トップ > 交通 >  エアライン搭乗報告 >  AF 関空発  2012年


フランスへいく エアライン  Airline 
AF エールフランス 関西 発 2012年

 7 Sep.2011 / 21 Jul.2012 経験談追加
 
 


F ファーストクラス   C ビジネス   PY 上級エコノミー  Y エコノミー
 



2012年12月





パリ-関西 Y 

(航空会社) = エールフランス(AF)

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 関西空港 南ターミナル

(出発空港の様子) =
構内モノレールで搭乗口まで移動すると、
北ターミナルと違って、ほとんど免税店や飲食店はない。

利用するなら、構内モノレールに乗る前がおすすめ。

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2

(到着空港の様子) =

(機体) = 機種:             配列:

(機内食・飲み物) =
1回目
洋食は鶏肉(付け合せに野菜とパスタ)、和食は鮭(ご飯付き)からの選択。共通で、サーモンのカルパッチョ・サラダ。飲み物と一緒に、味噌汁とバゲットが出された。

食後には、コーヒーと紅茶を選べた。緑茶はないようだった。
ワインは白が1種、赤が2種。ビールはハイネケンのみだった。

2回目
あり 

(座席) =
エコノミー後方、中央列。
座席の広さは、エコノミーにしては、少し広いように感じられた。

各座席にパーソナルモニターが付いていて、機内映画や音楽が聴けるようになっている。各座席に付属の機内誌やエチケット袋が私の席には無かった。入れ忘れか。

(マイレージ) =

(トラブル) = エコノミーのトイレ4つのうち、前方1つ、後方1つの計2つが故障で使えなかった。そのため、食後は長蛇の列。それ以外の時も、少し待った。

後方の故障トイレについては途中、「手を洗うのは可能」というアナウンスがあったものの、混雑に対する効果は出ず。

結局、着陸1時間程前に、機長からアナウンスがあり、氏名や旅券番号などを記入する用紙が配られた。提出すると、後日、エールフランスから、エールフランスを通しての航空券予約で使えるクーポンが、Eメールで届いた。

(航空券の入手方法と時期) = 2012年9月上旬に、トラベルコちゃんで格安航空券を購入。

(価格) =
航空券:
燃油・諸税:
合計: 約130,000円


(2012年12月下旬 お魚ダンサー 様)




関西-パリ C
 
(航空会社) = エールフランス(AF)

(搭乗クラス) = ビジネスクラス

(出発の空港) = 関西空港


(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2E サテライトM

(到着空港の様子) =
サテライトMに駐機。着陸して直ぐにゲートに着くのはありがたいが、構内電車でサテライトK(本館)まで移動。入国審査まで、上って下って、右に曲がって、と、ややこしい。

入国審査は混むので、手前のトイレを使っておくことを勧める。

(機体) =
機種:B777-200         配列:2-3-2

(機内食・飲み物) =
1回目
アペタイザー、前菜、主菜、デザート。
主菜は選べるが、自分の座席だとステーキは売り切れだった。舌平目のムニエルを頼んだ。全体的には、2012年より改善されていた。

(座席) =
180度フラットになる、新しいシート。

座席は5Aを希望したが、他の席になった。
5Bはパイロットのために、通常はブロックされているようだ。

エールフランスの、革製ポーチ入りアメニティーあり。

(マイレージ) = フライング・ブルーに125%加算。エリート会員(ゴールド)加算。

(トラブル) = 着陸が急に、30分早まった。乗務員が慌てていた。

(航空券の入手方法と時期) = HISで手配。

(価格) = HISで、ホテル+エアのパッケージで 390,000円
サブクラス: Z


(2012年12月上旬 keiコレ 様)




2012年6月


関西-パリ Y
(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 関西国際空港

(出発空港の様子) =
空港へ向かうリムジンバスが、高速の通行規制のため、途中一般道を経由したので到着が30分くらい遅れた。余裕を持って出発することが大切だと思った。

