トップ > 紀行インデックス >  ぽち@やる気なーし様の 2010紀行  1

  

ぽち@やる気なーし様の 2010年イタリア紀行
1

11 Apr.2012

 

(2010年5月 ぽち@やる気なーし様)
 
 


ぽち@やる気なーし : 
 

フランス旅行のページなのに!と言い続けて、はや数年。ダンナのイタリアブームまだ止まず。

ミッション可のゴールド免許で20年。しかし実際に運転した日数はたぶん365日・・・ 身分証明書以外で運転免許証を出すことがない 優良(?)ドライバー。
地図をぐるぐる回さないと現在位置を追いかけられない、地図を読めない不良ナビゲーター。


 

ナミヘー: 

ダンナ。 学生時代 自動車部にいてラリーに参加したこともあるし、左ハンドルも運転したことがある、という。

若気の至りで、阪神高速をマツダRX−7でオラオラと走り回っていた過去もあるという優良(?)ドライバー。

でも、本当のところは高級スポーツカーを見ると、まずはしゃがみこんでホイールの間からブレーキを見てしまう、自動車好きの運転嫌い。

地図を読むよりもカーナビ機能を使いこなしたい、機械好き。
 



 
1
関空〜ローマ〜パレルモ パレルモ泊
2
パレルモ、モンレアーレ
3
パレルモ発 カステルボーノ、ピアッツァ・アルメリーナ アグリジェント泊
4
アグリジェント発  シラクーサ泊
5
シラクーサ、ノート、ラグーサ、モディカ
6
タオルミーナ カターニア泊
7
カターニア
機内泊

8

〜関空

   
   
 

 


 
 
 
計画  
やっぱり、旅行時期はゴールデン・ウィークがいいよなぁとカレンダーを眺める、ヨメ。

3月頭、航空券のチェックを始める。ふむふむ。同じGWでも、4月から出発すると高いのね、5月3日頃なら空席もあるし安いのね。ナミヘーに根回し根回し。

どこに行こうかねぇ・・・ ナミヘーはボローニャ再訪をたくらむが、出来れば行ったことのない所がいいねぇ。

シチリアあたり、どうよ?遺跡あるよ、遺跡。とたき付ける。

ただ、シチリアだと交通手段が難しそうだ。レンタカーが良さそうなんだけど・・・ナポリ人が嫌がるパレルモの道路事情、なんて話を聞くとハードルが高いよねぇ。
でも、カーナビがあると楽なんじゃないの? なんて荒俣先生のガーミン旅行記を 「さりげなく」ナミヘーの視界に置いて、洗脳、洗脳。

ちょうどそのころ、実家が車を新しく買うことになり、アドバイスを求められた。その際、カーナビを取付るかどうかという話になった。 「実家の親がガーミ ン本体を購入して、欧州版地図ソフトだけ我々が買えば、旅行時にガーミンを借りられるぞ」 ということに気が付くナミヘー。・・・あんた、悪知恵働くね。


そんなこんなで、シチリアにて初の欧州レンタカーデビューを果たすことになった。

手配はすべてヨメの丸い双肩にかかっている。どんなコースで周ろうか。



 


航空券手配。
 

航空券をチェック。5月3日出発だと、ちょうど良く乗り継げるのはパレルモ空港だ。カターニア空港では上手くいかない。ということは、パレルモ スタートだ。

あとは、どこに行こうかねぇ。遺跡を見るならアグリジェントだよねぇ。

タオルミーナも雰囲気いいかなぁ。でも海が見える小さな街よりもうろうろ歩き回る街のほうが、ナミヘー好みだよねぇ。・・・なら、シラクーサを入れようか。近くにバロックの街が幾つかあるし。

シラクーサを入れるとすると、帰りにパレルモに戻るよりも、カターニア空港のほうが近いねぇ。
よし! とりあえず、パレルモIN、カターニアOUTで航空券をとろう。

悩んでいるうちに、アリタリアでは安い航空券が無くなっていた。

JALとの共同運航便ではないようなので、JALのサイトでは他社との共同運航便しか出てこない。うーん、これも価格と時間がもうひとつだ。

格安航空券サイトのフリーバードとスカイゲートをチェック。

お、フリーバードのほうでアリタリアの比較的安いやつが出てきたぞ。予約、予約。

でも、最初に出てきたのはローマ着が19:00なのに、パレルモへの乗り継ぎが1時間程度のものだった。
荷物が届かなかったら困る。調べてみると、このあと他にもパレルモへのフライトがある。フリーバードに電話して、乗り継ぎに2時間余裕のある便に変更してもらう。

・・・よしよし。一人当たり 諸税込みで152,720円也。

次はホテル手配。
 
 
次はホテル。

まずは、パレルモ。空港着は夜遅いから、ここでレンタカーをすぐに運転するのは、まず無理。それに、パレルモ市内を観光するときにはレンタカーは必要なさそう。

ならば、パレルモ市内にホテルを取ろう。丸一日をパレルモ観光にあてて、次の日レンタカースタートにしよう。・・・パレルモ2泊と。

booking.comで、旧市街で雰囲気がよくて安全そうなところにあるところ、っと考えて、グランドホテル・エ・デ・パルメを予約。



次は、アグリジェント。
部屋から遺跡が見えるというのが売りの、遺跡の中にあるヴィラは、周囲から比べると、ぐっとお高い。うむむ・・・それにレンタカーだから駐車場があるのが大事よね。

検索条件に駐車場を加えてみるけれど、もひとつピンとくるものがない。

ネットの海を流離うと、バリオ・デ・ラ・ルナが良かった、という声を見つけた。booking.comでは検索に出てこない。venere.comでも出てこない。ならばホテルの直営サイトを探す。

おぉ、いい雰囲気だ。よし、ここで1泊と。



次は、シラクーサ。
ここを2泊にして、最後のカターニアはこれといってよかったという声もないから、空港の近くで1泊にしておこうかなぁ。翌日、出発前に車を返すのに便利だし。

booking.comでシラクーサを見てみる。今のところ、重厚なパレルモのホテル、田舎のヴィラ的なアグリジェントと来たから、今度はカジュアル系の ホテルにしてもいいかな。宿泊者の評価も悪くないから、ここにしておこうっと。・・・ところで、なんて読むんだろう、ホテル・ゴトコウスキー? グトウス キー?



