トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > JL 成田-パリ 2008年


フランスへいく エアライン  Airline 
JL 日本航空  成田-パリ 2008年

            6 May 2008/ 7 Dec.2009 経験談追加

 
 
 
 
成田-パリ
 
 
(航空会社) = エールフランス・JAL共同運航便(AF/JL)  機体はJL

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 成田 第二ターミナル

(出発空港の様子) = 成田の第二は、第一の施設より年季がはいって、あまりいい印象をうけなかった。

リフレッシュルームのシャワー個室を使ったがそれも古ぼけていた。
個室は手前が化粧台コーナー、奥にユニットバス(洋式トイレ・バスタブつき)だったが、
ユニットバス部分がとにかく狭い。

トイレ前では着替えられないので、靴を履いて、化粧台の前に出なくてはならない。
バスタブはお湯をためるには時間がないし、邪魔なだけ。シャワーカーテンも古い。

これなら第一ターミナルの同施設のように、化粧台コーナーとシャワーブースだけにしたほうがよい。第一は過去に一部改装があったので、トイレなどはこちらの方がいい。

飲食店などは年末はとにかく人でごったがえしていて、どこも並ぶ。

(到着地&ターミナル) =パリ  シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2F

(到着空港の様子) = 入国審査はものすごくいいかげんだった、まだ並んでいる人がいるのに、閉め始めるブースもあった。

私は「向こうにいる警察官にみせて通って」といわれたので、係員ではなく警察官のところにいったが、見せる前に「通れ」というジェスチャーですまされた。このご時勢なのにいいのだろうか?

(機内食・飲み物) = 2回 AFに比べ、日本人に合う味付け。コンビニレベルだがスパイスが効きすぎていないというか、
やさしい味。

(座席) = 3-4-3列。
横幅はそんなにないが、縦のピッチがAFよりあいている気がした。
椅子のひじかけ部分には何も設備はなく、モニタやリモコン類全て前席の後ろにあった。

(トラブル) = 予約時、予定の往路便が欠航になった。

6月中旬、9時30分発のAF279がとれたので、すぐに発券、支払いした。しかし、8月下旬にエールフランスから電話があり、「その便がなくなったので、午後の便に変えてくれ、もしくは出発日を変えてくれ」と言われた(留守電)。

早朝便を選んだのには理由があったのと、電話の担当者の横柄な態度に腹が立ったこと、
既に2ヶ月以上前に支払いが済んでいること、当日の悪天候などの回避不能なキャンセルではないこと、などいろんな理由で納得できなかった。キャンセルの理由を求めても「お答えできない」の一点張り。

とりあえずその場は午後の便を押さえることにして、電話を切った。が、その日のうちにエール・フランスのサイトで検索すると、11時発のJALとの共同運航便があることを確認。
翌日電話でそのことを伝え、11発にしてもらった。

このような事象の場合、1回線でもそれ専用の電話回線を用意して対応すべきと思うが、問い合わせするのにも通常の電話番号で、何分も待った。こちらも普通の会社員なので、私用で昼間に電話をかけることが如何に難しいか。外国資本の会社には通用しないことかもしれないが、日本でサービス展開する以上、考えて欲しいことだと思う。

共同運航便は30時間前のWebチェックインができず、当日ごったがえす成田で、40分〜1時間弱並んだ。成田第二のJALカウンターは行き先に関係なくどこのカウンターでも良いことになっているが、とても効率の悪い方法だと感じた。

時間がせまっている乗客を探して係員がまわっていたが、大雑把な行き先別(アジア方面、ヨーロッパ方面とか)に分ければもっと探しやすいのに、と思った。さらに事前の座席予約も、かなり押し迫ってからでないと受け付けてもらえなかった。

フライト中は問題なし。

(航空券の入手方法と時期) = エールフランスのサイトにて、最初は6月にAF便をとっていたが、向こうの一方的な理由でキャンセルになった。その後JALとの共同運航便に8月下旬に変わった。

(価格) = 173,000円  燃油代と税金で 合計211,710円 サブクラスはK

(2008年12月下旬 オペラ座の住人 様)