2年前にはあったクレジットカード会社の案内カウンターが、無くなっていた。docomoのカウンターで、手持ちの携帯がフランスで使えるか確認したとこ ろ、職員が「フランスって3G使えましたっけ」と隣の先輩職員に聞いてた…。ややマイナーな機種だったせいか、よく分からなかったようで「多分使えます」 だと。

「インターネット接続を手動にするように」という設定方法の紙をもらったが、自分の機種とはメニュー画面から全く違っていて、どうしたものかさっぱり分からず。

インターネットチェックインを事前にしておけば、長蛇の列に並ばずに済んだのかもしれない。以前からあったか不明だが、機内持ち込み荷物に紙のタグをつけられた。

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2E

(到着空港の様子) =
着陸後15分でターミナルに停止。5〜6分後機外へ。
その10分後にパスポートチェック。さらに15分後に荷物受取り。
そのまた15分後にTGV(SNCF)の空港駅に到着。駅までもっと近いと思っていたが、案外かかる。

(機体) =
機種: 777-200ER          配列: 3-4-3

(機内食・飲み物) = 離陸後、約1時間後にセサミクラッカーと飲み物。トマトジュースを選択。このタイミングでのみ、シャンパンが選べるようだ。失敗。

1回目
離陸後、約1時間30分後。
チキンとパスタのカレークリームソース野菜添え、
烏賊・海老・レタスのサラダ(細長い形の容器に入ったどろっとしたホワイトドレッシング)、細長いパン、バター、カマンベールチーズ、ミネラルウォーター、抹茶小豆クリームの四角いケーキ。味噌汁もあったが貰わず。
赤ワインを選択。隣の席が空いていたので、そこのテーブルにワインを置いてくれる。

フランス人女性乗務員の「ボナペティ」の言い方が素敵。食後にコーヒー、緑茶、紅茶の順で周ってくる。紅茶にした。

途中
機内最後尾のギャレーで、スナックやクッキー、余ったパンで作ったようなチーズサンド、明治のアイスバー(チョコナッツなど数種類。カチカチに凍っていた)、ペットボトルの各種ジュースや、ミネラルウォーターをセルフサービスで。

2回目
着陸の約2時間前。
スモークチキン・ソフトサラミ・野菜・マカロニのサラダ、ロールパン、バター、角形チーズ、ミネラルウォーター(モリタエチゼン)、缶詰フルーツのサラダ。白ワインをとり、食後にコーヒー。

上空でメニューカードが配られる。
食前酒としてシャンパンや各種リキュールと書いてあるが、最初のタイミングだけのような気がする。1回目の食事時に「シャンパン」と頼んだら、「ワインはいかが?」と返された。

(座席) = 通路が狭く、全般に窮屈だった。金属バーの足置きがある。画面のコントローラーが、座席のひじ掛け下ではなく、画面の横にはめ込んであって、引っ張り出して使う。

エンジ色の枕、ベージュの毛布、アイマスク。イヤフォンは最初からセットされてるのではなく、上空で配りに来る。

映画はオンデマンドで、一時停止して中断しても、ちゃんとその続きから見られる。「タンタンの冒険」、「Jエドガー」、「ALWAYS三丁目の夕日」、 「ドラゴンタトゥーの女」、「ミッションインポッシブル4」などあり。航路ガイド画面に、時々ハーツレンタカーの全面広告が入ってくるのが、非常に鬱陶し い。

(機内販売) = 後部ギャレーで売っていたよう。通路には周って来なかった。

(マイレージ) = フライング・ブルーに25%加算。1476マイル。正規運賃でないので、JALには加算できないと言われた。

(トラブル) = 離陸後やや揺れた。最初は定時よりも早い到着予定となっていたが、パリ付近が荒天ということで、なかなか着陸できず結局、定時より30分以上遅れて到着。余裕で乗り継げるはずだった電車(TGV)に乗り遅れる。
キャンセル不可の安いチケットだったので、58ユーロが紙くずに。

