トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > JL 羽田-パリ 2010年


フランスへいく エアライン  Airline 
JL 日本航空  羽田-パリ 2010年

14 Nov..2010 / 30 Apr.2011経験談追加

 
2010年12月

 
羽田-パリ Y
 
(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 羽田 国際線ターミナル

(出発空港の様子) = モノレールからの乗り継ぎは、大変便利。改札出たらそのまま出国フロアだった。

新しくできただけあって、店舗の数は多い。が、遅い時刻までやっているところが非常に少ない。羽田発 夜中の1:30の便だと、1時間前までにチェックインとあるが、実際には23:00に営業しているのはローソンとカフェ2軒くらい。ほとんどは21:00〜22:00で閉まるよう。

スーツケースにつけた南京錠を紛失し、空港で買おうにもローソンしか開いていない上、そこには売っていなかった。
このローソンは、本当に通常のコンビニ同様。旅行関連のグッズはほとんど売っていなかった。

出国後も、一部の免税店は開いていたが、本屋は閉まっていた。機内で読む雑誌等を、買えなかった。

カフェ1軒のみ開いていた。食べ物・飲み物はそこでのみ買える。
自販機もなく不便だった。
有料のPCがありインターネットが使えるようだった。

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2E

(到着空港の様子) =
朝6:40頃着。荷物をピックアップして出たのが7時過ぎ。すでにカフェは開いていた。

そのままSNCFの駅に向かった。駅ではポールや売店ルレが開いていた。

(機体) = 機種: B777  配列: 同じエコノミーでも、2-4-2と 3-3-3があった。

(機内食・飲み物) = シート前のポケットにメニューあり。
SOUP STOCK TOKYOとのコラボメニューあり。
乗ってすぐに蒸しパン、
7時間後に和食(がめ煮、野沢菜ご飯等)か洋食(デニッシュサンド、コーンスープ)、着陸1時間前にクロックムッシュ、と書いてあった。

が、実際には
1回目: 
乗ってすぐにクロックムッシュ、飲み物+蒸しパン、

2回目:
着陸2時間前に、和食か洋食だった。


蒸しパンが足りなかったのか、右側の列は配ったが、私たち左の列は配られなかった。

(座席) =狭い。パーソナルモニターあり。

(マイレージ) = JALのマイレージ加算可。

(航空券の入手方法と時期) = 9月にJALのWebから。

(価格) = 航空券 110,000円、 諸税・燃油こみで 合計138,760円

サブクラス:往路 K 復路 V
(2010年12月下旬 肉球ぺったん 様)

パリ-羽田 Y  

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2E

(出発空港の様子) = ターミナル2Eの遠いほう。離れ小島で心配したが、店はそれなりに充実していた。

カフェ、土産屋多数。エディアール、ダロワイヨがありマカロンやパート・ド・フリュイ、ケーキなどあり。

別便で帰った父は、ターミナル2Eでも離れ小島でない、近いほうだったとかで、そちらにはメゾン・デュ・ショコラがあったそう。マカロンを機内持ち込みで買って帰ってきた。

(到着地&ターミナル) = 羽田 国際ターミナル

(到着空港の様子) = 荷物をピックアップして税関審査を通って出たら目の前がモノレールの改札。

(機体) = 機種:B777  配列: 2-4-2 3-3-3

(機内食・飲み物) =
1回目 乗ってすぐに和食か洋食
2回目 着陸前に朝食

(座席) = 座席の場所は後方、通路側。エコノミーなので当然狭い。
パーソナルモニターあり。

(マイレージ) = JALのマイレージに加算。

(2010年12月下旬 肉球ぺったん 様)


 




羽田-パリ-ナント PY
 
(搭乗クラス) = 上級エコノミー

(出発の空港) = 羽田

(出発空港の様子) = 出国後のサクララウンジを利用できた。23時ごろで、カレーやパスタなどの食事可、シャワールームも利用できた。
シャワールームには、バスタオル、シャンプー等も完備。ドライヤーあり。時間制限もないとのこと(確認済)。混雑していなければゆっくり身支度もできる。