成田-パリ
 
 
(航空会社) = JAL(JL) 朝便

(搭乗クラス) = プレミアムエコノミーから ビジネスにアップグーレード 

(出発の空港) = 成田 第二

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2F

(機内食・飲み物) = 
1回目: 和食を選択。正月らしいメニューも少し。炊きたてご飯がおいしかった。

2回目: メニューの中から好きな物を好きな時に注文できる。玄米塩おにぎり、アイスクリーム、うなぎごはん、クラムチャウダー、豚骨ラーメンを食べた。おにぎり以外は全部美味しかった。陶器の食器で出てくるので余計においしく感じた。

(座席) = 空いていたので、前二列と横二席は空席。
スリッパ、毛布、カーディガン、アイマスク、マスク、耳栓、アイシート、歯ブラシ。

(マイレージ) = プレミアムエコノミーキャンペーン中で、125%加算

(航空券の入手方法と時期) = 下半期の運賃発表してすぐに購入。7月。

(価格) = 23万円。

( 2008年12月下旬 パンジーとビオラ 様)

パリ-成田
 
 
(航空会社) = エールフランス・JAL(AF/JL)共同運航便 当日はJAL機体

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2F

(到着地&ターミナル) = 成田 第二

(機体) = 
エコノミーで予約していたが、プレミアムエコノミーに変更されていた。
2-4-2列。

(機内食・飲み物) = 
2回。

夕:チキンカレー、ロブスターと旬菜のテリーヌミックスサラダ、冷やしうどん、チョコケーキ

昼:チーズパンケーキ、クロックムッシュー、フルーツカクテル、チーズヨーグルト、クロワッサン

リフレッシュメント:うどんでスカイ、ハーゲンダッツアイス

飲み物:シャンパン、ワイン、ビール、日本酒、焼酎、ウィスキー、ジン、
ウォッカ、ブランディー、梅酒、スカイタイム、オレンジ、アップル、トマト、コーラ、スプライト、冷製茶、ペリエ、水

(座席) = 足おき、広いパーソナルモニター。

広い席、なぜか左シートベルトが太かった。イヤフォンは耳が隠れるほどの本格派で、スイッチ付き。リクライニングは前のめり型。前後も広く開いている。

隣がトイレに行くときは、どいてあげないと。足下には荷物を置けない。手に持つのはいいみたい。ハンガーを掛けるところがある。

広くてビジネスでなくてもプレミアムで十分。

(トラブル) = 荷物チェックで10分くらい遅れた。

(2008年12月下旬 がばい黒タン 様)


 
 
 
成田-パリ
 
(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 成田 第二ターミナル

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港ターミナル2F

(機内食・飲み物) = 2回 
惣菜パンの軽食1回 。チキンの照り焼きご飯のようなもの。

2回目の機内食はチーズマカロニ お稲荷2個 サラダ ゴマプリン。

飲み物は梅酒があったのが印象的。

(座席) = シートは普通 備品は特になし。座席ポケットにイヤホンがあるだけ。

(機内販売) = 10月と値段変わらず。特にパリを意識したものは無かった。

(マイレージ) = マイレージ加算可100%

(トラブル) = 成田で家族が迷子になり、電話も通じず、一瞬焦った。

(航空券の入手方法と時期) = 航空会社HPより

(価格) = 14万円台後半。 サーチャージの一番高い時。web悟空

(2008年11月下旬 ダーリンありがとう 様)

成田-パリ
 
(搭乗クラス) = ビジネスクラス

(出発の空港) = 成田 第二ターミナル

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2F

(到着空港の様子) = 入国審査はパスポートを見せるだけ。何も聞かれない。

(機体) = B777-300ER

(機内食・飲み物) = ウェルカムドリンクとオードブル(サーモンのマリネ)。
あられやピーナッツのおつまみ、ドライ納豆。

1回目:
和食か洋食の選択。また洋食は肉か魚の選択。それぞれカロリー表示がされていた。

2回目:
到着1時間30分前までの間の好きな時に、好きなものを食べることができる。
メニューは和風7品、洋風5品を自由に組み合わせ可。そのほか和定食、洋定食もあり。

