トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > AF 関空発 2006年


フランスへいく エアライン  Airline 
AF エールフランス 関空発 2006年

            updated on 25 May 2007  増量

 
 
機体、座席
AF291/AF292   ボーイングB777-300ER のみ。  (成田〜パリの B777-300ER 経験談も参考にどうぞ)

3-3-3列  最新  パーソナルモニターあり、フットレストあり。オンデマンド方式ではない。ゲームの充実度は日系よりおとる。


【関空-パリ C】

機種 B777-300ER 2-3-2列
 
 

ほぼ、180度の電動リクライニング。1回15分のマッサージ機能付。
アメニティグッズはアイマスク、靴下などの入ったミニポーチ、ミネラルウォーター1本、、使い捨てスリッパ。

(2006年11月中旬 うおーためろん 様)

 180度リクライニングできるシート ( 2006年7月上旬 南国のおちびちゃん 様)
3G。ビジネスの一番前。(2006年1月上旬 まどたん&まちゃ 様)
 

 


【関空-パリ Y】

機種 B777-300ER
 

3-3-3列。通路側、広さは普通。パーソナルモニター、ヘッドレストあり。
(2006年11月中旬 柊の葉っぱ 様)
3-3-3列 パーソナルモニター、フットレストあり。
(2006年9月 pokkopoko 様)
通路側。パーソナルモニターあり、フットレストあり。映画は日本語字幕のものはなかった。
(2006年9月中旬 ceylon tea 様)
 パーソナルモニターあり
シートの広さは普通だったが、席を倒すと座面が前にスライドしたため、かなり狭く感じた。

パーソナルモニターでは映画やゲームなどが楽しめる。映画はディスプレイに5本くらいのプログラムがあった。
(2006年8月上旬 Puffinマミーニャ 様)

シートは決して広いとは言えない。(2006年7月中旬 216の左 様)
3-3-3列・シートはあまり倒せない。ヘッドレストの左右が動き、首を固定しやすかった。パーソナルモニターがあったが、英語とフランス語のものがほとんどだった。音楽メニューの「日本の音楽」では全然関係ない音楽が流れていた。
(2006年4月上旬 珈琲と紅茶 様)
翼のあたりの窓際。新幹線と同じ程度のシートだと感じた。
パーソナルモニター有り。映画、ゲーム、音楽、ジオビジョンなど一通り揃っているが、殆どが英語かフランス語のみ。

隣の席のフットレストが途中までしか降りなかった。日本人乗務員が直そうとしたが直らず。
席替えをすると連れの方とバラバラになってしまうので、クッションをいくつか袋に詰めて、それを足場にしていた。女性客は「フットレストより楽だわ」と満足な様子だった。

同じく、隣の席のパーソナルモニターが映らなかった。フランス人乗務員が2度モニターのリセットを行ったが直らなかった。しかし、先ほどの日本人乗務員がもう一度リセットすると、映るようになった。

終始、トラブルや要求に具体的な対応があり、他人事ながらとても好感が持てた。
(2006年1月中旬 にににん壱式 様)

 

【パリ-関空 C】
機種 B777-300ER
 
 シート脇にエビアン。フラットシート( 2006年5月下旬 白あん黒あん 様)
 

【パリ-関空 Y】
機種 B777-300ER 3-3-3列
 
パーソナルモニター、フットレストあり。
(2006年11月中旬 だヴぃんちをたずねて 様 )
パーソナルモニターあり。天井が高く、広く感じた。足置きがありがたかった。学生旅行だらけだったので、歩き回る非常識な人続出。寝られなかった。

パーソナルモニターの故障があちこちに。大抵のところはシステムリセットで直ったみたいだが、一箇所だけ無理だった模様。女性週刊誌を手渡され、謝られていた。満席だからか席移動もなし。
( 2006年3月中旬 ポムパン 様)

 19G
スクリーン前の広い席で、通路側。シートは余裕があって座り心地がよい。非常にゆったり感があった。
(2006年1月上旬 京都のお好み焼き名人 様)
 

 
アメニティキット
【C】
アイマスク、靴下などの入ったミニポーチ、ミネラルウォーター1本、使い捨てスリッパ。(2006年11月中旬 うおーためろん 様)
 