(航空券の入手方法と時期) = 4月上旬にKLMのWebから購入。

(価格) =
関西-パリ、リヨン-アムステルダム-関西の周遊航空券。
航空券: 75,000円
燃油・諸税: 53,350円
合計: 128,350円

サブクラス: N

(2012年6月下旬 ささかまぼっこぼこ 様)







2012年5月



関西-パリ Y
 (出発の空港) = 関西国際空港

(出発空港の様子) =
出国後
外国への土産に良さそうな、和柄のエコバッグや小物類を売っている店があった。


(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2E

(到着空港の様子) = 出口から、ロワシーバス乗り場が近すぎて、見過ごした。ギャルリーの細い廊下を通って、椅子のある待合室がある。待合室から扉を出て、手前がロワシーバス。もうひとつ向こう側が、エールフランスバスの停留所。


(機体) =
機種: B777-200     配列: 3-4-3 

(機内食・飲み物) =
食事は、2回あり。
量は以前より少なくなったように思ったが、味は美味しくなったように感じられた。

間に、 アイスクリーム、サンドイッチの軽食がギャレーに。

(マイレージ) = (   )に25%加算

(トラブル) = インターネットチェックイン時、予約時と異なる席が表示されていたので、もともと指定していた席に戻して、チェックインした。だが、カウンターで、その席 のテーブルが壊れていて使えないと説明があり、一列後ろの席に変更。その席も、前の物入れのバネが壊れていて、糸でくくり付けてあった。

(航空券の入手方法と時期) = エールフランスのWebで2ヶ月前に購入。

(価格) = 航空券:106,000円   燃油・諸税:51,260円  
合計:157,260円   サブクラス:往路R、復路A 

(2012年5月中旬 ブルブルビウ 様)


パリ-関西 PY
(搭乗クラス) = 上級エコノミー

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2E サテライト3

(出発空港の様子) =
出国前
ラデュレ、メソン・デュ・ショコラの店あり。すぐ前の薬局内にロクシタンの商品あり。

初めて免税手続きをした。
カウンターはすぐ分かり、列もなかったが、担当の職員が隣の職員に指示を出し続け、3分ほど放置された。その後、スタンプはすぐ押され、カウンターを出て正面にあるポストに投函。しばらくすると、かなりの行列ができていたので、タイミングが良かった。

上級エコノミーで予約したので、チェックインと出国審査では、スカイプライオリティの列に並ぶことができ、時間が掛からなかった。

サテライト3。ゲート近くの土産屋は、韓国・中国行きの便を利用する客で、レジに行列ができていた。


(到着地&ターミナル) = 関西国際空港


(機体) =
機種: B777−200     配列: 2-4-2

(機内食・飲み物) =
食事は2回出た。
和風スペシャルというのを選んだが、失敗。鮭の照り焼きと書いてあったが、そうとは思えないシロモノ。厚焼き玉子も、とても玉子とは思えなかった。

アイスクリームは、ハーゲンダッツのカップ入りが配られた。

(座席) = 上級エコノミーは空席が目立ち、2席のところに各一人ずつ。

座席にエビアンのミニボトル1本あり。配布されるエールフランスのポーチに、靴下、アイマスク、耳栓、歯ブラシセットあり。
 
座席周りはエコノミーより広いが、シートは堅く、座席のスライドも中途半端でリラックスしにくい。

(機内販売) = エールフランスのHPに、50ユーロ以上購入で10ユーロオフ、
100ユーロ以上購入で20ユーロオフのクーポンがあり、使用。(パリ発のみ利用可)

(マイレージ) = 100%マイレージに加算

(2012年5月中旬 ブルブルビウ 様)






パリ-関西 Y 
(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2E 本館 サテライトK

(出発空港の様子) = バゲージドロップオフ(荷物預け)カウンターの前には、広大なスペースがあるにもかかわらず、ロープが張り巡らされ、残った狭いスペースに、人がいびつな 形で列をなしていた。しかも列の途中に自動チェックイン機があるため、そこでチェックインを済ませた日本人が、割り込んで来て、とても不快だった。

