トップ > 紀行インデックス > ぽち@やる気なーし様の 2009紀行  4

  

ぽち@やる気なーし様の 2009年イタリア紀行
4

5 Mar.2010

 

(2009年8月 ぽち@やる気なーし様)
 
 


1 関空-ローマ-ジェノヴァ 
〜ラパッロ 送迎車
ラパッロ 泊
Hotel Riviera
2 ラパッロ、ポルトフィーノ、サンタ・マルゲリータ・リグレ
3 ラ・スペッツィア、ポルトヴェーネレ、チンクエ・テッレ
4 ジェノヴァ ジェノヴァ泊
Hotel Bristol Palace
5 ジェノヴァ
6 ジェノヴァ- 機内泊
7 -関空
   

 
 
 
 
3日目  
今日も6時に目が覚めた。私はそのままベッドでごろごろしていたが、ナミヘーは散歩に出かけた。

7時過ぎに帰ってきたのだけれど、「7時前にはでかけるなよーっておっちゃんに注意されちゃったよ」と言っていた。

夜間のレセプショニストのおじさんは仮眠を取っていたらしく、鍵がかかっていたのに気づかずドアをガタガタさせたナミヘーに起こされたらしい。

おじさん、ごめんね。
 

今日はチンクエ・テッレに行ってみよう。

朝食後、駅に向かう。切符の自動販売機を探したのだけれど見つけられなかったので、窓口に行ってみる。

列に並びながら、ガイドブックのコピーを見てチンクエ・テッレだけではなく、その先にあるポルトヴェーネレまで行くことに決めた。

窓口で「ポルトヴェーネレに行きたい」というと、「ポルトヴェーネレまでは電車が無い。ラ・スペツィアに行ってそこからバスに乗りなさい」と言う。ラ・スペツィアまでの切符を買う。一人4.40ユーロ。

各駅停車で、ラ・スペツィアまで。ずーっと海沿いの町を通る。乗る人降りる人、みんなビーチに行くような格好をしている。

ほとんどの人がチンクエ・テッレの駅で降りていき、ラ・スペツィアまで乗っていたのは、ほんの数人だった。


ラ・スペツィア  
 
さてと。ここからポルトヴェーネレ行きのバス乗り場までが、よくわからない。コピーしたガイドブックの地図では頼りない。

駅の近くのバス停に、説明のような紙が張ってあった。見てみたものの、やっぱりなんだかよく判らない。これはひとつ海まで出て、船でポルトヴェーネレへ向かったほうがわかりやすいかも。

バスを諦めて、ナミヘーの新兵器NTTドコモのアンドロイド携帯に装備されている方位磁石に頼って、海の方角へ歩いていく。

今回来た中で、格段に大きな町のラ・スペツィア。車の量も多い。怪しい人も出てきそうな気配がある。

気を張って歩いているうちに、歩行者天国になっている通りに出てきた。どうもこの通り沿いに美術館や博物館もあるらしい。歩くのにもちょっと気が楽になった。この道をまっすぐに行けば、港に面した公園に出るはず。

やった! 船着場発見。

どの種類の乗船券を買うのが正解かよくわからないのだけれど、とりあえず、ポルトヴェーネレ行きの片道を買う。

船が着くと、かなりの人数が乗り込んでいく。みんなの乗船券を見てみると、チンクエ・テッレ行きだったり、ポルトヴェーネレ行きだったり、といろいろ。

船は結構揺れる。ちょっとどきどきしつつ、ポルトヴェーネレ到着。


ポルトヴェーネレ  
 
・・・ポルトヴェーネレに来て正解! 最高!テンション上げ上げ!

入り江にビーチ。真っ青な空の下アニメーションみたいなカラフルな建物が並び、岩場には老若男女たくさんの人が水着で日光浴。子供がいっせいに海に飛び込んでいる。

昨日は途中で雨も降ったし、ポルトフィーノは大人のリゾートで海を見ながらカフェでまったりか、マイ・クルーザーで日光浴。サンタ・マルゲリータ・リグレは普通に海辺の大きな街だった。