歯ブラシセット、アイマスク、ハンドクリーム、靴下のポーチ、スリッパ。
(2006年8月中旬 カプ弾きバサー 様)

スリッパ、アイマスク、靴下、耳栓、クラランスのクリーム、歯ブラシなど
( 2006年5月下旬 白あん黒あん 様)

アメニティグッズはポーチで中身は歯ブラシ、靴下、保湿クリームetc、エビアン350mlペットボトル、スリッパ、毛布、枕
(2006年1月上旬 まどたん&まちゃ 様)


【Y】
アイマスク、耳栓、イヤホン、おしぼり。(2006年9月 pokkopoko 様)

 
 
機内食
Y
他欧州線とおなじく、2度。1度目が 魚、肉系が選べる。
セルフサービスのドリンク・軽食コーナーがある。間食は、おにぎり、アイスなど。早めに行かないとなくなる。ないときはアテンダントにいう。(英語かフランス語)

C
リモージュの皿で1皿ずつサーブ。

 

【関空-パリC】

 


【関空-パリ Y】
 
機内食は2回。
メインは鶏の照り焼きとご飯、サーモンのうにソースとペンネから選択。
ベビーリーフサラダにパンとバターと、カマンベールチーズ、飲み物(赤白ワインや水など)。
デザートは抹茶と小豆のケーキ。
2回目は軽食。
(2006年11月中旬 柊の葉っぱ 様)
1回目はビーフストロガノフ、パスタ、又は鶏肉のソテー、ご飯、バゲット、サラダ、チーズ、チョコレートケーキ。
2回目は牛サーロイン、スモークチキン、サラダ、チーズ、フルーツサラダ、バゲット。
JALよりもおいしいと感じた。
(2006年9月 pokkopoko 様)
 2回。持病のため、電話でラクトミール予約。乗務員からは「ベジタリアンミート」といわれた。
内容は、ラタトゥイユ、サラダ、キノコマリネ。
飲み物はワイン紅・白、リンゴ、オレンジジュースなど。
(2006年8月中旬 カプ弾きバサー 様)
 2回。チキンかビーフから選択するメインの食事と、朝食。飲み物はワイン、ビール、シャンパン、ジュース、牛乳。 
(2006年9月中旬 ceylon tea 様)
1回目はスモークチキン、胡瓜、サラダ、メイン、チーズ、ストロベリームース、コーヒー、紅茶。
メインはメバルのプロヴァンス風、にんじん、ほうれん草、又は豆腐と牛ひき肉和風ソース、野菜のフリカッセから選択。

2回目はフレッシュサラダ、スモークサーモン、いか、海老、ポテトサラダ、チーズ、フルーツサラダ、コーヒー、紅茶。半ば、セルフサービスでサンドイッチ、カップ麺、飲み物、フローズンデザートあり
(2006年7月中旬 216の左 様)
 

1回目は日本食(鳥肉)か洋食(牛肉)から選択、日本食の方を食べた。普段からコンビニ弁当やジャンクフードばかり食べている私には、「いつもの味」だった。ご飯がアルミホイルの器に入っていたため、金属のフォークが擦れて独特のイヤな味がした(プラスチックのフォークなどはでてこなかった)

2回目はサラダ、イカや海老などのマリネ、パン、フルーツ、チーズ(カマンベール)など。食事の後に、紅茶かコーヒーがでる。男性や、食の太い人には物足りないかもしれない。

飲み物は白・赤ワイン、シャンパン、缶ビール(何種類かあると推測)、コーラ、ダイエットコーラ
ファンタ、スプライト、リンゴジュース、オレンジジュース、水など

1回目の時に温かい飲み物を尋ねると、緑茶がでてきた。
2回目の時は味噌汁だった。
(2006年1月中旬 にににん壱式 様)
 

 
  
【パリ-関空 C】
 
 1回目はすき焼き(豆腐とご飯のみ/特別食を予約していたがなかったため)、朝食はオムレツ。
飲み物はエビアンが座席においてある。(2006年8月中旬 カプ弾きバサー 様)
夕食と朝食の2回
夕食のメインは魚、鳥、和食から選択可能。パンがおいしかった。( 2006年5月下旬 白あん黒あん 様)
 