荷物を預けた後は、すぐにパスポートコントロールへ移動。珍しく、4ヶ所くらい稼動していて、スムーズ。その後、荷物のチェックがあった。

カフェは1階昇ったところに、セルフサービスのものがある。ラデュレに、キティちゃんのノートがあった。11.5ユーロだったと思うが、裏にサンリオのタグがあり、840円と書いてあった。

(到着地&ターミナル) = 関西空港

(機体) =
機種:           配列: 2-3-2

(機内食・飲み物) = まず冷たい飲み物とおつまみ

1回目
和食(味のない鮭の照り焼き、ねちょねちょご飯、微塵切りピクルスとチーズのサラダ、超甘いエクレア、カマンベールチーズ、パン、具無し味噌スープ)、または洋食。ペットボトルの水付き。

2回目
着陸の約1時間前。ロールパン、チーズとハム2枚ずつ、クリームチーズ、すりおろし林檎、アルミパックのオレンジジュース。

フランス人は本当にチーズ好きだと、毎度思う。チーズ攻撃に、いささかげんなり。

(座席) = ビジネスとエコノミーの間の、数列分が上級エコノミー。通路側に人が座っていても、窓側の席から通路に出られる。普通のエコノミーより、かなり広いことを実感。 

たくさん映画があっても、日本語吹き替えのものは、6本しかなかった。日本映画が2本で、「三丁目の夕日」と「ステキな金縛り」。後者の英語タイトルが「Ghost of chance」となっており、一体何?と思った。

上級エコノミーは、フライト中ほどに乗務員がアイスクリームを配るので
争奪戦に参戦せずに済んだ。

(マイレージ) = スカイマイルに100%

(トラブル) = 搭乗後、乗客全員が着席した状態で、なぜか1時間その場で待機した。理由の説明はなかった気がする。

日本語での機内アナウンスがテープのみだったので、日本人乗務員はいないのかと思ったら、着陸少し前に、一度だけ生声でのアナウンスがあった。私は別に構わないが、不安な乗客もいたかと思う。

(2012年5月上旬 corazon latino  様)




2012年4月

関西-パリ Y
 
(出発の空港) = 関西空港 南ターミナル

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2E サテライト3(サテライトL)


(機内食・飲み物) = 機内食2回。ビールはハイネケンがあった。

(座席) = G.W.だからか、空席無しの満員。トイレも混んでいた。

(トラブル) = トラブルではないが、発着の2Eターミナルは迷うと聞いたので、念のため入国審査の場所を乗務員に聞くと、「exitの表示に沿って進んでください」とだ け。構内シャトルの説明もなく、歩いて入国審査の場所に着いてから、構内シャトルの存在を思い出した。

隣の席の男性は、ビジネスクラスに車椅子利用の同行者がいたようだが、
乗務員から「トイレの際は、他のお客様の邪魔になりますので」と言われていた。その言い方は酷いと思う。

(航空券の入手方法と時期) = 空の旅社で手配。

(価格) = ツアーに含まれているため、不明。

(2012年4月下旬 ゴーバックキャンディ・ハウス様)






パリ-関西 Y 
(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2E

(出発空港の様子) = 免税店は、食品は充実しているが、ファッション系はあまりなかった。空港のHPには、ロクシタンがあるとあったが、見当たらなかった。工事している区画はあった。

カフェはあるが、高いので、出国前にポール辺りで買っておいて、自販機のコーヒーで寛ぐほうがよかった。リラックスチェアが数個あり、気持ちが良さそうだった。


(到着地&ターミナル) = 関西国際空港


(機体) =
機種:不明      配列:3-4-3

(機内食・飲み物) = エールフランスの機内で配られるメニュー表は、飲み物まで詳しく書いてあるのが嬉しい。ソフトドリンクのシュワプスが好きなので、2種類も選べて感激した。食事は、全体的に軽め。