あとは、カターニア。
空港の近くなんかも見ていたのだけれど、カターニアって、市街地と空港が近いのね。
なら、街中で探してもいいか。先に空港に車を返して、タクシーでホテルに入ってもいいしねぇ。雰囲気の割りに値段が安い、リバティホテルに決定。


レンタカー手配

 
さて、最後に手配するのは、肝心のレンタカー。レンタカーでシチリアを周った人の旅行記を探してチェック。

 ・とにかくオートマ車にしておく
 ・オートマは空港などの大きなところにしかない
 ・車のサイズは小さいに越したことは無い
 
この3点がキモのようだ。

我が家のメインのクレジットカードが提携しているのは、ハーツだ。あと大きなところだと、エイビスとユーロップカーが日本語で予約できそう。

事務所の場所を確認すると、3社とも空港に事務所がある。パレルモ空港IN、カターニア空港OUTで、小さいオートマ車を探すが、この時期既に小型のニッサンミクラはなかった。大きいオートマ車があっても高いしなぁ。しばし悩む。


ナミヘーに聞いてみると、ミッション車でも構わないという。ただ「借りるのに、空港まで戻るのがめんどくさい」という。

なら、パレルモ市内の事務所で探そうか?

調べてみると、エイビスの事務所は港の近くに事務所がある。ハーツの事務所は、旧市街の中にある。地図で見ると、エイビスの事務所の前はかなり大きい道でここならスタートで苦労しなさそうだね。いいや、エイビスで借りよう。

エイビスの現地払いで予約しようと、四苦八苦。オートマがないなぁと諦めて、フォルクスワーゲンのゴルフのミッション車で予約しておく。

予約した2日後、何となく、エイビスの日本円で支払いを済ます方式のほうでチェックしてみると、リクエストベースの、オートマのベンツ A180クラスの価格が思っていたよりも安く借りられることに、気が付いた。

リクエストして車を用意してもらうので、キャンセル料がかかるのだけれど、確実にオートマでベンツのAクラスの大きさなら、こっちのほうが良かろう、と再度予約を依頼。

日本から現地に依頼して、現地から日本のオフィスに連絡が来て・・・と返事に72時間かかることがあります、と言われた。

OKOK、と余裕をかましてメールをチェックしていると、パレルモの事務所からメールが入ってきた。「同じ日に予約が入っているけど、君は車が何台必要なんだ!!」と非常に単純なだけに、お怒りか?と感じる英語の文章だった。

あらら、「ごめんね、必要なのは 1台だけ! オートマのほうでよろしく!!」と、急いで返事を送る。

翌日、日本オフィスから無事に予約確認書が送られてきて、支払いを済ませる。これで車はOK。

一般的な保険料は契約に含まれているのだけれど、同乗者の保険など、追加で入る分は現地払いになるとのこと。初めてのことだから、保険は大盛りにしておこうね。

カーナビ

実家親をたぶらかして、ガーミンを購入してもらう。いや、正確にはガーミンを買って、領収書と引換にお駄賃込みの代金を頂戴する。

地図ソフトは、ヨドバシカメラで注文。今までのポイントを利用して、購入。

ナミヘーも、自らガーミンの使用具合を調査していたらしく、海外のレンタカーではシガーソケットで電気を取ることが出来ない車もあるらしい、と言い出す。エネループ充電器も購入。旅行の手配には興味がないわりに、電化製品については調べるね、、、君。

出発まで、ちまちまとホテルと主な観光先と思われるスポットをグーグルで調べて、ガーミンに登録しておく。おお、簡単にデータが送れるのね。

ガーミンだけでは心もとないかも、とミシュランのシチリア地図も買っておく。


大事なことを忘れるところだった! 国際免許だ。

ナミヘーがさっさと自分の分だけとってきたので「私のもいる?」と聞いたら 「要らんやろ」とのこと。

じゃ、ま、いいか。



 
 
ストライキだ噴火だ
 
 

すっかり用意できた、と余裕でいたところ、もっとも恐れていたことが起こった。

アリタリア航空ストライキ予定だ。私たちの出発日がおもいっきりビンゴ! だったのだ。

いつもはカード会社の付帯保険だけで旅行していたのだけれど、今回はレンタカーだしなぁ、もうすこし手厚い保険をつけといたほうがいいだろうかと思っていたのだけれど、この際、航空機遅延の保障も付けた保険に入っておこう、とネットで申し込む。

アイスランドの火山噴火も起こった。飛行機が飛ぶ・飛ばない、と大騒ぎの1週間。

実はこのあいだ、ストライキ問題で頭はいっぱい。正直噴火のほうは「なんとかおさまるだろう」とタカをくくっていた。

火山の影響で、ユーロが少々下がっている。悩んだけれど、このタイミングで5万円分ほど両替しておくことにした。手数料込みで 128.8ユーロになった。


出発2日前。無事にアリタリアのストライキは回避された。ああ、よかった!!



 
 



 
 
 
 

  トップ >  紀行インデックス > ぽち@やる気なーし様の 2010紀行  1