  

【パリ-関空 Y】
 
白身の魚にあんをかけたの、または鶏肉にココナッツミルクのカレー風味ソースとパスタ、パスタサラダ。
(2006年11月中旬 柊の葉っぱ 様)
最初にアペリティフ、ドリンクにはシャンペンもあった。

1回目は和食と洋食から選択。洋食は肉煮込み料理の温野菜添え。

2回目はハム、チーズとヨーグルト、オレンジジュース、パン、ホットドリンク。
メニューを記載した紙があった。
(2006年11月中旬 だヴぃんちをたずねて 様 )

 2回と軽食。
肉料理と和食から選択するメインの食事。朝食、サンドイッチやうどんですかいなどの軽食。 
和食は塩鮭ではなく味のないサーモン、卵焼き、ごはん、具のない味噌汁だった。
(2006年9月中旬 ceylon tea 様)
機内食2回、セルフサービスの軽食1回。飲み物はシャンパンが人気があった。

(2006年8月上旬 Puffinマミーニャ 様)

2回。ラタトゥイユのサラダ、ポーチドエッグ、メイン、カマンベールチーズ、ヨーグルト、アプリコットタルトレット、コーヒー、紅茶。
メインはチキンフリカッセ・クリームソース、ドライトマト・バジル風味のマッシュポテト、ブラックオリーブ、又は豚肉の生姜焼き、ご飯、みそ汁から選択。

到着前に朝食 (2006年7月中旬 216の左 様)

チキンの煮込んだものが美味しかった。( 2006年6月上旬 nicola_nicols 様)
座席が後ろだったので和食しか選べなかった。ごはんがべちゃべちゃで不味かった
( 2006年3月中旬 ポムパン 様)
1回目は日本食(魚)か洋食(肉)から選択、私は肉を頼んだが、とても硬くて顎が疲れた。

2回目はサラダ、ハム、パン、フルーツ、チーズ(カマンベール)、ヨーグルトなど。
食事の後に、紅茶かコーヒーがでる。
飲み物は白・赤ワイン、シャンパン、缶ビール(何種類かあると推測)、コーラ、ダイエットコーラ
ファンタ、スプライト、リンゴジュース、オレンジジュース、水など

1回目の時に暖かい飲み物を尋ねると、緑茶がでてきた。
2回目の時は味噌汁だった。

(2006年1月中旬 にににん壱式 様)

行きのJAL便より食事はおいしかったように思う。
カマンベールチーズがついていた
(2006年1月上旬 京都のお好み焼き名人 様)
 

 
その他 軽食
機内後部にビュッフェコーナー。時間外にドリンク・軽食がとれます。カップラーメン「うどん de sky」やおにぎり
水やジュース類もここで各自とる。

Cはチョコなどもたっぷり。
 
基本的に放置放任型サービスなので、いたれりつくせりがいい人はJALやANA機のほうがいい。

また、日本語アテンダントは数が少ないので、だいたいフランス語か英語で頼むことになる。

間はセルフサービスの飲み物、カップ麺、ハーゲンダッツのアイスクリームバー。
(2006年11月中旬 だヴぃんちをたずねて 様 )
常時、カップうどん、棒アイスがあった。(2006年8月中旬 カプ弾きバサー 様)
食事時以外の飲み物はセルフサービス。3箇所のセルフコーナーに水、ジュース等のノンアルコール類と氷が置かれていた。

セルフサービスの軽食スタートは2回の機内食の合間にあるが、サービス開始のアナウンスなどはない。
食べたいときは気をつけて待っていたほうがいい。特に、サンドイッチは人数分はないようで、すぐに品切れになった。
(2006年8月上旬 Puffinマミーニャ 様)

半ばにセルフサービスでサンドイッチ、カップ麺、ハーゲンダッツ、飲み物あり。
(2006年7月中旬 216の左 様)
機内食の合間にサンドイッチやカップうどん、アイスクリーム(ハーゲンダッツ)などが用意されていた。
サンドイッチは、生の小麦粉を食べるような食感のパンだった
(2006年1月中旬 にににん壱式 様)
 

 
 
 
 
