トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > EK 2008年


フランスへいく エアライン  Airline 
EK エミレーツ航空 搭乗報告 2008年

 11 Jan. / 7 Dec.2009  経験談増量

 
 
 
名古屋-ドバイ間のビジネスクラスシートが、2007年よりも乏しいものになっていた。

エミレーツHPには、ライ・フラットシートで個人用の収納場所やマッサージ機能等々が付いていると書いてあるのだが、ライ・フラットでもシェル型でもなく、前席の背もたれが倒れてくるタイプ。

その分、前後のピッチが長くなっているので、ライ・フラットにならないシェル型よりも足元に余裕はあったが、体を伸ばすことができないのでくつろぎ感はいまひとつ。

更に呆れてしまったのが、パーソナル・モニタが前席の背もたれに付いているということ。背もたれが倒れるビジネスシートでそれってあり?!とビックリしてしまった。

前席の人がせいいっぱい背もたれを倒すとモニタが自分の足元まで下がり、モニタを上に傾けることはできるが、完全に見下ろす形になった。

ちなみに、エミレーツ自慢のICEのTVシステムも搭載されておらず(前年はあったのに)、収納場所は前席の背もたれポケットのみだし、背もたれを倒すとリクライニングボタンに手が届かなくなるし、長距離路線でここまで機能に乏しいビジネスクラスは初めて。同じエミレーツの大阪便より価格が安い理由がここにある?

帰りのアテネ→ドバイ間だけ、HPに記載のあるような機材にあたった。他社のライ・フラットよりも滑りにくく、フラット感が高いように感じた。

(2008年8月 azumi@az 様)

 
中部-ドバイ-パリ
 
 
(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 中部空港

(出発空港の様子) = 飲食店は21時まで営業していた。
両替ATMはUFJ銀行が20時まで、郵便局が16時まで。ターミナル内は22時まで両替可能。

(乗り継ぎ地) = ドバイ
 

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール国際空港。ターミナル2C

(到着空港の様子) = パン屋PAUL、カフェあり。両替はアメリカンエキスプレスの窓口でできると推測。

(機内食・飲み物) = 2回。
メインはオムレツやチキン、魚など。他にパンやフルーツ、デザート、ビスケット、サラダなど盛りだくさん。
飲み物はソフトドリンク、アルコール類とも豊富。ワインは小さい瓶で。
食後には必ずコーヒーや紅茶を出してまわっていた。

(座席) = シートの頭周辺は、頭を少し固定できる構造になっており、日本から持っていった首を固定する枕は使わなかった。

アメニティグッズは枕、薄い毛布、ヘッドホン、ポーチ(アイマスク、歯ブラシ)
ポーチは日本-ドバイで。

(2008年4月下旬 くーちゃん0527 様)

トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > EK 2008年