(座席) = シェル・フラット・シート 2-3-2列。
ほぼ満席であった。

(機内販売) = 以前より取扱品目が減っているように思う。

(航空券の入手方法と時期) = 特典航空券で約7か月前に予約。7ヶ月前でも、土日出発日の予約は取れなかった。

(価格) = 燃料サーチャージと空港使用税 約5万円。

(2008年11月中旬 パピーとキューキン 様)


 
 
 
 
成田-パリ
 
(航空会社) = JAL/エールフランス共同運航便(AF/JL) 当日はJAL便。

(搭乗クラス) = プレミアムエコノミー

(出発の空港) = 成田空港第2ターミナル

(出発空港の様子) = 円高が進んでいた時だったので、両替所は大混雑かと思っていたのだが、いつも通りで拍子抜けした。出国後、サクララウンジを利用。

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2F

(機内食・飲み物) = 食事はエコノミークラスと同じ。
違いはシャンパンとアイスクリーム(DEEN & DELUCA)のサービスがある事くらいか。
 

(座席) = 座席配置は2-4-2列。

前の人がリクライニングしても、倒れてこないシェルシート。足置き、フットレストがついていたのも、嬉しい。座席間隔はエコノミークラスよりも広い。テーブルも大きくPC用の電源もついていて便利。

とはいえ、思わぬ落とし穴も。中央4列の通路側の席だったのだが、隣の3席が全て空席だった。エコノミークラスだったら、迷わず肘掛けを上げて横になる(4席独り占め)パターン。が、肘掛けが上がらない。

仕方なく、隣の席にバッグを置き、その上に枕を2つ乗せて、寝た。リクライニングの角度は不明だが、それほど深くは倒れない。

約70.000円の差額を払う価値があるかどうかは、正直わからない。

ラウンジが利用できたのはありがたかった。

(マイレージ) = JALカードのツアーマイルに登録しているので100%加算。他に25%加算。

(航空券の入手方法と時期) = 下半期の料金が発表になってすぐ、7月下旬にJALのWebから購入。

(価格) = 燃油料込みで 232,160円。

( 2008年10月下旬 nord ami 様)

成田-パリ
 
(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 成田空港出発 第二ターミナル

(出発空港の様子) = 出国後に免税店に寄った。まるでバナナの叩き売りのように、店員が日本語、中国語で 「いらっしゃい、いらっしゃい!」と叫んでいて、驚いた。飴玉つきの割引券の配布もしていた。タバコを3カートンほど手に持って客引きをしていたのをみると、中国人がメイン・ターゲットなのかなと思った。

(到着地&ターミナル) =パリ シャルル・ド・ゴール空港 

(機体) = 3-3-3列。
パーソナルモニタあり。ゲームや映画を楽しんだ。オセロにはまった。

(機内食・飲み物) = 飲み物サービス2回、軽食2回、食事2回ほど。

最初の食事。洋食を選択。コンビニ弁当よりもまずいという覚悟でいたが、コンビニ弁当並みだったと思う。ブロッコリーのスパゲティがメイン。飲み物は随時、何度も持ってきてくれた。

軽食 アラレのお菓子。みんなぼりぼり無言で食べていた。なかには追加を催促するひともいて、どうするのかと思っていたら、薬を飲むときに胃が空では困る、ということでもらっていた。乗務員に事情を話し、飲める飲み物についても色々お願いしていた。

乗務員もあれこれ声をかけていた。健康は大切だ。

(座席) = イヤホン、ごみ袋、雑誌、枕、毛布。座席は国内線に比べれば若干広い気がした。

(機内販売) = エルメスのスカーフや、ロクシタンのハンドクリームなど。ロクシタンのハンドクリームは、成田空港の免税店と同額。

(トラブル) = 機内の窓をすべて閉め、照明も暗くし、すっかりお休みモードになっているときに、同じツアーの客に、何度も窓を開け閉めされて、まぶしくてとても眠りにくかった。周囲が怒りの視線を集中させても気がつかない中年女性で、まったく眠らずにフランスに行った。マナーは守ってほしかった。

( 2008年10月下旬  寝酒と読書はかかせない 様)
 
 

パリ-成田
 
(航空会社) = エールフランス/JAL共同運航便(AF/JL) 