このポルトヴェーネレは箱庭のようでいて、程よく庶民派で。みんなが楽しそう。

古城の跡まで行ってみたり、海沿いから一本中に入った細い道を歩いてみたり。楽しいわぁ。
 

ジェノヴェーゼソースの専門店があり、パンにつけて試食させてくれたり、オリーブオイルの専門店があったりと、小さいけれどかわいい店が並んでいる。

海沿いのカフェでパニーニにかじりつきながら、リゾート満喫。直接来る列車などがなくて不便かもしれないけれど、この街、お勧めできる。怪しい人もいないしね。

食後、チンクエ・テッレ行きの船に乗る。乗船券を買うと時刻表をくれたので、時刻を確認。コルリーニアだけは船が着かない。
 


リオマッジョーレ
 
思っていたよりも波がきつい。リオマッジョーレについた時には船から下りるのに必死。

小さな小さな、町。なんだかディズニーとかUSJのアトラクションみたい。細い一本道をまっすぐ行くと、鉄道の駅にでるようだ。

駅に行ってみるとなんと日本のツアーバッジをつけている人たちを発見。さすが、世界遺産。チンクエ・テッレには日本人ツアーが来るのね。

写真を撮ったりしながら船を待ち、次のマナローラに向かう。
 

マナローラ
 
マナローラから鉄道に乗ってコルリーニアに行き、コルリーニアから鉄道に乗ってヴェルナッツァに行き、ヴェルナッツァからまた船に乗ればいいかなぁ。

波がきつすぎる! 船着場に着いたところで、船が上下にバンバン揺れる。

波が少しましなタイミングを狙って手摺につかまりながら降りようとするのだけれど、船着場に足を下ろそうとした瞬間、船が20センチ以上上がり、着地失敗。左足をくじいてしまった。

いてててて。にぶーい痛みを感じつつ、マナローラの街を歩く。ここも小さな町。

まで歩いてみたものの、電車の時間もなんだか中途半端。それに暑い。水をがぶがぶ飲む。あっという間に500ミリのボトルが空いてしまう。
 

1日で一番暑い時間に歩き回っているから、ちょっと疲れてきた。足も痛いし。この痛みからすると、コルリーニアの駅から街まであるという階段をクリアできそうにない。うむむ。

相談の上、コルリーニアはパスして、次に来た船でヴェルナッツァに行こう。


 
 
ヴェルナッツァ  
 
船が着くと一番前にサンタ・マルゲリータ・リグレで出会った日本人夫妻が座っていた。お互い再会を喜び、情報を交換しながらヴェルナッツァに移動する。

ヴェルナッツァの街もまた、小さい。ジェラートをなめつつ日陰を探すけれど、これがまたなかなか観光客が陣取って空かないのだ。みんな考えることは同じだよねぇ。

地元の人は相当深いし、波が高いのに海に飛び込んでいたり小さな浜辺で日光浴していたり。浮き輪とか使わないのねぇ。
 
 

次の船で、モンテロッソに向かう。


モンテロッソ  
チンクエ・テッレの中でも格段に大きいし、長いビーチがある。

鉄道の駅で帰りの電車の時間を確認。窓口でラパッロまでの切符も買っておこう。一人3.30ユーロ。

旧市街をうろうろしてみるとおいしそうなレストランもあるし、お土産物屋さんもそろっている。

ここの街では日本人カップルや女性を数組見かけた。よし。夕食はココで食べよう。
 

本のコピーをにらみつつ、おいしいと書いてあった「チャック・オ・ラ・ランパラ」を探す。特徴は、すっごい大きな鍋で出てくるパスタらしい。

うろうろ歩いていると、ビンゴ!みつけた。直径40センチ近くありそうな大きな鍋がテーブルに載っていて、ガッツで食べている人たちがいる店。

置いてあったメニューを見て、価格帯を確認。まぁまぁいけそうな気はする。それにしても、あの鍋の大きさ。これは食べきれないような予感も。うむー。

店の周りを回ってみる。通りに面して厨房が見える窓がある。そこから料理をしている姿を見てみる。

水兵のような格好をしたおじさんが大きな両手ですくった貝を、件の大きな鍋に2回投入。寸胴鍋から出汁をお玉にいっぱい継ぎ足している。


・・と、窓辺に白黒の猫が一匹座り込んだ。

何してるんだかと見ていると、厨房からにゅっと手が伸びてきて、猫の前に、殻ははずしてある茹でた海老を3匹ほど置いていった。

猫、堂々と晩餐を始める。横取りしに来るやつはいないみたい。 よかったね。

食べきれるか、でもおいしそうだし。と店の周りを2周しているうちによく見るとテラス席にはどんどん名前を書いたメモが置かれていく。 予約が入り始めたみたい。

よし、ここに決めよう!テラス席はもう満席ということで中の席にした。タバコはがまんしたまえよ。

夕食  
 
リゾットもおいしそうなんだけど、「二人から」とメニューに書いてある。ということはこのメニューに載っている値段×2の価格だよね?
うーん、ちょっと高いな。

フリットミストと店の名前がついた「スパゲッティ・チャック」に炭酸入りの水と、ビールを頼む。

店の中には生簀があり、立派な海老が何匹も鎮座している。

先にフリットミストがやってきた。いまだかつて烏賊をおいしいと思ったことはございませんでした。どちらかといえば嫌いだった。

烏賊様ごめんなさい。見くびってました。烏賊リングフライ再発見。烏賊おいしーい!

