トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > JL 名古屋〜パリ 2008年


フランスへいく エアライン  Airline 
JL 日本航空    名古屋〜パリ 2008年

                経験談追加
 


パリでは、ドゴール空港ターミナル2F着
 

JL/AF共同運航の場合の JL機材の経験談 です。(価格はAFとして購入した例もある)
 
 

JALのHPで、約1ヶ月半前に 中部〜パリを購入。
関空発パリ便は取れなかったが、中部発は楽勝だった。

当方京都からのため、少し時間はかかるが、「中部空港も使える!」と判明。
関空から中途半端に他の乗り継ぎ便を利用するよりも、日本国内の移動代が
往復で約10,000円高くなるかもしれないが、
関西方面からも利用価値大!!
(2006年10月中旬 ryu-ryu17 様)
 

 

 
便
2008年春夏は   JL機体 1本 (JL/AF共同運航) ボーイング777-200ER 

 
 
 
 
機体
JL機材 ボーイング777-200ER 
【名古屋-パリ C】    2-3-2列 シェフフラットシート導入
 
【名古屋-パリ Y】   3-3-3列 (一部2列席あり)
 
B777、座席は3-3-3列、Magic3搭載。

(2008年1月中旬 135こあら 様)

 
【パリ-名古屋 C】
 
【パリ-名古屋 Y】  
 
 

 
機内食
【名古屋-パリ C】 
 
【名古屋-パリ Y】 
 
出発1時間後に昼食。
若鶏の赤ワインソース、または牛肉の卵とじ丼、サラダなど。

途中、軽食でデニッシュペイストリー。

到着3時間前に軽食。ペンネ・アンチョビトマトソース、稲荷寿司と昆布巻きなど。
ドリンクに梅酒、スカイタイムゆずなど。

(2008年1月中旬 135こあら 様)

 
【パリ-名古屋 C】
 
【パリ-名古屋 Y】 
 
 
チェックイン

 

(乗り継ぎ空港) = 中部空港。
福岡からは国内線なので、国際線乗り継ぎはいったんセキュリティチェックのエリア外に出る。
カードラウンジなどもセキュリティチェックの外にあり、多くのレストランや店なども利用できるので便利。

荷物は福岡〜パリまでスルーバゲージだったが、人は中部空港で再度チェックインの必要があった。
免税店は小ぶりで見やすい。
 
 

復路は、CDGでチェックイン時に、名古屋でいったん入国して荷物も受け取り、再度福岡行きの国内線にチェックインするように言われた。JALのカウンターにいた係員はフランス人だったが、とても流暢な日本語で説明してくれた。

名古屋で乗り継ぎ時間が約5時間あった。空港名物の温泉で時間をつぶすつもりだったが、出発前に調べると改装のため閉鎖中になっていた。チケットを予約したのは10月下旬。到着後にインフォメーションでマッサージなどを聞いてみたが、改装中の温泉の中にあるので営業していないとのこと。
5時間もどうやって時間をつぶそうか困った。結局、大きな手荷物は空港の荷物一時預かりカウンターに預け(1カートで500円)、カードラウンジのソファで休憩した。

(2008年1月中旬 135こあら 様)


 
 
 
マイレージ

 
(マイレージ) = JAL悟空は通常マイル4,289、悟空deおとくボーナスマイルキャンペーンで+500マイル、
JALたび倶楽部マイルアップボーナスで+1,838、JALカードCLUB-Aボーナスマイルで+1,532、合計8,159マイル。
さらに福岡〜中部 国内線のマイルを加算。 
(2008年1月中旬 135こあら 様)

 
 
航空券

 
福岡〜中部〜パリ

(航空券の入手方法と時期) = 約2ヶ月前に、JALのWebサイトにて。特典航空券とJAL悟空を予約。
予約後、JALに電話して、2つの予約を同行者としてまとめてもらった。

(価格) = 運賃97,000円、税金など35,600円、合計約133,000円。

出発直前に見たら、同じ便の値段が少し下がっていた。共同運航のエールフランス側はもっと安かった。

(2008年1月中旬 135こあら 様)


 
 
 
トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > JL 名古屋〜パリ