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港発 

(出発空港の様子) = 出国後の空港1階の女子トイレに入ったところ、ドアの鍵をかけない怪しげな個室があり、気持ち悪かった。その後、トイレでのことが気になり、財布の入っているかばんを斜めがけにし、チャックに手を添えて免税店に入ったところ、わたしの後ろをスーツ姿の女性が通った。

私が着ていたコートの後ろのすそをめくりながら姿を消した。ジーパンの後ろポケットは空にしていたので、被害はなかった。

(到着地&ターミナル) = 成田空港 第二ターミナル

(機体) = 
(機内食・飲み物) = ドリンク2回、軽食1回、食事2回
帰りは追い風のため、予定よりも1時間早く成田空港についた。

(座席) = 3-3-3列。パーソナルモニタあり。ゲームや映画が楽しめた。

国内線に比べれば席は若干広かった。

(機内販売) = 行きと同じで、エルメスやロクシタンなど。

(トラブル) = トラブルではないが、シャルル・ド・ゴール空港でのスリ未遂の後だったため、とてもではないが眠ることができず、貴重品の入ったかばんを斜めがけにし、その上から毛布を巻いて、目だけつぶっていた。

今度は追加料金を払って、プレミアム・エコノミーにしようかと考えるほど、安眠できなかった。安全はタダではないと思い知った。フランスで買い物したものも持っていたし。

( 2008年10月下旬  寝酒と読書はかかせない 様)


 
 
 
 
 
福岡-成田-パリ
 
(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 福岡 第二ターミナル

(乗り継ぎ地) =成田 第一ターミナル 南ウイング

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港

(到着空港の様子) = チューブ状の動く歩道が動かず、かなり歩いた。

(機体) =

(機内食・飲み物) = 食事2回。降りる間際に軽食1回(パンか巻寿司の選択)。

(座席) = 過去数回の海外旅行だが一番狭かった。それとも自分自身がこれまでになく太ったのか。JALの飛行機にはもう乗りたくない。

(2008年9月中旬 大空ぶうぶう 様)
 
 

パリ-成田-福岡
 
(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港

(出発空港の様子) = 
出国手続き後、免税店で買い物。店員同士よくしゃべっていたがあんな物だと本誌に書いてあったので腹も立たなかった。
トイレもきれいだった。コンコルドがよく見えて楽しかった。

(乗り継ぎ) = 成田

(乗り継ぎ空港の様子) = 入国手続き後、国内便待合室で外国の人たちが
うどんを食べていた。おいしそうだったので私も食べた。

(到着地&ターミナル) = 福岡

(座席) = すし詰めの饅頭状態。

(トラブル) = 横の中年男性が酒をガブガブおかわりし、息が臭くて閉口した

(2008年9月中旬 大空ぶうぶう 様)


 
 
 
ザグレブ-パリ-成田
 
 
(航空会社) = 
ザグレブ-パリ: エールフランス(AF) BRIT AIRによる運航
パリ-成田: JAL(JL)

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = ザグレブ 国際線ターミナルは1箇所のみ。

(出発空港の様子) = 国際線ターミナルには1階に免税店1か所とバーあり。2階にレストランがあったが、客はいなかった。従業員も見当たらなかった。営業しているか否かは不明。

(乗り継ぎ地) = パリ シャルル・ド・ゴール空港

(乗り継ぎ空港) = ザグレブからはターミナル2E着。
パリからは ターミナル2F(搭乗口は52F)発。2Eと2F間はパスで移動。隣り合ったターミナルなので徒歩で移動できるものと思っていたら、バス移動だったので、一瞬不安になった。

(到着地&ターミナル) = 成田空港 第二ターミナル

(機体) = 
ザグレブ-パリ: ボンバルディアCRJ700型 
パリ-成田: B777 

(機内食・飲み物) = 

ザグレブ-パリ: 
1回 メニューはミックスベジタブルのマヨネーズあえ、サーモン、りんごのタルトケーキ。
飲み物はビール(ハイネケン)、ワイン赤・白。

パリ-成田:
2回
夕食  牛肉のグヤーシュ または 鶏そぼろ丼 の選択
朝食 オムレツとハム
飲み物はワイン赤・白、ビール、コーヒー、紅茶、ソフトドリンク、その他リキュール類もあるようで、
隣に座っていた女性はジン?を頼んでいた。