終業後、仕事から直接空港に向かったとしても、ラウンジで食事し、
シャワーと休息をとればかなり快適だと思った。お金を払ったとしても利用する価値があると思う。

夜便の場合、出国前より、後の方が、飲食店の選択肢は増える。
多少の免税店もあったようだ。

(乗り継ぎ地) = パリ シャルル・ド・ゴール空港

(乗り継ぎ空港) = ナント行きのAF便にはスルーチェックインができなかった。

ド・ゴールで荷物をピックアプし、隣のターミナルまで延々歩いて再度チェックインした。乗り継ぎは3時間とった。が、国内線の荷物受付は2時間前のようで、少し待った。

(到着地&ターミナル) = ナント

(機体) = 機種(      ) 配列は2-4-2列。

(機内食・飲み物) =
1回目 出発後すぐ、飲み物とブリトー(鶏肉と野菜を小麦粉の薄い皮で包んだもの)。片付けるときに蒸しパンが出た。

2回目 到着2時間前ぐらいに朝食。
 
乗る前に十分 腹を満たしておき、ブリトーや蒸しパンは無視して睡眠に専念し、到着前に出される朝食を食べて起きるのがいい。

(座席) =  ビジネスクラスとエコノミークラスの間。
スリッパ、マスク、歯ブラシ、アイマスク、アイリフレッシャー,、耳栓など配布。ビジネスクラスには及ばないが、前や横はさすがに余裕を感じられた。
(航空券の入手方法と時期) = 代理店から、9月上旬。

(価格) =
羽田→パリ→ナント、ナント→ボルドー、ボルドー→パリ→成田で
284,500円(燃油サーチャージ・諸税含む)
(2010年12月上旬 りえちゃんちのすずらん 様)

パリ-羽田 Y  

( 様)


 





 
伊丹-羽田-パリ Y 深夜便
 
(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 伊丹

(出発空港の様子) = 伊丹でスーツケースを預けたら、パリまで手にすることなく身軽だった。

(乗り継ぎ地) = 羽田

(乗り継ぎ空港) = 気流の関係で羽田到着が遅れた。22時半頃に免税店に到着したが、全部開いていた。
いろいろ楽しんだが、思ったよりも価格が高かった。

エルメスのスカーフも日本市中価格の10%OFFくらい。

友人はロングブーツを搭乗のたび脱いでセキュリティチェックを受けていた。

両替所も遅くまで開いており、たくさんの人が並んでいた。


(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2E

(到着空港の様子) = 早朝だったので、がら〜んとしていた。トイレはいくらでもある。

(機体) =
伊丹-羽田:
羽田-パリ:

(機内食・飲み物) =
伊丹-羽田:


羽田-パリ:
1回目
飛んですぐ蒸しパン2種 和と洋 飲み物色々

2回目
到着間近にクロックムッシュ?と がめ煮あるいは サンドイッチ系 ゼリーもあったような。

(座席) = とにかく眠たくてあんまり覚えてない。JALなので日本人が多いせいか、体格の差がなく、意外とゆったり。深夜便のため爆睡していたのではっきり覚えていないのが事実。

(機内販売) = エルメスのスカーフ ロクシタンのローズのセット 日本より若干安め。

(マイレージ) = JALに積算可 

(航空券の入手方法と時期) = JALのWebから

(価格) = 22万円
(2010年12月下旬 shun421 様)

パリ-羽田-伊丹 Y  

(     様) 



 
羽田-パリ Y
 
(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 羽田空港 国際線ターミナル

(出発空港の様子) = 出国手続き前の飲食店街「江戸小路」はほとんど22時には閉まっていた

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2E

(機体) = 機体:B777-200  座席配置: 

