トップ > 交通 >  エアライン搭乗報告 >  AF 関西-パリ 2013年上期


フランスへいく エアライン  Airline 
AF エールフランス 関西-パリ 2013年上期

(関空)

 7 Sep.2011 / 21 Jul.2012 / 7 Jul.2013 経験談追加




2013年3月


関西-パリ Y
(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 関西空港

(出発空港の様子) = 出国後は、じゃがポックルやロイズのチョコが税抜きで売られていて、かなり心惹かれた。
ペットボトルも定価販売で良心的だなと思った。

(到着地&ターミナル) = パリ シャルル・ド・ゴール空港



(機内食・飲み物) =
1回目
出発1時間後。

間食
バー付きアイス

バー
トイレのある通路に飲み物あり。おつまみや菓子は、あるだけ。

2回目
到着1時間前


(座席) = 左の翼の上。LCCに慣れた身には広く感じた。
毛布と枕あり。イヤホンは後から配られた。

(機内販売) = フランス語表記のパンフレットしかなかったので、正直どういった商品かよくわからなかった
 
(2013年3月中旬 ライオン丸すいこ 様)







関西-パリ Y
 
( 様)

パリ-関西 Y
(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2E サテライトK ゲート40

(出発空港の様子) =
ターミナルに入ってすぐに、ラデュレのワゴンあり。

乗客は皆、事前にインターネットや、空港の機械でチェックイン済みなので
バゲッジ・ドロップ・オフは、列が長くても、それほど時間はかからなかった。

問題は出国審査場。通過に30分以上かかった。
列を作る入り口に係員が立っていて、搭乗券をチェックし、列を分けていたが、あからさまに「西洋人の列」と「アジア人の列」だった。「アジア人の列」は、 成田、関空行きの人たちで長蛇の列であるにもかかわらず、窓口は1ヶ所だけ。たいして人が居ない「西洋人の列」は、窓口が2ヶ所以上稼動していた。

アフリカでのテロもあって、セキュリティチェックが厳しいはず、と思い、
空港には、時間に相当の余裕を持って行っていたから、全く焦ることはなかった。が、30分以上も並ぶのに疲れた。

ド・ゴール空港は、直接乗るにしても乗り継ぎにしても、好きでは無い。

出国審査後は免税店、ラデュレの大きめの店舗、カフェなどあり。


(到着地&ターミナル) = 関西空港



(機体) =
機種: B777-200     配列:3-4-3

(機内食・飲み物) =
最初に、冷たい飲み物とおつまみ(袋に入った塩味のサブレ。約5枚入り)

1回目
和食を選択。
鶏の唐揚げカレー味ソース、ご飯、サラダ、カマンベールチーズ、味噌汁、
ケーキ、パン、ペットボトルの水。

パンが、前年まではバゲット状のものだったが、今回出てきたのは
四角い「冷凍パンを常温で解凍しました」という食感の、
なんとも不味いもの。びっくりした。


間食、バー
フライトの中間で、アイスクリームの配布あり。これまたハーゲンダッツではなくなって、知らないメーカーのものだった。今まであったカップ麺はなくなった模様。
ギャレーには、最初に配られたおつまみと、メール・プーラールのサブレ、ジュース、水。


2回目
同じく不味いパン。チーズ2枚、ハム2種、クリームチーズ、スムージー、紙パックのオレンジジュース。前年まであったサラダが無くなっていた。

どんどん貧相になっていくエールフランスの機内食。エコノミークラスだから贅沢言わないけど、経費削減があからさま。

(座席) = ヘッドフォン、アイマスク、紙ナプキンの配布あり。日本語機内誌は配られず。日本でしか積み込まない模様。

(機内販売) = 香水類が多い印象があった。

(マイレージ) = デルタ航空のスカイマイルに100%加算。

(航空券の入手方法と時期) = 2012年の夏に、エールフランスのWebで手配。

(価格) =
航空券:
燃油・諸税:
合計: 約150,000円

(2013年2月 corazon latino 様)







2013年1月

関西-パリ-リヨン Y
  
(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 関西国際空港

(出発空港の様子) =
出国前
カフェが混雑していた。

出国後
軽食(サンドイッチなど)を販売している店舗あり。

(乗り継ぎ地) = パリ シャルル・ド・ゴール空港

(乗り継ぎ空港) = 乗り継ぎ時間70分。通路を速足で歩き、入国審査、乗り継ぎゲートへ急いだ。結果、搭乗まで20分ほどあり、店を眺める余裕があった。(買い物はせず)



(到着地&ターミナル) = リヨン空港

(到着空港の様子) = 空港のトイレは、無料で利用できた。


(機体) =
関西-パリ  機種: 不明          配列: 3-4-3

(機内食・飲み物) =
関西-パリ
離陸後すぐ、飲み物のサービス。

1回目
主菜は、鶏肉、または牛肉から選択。

2回目
1回目の4時間ほど後。メニューは一律。内容は、1回目より軽め。
その後、飲み物のサービス、アイスクリーム。

飲み物は、ジュース(オレンジ、アップル、トマト)、ビール、ワイン(赤、白)、
リキュールとブランデーの小瓶。
温かい飲み物は、コーヒー、紅茶、日本茶。

(座席) =
関西-パリ
翼の前。シートは広いとは言えないが、予想通りの印象だった。
日本語映画「踊る大捜査線ファイナル」を観た。

(機内販売) = 無かったような気がする。

(航空券の入手方法と時期) = 2012年8月下旬に、スカイゲートにて手配。

(価格) =
航空券:
燃油・諸税:
合計: 120,105円
サブクラス: M

(2013年1月上旬  Ma 321 様)






関西-パリ Y
 
( 様)

パリ-関西 Y

( 様)







 
トップ > 交通 > エアライン搭乗報告 > AF 関西-パリ 2013年上期