トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > JL 成田-パリ 2015年


フランスへいく エアライン  Airline 
JL 日本航空  成田-パリ 

2015年

16 Jul.2017 経験談追加

 
 

 ファーストクラス  ビジネスクラス  上級エコノミー   エコノミー











 成田-パリ Y



(航空会社) = JAL・エールフランス共同運航便(JL/AF)     当日はJL機

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 成田空港

(出発空港の様子) =

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2E サテライトK

(到着空港の様子) =
入国後、荷物ピックアップまでの通路にあるトイレを利用した。
19時過ぎの到着だったのにもかかわらず、綺麗だったことにびっくりした。

(機体) =
機種: B787            配列: 2-4-2 

(機内食・飲み物) =
1回目:
和食(豚肉)か、洋食(鶏肉)から選ぶ。

軽食:パン

2回目:
エアー・モスバーガー。

エコノミーの食事の質が向上していた。 久々に完食した。
以前から、サラダ、オードブルにあたる冷たい料理は、食べることができていた。
しかし、主菜は温めることにより変な匂いがついていて、味がはっきりせず、食べることができなかった。
が、今回は変な匂いはなく、また、味付けがはっきりして歯ごたえもよかった。

上空では、味覚が鈍ると聞いている。今回、味がはっきりしていると感じたということは、かなり味が濃くなっているのかと、ちょっと考えた。でも、出されたものをしっかりと食べることができて、よかった。

エアー・モスバーガーはおいしかったが、狭い座席の中でバーガーを作りあげるのは大変で、慣れていないので、玉葱がぼろぼろとこぼれたり、ソースがどろっと垂れたりで、落ち着いて食べられなかった。

(座席) =
グレーを主とした内装。
トイレが2か所しかなかった。
でも、搭乗人数(エコノミーは51名)が少なかったので、余裕だった。

最前列の、緊急脱出の際に手伝う義務のある座席であったが、びっくりするほど空席が多く、中央の4人席に、乗務員の案内をうけて移った。肘掛けを全て上げて、眠っていた。シートベルトをしっかりと巻きつけて寝ていたが、少し体が痛くなった。

(マイレージ) = (   )に、50%加算。

(航空券の入手方法と時期) = 2015年3月上旬に、JALのHPより手配。

(価格) =
航空券:
燃油・諸税:
合計: 108,000円だった。

 (2015年3月中旬 造船なでしこ 様)












成田-パリ Y

( 様)



パリ-成田 Y


( 様)

 
 
 
トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > JL 成田-パリ