があったので、
空港内のトランジットホテルへ。(出発フロアから直接行ける。広めのシャワールームとダブルベッドでしばし休養。) 朝到着で、ここはおすすめ。予約不要。時間単位での精算。
(Etienne et Pomme 様 2003年8月)
 
 

インチョン空港は広い。明るい。免税店やレストランが豊富で楽しい。トイレがきれい。
完全に負けてるゾ成田空港!(トイレ以外は)

免税店は米ドル建てなので、ユーロ高の折は助かる。ここで値段などをチェックして、フランスで比べてみるとよさそう。品揃えはともかく、有名ブランドはだいたいあった。

空港内の表示は、漢字併記でとてもわかりやすい。
フライト情報など、電光掲示ものは、日本語もちゃんと出してくれる。
ここでの乗り継ぎなら、親をひとりで行かせても心配なさそう。
(とりcacao様 2003年5月)
 
 
 

時間的にとても便利。仁川空港は店が多く、時間つぶしがしやすい。また案内、空港内動線もわかりやすい。
ただし、乗継時間に韓国に入国するには、金浦に比べて街まで遠くなったので不便。
 
韓国はインターネット普及国だけに、パブリックスペースでもネットができる場所が多い。
ビジネスラウンジは広く、無線LAN設置で便利。ただし、PCルームのPCは変な設定になったままのものも多い。
ラウンジ内のスタッフが多く、常にクリーンナップされている。
(はづきあづき様 2003年2月)
 
 
 

成田や関空だと、時間によっては移動しないといけないのが(伊丹や羽田)のが何より嫌だったんですが、大韓だとそれがない。しかもソウルでの待ち合わせは1時間半くらいなので、新しくできた空港でゆっくり免税店でも冷やかせばあっとゆーま!飛行機自体もまったく問題ないです。エアフラに比べるとそりゃ落ちると思いますが、福岡に住んでいる以上、楽ちんというメリットにはかないません。 (ちぇりー様)
 

フランス国外はわかりませんが、 今回、大韓でパリまで入って、途中トゥルーズまで行くのにエアフラの国内線も代理店で予約してもらいましたが、 片道1万1千、往復2万とのこと。 

この値段が高いのか安いのかわからないのですが、SNCF利用で現地でチケット買っても 6,7千円くらいかかりそうだし。ま、大韓なので元々が安く、片道だけなので、1万1千アップでも、ま、いいか、 この分もエアフラのマイレージ付くしぃ、です。
 (にゃんち様)
  
 

驚いたのが、2001年3月末にオープンした、経由地ソウルの インチョン(仁川)国際空港。とにかく広いらしんですが、免税店や ブティックの数が半端じゃ無い。まだオープニング待ちの お店もあったそうですが(シャネルだったかエルメスだったか)。
ブランドがお好きな方は、乗継ぎ時間にもよりますが、例えば 行のときお店と値段をチェックして、パリやローマでお買い物/比較したあと、帰りにソウルでお買い物をするのもアイディアかも しれません。
 
帰りは韓国食堂も見つけて一瞬入ろうかどうか迷ったそうです。が、 成田行きの便で軽食が出るからと入らなかったそうです。 が、軽食は「スパゲッティ−ミートソースどことなく韓国風」で がっかり。 こんなことなら食堂に入っちゃえばよかったと後悔しておりました。(長距離便はビビンパで満足)。  
(Quezac様 2001年4月)
 
 

乗り継ぎのため、真新しい空港へ。ガイドブックには、日本語で誘導があると聞いたが、そんな係員はいませんでした。自分で案内表示を見ながら移動。漢字でも書かれているので、日本人には分かりやすい。
 
空港は、ひろーい。免税店もたくさんあった。ラウンジもひろびろ。手荷物検査で、スーツケースにしまい忘れた果物ナイフでひっかかりました。成田では、係員が刃のサイズを測った上で、OKがでたのですが、インチョンではだめでした。日本語で「捨ててください」と言って、係員に預けてクリア。

乗り継ぎ案内カウンタでも、日本語で「○○ゲートです」と言ってくれます。
(2001年6月 Win302様)
 
 

だだっぴろかったです。 入国して観光をしようとする人に対しての前情報もイロイロgetできたの ですが(なんやかんやで混乱してると思う)、英語が得意でなく、かつ韓国語がわから ない人に対する乗り換えに役立ちそうな情報をば。
 
空港の案内表記は、韓国語、英語、漢字(??よくわからない。中国語かもしれない し、韓国語かもしれない。日本語ではない) でした。日本語はありませんが、この 「漢字表記」は、日本の義務教育を受けた方でしたら、問題なく読み取れます。