1回目
具のない、温かい味噌汁が出て、大変嬉しかった。
カマンベールチーズが出るのが、フランスらしい。

ギャレー
アイスクリームは、ハーゲンダッツ。

2回目
軽食。

今まで、キャセイ、ルフトハンザ、KLMに乗ったが、胃に負担にならずに、
味も美味しいと感じた。関空発のパンは美味しくなかったが、パリ発のパンは美味しかった)

(座席) =イヤホン、アイマスク、耳栓が配られた。座席の広さは、他の航空会社と同じだと感じた。

(機内販売) = 特に乗務員が周って来ることもなく、希望の方は来てくださいという案内だった。

(トラブル) = バゲージドロップオフポイント(荷物預け入れ受付)が、長蛇の列になっていた。一緒に並んでいた、某旅行会社の添乗員が、こんなことは初めてだと言っていた。

(航空券の入手方法と時期) = エールフランスのWebから、1月上旬に手配。

(価格) = 航空券: 106,700円   燃油・諸税: 50,960円  合計: 157,660円


(2012年4月中旬  愛知のとみさん  様)



2012年

パリ-関西 PY 
(出発の空港) =パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2E

(出発空港の様子) =
出国前
免税手続き
2区のホテルを、飛行機の出発時刻4時間前にタクシーで出て、20分〜30分ほどで到着。自分の乗る飛行機の時間などを確認後、免税手続きをした。ターミナル中央部分の免税事務所前にPabloの機械が2台あった。

この機械でギャラリー・ラファイエットの免税手続きは、拍子抜けするほど簡単に済んだ。そばにあるポストに封書を投函。その後、窓口での免税手続きのた め、免税事務所に向かう。まったく行列はできておらず、窓口は2つ開いていた。女性職員に、にっこり笑って挨拶をした。エルメスのバッグだけだったが、商 品を念入りに見られ、中の番号やキーまで確認された。

ラデュレのワゴンが出ていた。女性店員1人。マカロンを選んで、箱詰めにしてもらっていた日本人女性もいた。私は配偶者と1個ずつ、その場で食べたくて紙 袋に入れてもらった。ピスタチオ味とチョコレート味。1個1.70ユーロ。初めてラデュレのものを食べたが、美味しかった。

メゾン・デュ・ショコラのワゴンもあった。180g入りのCoffret Maison Assortisが箱入り27.10ユーロ。店員は2人いて、手早く朗らかに対応していた。

ポールのパンを買いたかったが、行列だったので諦めた。サテライト3のゲートだったので、やっぱり買って入ればよかったと後悔した。サテライト3のゲートで売っていた、エディアールのモッツアレラとトマトのおいしそうなサンドイッチは、8.50ユーロもしていたから。

チェックインカウンター
カウンターの前に、自動チェックイン機が並んでいる。インターネットチェックインと、搭乗券の印刷を済ませていたので、女性職員に書類を見せ、
彼女が担当しているゲートを抜けて、カウンターに向かう列に並ぶ。

自動チェックイン機を通さなければ、その女性に断られている様だった。
カウンターでは搭乗券とパスポートを見せて、荷物を預けるだけ。空港に到着した時間が早かったので、あまり混雑していなかった為、早く済んだ。

もし混雑していたら、職員も少なそうだったし、特に張り紙や矢印も見なかったので、とんでもなく時間が掛かるのではないだろうかと思う。

出国後
保安検査。
ショートブーツは脱ぐよう指示があった。スリッパを借りる人もいたが、
私は面倒だったので靴下でゲートを通った。アラームが鳴ったので、女性職員に全身を手でチェックされたが、すぐに解放された。