 
マイレージ
大韓スカイパス、AF/KLフライング・ブルー、NWワールドパークス、一部JALマイレージバンク、などに積算可。よく調べてから購入のこと。

AFのオンラインで安い券が放出されはじめたが、積算25%や0%も登場したので、よく注意。

JL/AF共同運航便。

JAL悟空で70%可算。
2,100円(1年間の会費)払って100%加算にするコースに入ったので、30%がボーナスされ100%加算。
これはJALのツアーの場合も100%加算とのこと。
(2006年11月中旬 だヴぃんちをたずねて 様 )

JL/AF共同運航便。

JALマイレージに7,692マイル(片道) ( 2006年7月上旬 南国のおちびちゃん 様)

JL/AF共同運航便。JAL悟空なので70% ( 2006年5月下旬 白あん黒あん 様)
ダブルマイルキャンペーン中(2006年3月中旬) ユース悟空だったので加算率は70%
パリ〜関空よりもパリ〜成田〜伊丹の方がマイルが多いので帰りも成田経由にすればよかったと思った
( 2006年3月中旬 ポムパン 様)
JL/AF共同運航便。 JLに70%加算 ダブルマイルキャンペーンに登録しておけばさらに2倍。

(2006年1月中旬 にににん壱式 様)

 

 
航空券
 
JL/AF共同運航便。 JALで購入

(航空券の入手方法と時期) = JALのHPから、9月中旬。

地方出発だと、JALかANAを利用することになるが、JALのHP上でストップオーバー、オープンジョーも選択でき、乗り継ぎの便も選択できる。今回はイタリア、フランスだったので、それぞれのエアラインと共同運航便のあるJALで選択。

(価格) = 新千歳〜羽田 成田〜ミラノ〜パリ
パリ〜関西〜新千歳で約131,000円。 サブクラスはX
(2006年11月中旬 だヴぃんちをたずねて 様 )


(航空券の入手方法と時期) = 阪急交通社にて、6月に。

(価格) = 約210,000円 燃油・税別途、サブクラスはH。

(2006年8月中旬 カプ弾きバサー 様)


(航空券の入手方法と時期) = エールフランスのHPにて。 関西〜パリ〜ニース

搭乗の4か月前にエールフランスHPでフライングブルーの会員に登録

約6週間後フライングブルーの会員としてアクセスできるようになり、HPからクレジットカードで購入。

(価格) = 関西〜パリ〜ニース、パリ〜関西で約485,000円(税込み、燃料チャージこみ)
関西〜パリ〜ニース 往復ならば 約20,000円安かった。

( 2006年7月上旬 南国のおちびちゃん 様)


(航空券の入手方法と時期) = エールフランスのサイトにて。3月頃から覗いていたが、4月上旬のある日片道55,000円だったのが38,500円に値下がりしており、購入。

(価格) = 片道38,500円、諸経費込み約100,000円、サブクラスV。

( 2006年6月上旬 nicola_nicols 様)
 

JALで

(航空券の入手方法と時期) = 前売り悟空21を2ヶ月半前に購入。チケットは送料無料で宅配便で送ってくれる。最初の訪問地イギリスの入国カードが同封されていた。

(価格) = 前売り悟空21で120,000円、ユーロスター13,000円、税など約17,000円、計150,000円
サブクラスはX

オーバーブッキングでCクラスに乗れた。
( 2006年5月下旬 白あん黒あん 様)

(航空券の入手方法と時期) = JAL悟空の航空券を、Webサイトから発売直後に購入

(価格) = 約100,000円

(2006年4月上旬 珈琲と紅茶 様)


(航空券の入手方法と時期) = ホームページで。出発の約1週間前

(価格) = 合計約400,000円
サブクラスは関空〜パリはZ。パリ〜コペンハーゲンはC。

(2006年1月上旬 まどたん&まちゃ 様)


(航空券の入手方法と時期) = 出発の約1ヵ月半前に、JALのホームページで直接申し込み

(価格) = ユース悟空 約70,000円+諸税等

(2006年1月中旬 にににん壱式 様)


(航空券の入手方法と時期) = JALのHPよりWEB悟空を2005年10月末に購入。

(価格) = 税込み約163,000円

(2006年1月上旬 京都のお好み焼き名人 様)

 

 
 
トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > AF 関空発 2006年