鰯のフライもおいしい。蛸のフライもおいしい。やるなぁ、チャック。
たっぷりレモンを絞って食べる。
 

途中でスパゲッティも登場。あの大きな鍋にたっぷりのスパゲッティ。店の男性が、わしっわしっと二人に取り分けてくれる。貝もたっぷり入っているトマトソースのスパゲッティ。ああ、おいしいなぁ。

スパゲッティも食べたいけど、冷めないうちのこのフリットも片付けなければ。二人、無言でぱくついていた。

食べている途中から、くじいた足がズキズキと痛み出した。ううう、やばいかも。

急いで会計して帰ろうと思ったのだけれど、店のほうもてんてこ舞い。なかなか会計がすまない。

担当女性も配膳なんかに借り出されて、なかなか計算できない模様。46ユーロだったので50ユーロ札を渡したのだけれど、今度はなかなかおつりが来ない。

ここはチップと張り込んで店を出るべきなのかどうか。ちょっと悩みつつ水を飲んでいると、会計担当の手がすいた。やっとお金と内訳を見て、おつりを持ってきてくれたけれど、なぜか5ユーロ札。
・・・小銭出すの、めんどくさかったの?

時間は21時ごろ。お店を出て駅に向かう。
 



 
モンテロッソの駅近くにあった薬局は閉まっていた。ズキズキ痛む足を引きずりながら駅の階段を上りホームに到着。

21:35発の各駅停車があるね。10分待ったら電車がきそう。ベンチに座って待つ。

この時刻には駅の窓口も閉まっている。

切符の自動販売機がホームにあるのだけれど、これがまた難しい。何の迷いも無く買えた人は、1人だけ。みんな悪戦苦闘している。先に切符買っておいてよかったねぇ。

放送がかかり、耳を澄ます。イタリア語と英語で放送されたのは電車が5分遅れるということ。まぁ、想定の範囲内だね。

その後、5分おきに「5分遅れます」の放送がかかり、結局30分遅れるというところで、「30分遅れることをお詫びします」という放送になった。

30分遅れでようやく謝ってくれるのね。謝ってくれるとは、想定外。
 
 
 

40分待ったところで「もうすぐ電車が来ます。到着ホームが変わります」と放送が。ホームにいた全員、大急ぎで移動するのも、想定内。
 

滑り込んできた電車には電気がついている車両とついていない車両がある。私たちの前に止まったのはついていない車両。・・ってドア開かないし! これ想定外だよ!

その車両の前にいた全員が、走って電気のついている車両に飛び乗る。

やれやれ。ほっと一息と思ったけれど次のハードルが。

外が暗すぎて、駅名表示が見えない!電車の速度が落ちてきたと思ったら、窓を開けて、駅名を確認。見逃すと大変なことになってしまう。

途中の駅からは、おしゃれした高校生くらいのグループが乗ってきた。これぐらいの年の子でも「昼間のお出かけ用」と「夜のお出かけ用」のおしゃれを、ちゃんと分けているのねえ。

コンサートかなにかに出かけてきたかのよう。気になる女の子に一生懸命アプローチしているのに完全無視されていたりして。がんばれ男の子。
 
 
 
 


ラパッロ着
 
なんとかラパッロの駅で降りることができた。ふー、やれやれ。

足を引きずりつつホテルに向かう。海岸沿いのステージで今日も誰かが演奏している。街のちょっとした広場でも、椅子を並べて弾き語りを聞いている人たちもいた。夏休みの間、ずっとどこかで何かやっているのかなぁ。

ホテルのレセプションにいたいつもの男性に「足くじいちゃったよー」と言いつつ、鍵をもらい部屋に戻る。

タバコを吸ってくるとナミヘーが出かけている間にシャワーを浴びてベッドにひっくり返る。帰ってきたナミヘーは、紙袋と氷嚢を持っていた。

下に行ったらレセプションのおじさんが、「奥さんの足は大丈夫か?当番薬局なら開いているから行って来い。場所はココだ」と地図を描いてくれたのだという。

で、任天堂DSにいれた和英辞書と首っ引きで、薬局の小さい窓口から筋肉痛の塗り薬を買ってきてくれたのだ。

ホテルに戻ってきたらおじさんは、氷嚢に氷を詰めて持たしてくれたのだという。ありがたーい!




 
 
 
 
 
 
 

  トップ >  紀行インデックス > ぽち@やる気なーし様の 2009紀行  4