男性はウエストのベルトを抜いて、プラスチックケースに入れ、機械に通していた。徹底的に調べるようだ。

電子機器類や携帯電話とコート、手荷物、靴などそれぞれ別のプラスチックケースに入れて、機械に通していた。機械に通す前に、カバンの中も探られていたし、ポーチなども開けられている人もいた。携帯電話などを自ら出さなければ、探られているようだった。

客が少なかったからスムーズだったが、混雑し始めたら、大変に時間がかかるだろう。

サテライト3の免税店
ゲートが サテライト3だった。そう分かった時点で、買い物は半分あきらめた。あらかじめ、空港構内見取り図で、サテライト3にはラデュレとメゾン・ デュ・ショコラがないのは知っていたので、出国前に購入しておいたのだが、大きめの特産品店が改装中の様で、閉めていたのは予定外だった。
免税店にチーズなども売っていたが、期待していたほど食品を見つけられず、ショックだった。

ロクシタンは店舗としてではなく、棚を置いた感じの店があった。商品の種類は少なめだと思う。ボディローションは19ユーロ。(パリ市内20ユーロ、百貨店の10%引き券適用で18ユーロ、さらに免税可)

免税価格だからと期待していたが、思ったほど安くなかった。私は必要量の半分は市内で、残りは空港で買うつもりだったが、全部市内で買えばよかったと後悔した。

特にギャラリー・ラファイエットで購入する場合は、免税手続きはPabloの機械でできるので、商品を見せることもない。

ただ、たまにPabloの機械の前に係員がいて、商品を見せろと言われる可能性があると、ギャラリー・ラファイエットの免税手続き担当者は言っていた。

しかしながら出国後に買えば、商品は密閉ナイロン袋に入れ、手荷物で機内に持ち込めるから、トランクの中で割れないかと心配しなくて済む分、気が楽だとは思う。


エディアールあり。
椅子とテーブルがあって、買ったものを食べられる。サンドイッチは8.50ユーロ。他のキオスクのサンドイッチが6ユーロ位だったので、高い。美味しそうではあった。缶入りコーヒー豆8.90ユーロ、ツナとトマトのリエットが5.75ユーロだった。

免税店のシャネルの口紅は24ユーロ。色の種類は少ない。

(到着地&ターミナル) = 関西空港

(到着空港の様子) =

(機体) =
機種: B777-200    配列: 2−4−2 

(機内食・飲み物) =
夕食  
野菜サラダ、鶏肉スティックのフライ
主菜 
仔羊肉のトマトソース添え ブロッコリーのピュレ
又は、和風スペシャル 豚白扇揚げ、椎茸甘煮、甘酢餡、ご飯
両方に味噌汁がついた。
カマンベールチーズ、マンダリンオレンジ、伝統的チョコレートムース

朝食
パック詰めオレンジジュース、パック詰めすりおろし林檎、フロマージュフレ、ジャム、バター、パン、ハム2種、チーズ2種

間食
サンドイッチ、カップ麺、アイスクリームなど。後方でサービスしていた。

飲み物
アペリティフ各種、シャンパン、白ワイン、赤ワイン、ビール、水、ペリエ、コーラ、
コーラライト、スプライト、ジュース(オレンジ、アップル、トマト)

(座席) = 座席はクッションもきいて、前後幅が広く、楽だった。
フットレストとシートは結構倒れる。

飲料水と茶色のポーチが、前の座席の専用棚にあった。ポーチの中はアイマスク、靴下、靴袋、耳栓、靴べら、櫛、歯ブラシ、ヘッドホン用耳カバー、クラランスの小さなクリーム。

エコノミーより厚めの毛布、枕、設置式ヘッドホンがあった。

(マイレージ) = 合計8,947マイル  (   )に、(   )%加算

(航空券の入手方法と時期) = エールフランスのWebから、10月中旬頃。

(価格) =  往路エコノミー、復路上級エコノミーで
航空券: 124,100円  燃油・諸税: 50,900円  合計: 175,000円

(2012年1月上旬  四国産らぶらどーる 様)



 
トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > AF 関空発  2012年