(座席) = 
ザグレブ-パリ: 座席配置は2-2列。
パリ-成田:3-3-3列  プライベートモニターあり

(マイレージ) =  JALのマイレージに70%

(トラブル) = トラブルというほどではないが、ターミナル2Fでのセキュリティチェックに時間がかかった。係員の連携が上手くいっていないような印象を受けた。もし時間に余裕のない乗継だったら、あせったと思う。

(航空券の入手方法と時期) = JTB利用。5月上旬に購入

(価格) = 232,000円 空港使用料、サーチャージ、保険料は含まず。サーチャージは往復で 40,000円

(2008年8月中旬 走れ・走れ・TGV 様)

成田-パリ
 
(搭乗クラス) = ビジネスクラス

(出発の空港) = 成田第二

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港

(到着空港の様子) = SNCFの方に移動したら、有料トイレしかなかった。0.5ユーロ。

(機内食・飲み物) = 最初に一回。あとは好きな時に頼める。ワインは選べる。

(座席) = 2-3-3-列
新しいビジネスシート。座席が後ろに倒れないのが良かった。

(機内販売) = いまひとつ

(航空券の入手方法と時期) = できるだけ早めに手配したほうがよい。特に夏休みは。最後まで復路便がおさえられず、ひやひや。

(2008年8月上旬 なみクレープ 様)


 
 
 
 
成田-パリ
 
 
(搭乗クラス) = ビジネスクラス

(出発の空港) = 成田 第二ターミナル

(出発空港の様子) = 
JALのサテライト側ラウンジが改装中で、2フロアのうち1フロア閉鎖中のため、
禁煙になっている。

喫煙者は本館側のラウンジを使用できるが、搭乗口に行くのにモノレールで移動する。時間に要注意。

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2F

(機体) = 席の配置は2-3-2

(機内食・飲み物) = 1回目は和食or洋食(主菜、魚or肉)チョイス

2回目は好きなものを好きなときに。うな丼を頼んだが、甘すぎて口に合わなかった。
カレーライスを頼む人が一人でもいると、すごい臭いが漂う。

(座席) = シェルフラットシート、完全に水平にはならないが、足を高くしておけるので、快適に眠ることができる。

靴ベラ付のケース入りスリッパ、ハンガーが席に備えつけ。ハンガーはジャケット等を掛けるとすぐに乗務員が預かる。

その他の備品は、乗務員が籠に入れたものを持って回り、必要なものをもらう。
マスク、耳栓、アイマスク、アイリフレッシュシート、歯ブラシ等

(マイレージ) = JALのマイレージに加算

(航空券の入手方法と時期) = JALのHPより購入
2月中旬より調べ、当初マイルが貯まっていたので特典航空券を狙ったが空きが全くないので諦めて、ビジネスセーバー料金が出るのを待った。

3月上旬やっとビジネスセーバー料金が出て購入したが、その時にはホテルを安く取ることが困難になっていた。

(価格) = \718,240

(2008年6月下旬 ANEGO@YOKOHAMA 様)
 
 

パリ-成田
 
(搭乗クラス) = ビジネスクラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2F

(出発空港の様子) = タクシーが大渋滞に巻き込まれ、2時間前に空港到着。ビジネスカウンターは列がなく、1分も掛からずにチェックインを済ませ、そのまま免税手続きに移動、こちらも待っている人はおらず、30秒も掛からず終了。

曜日のせいか時間のせいかは解らないが、余りにあっけなくすんで脱力。

エールフランスのラウンジは奥行きが狭く横に長いので、空席を探すのに苦労する。全体的に狭く、エアコンの効きが悪い。飲み物はアルコール、ソフトドリンク共に、豊富。
10cm位にカットしたバゲットサンドが3種類あった。
 

(到着地&ターミナル) = 成田 第二ターミナル

(機体) = 席の配置は2-3-2列

(機内食・飲み物) = 
1回目: 和食or洋食(主菜に肉or魚)チョイス

2回目以降: 好きなときに好きなものを
クラムチャウダー、サンドイッチ(クロワッサンにハム&チーズ)を食べる。
味はまあまあ。

(座席) = シェルフラットシート、快適に眠れる。
12時間のフライトも苦にならない。
 

(2008年7月上旬 ANEGO@YOKOHAMA 様)