 「乗換」が「換乗」(のチョット古い文字)になっているのを見て初めて「あ、これ、 日本語じゃないじゃん。」と気づいたくらいです。
 
空港での「日本語通用度」 かなり通用する。空港内のインフォメーションも日本語で意思の疎通が可能。 いざとなったら、全身から「困った」 オーラを出して、「日本語が話せるひとを...」と訴えましょう。どこかしらにいると 思います。
  

空港の構造 
疲れているときはうんざりするくらい広いですが、構造がいたって単純でわかりやすい です。CDGより移動は簡単だと思う(ただし、「広い」ということをお忘れなく)。到着が1階、出発が3階。ゲートは、1から80くらいまで単純に連番がふってあるだけ。空港全体は、横棒が長い「T」の形のようなものだったと思います。 
 
 
免税店、食堂など
免税店、たくさんありました。品揃えがどーのとかはわかりません。食堂も、バーガーキング、KFC、なんだかよくわからんアメリカ系の チェーン店と、韓国料理が食べられるお店、日本料理っぽいモノ(やっている人達は 日本料理をやってるつもりかもしれないけど、あれは日本料理じゃない)を出すお店 がありました。  

ソウル→日本のフライトの機内食のしょぼさは、どの航空会社でも一緒でしょうから、ここで食べておくのがいいと思います。
 
夏限定だと思いますが、バーガーキングに「ハッ ピンス」というかき氷(の上に果物とかクリームとかあんことかがのった冷菓)がある のですが、これはオススメ。特にうまい!というものではないですが、日本と韓国の文 化の違いを感じられる瞬間かと思います。 そんな感じかな。 (2001年5月 かなぞう様)
 
 

ソウル仁川空港では約2時間半の待ち時間だったが、初めての空港で、噂どおり広い。ウロウロお店を覗いていたら、時間が経つのも早かった。
(2001年9月 にゃんち様)
 

お店が増えて、時間つぶしができます。構内放送がないので、うるさくありません。
(midico様 2001年12月)
 
 

仁川空港からバスorタクシーで10分程度のところに、クアハウスというか温泉というか
スーパー銭湯のような施設があって、結構、楽しいです。

施設名:海水ピア(HAESOOPIA)
    施設名をメモるときは英語名をメモっておくこと!
    http://www.haesoopia.co.kr

行き方:仁川空港の1階のバス乗り場14B(端っこ!)から毎時20分にマイクロバス
    (施設名が入っている)が出ています。無料。
    HAESOOPIAから空港までは毎時10分にバスがでています。

料金:入場料W6000    アカスリW14000
    ※その他、色々オプションがありましたが、ハングルが読めないため
     何があったんだかさぱーりわからず

入場料W6000を払って中に入ると、サウナが3つ、ぬるいお湯の浴槽が1つ、熱いお湯の
浴槽が1つ、水風呂がひとつと、寝風呂が1つ。その他、露天風呂もあり。単なる「お風呂」
じゃなくて、温泉です。しょっぱいです。

のんびり湯舟に浸かっていると、うおー、アジアだぜ〜〜という気分になれます。
でもソコは韓国なので、水風呂で泳いでいるおばちゃんがいたりしてまだまだ異国。異文化
体験もできます。

石けん、シャンプーの類は現地で買えますが、タオルはできればもっていったほうがいい。ドライヤーあり。
荷物はICチップつきのキーで開閉するロッカー。

特に02年のW杯以降、ソウルは日本語が通じやすい地域になりましたが、ココでは、それは
期待しないでください。かなり苦労しました。ただ、入場料払ってお風呂入ってくるだけなら日本語は必要ありませんが。
#アカスリしようと思うと必要かも...。

●トランジット方法
1.機内で韓国への入国カードをもらい、記入します。このとき、ホテル名は不要。 (ICNから日本への便はチェックイン済みのはず。)
2.飛行機をおりたら、韓国に入国します。
3.ウォンを調達し... 両替ができる箇所はたーくさんあります。また、キャッシングができるATMもたくさん あります。
4.風呂に入りにいきます。
..........
5.お風呂からあがったら、手荷物検査をうけ
6.韓国を出国します。
 このときに「どこのホテルにとまったの?」と聞かれることがありますが、
 「トランジット」といえばok。
7.あとは飛行機にのるだけ〜〜。

トランジットの時間が4h以上あるようでしたら挑戦可能だと思います。(行きかえりはタクシー利用することも検討すべし。)  アカスリはこんでいる事があるので、残り時間と相談すること。見晴らしのよい食堂もあるので、そこで風呂上りにまったりするのもよいでしょう。

往復無料の送迎バスを利用し、風呂入ってアカスリしてもらって、ビール1本のんで、アカスリ用のゴシゴシを買って、W30000でお釣がきました。
(かなぞう様 2003年10月)
 