(機内食・飲み物) = 2回

(座席) = 最前列だったので足を伸ばせた。

(航空券の入手方法と時期) = エールフランスのWebから 8月下旬

(価格) = 98,000円、 諸税等約29,000円 サブクラスL
(2010年12月 pikamam 様)

パリ-羽田 Y  

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2E

(出発空港の様子) = チェックインカウンターが分かりづらかった。

(到着地&ターミナル) = 羽田空港 国際線ターミナル

(到着空港の様子) = トイレの個室はスペースが広くとられているので
スーツケースをもったまま入れる。ただし、カートは無理。

(機体) = 機種: B777-200   配列: 

(機内食・飲み物) = 2回。


(2011年1月 pikamam 様) 



2010年11月



羽田-パリ PY
 
(出発の空港) = 羽田 国際線ターミナル

(出発空港の様子) =
一言で言うとコンパクト。逆に言うとハブ化ハブ化と国がいう割に小さくて、中途半端。
出発階の椅子が少ない。出国してしまうか、レストラン街に行くしかなかった。

さくらラウンジ利用。
出国してさらにエスカレーターで上へあがる。
航空会社ラウンジ受け付けへ行くとファーストクラスラウンジ(左)
さくらラウンジ(右)に分けられる。
さくらラウンジ内部は、まず大きな荷物が預けられる無料のロッカーがある。
コート、機内持ち込み荷物などはここに置く。
入ると、ドリンクを主に楽しめるエリア(焼酎、ワイン、日本酒など)、食事が取れるエリア(カレー、キッシュ、パン、
ドリンク、ミネストローネ、しゅうまい?サラダ、などあり。みそ汁は
見あたらず。温かいお茶、コーヒーもあり)

リラックスエリアは、かなりどっしりとしたソファがある。
窓に面した所は、半個室状。

無料シャワーあり。満室だったためあきらめた。
シャワールームの数はわからないが、かなり利用率が高いらしい。
ラウンジでシャワーを使えなかった場合を想定して。

23時近くに入ったが、食品類は随時補充されていた。
雰囲気は上のビジネスホテルのロビー、中のシティホテルのロビーといった感じか。


免税店は見ていない。トイレはバリアフリー化されているというだけあって、
女性用の個室はとても広く清潔。

両替所は、自分が利用したところは24時間のようだった。

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2E。
遠いほう。

入国まで歩き、構内シャトルに乗り、歩き、並びとやたら時間がかかった。

(到着空港の様子) = トイレ事情はやはり日本が一番いい、とつくづく感じた。

(機体) =       配列は2-4-2

(機内食・飲み物) =
1回目: 離陸してしばらくすると、薄いピザをまいたようなもの。
一通り配った後、蒸しパンセットもお腹がすいたらお召し上がりくださいと配布される。

正直、夜中25時を回っての離陸だったのでそんなにもらってもお腹は空かないだろう。

バー、間食:
上級エコノミーにアイスクリームサービスがあると書いてあったが
好きな時に食べられるのかは不明。
途中で乗務員が配っていたらしい。就寝中で食べず。

ギャレーに、ドリンク等あり。サッポロポテトや、飴、クッキー。

2回目: さらに約6時間後。スープストックのスープとパンのセットか、和食の選択。和食は温かいご飯と味噌汁。おかずも5種類とわらび餅がついていてスープセットより品数も多く、マシだ。日本食が恋しくなる帰国便にも、このメニューがあるといい。

(座席) = 上級エコノミーの最後尾、中央列。深夜便なので体が楽な方がいいと思い、選択した。初めて知ったがシートベルトにエアバッグが内蔵されているらしく、非常に分厚く重たいシートベルトだった。

