トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > JL チューリヒ便


フランスへいく エアライン  Airline 
JL 日本航空   チューリヒ便

             3 Sept2005 経験談追加

 
departure】 成田第2ターミナル発
ビジネスクラス乗客専用「さくらラウンジ」では、家族と言えどもエコノミークラスの乗客は入れませんでした。
息子たち(小中学生)はエコノミークラスだったので、外のイスで待つことに。私と夫も、子供を外に置いてラウンジでくつろぐこともできず、コーヒーを飲んでトイレを借りただけで、そそくさラウンジを出ました。

【arrival】 チューリヒ着
チューリッヒ空港での入国審査は、あっけないほど簡単でした。
まず小学生の息子をひとりで先に行かせたからかもしれません。「ニッコリ笑ってパス
ポートを指し出し、ビッテ!と言うのよ」と
教えておいたのが効いたのかも(笑)。何も尋ねられることなく終わりました。

空港駅は、電車の絵表示を見ればすぐに分かります。みんなゾロゾロ歩いています。
空港駅からチューリッヒ中央駅方面の電車は頻繁に出ているので、あわてなくても大丈夫です。

【airline】 JAL

【craft】 1機ごとに違う鳥がシンボルになっているJバード(MD11)。
快適でしたが、747-400 などに比べると、少し古い感じが。
ファーストクラスは無し。

ビジネスクラスだったので、手元に個人用モニター画面があり、コントローラーを借りれば、簡単なゲームもできました。

エコノミークラスに息子たちがいたので、ビジネスクラスの最後列の席を予約してあったのですが、リクライニングなどのとき気を遣わずに済んだので、とても気が楽でした。トイレにも近くて便利でした。

エコノミークラスには、個人個人にモニター画面(前席の背もたれ裏)がついていなかったので、息子たちは相当飽きていました。

【meal】 手の込んだ和食あり。洋食も多すぎないので助かります。夜食にはいわゆる「コンビニおにぎり」が出ました。カップうどんやソバ、おせんべいなどがあるので、和食党には嬉しい。

【attendant】 機内サービスが細やかさは、さすがと言いたいす。こちらが恐縮するほど、丁寧な対応。

【seat】 前の席に足が届かないくらい、広かった。しっかりした布製スリッパつき。毛布も、エコノミークラスのものより厚くて大きい。以前は化粧品やアイマスクなどが入ったポーチを配っていたと思いますが、今は最小限、アイマスクや耳栓などを、客から要請があれば配っているようです。

【milage】 アメリカン航空で貯めたマイレージで乗りました。

(2003年8月 mrs_snape 様)

 
トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > JL チューリヒ便