 

CDGターミナル2Eのクラスラウンジは、1階がビジネス、2階がファーストで、部分的に吹き抜け。
上下からそれぞれが見えるという嫌らしい造り(笑)。

ファーストラウンジは、備品、雰囲気ともに、驚くほど貧相。特にお手洗いは冷蔵庫みたいな雰囲気。
設計ミスなのか、ビジネスコーナー(電話やPCがある)の方にトイレエリアのドアが開き、
動線がややこしい。しょっちゅう「ぱるどん」「えきゅすきゅぜもあ」の声がしていた。

ドリンク、フードの類も、エコノミークラスのフードのクラッカーやチーズなどを並べただけで、種類も少ない。
スタッフが少なく、そこらに飲み残したグラスなどが散在。これも驚いた。無線LANはorangeで繋がった。
 

ソウル:
仁川のラウンジは、ファースト、ビジネスともに(機体のデザインからは想像できないぐらい?)シックな雰囲気。
ドリンク、フードともに充実(?月に訪れた時よりも、ドリンクもフードも種類が増えていたので今時珍しいと思った)。スタッフが多く、よくメンテナンスができている。
無線LANは2つポイントを拾え、どちらでも使えるようだった。
(はづきあづき 様 2003年10月)


 
 
 
 
その他
 

成田〜ソウル〜パリ
10万円プラス空港税
インターネットから旅行代理店を通して購入。手配時期は10月初めで大韓航空を希望したが、満席だったのでロシア航空をおさえた。それからもネットで航空券を探していて大韓航空を見つけたので、問合せたところあっさり取ることができた。
(elmo_peony 様 2004年12月/2005年1月)
 
 

アップルワールドで1ヶ月前に手配。12月下旬出発で85,000円。
(田舎好き 様 2004年12月下旬)
 

パリでのチェックインの時大韓のマイレージカードを提示し忘れたが、帰国後確認すると全マイルが加算されていた。
(ちよだぽんぽん様 2004年9月中旬)
 

予約サブクラスB、AFのマイレージ加算不可。大韓航空のマイレージ スカイパスは70%位付くようです。
(オレンジのジュレ様 2004年8月)
 

成田〜ソウル〜パリ
99,900円、空港使用料等込み。
(BALKO刑事様 2004年6月下旬)
 
 

関空〜ソウル〜パリ
12月の後半にHISで手配。67,000円+帰りが日曜日なので5,000円アップ
(nicot bebe様 2004年1月)
 

8月下旬頃問い合わせだったと思う。
アルキカタドットコムにて。
利用税込み 69,790円 サブクラス B (緊急手配料金3,150円追加でクレジットカード決済にした。)
なんやかんやいいつつ、安いので今後もたぶん利用すると思ったので、今回マイルカードつくりました。もっと前からつくっておけばと後悔。格安券だったので70%加算だったと思います。
(2g@tsujimocchi 様  2003年11月)
 
 
 
 
 


大韓スカイパス

昔はオイシイマイレージだったのだが、毎年改悪がすすみ、かなり貯まりにくくなった。あまり乗らない人なら、他所でもうまく積算されるので、他マイレージからの加算がいいかも。。。
 
 

 
 
 

貯まりにくい。2004年からアップグレードや無料航空券の必要マイルがぐっとあがるなど、改悪が多い。ただし、上級会員になると、専用のチェックインカウンターが使えるのと、荷物の制限重量が緩くなるのはいいかも。

ソウル〜パリ間はエールフランスではファースト、ビジネス、エコノミーだが、大韓航空ではファーストではなくプレミアムファーストのカテゴリになり、無料航空券、アップグレードともに必要マイルがファーストより多く必要になる。これは納得できない。
(はづきあづき 様 2003年10月)
 
 

とにかくサービスマイレージが少ない会社なので、なかなか貯まらない。たぶん他社に比べると貯まるペースは1/3以下だろうと思う。

2004年1月から施行される「改悪」はあんまりだと思う。メリットがますます減る。上級会員になる基準が緩いにもかかわらず、便利なサービスが常時受けられるのはいい。

例えば、チェックイン専用カウンターが使える(ドゴール空港はよく混むので、これはありがたい)、
手荷物が優先扱いになる(リムジンの時間が迫っている時など助かる)、手荷物が通常+10キロまで無料(私は荷物が少ないので、この恩恵は受けたことがないが、これで助かる人も多いような気がする)
(はづきあづき様 2003年2月)
 
 

エコノミー、券種はB。
日本〜ソウル線は100%加算だが、ソウル〜欧州線は70%しかつかないといわれた。エールフランスのマイレージプログラムへは加算できない。
(とりcacao様 2003年5月)


 
 
トトップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > KE 2004年以前