横幅はエコノミーよりまし、前の席が倒してきても圧迫感がない。

難点はなによりシートベルト。

エコノミー席がガラガラで3列を2人で使えるなら上級エコノミーにする必要はない。

アメニティは、小さなビニール巾着に、マスク、歯ブラシセット、耳栓、アイマスク、おしぼり。座席前のポケットに、スリッパ。

ヘッドフォンはノイズキャンセリング機能が付き。深夜の離陸だったため
映画を見る気力なく、使用せず。

(マイレージ) = ツアーなので50%か

(トラブル) = 現地到着が予定より大幅に早まった。そのため係員がおらず、タラップが動かなかった。

駐機スポット到着後、30分ほど機内待機した。気の早い人々が荷物をもって出口に向かって列を作っていた。

(航空券の入手方法と時期) = ツアー申込時に便確定。上級エコノミーのアップグレードは深夜便のため悩んでいたところ、往路のエコノミーがぐんぐん予約が入っていたので、満席のエコノミーより体に優しいだろうと決断。
(2011年11月下旬 さるの見聞録 様)

パリ-羽田 Y  

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2E
遠いほう。構内モノレールにのった向こう側。一番はしの一歩手前。

(出発空港の様子) = 免税店などは、モノレールにのった先のターミナルだったためか、あまり大きくない。

ターミナル2Eの出国手続き場は、モノレールの手前のターミナルと向こう側のターミナルで別々にあるため向こう側出発の場合、手前側の免税店を見ることはできない。

(到着地&ターミナル) = 羽田 国際線ターミナル。

(到着空港の様子) = 荷物ピックアップのターンテーブルが、非常に分かりづらかった。表示が小さいため、また到着便が混んでいる時間は混乱が生じるのでは。

(機体) =       3-3-3列。

(機内食・飲み物) =

1回目: 離陸後しばらくして昼食。2種類から選択
2回目: 着陸2時間前に朝食

(座席) = 備品なし。
(2010年12月上旬 さるの見聞録 様)


 








羽田-パリ PY 深夜便
 
(搭乗クラス) = 上級エコノミー

(出発の空港) = 羽田 国際線ターミナル

(出発空港の様子) =
トイレは明るい。
免税店は出国したら目の前にドドーンと化粧品、たばこ、日本の地方銘菓、
日本製品の小物などの店。
JALカードの10%オフはなし。

シャネルがあるのにびっくり。
ただ、深夜便に乗る人は、買い物はできない。
23:30頃、カルティエ、ブルガリ、エルメス、ローレックスなどが開いているのに、閉まっていた。

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2E 遠いほう

(到着空港の様子) = 降機後、構内シャトルで移動。

(機体) =        配列2-4-2

(機内食・飲み物) =
1回目: 深夜で寝ていたので不明

2回目:  離陸5時間後くらいにコーンスープ、サンドイッチ、ゼリー、飲み物

3回目:  到着2時間くらい前に蒸しパン(抹茶あずき、オレンジ・クリームチーズ風味)

(座席) = そこそこ広い。が、通路側の人が眠っているとトイレに行きづらい。幅はいいが、やはり足元が狭い。

ヘッドホンはビジネスと同じだと推測。

乗務員が歯磨きセット、モイスチャー・マスク、アイマスクなどを
持って周る。欲しいものをとる。

(マイレージ) = JALに70%加算

(トラブル) = エンターテイメント・サービスが一部故障。楽しめなかった。
乗務員からの詫びがあり、その対象席の人に、マイレージからクーポンで
おわびのしるしをもらえる葉書をもらった。

(航空券の入手方法と時期) = 10月中旬 JALのWebから

(価格) = 13万円弱   サブクラスは往路V 復路K

(2010年11月下旬 造船なでしこ 様)