 
 
 
 
成田-パリ
 
(搭乗クラス) = プレミアムエコノミー

(出発の空港) = 成田空港 第2ターミナル

(出発空港の様子) = サテライトの免税店のほうが空いていて買い物しやすい。
JAPAN Duty Freeは改装で休業。サテライト店は営業。

(機体) = B773 
ビジネスクラスは2-3-2。プレミアムエコノミーで2-4-2列。エコノミーは たしか3-5-3列。パーソナルモニタは充実。

(機内食・飲み物) = 搭乗後すぐに飲み物サービス。3時間後ぐらいに1回と、到着前2時間半ぐらいに1回。途中スナックサービスあり

(座席) = 機材はB773。この機材のビジネスクラスは非常に狭い。プレミアムエコノミーに乗ってみたいため、パリ経由でイタリアまで。パリ滞在ができたので私は大満足だったが通常のエコノミー+10万円ほどの出費を出してまでプレミアムに乗るかどうか。考えてしまった。

なぜなら確かに座席は多少広めだが、快適といえるほどではない。プラス10万円ほどの価値があるかどうか。個人差が非常に出ると思う。

(航空券の入手方法と時期) = JALのHPより直接購入。3月末

(価格) = 燃料費など込みで 約28万円

(2008年7月上旬 白いミモザ 様)


 
 
成田-パリ
 
(搭乗クラス) = プレミアムエコノミー

(出発の空港) = 成田空港 第2ターミナル

(出発空港の様子) = 免税店でネックレスを買おうとしたら在庫がないとのこと。同じ店舗がサテライトにもあると言われ(粗品券を渡された)、そちらの店舗に行くと、連絡されていたようで既に商品が用意されていた。

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2F

(機内食・飲み物) = 機内食2回と軽食。シャンパンあり、軽食はカップ麺またはハーゲンダッツのアイスクリーム。

(座席) = エコノミーより座席の前後がやや広いくらい(新幹線の座席ぐらいの長さ)。ふくらはぎ用フットレストがあり、エコノミーより楽だった。

アメニティグッズはアイマスク、マスク、歯磨きセット、耳せんアイフレッシュナーを希望者に。
他にスリッパを各人。

(トラブル) = 映画が突然中断。アナウンスが入り、30分ほどで復旧。

(航空券の入手方法と時期) = JALのHPにて。

(価格) = 約228,000円。

( 2008年6月上旬 あかきょん2 様)
 


 
 
 
成田-パリ
 
(搭乗クラス) = ビジネスクラス

(出発の空港) = 成田空港 第2ターミナル サテライト85

(出発空港の様子) = サテライトのJALサクララウンジは、それ程混んでいなかった。

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2F

(機体) = B777-300ER。

(機内食・飲み物) = 離陸直後の1回。その後は、自由に注文。
主菜はステーキ。それなりの味。
中ほどでサンドウィッチ、アイス、最後におにぎりとビーフシチューを頼んだ。

(座席) = JAL シェル・フラットシート。スリッパのみ標準備品。歯ブラシ、目隠し、マスク、耳栓などは個別に持ってきて、必要なものだけ貰う。

(機内販売) = 人気のある森伊蔵を、復路では売り切れになるかもしれないと思い、
スーツケースでの持ち帰りを覚悟で1本購入。JALカードで2,700円。

(マイレージ) = 特典航空券なので積算なし

(価格) = 特典航空券 クラスC。

( 2008年4月下旬 干支ワール広場の門 様)

