トップ > 交通 > エアライン搭乗比較 > AF 成田発 2016年


フランスへいく エアライン
AF エールフランス   成田発  

2016年

 16 Feb. / 13 Apr.2014 / 7 Feb.2015 経験談追加
 

 



 ファーストクラス  ビジネスクラス  上級エコノミー   エコノミー  







 成田-パリ-ルクセンブルグ Y

(航空会社) = エールフランス(AF) 午前便

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 成田空港

(出発空港の様子) = 第一ターミナル 北ウィング
http://www.france-tourisme.net/f-airport/f-airport-NRT-departure.htm

(乗り継ぎ地) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2E サテライトL
→ ターミナル2G


http://france-tourisme.net/f-airport/f-airport-CDG-T2E.htm
http://france-tourisme.net/f-airport/f-airport-CDG-T2G.htm



(乗り継ぎ空港) =  サテライトL→G

機内乗務員によると、降りたら、乗り継ぐターミナルについて案内があるのでそれをたどっていくように、とのこと。

ターミナルLに到着し、ターミナルGに向かって歩いて行ったところ、空港内のターミナルをつなぐバス乗り場についた。
http://france-tourisme.net/f-airport/f-airport-CDG-transportation.htm

一度 空港の外にでるので、空港出口にいる係員に搭乗券を見せて、バスに乗車した。飛行機が駐機しているエリアを、荷物コンテナーの牽引車が走り回っているところを、バスで移動した。


 
(到着地&ターミナル) = ルクセンブルグ空港

ターミナルは1つだけ

(到着空港の様子) =



(機体) =
成田-パリ 
機種:   配列:3-4-3

パリ-ルクセンブルグ 
機種:   配列: 2-2  

(機内食・飲み物) =
成田-パリ
1回目:
2回目:
飲み物:ワイン、ビール、ジュースと普通

パリ-ルクセンブルグ
飲み物のみ。

(座席) =

(機内販売) =

(マイレージ) = スカイチームに(  )%加算

(トラブル) =

(航空券の入手方法と時期) = 出発前日。昼に予約して、2時間後にフライトの確定案内が届いた。

(価格) = Expediaでホテル+航空券のパッケージ
成田-パリ-ルクセンブルグ  ルクセンブルグ-アムス-成田

17万円。


(2016年8月中旬 造船なでしこ 様 )















(AF)成田-パリ-マルセイユ Y

(航空会社) = エールフランス(AF)

(搭乗クラス) =エコノミークラス

(出発の空港) =成田 第一ターミナル 北ウィング

(出発空港の様子) =通常通り営業。

(乗り継ぎ都市1) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2E → ターミナル2F

(乗り継ぎ空港1の様子) =
2015年12月には ターミナル2E→2Fへ行く専用の移動ルートがあったが
今回それを見逃したのか工事で閉鎖したのか、通常の入国からバゲージクレーム素通りで、徒歩にてターミナル2Fへ移動した。


(最終到着地&ターミナル) = マルセイユ空港 ターミナル4

(最終到着空港の様子) =通常通り営業。

(機体) =
成田-パリ
機種:    配列: 3-4-3

パリ-マルセイユ
機種:    配列: 3-3

(機内食・飲み物) =
成田-パリ
1回目:
和食か洋食のホットミール、ラビオリのホットミール。
飲み物は赤白ワイン2種類ずつ、食前酒にシャンパンも選べた。

パリ-マルセイユ
ビスケットと飲み物。ソフトドリンク。

(座席) =
成田-パリ
頼みもしないのに、非常口横窓側になった。席の横に窓がなかった。
足元はさすがに広い。離着陸のベルトサイン点灯時以外は自席の下に
手荷物を置いてよいそうだ。
備品は、毛布、枕、アイマスク、おしぼり。


パリ-マルセイユ


(機内販売) = AFマガジン通り。

(マイレージ) = エールフランスのフライング・ブルーに25%加算

(トラブル) = 成田-パリで、2度目の食事が出て、相当してから飲み物が来たくらい

(航空券の入手方法と時期) = エールフランスのWebから 4月下旬

(航空券の価格、サブクラス) =
成田-パリ-マルセイユ  パリ-成田

航空券:
諸税:
燃油: なし
合計: 122,150円
サブクラス:

(2016年5月上旬 ふわふわふるる 様)



パリ-成田 Y

(航空会社) = AF(エールフランス) 昼便

(搭乗クラス) =エコノミークラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2E サテライトK

(出発空港の様子) =
いくつか免税店が改装のため閉店中、もしくは新規開店工事中。

ターミナル2EのサテライトK (本館、モノレール移動不要)にあたったのは初めて。

(最終到着地&ターミナル) = 成田 第一ターミナル 北ウイング


(最終到着空港の様子) = 荷物がすぐ出てきてびっくり。テロの影響かフランス人客が多かった。

入国審査場
日本人が遣う非EU国籍用ブースは3つくらいしか開いていなかった。他の便と到着がずれたらしく、入国審査もスムーズ。

税関
パリ線以外の便の乗客のせいもあり、比較的混んでいた。私はとくに聞かれなかったが、日本人女性一人旅の人やフランス人数人づれは、スーツケースを開けていろいろ調べられていた。

成田空港自体は、いつも通りの営業。


(機体) =
機種:B773  配列:3-4-3   新内装機材。


(機内食・飲み物) = 機内食は2回、
有償アラカルトメニュー「Le marche de Jean Imbert」
21ユーロ。美味い。

飲み物は食前酒シャンパン+赤白ワイン2種類ずつ等いつもの

(座席) = 枕、毛布、アイマスク、お手拭き

(機内販売) = AFマガジン。空港の免税店で買った方が種類多くていいのでは、という印象。AFグッズ好きなら、2ユーロのボールペンがお勧め。

(マイレージ) = フライング・ブルーに25%加算

(トラブル) = アラカルトメニューを最初に配膳するため、飲み物が出てくるのがほとんど食事が終わった後だった。この別料金21ユーロは、費用対効果の高い価格設定だと思う。
11時間半が暇で昼便なら大いにあり。

(航空券の入手方法と時期) = 2016年4月下旬 エールフランスのHPから


(航空券の価格、サブクラス) =
航空券:
燃油、諸税:
合計: 122,250円、 別途 アラカルトミール 2,520円

サブクラス:


(2016年5月上旬 ふわふわふるる 様)


(AF)成田-パリ C


(航空会社) =エールフランス(AF)昼便

(搭乗クラス) = ビジネスクラス

(出発の空港) = 成田空港 第一ターミナル


(出発空港の様子) = AFのチェックインカウンターに、シャルル・ド・ゴール空港公団(ADP)のミニパンフレット有り
ラデュレのマカロン3個引換券と免税店の割引券付き。


(最終到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2E サテライトM

(最終到着空港の様子) = 入国審査はスカイプライオリティの列も混んでいて、約20分かかった。


(機体) = 機種: B787-300 配列: 1-2-1

(機内食・飲み物) =
離陸前
ドリンクサービス有り
  
1回目
1時間半後。メイン3種類より選択

2回目
着陸1時間半前。2種類より選択


(座席) =配列はヘリンボーンタイプ
出発1週間前に代理店からEチケットを受け取り、その場で窓側ソロシートを指定。

アメニティポーチあり。歯ブラシ、リップクリーム、クラランスのフェイスクリーム等
スリッパ有り

(機内販売) =

(マイレージ) = JALに125%加算

(トラブル) = インターネットチェックインをしたが、預け入れ荷物のタグが印刷出来なかった。カウンターで聞いたら羽田便のみ自宅印刷可能(2016年1月末時点)とのこと。

(航空券の入手方法と時期) = STワールドに依頼。出発の2週間前でぎりぎりだったので、電話で予約、即 銀行入金。クレジットカード決済は不可。

(航空券の価格、サブクラス) =
AF 成田-パリ パリ-羽田

パッケージ(航空券+ツーリストクラスホテル4泊+片道送迎付き)で約39万円

サブクラス:Z

(2016年1月下旬 ミックマック55 様)







 
 
トップ > 交通 > エアライン搭乗比較 > AF 成田発