パリ-羽田 C

(搭乗クラス) = ビジネスクラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2E
近いほう

(出発空港の様子) = 今回は近いほう、出国後すぐのゲートだったが、それでも一番端で、かなり歩いた。

最後に買い物をする観光客向けの免税店。チーズの種類が減って残念だが、店は全てこぎれいだった。

(到着地&ターミナル) = 羽田 
到着してから入国、荷物ピックアップともに楽であった。

(到着空港の様子) = グローバル・リファンド社の窓口はない。

(機体) =             2-3-2列

(機内食・飲み物) = 1回目: 離陸後、すぐにコース料理スタートしてから1時間半はかかった。本当に満腹になる。

その後自由に頼める軽食があるが、到着直前まで食べたいとは思わなかった。

コースを食べてから1時間後ぐらいにカレーライスを頼んでいる人にはびっくり。その後、ラーメン、うどん・・とみんな結構食べていた。

(座席) = 足先がゆっくりとしている。本当に楽だった。

(マイレージ) = エコノミーからのアップグレードだったので70%加算

(トラブル) =
フル・フラットにして熟睡している男性のいびき。隣席は大変だったと思う。

(航空券の入手方法と時期) = 10月 Webから

(価格) = サブクラスはK
( 2010年11月下旬 造船なでしこ 様)


 






 
パリ-羽田 Y
 
(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2E

(出発空港の様子) = ターミナル2E免税エリア内にラデュレが出来たと聞いたが、見当たらなかった。
ゲートが違ったのだろうと思う。

(到着地&ターミナル) = 羽田

(到着空港の様子) =

(機体) = 機種:(    ) 座席の配列: 3-3-3

(機内食・飲み物) = 食事はかなり予算が削られた印象。パンすら出ない。

和洋食から選べたが、和食は主菜が鮭のあんかけ、サイドメニューが焼き鮭と 卵焼き、スモークサーモンのサラダ。
献立を考えた人は全体のバランスを考えないのだろうか。

(座席) = 普通。広くはない。

(マイレージ) = 特典航空券だったのでなし

(航空券の入手方法と時期) = 8月に Webから特典航空券交換

(2010年11月中旬 薔薇の瓶詰め 様)


 



 
羽田-パリ Y 深夜便
 
(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 羽田 114番ゲート  
クィックチェックインは国内線同様で出国審査があるかないかのみの違いで、大変便利。

(出発空港の様子) = 深夜のせいか、カフェ、飲食の一部のみ営業。でも24時間空港でなぜ一部のみなのか。出国審査後の免税品店はすべて営業していた。

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2E

(到着空港の様子) = 手荷物受取所への通路に、トイレあり

(機体) = B777-200  

ビジネス、上級エコノミー、エコノミーという構成で、ビジネスクラス席が増えたように感じた。

(機内食・飲み物) = 燃料パイプの損傷により3時間遅れ。その間エコノミー席にいは、飲料サービスもなし。

1回目: 離陸1時間後。乗務員が手際がよくなかった。「客の立場を考えて、飲み物と食事を同時にとれる」そうだが、最後尾57番席まで配 膳に来るのに時間がかかっていた。さらに後部の席だと、選択肢がなくなり、和食が終了していた。眠気の中で、洋食は、あまりおいしくないと感じた。

2回目: 到着2時間前。スープストックトーキョーの朝食。コンセプトと現実との間にギャップを感じた。再建中の航空会社の経費削減の厳しさを象徴しているようだった。

AFのエコノミーで、シャンパンや、ギャレーでのカップラーメンやアイスクリームがあるのに比べると、大きな違いがある。

JLの場合、うどんdeすかいは上級エコノミー以上、JALショップの森伊蔵はビジネスクラス以上。エコノミーでJALに乗る値打ちが感じられなくなった。

(座席) = シート・広さ問題はなし

(機内販売) = JALカードで10%引き

(マイレージ) = JALマイレージに、片道3,097マイル、ゴールドカード加算 片道1,549マイル

(トラブル) = エンジントラブルと対応。食事の味の低下。乗務員のサービス、エコノミーの重量制限20kg。

(航空券の入手方法と時期) = パッケージツアーで8月中旬、クレジットカード会社の tabiデスク経由。以前も利用して問題なし。

(価格) = サブクラスはN

(2010年11月上旬 凛輪リン 様)
 
 

パリ-羽田 Y
 
(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2E  E74ゲート(遠いほう)