パリ-成田
 
(搭乗クラス) = ファーストクラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2F

(出発空港の様子) = 
ファーストクラスなので、セキュリティチェックで優先ライン。
行列の中で割り込む感じになり、ばつが悪かった。

出国手続きしてしまうと、ラウンジ含めて喫煙場所が全くない。
混雑すると思い、早めに出国したのが裏目になった。

(到着地&ターミナル) = 成田空港 第2ターミナル 

(機体) = B777-300ER。

(機内食・飲み物) = 
離陸直後の1回。
その後は、自由に注文。

サロン社のシャンパンはよかった。
主菜の貝柱ステーキはあっさりしておいしかった。

中ほどで、鮭茶漬け、アイス。最後にカレーを頼んだ。

(座席) = 
JAL NEW SKYSLEEPER SOLO。
ファーストクラスのポーチの品質が年々落ちてきている。

リラックシングウェア上下(持ち帰り可能)。BOSEのヘッドフォン。寝る時に敷きマットと掛け布団を持ってきてくれる。

(機内販売) = 復路での売り切れを恐れて、往路で森伊蔵を買っておいた。
が、ファースト乗客には別枠で確保してくれている模様。ならばと、ついでに1本購入。JALカードで2,700円。

(マイレージ) = 特典航空券なので、積算なし。

(トラブル) = 
スーツケースがかなり重かった。ファーストクラスの限度40kgを超えるかと思っていたが、36kgでセーフ。重いですねといいながら
Heavyと書かれたタグを括り付けていた。

(航空券の入手方法と時期) = 特典航空券は330日前から予約できるが、
310日前にやっとマイルが貯まって、2人分予約を入れた。
が、既にファーストクラスは満席。
ファーストクラスの特典航空券枠は(状況によるが)その便では、2席だった模様。
しかたかないので、往路ビジネス、復路ファーストにした。

(価格) = 特典航空券クラス F。
燃油、空港税等で 35,000円程度別途。

予約・発券時は燃料費が片道1万円(往復2万円)だったので、
現状の往復4万との差額を支払う覚悟をしていたが、燃油は発券時の料金で確定するらしい。ラッキーだった。

( 2008年4月下旬 干支ワール広場の門 様)


 
 
 
 
成田‐パリ
 
(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 成田空港 第2ターミナル

(出発空港の様子) = 1人旅だった。機内持ち込み荷物、上着、免税店で買ったものなど荷物が多かったため、搭乗前にトイレに行くのが大変だった。

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2F

(機体) = B773、座席は3-4-3列。

(機内食・飲み物) = 食事2回、間にデニッシュ。

1回目の和食は牛丼。
2回目はペンネ(トマト味)、1回目に比べてこちらはマシ。

海外旅行の時は野菜不足になるので、往復それぞれ1回はトマトジュースを飲むようにしている。

(座席) = 掃除は行き届いていてきれいだが、座席は狭い。
モニター画面は鮮明で見やすかった。

(マイレージ) = JAL悟空で70%加算。

(航空券の入手方法と時期) = 2007年11月にJTB旅のデザインルームで購入。

(価格) = 航空券代73,000円、現地空港税5,450円、成田空港施設使用料2,040円、サーチャージその他26,600円。 合計約107,000円。

( 2008年1月 サンジェルマンぽん太 様)
 

 
パリ‐成田
 
(搭乗クラス) = ビジネスクラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2F

(到着地&ターミナル) = 成田空港 第2ターミナル

(機内食・飲み物) = 
1回目は、和食か洋食か選択、洋食のメインは2種類から選ぶ。
2回目以降は好きなものを好きなだけ何回でも選べる。

(座席) = 座席は2-3-2列、シェルフラットシート。
アメニティーグッズは客室乗務員が籠に入れたものを持ってきて、必要なものを選ぶ。
アイマスク、耳栓、ハニカムマスク、歯ブラシ、アイリフレッシュシート等。

(マイレージ) = JALのマイレージに加算

(航空券の入手方法と時期) = 9月下旬、JALのHPより予約購入。

(価格) = 約653,000円

(2008年1月中旬 ANEGO@YOKOHAMA 様)

パリ‐成田
 
 
(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2

(到着地&ターミナル) = 成田空港 第2ターミナル

(機体) = 座席は3-3-3列。

(機内食・飲み物) = 食事、食事の2回。

(座席) = 窓側3席の壁の前。バシネット使用。

(マイレージ) = 特典航空券

(航空券の入手方法と時期) = 特典航空券。入手時期は出発の10日前、キャンセル待ちで。

(価格) = サーチャージと税金で31,400円

(2008年1月上旬 ポンピドゥーのリサ 様)


 
 
トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > JL 成田-パリ 2008年