 
(出発空港の様子) = チェックイン後、出国審査。すぐ正面の保安検査はゲート対象が異なるため、これを受けないですぐに左へ曲がり、構内シャトルに乗った。

さらにエスカレーターに乗り保安検査場へ。セキュリティーはかなり強化され、ベルト・靴・電気機器は、別途、トレイに出すよう指示があった。

その後サテライトに免税店あり。ゲートE74へ向かう途中にイーイトインコーナーがあり、軽食・アルコール・飲料をソファで飲食できた。

配偶者がビールを購入しようとカウンターに並んでいたところ、
あちらの人に、朝からビールか、ドライブは大丈夫か、と声をかけられた。

ちょとしたラウンジで休み、腹も心もパリでいっぱいにして飛行機に乗り込んだ。

免税店はさすがにロマネコンティをはじめ高級ワインがセラーにいっぱいあった。

カートあり。
  
(到着地&ターミナル) = 羽田

(到着空港の様子) = 新しくて綺麗

(機体) = B777-200 

250ユーロ追加で上級エコノミーというのに心が動いたが、その分早くパリを再訪したいので、再建JALのエコノミーで我慢。

(機内食・飲み物) = 
1回目 1時間後。コンビニ弁当のような食事。

2回目 着陸2時間前。軽い朝食。中途半端。おいしくない。事前に搭乗ゲートで食品を買い、機内で自由に食べたほうが気楽だ。

(座席) = エコノミーと割り切ればこんなもの

(機内販売) = 普通。以前より品ぞろえが落ちたと感じた。

(マイレージ) = JALに加算。3,097マイル+ボーナス1,549
マイル

(トラブル) = 添乗員は、自分のツアー客以外の人間は目に映らないのか。大手旅行代理店の添乗員は、ツアー客からの受けは良いのだろうが、もう少し静かにして欲しかった。ツアー客の座席の場所分かれているからといって、他人の頭ごなしに声掛けするのはやめてほしい。

(2010年11月上旬 凛輪リン 様)
 


 
 
関西-羽田-パリ Y
 
 
(出発の空港) = 関西空港

(出発空港の様子) = 

(乗り継ぎ地) = 羽田

(乗り継ぎ空港) = ブランド店、免税店あり。国内線から国際線ターミナルまで、専用バスにて移動。車内から駐機中の機体などを見られて、良かった。

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2

(到着空港の様子) = 入国審査場まで迷路のようだった。トイレの個室の数が少なかった。

(機体) =           配列は3-3-3列

(機内食・飲み物) = 
軽食: 蒸しパン二種
1回目: 和食か洋食
2回目: チキンとハム、チーズのブリトー

深夜便のためか、いずれも量的に少なかった。

(トラブル) = 朝食と到着前の軽食が一度になって、ブリトーは、食べられなかった。

(航空券の入手方法と時期) = 航空券+ホテルのパッケージツアー。
成田便から羽田便にかえた。パリ6日間から7日間にできた。

(2010年11月上旬 リンリン九バッチ 様)

 

 
 
 
羽田-パリ Y
 

(航空会社) = エールフランス・JAL共同運航便(AF/JL) JL機

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 羽田空港 第一ターミナル

(出発空港の様子) = 予想以上に便利で楽だった。出発が深夜1:30だったこともあって、店舗はほとんど閉まっていた。が、いくつか開いている飲食店があり、ハンバーガーやカフェなど軽食中心。

デッキにもすぐにでられる。夜中の空港を見られて、新鮮だった。

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2E

(到着空港の様子) = 
当初、TGVへの乗り継ぎを予定していたが、到着したターミナル2Eからだいぶ遠く感じた。

また「TGV」という表示を見つけられなかったのでたどり着けるか不安だった。
実際は、「SNCF(国鉄)」の表示に従って移動。慣れていたら大したことではないと思うけれど。

入国審査を終えた後に現地空港で両替したら、レートがものすごく悪いうえに
手数料を30ユーロ近くとられた。日本で両替しておけばよかったと後悔した。※

(機体) =B777 配列は3-4-3

(機内食・飲み物) = 
スープストック・トーキョーと提携したもの。

軽食:1回 搭乗直後 蒸しパン2個
夕食:1回
朝食:1回 着陸前に温かいブリトー。

(座席) = 窓際の3人並びの席。座席がとにかく狭くてびっくりした。身長160cmでこんなに狭いなら、大柄な男性は相当きついと思う。シートもくたびれてきているのか長時間座っていると、尻が痛くなった。

備品は、毛布とイヤホン。

(機内販売) = 

(マイレージ) = 

(トラブル) = 機体故障。出発が遅れた。滑走路に向かう途中で、機長からアナウンスがあり、故障が発生したため整備に戻るとのこと。1時間くらいで終了する予定なので機内で待つように、と指示。水と軽食配布。

その後、修理に時間がかかるため別の機体を用意するので一旦降りてロビーで待つように案内あり。手荷物を全て持って、ロビーへ移動。この時点で夜中の2:30。

その後、運航管理責任者らしき人から故障が完全に直った旨、アナウンスあり。別機体を用意するよりも、修理を終えたこの機体で飛ぶ方が早く出発できるため
別機体への変更はなし、とのこと。再び搭乗。

結局離陸したのは朝未明5時近く。※3時間の遅れとなった。

この遅れのため、現地でTGVへの乗り継ぎが不可となった。羽田のカウンターで、パリ以遠、飛行機での乗り継ぎ予定がある客には、別便への振り替えを手配していた。

TGVについてはどうなるのか、と交渉した。現地に問い合わせをしておくので到着後に現地係員の指示に従うように言われた。当初、対応してくれた窓口に「到着したあとのことは保証できない」と言われたが、
交渉次第だと感じた。

ド・ゴール空港到着後、地上係員に、とりあえずTGVの窓口に行ってみて振り替えできるか、自分で聞いてほしい、と言われた。振り替え不可 だった場合には、改めて切符を購入し、帰国する際にその領収書と引換えに返金するとのこと。結局、振り替えできず、改めて切符を購入した。

しかし帰国日、利用する便名を伝えていたにも関わらず、当日対応してもらおうにもカウンターにJALの職員はおらず、連絡もつかず、たら い回しに。たまたま親切な空港職員がJALのオフィスに電話をかけてくれて、ようやく連絡がついた。JAL職員の間でも引き継ぎが十分にされていなかった 模様。早めに空港に着いていたからいいけれど、あと30分遅かったら諦めていたと思う。約束したからには、きちんと対応して欲しかった。

こういう場合は、カウンターよりも空港案内所か空港職員に○○に連絡をとりたい、と依頼した方が早いかもしれない。空港カウンターでは、「他社のことは知らない」と言われるだけなので。ただし、これはしょうがない返事だと思う。

(航空券の入手方法と時期) = 1ヶ月前 エールフランスのWebから

(価格) = 約75,000円。サブクラスは 往路V 復路Q
 

(2010年11月上旬 蜂蜜チャーリー 様)
 

管理人補記

※日本でも現地でも、「夜便」の場合、なにか離着陸や運航でトラブった場 合、心身および手配上、負荷がかかったり、動きが取れないという非常に大きなリスクがあります。これは想定しておいてください。そのあたり何とかできる人 におすすめします。また腹を据えておかれるといいでしょう。

また、返金や振り替えなどについては、そのとおりにいく可能性は極めて「マレ」なので、あらかじめ空港にいる間、あるいは滞在中に事務所にいくなどしてカタをつけるのも手です。
 

海外旅行保険によっては、航空機遅延の場合のさまざまな補償がありますので特約をつけておいてもいいでしょう(内容は各自確認のこと。6時間以上、など制約あり)

また飛行機と乗り継ぐ場合は、列車は、高くても変更のききやすい切符をおすすめします。

 

 
 


 
トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > JL 成田-パリ 2010年